初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型メルセデスベンツAMG A45がフルモデルチェンジで400馬力超えに?発売日や価格予想

AMG A45はベースとなるAクラスのハイチューンモデルです。その次世代型となるモデルはなんと最高出力が400psを超えるという情報が出ています。果たしてどんなモンスターマシンになって登場するのでしょうか?今回は現段階で分かっている情報をまとめました。

新型メルセデス・ベンツAMG A45最新情報!


メルセデス・ベンツ 新型Aクラスがスクープされて間もなく、新型AクラスのハイチューンモデルであるAMG A45のテスト走行がスクープされました。

AMG A45は、エントリーモデルのAクラスのハイパフォーマンスモデルという立ち位置でありながら、ハイクラススポーツカーに負けないパワーを持ち合わせているため、高い人気を誇るモデルです。

この記事では、メルセデス・ベンツAMG A45の最新情報をお届けします。

AMGについてはこちら

新型メルセデス・ベンツAMG A45の発売日

AMG A45の発売日は正式に発表されていませんが、2018年内の発表が予想されています。早ければ2018年10月のパリモーターショーでワールドプレミアされる可能性があります。

パリモーターショーについてはこちら

新型メルセデス・ベンツAMG A45の外装(エクステリア)デザイン【予想】

【NEW】2017年10月のスパイショット

新型AMG A45の外装は、先にスパイショットが出回っていたAクラス同様ボディサイズは長くなくなるものと予想されます。

ホイールベースも拡大されれば後席の居住性や荷室容量含め、大幅に改善されると思われます。
現行モデルのかっこよさがお墨付きのAMG A45ですが、元からのかっこよさはそのままに、テールランプが個性的なデザインになっていたりと、外装面はかなり期待できそうです。
シャープなフォルムと快適性が合わさることでより多くの人に受けるモデルとなるのではないでしょうか?

また、2017年10月には2つ目のスパイショットが流出し、前回よりカモフラージュが薄くなっています。
フロントグリルはダイナミックな印象のパナメリカーナグリルになり、AMGホイールを履いているのがわかります。
さらにフロントのエアインテークや、リアバンパーとリアスポイラーに距離があることも確認できます。
また、新型AMG A45はこれまでより車高が低くなり、よりスポーティーな装いになりそうです。

以下はこれまでスクープされた新型Aクラスと新型AMG A45の画像です。
参考にしてください。

2017年3月 新型Aクラスのスパイショット

2017年6月 AMG A45のスパイショット

新型メルセデス・ベンツAMG A45のパワートレイン【予想】

(参考)AMG A45 4MATIC Racing Editionのエンジン

気になるエンジンスペックですが、M133と同じ3.0L 直列6気筒タボエンジンが搭載されると見られています。
最高出力は405psにまで高められ、100km/h到達時間は4.3という驚異的な数字を叩き出すと言われていましたが、さらにパワーが向上し、100km/hまで4秒を切ると言われるようになりました。

新型メルセデス・ベンツAMG A45の新車販売価格は?

発売日同様、価格もまだ明らかにはなっていませんが、だいたい750万円前後と予想されています。

【おさらい】メルセデス・ベンツAMG A45とは?

現行AMG A45

現行AMG A45

AMG A45は排気量はわずか2Lながら、最高出力は381psとこのクラスでは極限に近いスペックを持っています。
ジャンル的にはハッチバックですが、スポーツカーにも引けを取らないスタイリッシュなフォルムが特徴です。

ハッチバックに700万円は......と思ってしまうかも知れませんが、0-100km/h加速は4.5秒と、倍近い価格のするポルシェ911カレラと同等の加速性能を持っていることが分かります。
そう考えるとお買い得な車という見方もできますね。

さらにこれだけのスペックを持っていながら、カタログ燃費が10km/Lを超えているのも評価できるポイントです。
2Lというスポーツカーとしては小さめの排気量の恩恵なのかもしれません。

▶AMG A45のスペック
全長:4,370mm
全幅:1,780mm
全高:1,420mm
車体重量:1,560kg
エンジン:ガソリンターボ
排気量:1,991cc
最高出力:381ps/6000rpm
最大トルク:48.4kgfm/2250rpm
JC08モード燃費:12.6 km/L
新車価格:720万円

ベースはメルセデスベンツのエントリーモデル

現行Aクラス

AMG A45はメルセデスベンツのエントリーモデルとなるAクラスがベースとなっています。しかし、AMG A45は大幅な改良がなされており、見た目以外はほぼ別物。それぐらい異なるモデルです。

大きさ的にはフォルクスワーゲンのゴルフやBMWの1シリーズと同じCセグメントハッチバックに位置付けられ、中でもAクラスはスポーツテイストが強く表れたデザインと言えるでしょう。ハイエンドモデルにも遜色のない高級感のあるインパネデザインは同価格帯のモデルの中でも群を抜いています。しかし、デザイン優先という部分もあり、現行型のAクラスはライバルに比べ後席の居住性やトランク容量では若干劣ります。

新型メルセデスベンツAMG A45のライバル車は?

次期RS3スポーツバック

無敵のホットハッチとなりそうなAMG A45にもライバルは存在します。それはジュネーブモターショー2017で発表されたアウディの次期RS3スポーツバックです。
ボディサイズも近く、最高出力は400psと比較対象になりやすいモデルとなっています。

しかし、こちらは2.5L5気筒エンジンで、排気量にはやや余裕があります。
7速DCTを搭載し、0-100kmはわずか4.1秒と非常に手強いライバルとなりそうです。

日本導入がAMG A45より早く、後出しとなるAMG A45への期待も高まります。

RS3のベース車 A3の新型情報はこちら

新型メルセデス AMG A45に期待!

新型メルセデスベンツAMG A45が、ハッチバックでありながらハイパワーなスペックなことに驚かれた方もいるのではないでしょうか?

日本ではハッチバックと聞くと安価な実用車というイメージも少なからずありますが、海外ではスポーツカー同様ホットハッチというカテゴリーで非常に熱い展開を見せています。

価格面からして万人におすすめできる車ではありませんが、こういったモデルがブランド全体の価値を押し上げてくれる、そんな力を持った車ではないでしょうか。

新型AMG A45の情報は発表され次第、こちらで随時更新していきますので今後もご期待ください!

ベンツ Aクラスについてさらに詳しく知りたい方

ハッチバックについて詳しく知りたい方

メルセデスのその他のハイパフォーマンス新型車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!