MOBY

トヨタ新型エスティマ全最新情報|マイナーチェンジの変更点からモデルチェンジしない理由まで

トヨタの人気ミニバン、新型エスティマの全最新情報をお届け。モデルチェンジしない理由から現在噂されている、2016年に行われるマイナーチェンジ情報。燃費、口コミ、中古車情報、値引き価格まで、新型エスティマ情報をまとめて紹介します。

トヨタ エスティマ(現行車)の概要

エスティマは、1990年に誕生した、トヨタが生産・販売するミニバンです。

2006年のフルモデルチェンジを経て2代目エスティマとなった現行モデルは、2016年も継続する方針が出ています。
2016年で10年目のミニバンとしては長寿モデルとなっています。
一部の経済誌で「なぜエスティマはフルモデルチェンジしないのか」と特集が組まれる程注目度の高いモデルとなっています。
(この記事ではフルモデルチェンジについては最後に紹介させていただきます。)

モデルチェンジ後、年月は経っていますが現在でも国内の月間販売台数は平均1,700台を超えており、デザインのシンプルさやその機能性から、多くの支持を集めています。

現行型エスティマのデザインをおさらい

現行型エスティマ フロントデザイン

新型エスティマ 画像

出典:http://toyota.jp/

フロント(前面)のデザイン。現行のエスティマは、2006年のフルモデルチェンジ以来、飽きの来ないシンプルなデザインが高く評価されています。
他のミニバンと比較しても、押しが強くなく、女性ドライバーにとっても人気なミニバンとなっています。

現行型エスティマ リア・サイドデザイン

新型エスティマ 画像

出典:http://toyota.jp/

エスティマのリア(後ろ)デザインは、フロントデザインと統一されシンプルさとなっています。
サイドから見てもよくわかりますが、エスティマのデザインには丸みがあり優しく高級感があり、ミニバンの中でも突出した存在感を放っています。

現行型エスティマの内装(車内)は?

新型エスティマ 画像

出典:http://toyota.jp/

エスティマは他のミニバンと同様、見晴らしの良さを考慮した設計・デザインとなっています。
運転席まわりも広々とした空間になっており、快適な運転を楽しめるようになっております。

車内の内装にも高級感があります。

新型エスティマ 画像

出典:http://toyota.jp/

そしてエスティマの特徴は何と言っても「居住性」です。
エスティマの2列目シートは、80cmも後方にスライドすることができ(スーパーリラックスモード)、快適に過ごすことができます。

また、エスティマは3列目シートを床下へ格納することができ、より広い荷室空間を確保することができるようになっています。同じトヨタの高級ミニバンである「アルファード&ヴェルファイア」は跳ね上げ式の格納の仕方となっていますので、荷室の機能性はエスティマが優っていることになります。

そして、グレードにより異なりますが※、シートには、高級感のあるブラックの本革や、落ち着きのある上品なファブリックが採用されています。

※シート皮革が本革かファブリックか異なります。また、ファブリックの場合はシートの色が黒かシェルか異なります。

現行型エスティマのスペック一覧

新型エスティマ 画像

出典:http://toyokeizai.net/

エスティマ市販モデル仕様・スペック一覧(ハイブリッドを除く)

【3.5L】
● アエラス(7,8人乗り)
・全長   :4,815mm
・全幅   :1,820mm
・全高   :(2WD)1,745mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)9.7km/L
      :(4WD)9.1km/L
・使用燃料 :無鉛プレミアムガソリン
・最高出力 :206kW(280PS)/6,200rpm
・最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)/4,700rpm

● アエラス”レザーパッケージ”(7人乗り)
・全長   :4,795mm
・全幅   :1,820mm
・全高   :(2WD)1,745mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)9.7km/L
      :(4WD:7人乗り)9.1km/L
      :(4WD:8人乗り)9.4km/L
・使用燃料 :無鉛プレミアムガソリン
・最高出力 :206kW(280PS)/6,200rpm
・最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)/4,700rpm

● G(7人乗り)
・全長   :4,795mm
・全幅   :1,800mm
・全高   :(2WD)1,730mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)9.7km/L
      :(4WD)9.1km/L
・使用燃料 :無鉛プレミアムガソリン
・最高出力 :206kW(280PS)/6,200rpm
・最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)/4,700rpm

【2.4L】
● アエラス(7,8人乗り)
・全長   :4,815mm
・全幅   :1,820mm
・全高   :(2WD)1,745mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD:7人乗り)11.4km/L
      :(4WD:7,8人乗り)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

● アエラス”レザーパッケージ”(7人乗り)
・全長   :4,815mm
・全幅   :1,820mm
・全高   :(2WD)1,745mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)11.4km/L
      :(4WD)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

● アエラス”サイドリフトアップシート装着車”
・全長   :4,815mm
・全幅   :1,820mm
・全高   :(2WD)1,730mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)11.4km/L
      :(4WD)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

● G(7人乗り)
・全長   :4,795mm
・全幅   :1,800mm
・全高   :(2WD)1,730mm
      :(4WD)1,760mm
・燃料消費率:(2WD)11.4km/L
      :(4WD)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

● X(8人乗り)
・全長   :4,795mm
・全幅   :1,800mm
・全高   :(2WD)1,730mm
      :(4WD)1,745mm
・燃料消費率:(2WD)11.6km/L
      :(4WD)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

● X”サイドリフトアップシート装着車”
・全長   :4,795mm
・全幅   :1,800mm
・全高   :(2WD)1,730mm
      :(4WD)1,745mm
・燃料消費率:(2WD)11.6km/L
      :(4WD)11.2km/L
・使用燃料 :無鉛レギュラーガソリン
・最高出力 :125kW(170PS)/6,000rpm
・最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/4,000rpm

嬉しいドライビングアシスト・安全装備とは?

エスティマのHDDナビゲーションシステム搭載車には、これから走行する道路状況を予め予測して最適なシフト制御を行う「NAVI・AI-SHIFT」や、ドライバーへ、一時停止情報を前もって伝達する「一時停止情報提供機能」が装備されています。

新型エスティマ 画像

出典:http://toyota.jp/

更に現行型エスティマには、夜間のカーブの走行でも車両の進路を適切に照らすヘッドランプコントロールシステムを搭載しています。また、夜間の視野を確保するためのディスチャージヘッドランプも標準装備されています(Xシリーズは除く)。

そして、全グレードにメーカーオプションとして、低速運転時の車両の周囲の障害物が近づいた時にアラートを発してくれる「クリアランスソナー&バックソナー」が用意されています。

特に、グレードG・3.5Lには、メーカーオプションとして、安全な高速走行をサポートするレーンキーピングアシスト機能や衝突回避機能としてミリレーダーを使用したプリクラッシュセーフティシステムが用意されており、もしものときは役立ちます。

エスティマのおすすめグレードについてさらに知りたいかたはこちら

現行型エスティマの値引き情報・値引き目標額

新型エスティマ 値引き画像

出典:car-moby.jp

新車価格、中古車価格は?

・新車価格:287万〜523万円
・中古車価格:3万〜468万円
(初代:9.8万〜55万円/二代目:3万〜138万円/三代目・現行:30万〜468万円)
中古車価格の高価格帯に関しては、ほとんどがフルカスタムした改造車になっています。

目標:40万円~65万円を目指す!

MOBY独自調査により、値引きの実績情報をまとめた結果がこちらです。車両価格とオプション価格を合わせた価格からいくら割引されたかを集計し、値引き総額と金額の関係を図に表しました。

最も多いのは、値引き総額40万円となっています。次に多いのは値引き総額65万円であり、中には70万円の値引きを獲得した強者も居ました。

車両とオプション金額の総額や購入時期にもよりますが、目標値引き額としては最低40万、目標65万円を目処にディーラーと交渉するのが良いかと考えられます。

新型エスティマの値引きに関して、より詳しいテクニックはこちらの記事!

トヨタ エスティマオーナーの口コミ・評判は?

口コミ情報をまとめると、エスティマのエクステリアは、シンプルで飽きのこないデザインということで評価されている一方、インテリアには不満の声もありました。

エンジン性能に関して不足を感じるドライバーは少ないようです。また、燃料消費率もJC08基準と同程度の燃費を達成しています。
走行性に関しては、一部足回りに落ち着きの無いシーンもあるとの声も上がっています。

参考になる口コミのみ抜粋して紹介します。

【エクステリア】マイナーチェンジしてもそんなにデザインが変わらないせいか、今だに飽きのこないデザインで気に入っています。ミニバンなのに箱ってしてないのが良いです。純正ホイールが18インチでしたのでまとまりの有る感じでカッコ良かったです。
【インテリア】ダッシュボード、インパネ周りに使用されているプラスチックが残念でした。室内は広く快適ですが、8人乗りのため3列目に移動が簡単に出来ないのが残念でした。3列目の床下収納は超便利です。2列目を一番前までスライドすれば軽トラより荷物が詰めます。
【エンジン性能】2.4Lですが特に不満は有りません。必要にして十分。
【走行性能】まぁミニバンですからそれ程、期待はしていませんでしたが、良くロールします。ショックのみ社外品に交換後はそこそこ良くなりました。
【乗り心地】良いと思います。基本、何処に行くにも運転手をしていますが長距離を運転しても疲れたーとはなりませんでした。3列目は・・・
【燃費】良いですね。通勤往復 約40kmですが10~11km/L遠出をすれば12km/Lいきます。
嫁が乗っていたシエンタ4WDと同等でした(笑)
【価格】価格相応だと思います。新車で購入すれば400万近くしますが、試乗車だったので、込み込み320万で購入しました。

出典:http://review.kakaku.com/

トータル的に使いやすい車です

【所有期間または運転回数】
中古車で買って3年目になり、毎日運転しています。

【総合評価】
大きさも丁度よく、大変使いやすい車です。運転していても楽しいです。

【良い点】
7人乗りなので、2列目がゆったりできます。
3列目が収納できるので便利!

【悪い点】
街乗りでの燃費と内装の質感。

出典:http://www.goo-net.com/

【エクステリア】これは気に入って買ったので満足してます。独特の丸みと締まった感じのリアとフロントがよかったです。
【インテリア】シートをアルカンターラにしたりプラスチックの部分をもっと減らしたり工夫はして欲しかった。値段の割には‥って感じ。
【エンジン性能】街中では問題ありません。CVTで滑らかに走ってました。高速も飛ばす方ではないのでマニュアルモード引っぱればすぐ流れに合わせられます。
【走行性能】山のクネクネ道はダメっす。ミニバンなんで仕方ないですか。車高も低くはないし‥街乗りはこれも問題ありません。
【乗り心地】フワフワが大っ嫌いなんで乗り心地はイヤでした。ちょっとした段差が苦痛でずっと揺れてる感じで。空気圧パンパンにして誤魔化してました。
【燃費】これは街乗りではどれだけ期待するかによりますが悪かった。信号多数で一時停止多数であれば7/Lってところです。高速で100キロクルコンで13/Lって感じです。しょっちゅうガソリンを入れてた思い出があります。
【価格】少し高いかなーと思います。トヨタのクルマなら売れるんでしょうね。ぼくも買ってしまいましたから‥でも現行オデッセイもなかったしライバルと言うライバルはいなかったし比較対象は無かったと思います。形やシートアレンジも、唯一無二のクルマだとおもいます。

出典:http://review.kakaku.com/

ファミリーカーのベスト

【所有期間または運転回数】
三年ほど乗っていますが、エンジンなど、すべて購入当時のままを維持しています。荷室は小さめですが問題ありません。

【総合評価】
安定感がありますので、満足です。

【良い点】
長時間、運転していても、かなり楽です。

【悪い点】
足回りが、車体の大きさに対して、少しですが弱く感じる。

出典:http://www.goo-net.com/

現行型エスティマのライバル車比較!

ミニバン大国と言われる日本にはたくさんのミニバンがあるので、ライバル車も多いです。
その中でもミドルサイズミニバンのライバル3車との比較を見ていきたいと思います。

エスティマVSセレナ

エスティマのラグジュアリー路線をとるか、王道のセレナをとるかという選択になりそうです!

エスティマVSオデッセイ

インテリアは両者ともあまりさはなく、燃費・走行性能ではややエスティマが有利になりそうです。

エスティマVSノア

室内空間の充実や、デザインの良さなどやや高級路線を走るエスティマをとるか、コストパフォーマンス重視でノアをとるかという選択になりそうです。

次のページ