初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ルノー・メガーヌRSフルモデルチェンジ!世界最速FFへ?性能や発売日など最新情報

フルモデルチェンジが噂されるルノー・メガーヌRSの新型の写真を公開!ルノーのハッチバック「メガーヌ」のハイパフォーマンスモデルである「メガーヌRS」が、新型へのフルモデルチェンジを計画しています。ニュルブルクリンクにおける市販車最速FFの座を奪還するため、現行型から大幅にパワーアップするという新型メガーヌRS。果たして、どのようなスペックに仕上がるのでしょうか?

ルノー新型メガーヌRSがフランクフルトモーターショーで発表!

ルノー メガーヌRS

新型ルノー・メガーヌRSがフランクフルトモーターショーにて公開されました。
気になる性能や価格はどうなるのでしょうか。
本記事では、新型メガーヌRSに関する最新情報から詳細なスペック情報などをまとめてお伝えしていきます。

ルノー新型メガーヌRSのティーザー動画

ルノースポーツは公式Facebookページのファンが、100万人に到達したのを記念し、あるビデオを公開しました。

動画の中ではルノーの車が時代とともに進化していく様子が、アニメーション・CGを用いコミカルに描かれています。
そして動画の最後には「Coming Soon 2017」というメッセージとともに新型メガーヌRSだと思われる車のティーザー画像が公開されました。
このビデオから新型メガーヌRSのデビューが2017年内であることが確実となりました。

フランクフルトモーターショーに関連するおすすめ記事はこちら

ルノー新型メガーヌRS フルモデルチェンジの主な(予想)変更点まとめ

ルノー メガーヌRS

・スポーツグレードが追加されラインナップが拡張
・新開発エンジンを搭載
・4CONTROLを搭載
・よりスポーティーな外装に変更

ルノー新型メガーヌRSの発売日

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

前述したように、新型メガーヌRSは2017年9月のドイツのフランクフルト・モーターショーでワールドプレミアされています。
ルノーの公式発表で、欧州における新型メガーヌ RSの受注は2017年 12月に開始されることが判明しています。

さらに、300HPを超える高性能モデル「トロフィーバージョン」が2018年末に導入される予定であることも公表されました。

日本における新型メガーヌ RSの発売日は2018年以降になるのではないでしょうか。

ルノー新型メガーヌRSの外装(エクステリア)デザイン

ルノー メガーヌRS
ルノー メガーヌRS
ルノー メガーヌRS
ルノー メガーヌRS

ルノー新型メガーヌRSのスタイリングには、数々のモータースポーツで培ったノウハウが随所に使われています。
車幅を拡張し新たな18〜19インチホイールを装着することで路面との吸い付きを向上。
さらに、ワイドなエアーインテークは効率的な排熱を実現。
リアのリップスポイラーは、ダウンフォースを生み出し高速走行性能を向上させます。

ルノー新型メガーヌRSの内装(インテリア)デザイン

ルノー メガーヌRS
ルノー メガーヌRS

ルノー新型メガーヌRSの内装は、スポーティーな外装に合わせたものになっています。
スポーティーテイストな細部にまで赤いスティッキングや最先端素材であるアルカンターラが使われいます。
ホールド感のあるシートは高速走行時でもガッチリとドライバーを支えてくれます。

ルノー新型メガーヌRSの性能・パワートレイン

ルノー メガーヌRS

ルノー新型メガーヌRSのパワートレインには新開発のターボエンジンが搭載されます。
搭載される直接燃料噴射式1.8Lの4気筒ターボエンジンは、280hp(205kW)の最大出力を6,000rpmものエンジン回転数で実現し、最大トルク390Nmを誇り、クラス最高の性能を発揮します。

駆動方式は当然FFで、トランスミッションにはパドルシフト付き7速DCTのほか、6速MTが用意されます。
さらに、「4CONTROL」と呼ばれる四輪操舵システムを採用することによって、高速走行時でも優れたコーナリングを魅せます。

ルノー新型メガーヌRS "トロフィー"

ルノーはより高性能なルノー新型メガーヌRS「トロフィー」の発売を2018年末に開始すると発表しています。
高性能モデルである新型メガーヌRS「トロフィー」は、ノーマルの新型メガーヌRSを最高出力において20hp高い、300hpを誇ります。
先代のメガーヌRSの「トロフィー」が軽量化され、足回りを強化されていたことから両者も実行されるのではと噂されています。

ルノー新型メガーヌRSの価格は?

価格 値段

詳しい発表はまだありませんが、約30,000ポンドになると予想されています。
2017年5月現在の為替レートだと日本円で約429万円となります。
現行車の価格は399万円であり、スペックの向上が値段に反映されるかもしれません。

ルノー新型メガーヌRSのライバルは? 再びニュル最速のFF車となるか?

ホンダ シビック タイプR

シビック タイプR

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ ストリートエディション

メガーヌRSには、奪還すべき目標があります。
それは、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおける最速のFF車という称号です。
2014年の6月に7分54秒36という記録を打ち立て、最速のFF市販車となったメガーヌRSでしたが、2015年の3月にホンダ「シビック タイプR」が7分50秒63というタイムを記録したことで、FF車最速の座は奪われます。
さらに、2016年の4月にはフォルクスワーゲン「ゴルフ GTI クラブスポーツS」が7分49秒21というタイムを記録し、メガーヌRSは大きな差を付けられてしまいました。
新型メガーヌRSはこれらの記録を覆し、再びニュル最速FFの座に返り咲くため、シビックやゴルフと互角以上に戦えるパフォーマンスを手に入れているはずです。

▶ホンダ シビック タイプRのエンジン
種類:2.0L 直列4気筒ターボ
最高出力:310PS
最高速度:270km/h

▶フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツSのエンジン
種類:2.0L 直列4気筒ターボ
最高出力:310PS
最高速度:265km/h

ホンダ・シビックとフォルクスワーゲン・ゴルフの記事はこちら!

ルノー メガーヌとは?

現行型 メガーヌRS

メガーヌ RS

©Shutterstock.com/ EvrenKalinbacak

メガーヌ (Mégane) とは、フランスの自動車メーカー・ルノーが1995年から製造・販売しているCセグメントの乗用車です。
日本ではスポーツモデルのイメージが強く、正規輸入されているのもハッチバックのスポーツモデルのみですが、本国ではエステートやクーペ・カブリオレモデルも販売されています。

現行型である3代目モデルの車体には、95%リサイクル可能な素材が使用されている他、フルデジタル設計やシリーズ初となるCVTの採用など、新機軸の戦略が盛り込まれました。

メガーヌRSとは?

メガーヌRSは、ルノーのモータースポーツ部門である「ルノー・スポール」が開発を手掛けたメガーヌのハイパフォーマンスモデルです。
正式には「メガーヌ ルノー スポール」と呼称します。(RSはRenault Sportの略)

メガーヌRSが登場したのは2代目モデルからであり、2008年に登場したメガーヌRSの最高峰モデル「R26.R」は、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースにおいて、FFの市販車としては当時最速の8分17秒という記録を叩きだしました。

また、2014年には3代目メガーヌがベースの「R.S.275トロフィーR」によって、当時のFF市販車としてはニュル最速の7分54秒という記録を打ち立てています。

▶メガーヌRS 車体寸法
全長:4,320mm
全幅:1,850mm
全高:1,435mm
ホイールベース:2,640mm

▶メガーヌRS 新車価格(税込)
MEGANE R.S. 273:3,990,000円

新型 メガーヌについてはこちら

メガーヌRSの詳細とルノーについての記事はこちら!

ルノー メガーヌの中古車価格もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


ルノー新型メガーヌRS 最速のFFハッチバックに期待!

ルノー メガーヌRS

ニュル最速の称号奪還に向けて、開発が進められている新型メガーヌRS。
果たしてどのような記録を打ち立てるのでしょうか?

MOBYでは今後も新型メガーヌRSの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

ルノーの新型車に関する記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK