初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW M4クーペのMは速さの称号】エンジンスペックと相場価格や評価まで

2014年、M3クーペの後継車として販売が開始された「BMW・M4クーペ」。流麗なフォルムや圧倒的なエンジンパフォーマンスは、ますます注目を集めています。本記事は、BMW・M4クーペの押さえておきたい要点や、相場価格、エンジンスペックから試乗のリアルな評価まで、BMW・M4クーペを徹底解説しています。

BMW・Mモデルとは?

BMW・M4(エムフォー)クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4 クーペ

BMWの数あるシリーズの中で、M4(エムフォー)クーペが該当する「M」モデルは、いったいどのようなモデルなのでしょうか?
BMWのMモデルとは、そのシリーズに設けられた「スポーツモデル」にだけ許された称号となっています。

Mモデルの開発は、BMWのモータースポーツ開発の多くを手掛ける「BMW M GmbH(ビーエムダブリュー エム)(旧BMWモータースポーツ)」が担っています。
BMW M社が手掛けるMモデルの開発は、車のエンジンだけにとどまらず、ボディの剛性(ねじれや曲げに抵抗する力の度合い)などにいたるまで、細部にまで及んでいて、まるでベース車両とは違う車といっていいほどの改良がなされます。

また、Mモデルでの開発技術は、BMW車の次モデル開発にフィードバックされるというシステムがとられているのです。

BMW・M4クーペは「M3(エムスリー)」がルーツ

(BMW・M3 E30型)

【BMW M4クーペの要点6選】07

出典:©everystockphoto.com/ Micheal Evans

BMW・M4クーペは、1985年に初代が発表されたM3(エムスリー)がルーツとなっています。
M3はBMWがレースに勝つために開発・製造された車といっても過言ではなく、実際に当時の「ドイツツーリングカー選手権(DTM)」などに使われたBMWのレースカーは、M3をベース車両に使用したものだったのです。

1980年代後半から1990年代前半のレースで、M3がベンツ190Eと繰り広げた激闘や、M3の色濃く残るレースカーとしての香りは、当時の日本でも人気を博しました。
2007年には、4代目となるM3はクーペに加え、セダンもラインナップに加えられることとなりますが、その後のシリーズ改変により、2013年クーペ系を新しく4シリーズとして独立させることとなりました。

「BMW・M4クーペ」は、レースカーで培われたM3の系譜を受け継ぐ、特別な存在なのですね。

BMW・M4クーペのエンジンスペック

BMW M新開発のターボを搭載

BMW ターボ

BMW・M4クーペ エンジンスペック
エンジン直列6気筒DOHC・Mツインパワーターボ
排気量2,979cc
最高出力431ps/7,300rpm
最大トルク56.1kgm/1,850~5,500rpm

BMW・M3が自然吸気(ターボ搭載なし)だったのに対し、上記の表からもわかるように、M4クーペには「BMW M社」が新開発した「Mツインパワーターボエンジン」が搭載されています。

Mツインパワーターボエンジンとは、2基のターボが搭載されているのに加え、6気筒のうち3気筒ごとにターボと排気管を一体化して配置させることで、排気の少ない低回転時の場合も、排気を充分に取り入れることができます。

その結果、BMW・M4クーペは、最大トルク56.1kgmを1,850から5,500rpmの幅広い範囲で発生可能とすると同時に、最高出力は431psを7,300rpmで実現させているのです。

ハイパワーエンジンと形状の美しさ

BMW エンジン

まさに、低速からまたたく間に、一気に立ち上がることができるハイパワーエンジンを搭載した「BMW・M4クーペ」。
加速において0-100km/hは、わずか4.1秒(7速M DCT Drivelogic)を実現しています。

街乗りでは、5秒台でもアクセルを踏み込む必要がないほど加速力があるといわれることもあるなか、4.1秒は本当にすごいですよね。
さらに、M4クーペのエンジンルームを開けてみると、そのエンジンや装置の形状の美しさにも目を奪われます。

エンジンを抱え込むようにU字型に配置された「CFRP(炭素繊維強化樹脂)製ストラッド・ブレース」は特に目を引き、フロントの両サスペンション・タワーをつなぐことで、車体前方部の剛性を高くするだけでなく、ステアリング性能向上にも役立っているのです。

BMW・M4クーペのトランスミッション

BMW M4クーペ

BMW・M4クーペのトランスミッションには「6速MT」と「7速M DCT Drivelogic」が用意されています。
7速M DCT Drivelogicの「DCT」とは、「Double Clutch Transmission(ダブル クラッチ トランスミッション」の略で、構造的には1・3・5・7速で1系統のクラッチを構成し、2・4・6速で1系統のクラッチを構成するという2系統に分かれたクラッチとなっているのです。

クラッチ操作は、車の電子制御で自動的に行われ、簡単にいうと「2系統に分かれたクラッチを交互につなぎながら変速を行う」方法で行われます。
このため、変速に要する時間を短くすることができ、非常にスムーズで素早い変速操作が可能となるという特性があるのです。

状況や好みに応じて走行モードを選択

BMW・M4(エムフォー)クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4クーペ 外装

BMW・M4クーペには、車が走る際の状況や好みに応じて走りが最適となるよう「走行モード」の選択が可能となります。
走行モードには、「エンジン+トランスミッション」「サスペンション」「ステアリング」に分けられた3種類を、その状況によって「コンフォートモード」「スポーツモード」「スポーツプラスモード」に切り替える形で行います。

コンフォートモードとは、長時間走行や市街地を走行する際などに、最適でスムーズな走りを実現してくれる走行モードです。
一方、スポーツモード・スポーツプラスモードは、高速走行やより加速感を味わいたい際には、全くストレスを感じることがないほど、充実した走りを実現してくれる走行モードとなっています。

BMW・M4クーペ の外装

フロントまわりの特徴は?

BMW・M4クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4 クーペ 外装

BMW・M4クーペの外装の大きな特徴として、まずあげられるのはフロントマスクに設けられているエア・インテーク(空気の取り入れ口)と、サイドに配置されたエア・ブリーザー(空気の排出口)です。
見た目のインパクトと同時に、ホイール付近で生じる乱気流などをおさえ、空気抵抗を減少させる役目をになっています。

また、キドニーグリルには、M専用となるブラックペイント仕様のMダブルバーが採用されていて、より精悍な印象を与えています。
さらに、ルーフにはM3でも採用された「CFRP(炭素繊維強化樹脂)製ルーフ」を継承し、車体上部の軽量化により低重心を図っているのです。

それに加え、サイドから見たラインは、これぞまさしく「クーペ」という洗練された流れるような美しいラインとなっています。

リアの特徴は?

BMW・M4クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4クーペ 外装

リアで大きな特徴となるのは、M4クーペの車体各所に採用されているCFRP(炭素繊維強化樹脂)を内部に使用した「リアスポイラー一体型のトランクリッド(トランクの蓋)」です。

ボリューム感あるリアフェンダーの下部には、双方に特徴的なエグゾースト・テールパイプが配置され、スポーティな走りとともに独特のエンジン音が感じられる演出が施(ほどこ)されているのです。

BMW・M4クーペ の内装

【BMW M4 クーペ 内装

BMW・M4クーペの内装は、非常にシックかつスポーティな仕上がりとなっています。
まず目につくのは、シートに刻まれるMモデル専用の「Mロゴ」です。
また、シートは人間工学に基づいたシェル形状となっていて、ドライバーの体をしっかりとホールドしてくれ、シートポジションのメモリー機能も搭載されています。

さらに、Mロゴが刻印されたステアリング・ホイール、シンプルな丸型メーターパネルとともに、どれもが走りの実感と、居住性の高さを両立する造りとなっています。

BMW・M4クーペの相場価格

BMW・M4クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4 クーペ 外装

BMW・M4クーペは「ハイパフォーマンスモデル」といわれ、一般のBMWのシリーズと比べ、希少価値が高いとされます。
現在の相場価格はいったいどのようになっているのでしょうか?
新車価格と中古車価格を一覧にしてみたいと思います。

(2017年3月時点の相場)

BMW・M4クーペ
新車価格11,540,000円
中古車相場価格6,780,000円~9,650,000円

上記の表でもわかるように、新車価格1,154万円に対し、中古車価格は670万円からとなっています。
また、市場に出回る台数としても50件と、比較的多くあります。(2017年3月時点の相場です)
一方、同じくハイパフォーマンスモデルとされる「ベンツ・AMG・C63クーペ」などは、価格もさることながら、希少車ゆえ中古車市場に出まわる台数も少ないようです。
新車は高価すぎてという方には、中古車にターゲットを合わせるのもいいかもしれませんね。

BMW・M4の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ベンツ・AMGに関連するおすすめ記事はこちら

BMW・M4クーペのスペック詳細

BMW・M4クーペのスペック詳細
エンジン直列6気筒DOHC・Mツインパワーターボ
排気量2,979cc
全長×全幅×全高4,685×1,870×1,385mm
ホイールベース2,810mm
トランスミッション6速MT/7速M DCT Drivelogic
最高出力431ps/7,300rpm
最大トルク56.1kgm/1,850~5,500rpm
燃費(JC08モード)6速MT:11.6km/L /7速M DCT Drivelogic:12.2km/L

BMW・M4クーペ 試乗時の評価

BMW・M4クーペ(2014年07月モデル)

BMW M4 クーペ 外装

それでは、この章ではBMW・M4クーペの試乗時におけるリアルな評価をいくつかご紹介しましょう。

BMW・M4クーペ 試乗時の評価その1

【走行性能】
何でしょうかこの楽に早いのは?
安定感、安心感、そして速さを感じさせない速さは私の常識を越えすぎてただ凄いとしか言えない。

【乗り心地】
驚くほど乗り心地が良い。
引き締まった足をダイレクトに感じるにも関わらず荒れた路面も不快感なしに走る。
よく「高次元でバランスの取れた」と言うが5,6百万の車とは次元が違う。
目から鱗的な乗り味。

出典:http://review.kakaku.com/

BMW・M4クーペ 試乗時の評価その2

【エンジン性能】
直6では最高レベルかと思う。
サウンドも、Sports Plusモードにすると
マセラティよりも派手じゃないかと思える。
パワーもトルクも非常に素晴らしい。

【走行性能】
ステアリングフィールも気持ちよく、
Z4に感じたアクセルのラグも全然無かった。
0-100km/h は公表値で4.1秒だが、
実際にはそれより速いんじゃないかと感じた。

【乗り心地】
ステアリングフィールも気持ちよく、
ブレーキ性能も高いし、
ロールの抑え具合、足回りもほぼ問題なし。
若干の突き上げ感と、
ノーマルモードでシフトを2ndに落とした際の音が、
いきなりSports Plusの音の領域なので違和感。

【燃費】
10km/Lを超えるとか。
6気筒だとは言え、少々驚き。

出典:http://review.kakaku.com/

BMW・M4クーペ 試乗時の評価その3

トランスミッションはM3は7速M DCTだけの設定で、M4には6速MTの設定もある。ただし、試乗車は7速M DCTを組み合わせたモデルだった。デュアルクラッチながら、変速のスムーズさはATと変わらないもので、DCTであることを意識することなく走らせることができた。

エンジンは相当にパワフルな実力を持ち、アクセルを踏み込んで加速すると気持ち良く加速が伸びていく。この速さは相当なものだ。しかも箱根ターンパイクのワインディングで走らせると、高い安定感を発揮する足回りによって極めて楽しいコーナリングが味わえる。

出典:http://review.kakaku.com/

BMW・M4クーペ マイナーチェンジ車は販売間近?

BMW・M4クーペ DTM チャンピョンエディション(2016年11月モデル)

BMW M4 クーペ 外装

BMW・M4クーペの押さえておきたい要点、相場価格、エンジンスペック、試乗評価などについて解説してきましたが、いかがでしたか?
マイナーチェンジ後のM4クーペ販売も間近だとささやかれるなか、早くその日が来ないか待ち遠しくなってしまいます。
BMWで特別となる「M」の称号が与えられた「M4クーペ」。
今後の動向にも注目したいと思います。

BMWの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

クーペに関連するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す