MOBY

【日産スカイラインクロスオーバーの要点7選】実燃費やカスタムから新型情報も

日産スカイラインクロスオーバーという車をご存知ですか?スカイラインクロスオーバーは2009年4月から約7年間発売された日産自動車のクロスオーバーSUVです。伝統のスカイラインという車名を冠したクロスオーバーSUVであるスカイラインクロスオーバーとはどんな車だったのか、その詳細からユーザーの評判・口コミによる実燃費の情報やカスタム画像と新型情報などをご紹介してまいります。

日産スカイラインクロスオーバーってどんな車?

日産スカイラインクロスオーバー

日産スカイラインクロスオーバーは2009年4月に発売を開始した日産自動車の高級クロスオーバーSUVです。

日産スカイラインクロスオーバーは北米で先行して発売されていました日産の北米高級車ブランドであるインフィニティのEX35と同一モデルです。スカイラインの名を冠してはいますが、中身は高級ブランド「インフィニティ」そのものという成り立ちでした。

日産スカイラインクロスオーバーのコンセプト「異なる魅力の融合」

スカイラインクロスオーバー

発売当時、日産自動車がカタログで謳っていたスカイラインクロスオーバーのコンセプトは
「クロスオーバー。それは異なる魅力が出会うことで生まれる、新たな価値」でした。

スカイラインクロスオーバーは、クーペとSUVの魅力を融合させたそれまでになかった価値観、美しいデザインを目指して開発されました。

日産スカイラインクロスオーバーのデザイン

スカイラインクロスオーバー

クーペとSUVの魅力を融合させたというスカイラインクロスオーバーの外装について見てきましょう。

日産スカイラインクロスオーバーのフロントデザイン

スカイラインクロスオーバー・フロントデザイン

日産スカイラインクロスオーバーのフロントデザインですが、ヘッドライトやグリルなどそのイメージは、日産伝統の人気車・スカイラインのイメージに似せていますが、実際はまったくの別物であり、専用デザイン・専用パーツとなっています。繊細で滑らかな曲線デザインを採用しつつ、SUVならでは力強さも感じるデザインとなっており、クーペとSUVの魅力を見事に融合させた美しいデザインがひときわ目を引きます。

日産スカイラインクロスオーバーのサイドからリアデザイン

スカイラインクロスオーバー・リアサイド

日産スカイラインクロスオーバーのサイドからリアにかけてのデザインは、この車の外装デザインの一番のクローズアップポイントと言えます。
柔らかなラインがフロントホイールアーチからリアにかけて流れるようにデザインされ、日本車離れしたプレミアム感抜群の美しいプロポーションでまとめられています。

これまでのSUVは、走行性能や走破性をアピールした力強いデザインも多く見受けられましたが、スカイラインクロスオーバーはクーペのエレガントなイメージを感じる優雅で美しいデザインとなっています。

日産スカイラインクロスオーバーのボディスペック

メジャー

全長は5ナンバー枠の4.7m以下に収めていますが、全幅は1.8mと幅広な設計となっているのが特徴です。しっかりと全幅を使ったデザインで、ふくよかでエレガントなデザインを醸し出すことに成功してます。

▶日産スカイラインクロスオーバーのボディスペック
全長:4,635mm
全幅:1,800mm
全高:1,575mm/1,600mm(ルーフレール装着車)
ホイールベース:2,800mm
車両重量 1,730-1,830kg

日産スカイラインクロスオーバーの外装デザインの評判・口コミは?

評価

出典 :©Shutterstock.com/ Sofi photo

落ち着いていて、かつ目を惹くデザイン。
が、グリルを無理やりスカイライン風にしているのが何とも。
ヤンチャになってしまうが、インフィニティを買うべきなのか…!

出典:http://review.kakaku.com/

もともとアメリカで見たインフィニティEXの独特の存在感がとても気に入っていたので、その小型版FXの日本版であるスカイラインクロスオーバーはすごくエキゾチックで魅力的に見えました。

出典:http://review.kakaku.com/

SUVには見えないスマートでスポーティな外観。
これ以上スタイリッシュなSUVは他に無いのでは?
リアがアルファロメオ147に似てる事もあり国産車離れした雰囲気が良い。

出典:http://review.kakaku.com/

いつ見ても惚れ惚れします。特に後ろ斜めからの眺めはグラマラスで素晴らしいと思います。

出典:http://review.kakaku.com/

サイドおよびリアから見るデザインが好きです。
スクラッチガードコートという塗装と関係あるかどうかわかりませんが、
塗装に厚み、深みを感じます。
とても質感が高いので洗車しがいがあります

出典:http://review.kakaku.com/

【日産スカイラインクロスオーバーのデザインのポイント!】
スカイラインクロスオーバーのデザインコンセプトである「クーペとSUVの魅力を融合」は、多くのユーザーのハートをがっちり捉えたようです。リアサイドからリアにかけての流れるようなデザインは特に好評のようです。

日産スカイラインクロスオーバーの内装は?

スカイラインクロスオーバー・内装

日産スカイラインクロスオーバーの内装は、柔らかな弧を描いたような優雅な曲線をデザインに取り入れ、上質な素材を多用し高級感に満ち溢れたものとなっています。
日産スカイラインクロスオーバーの内装や特徴的な装備について見ていきましょう。

上質な本革シートを採用

スカイラインクロスオーバー・本革シート

日産スカイラインクロスオーバーのシートは、370GTtypePの2WD車、4WD車に本革シートを採用しています。ブラウン内装専用の本革シートとブラック内装の本革シートの2種類を用意する力の入れようで、外板色にかかわらず、ユーザーの好みに合わせた選択ができるようになっていました。

包み込むようなデザインのアルミフィニッシャー

スカイラインクロスオーバー・ドアトリム

日産スカイラインクロスオーバーは、インパネからドアトリムにかけて柔らかな弧を描くような曲線でデザインされています。その曲線に合わせて包み込まれるようなアルミフィニッシャーが採用されています。上質感を随所に感じさせる仕上がりが印象的な内装となっていました。

日産の安全技術をフル装備

スカイラインクロスオーバー・アラウンドビューモニター

日産スカイラインクロスオーバーは、当時の日産の安全技術がフル装備されていました。

▶スカイラインクロスオーバー先進の安全装備

①アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/フロントワイドビュー/バックビュー/リヤワイドビューモニター、駐車ガイド機能、カメラ補助ソナー機能付)
車を上空から見下ろしたような形で周囲を把握できる日産得意のアラウンドビューモニター。スカイラインクロスオーバーでは6つのビュー(トップビュー、フロントビュー、サイドブラインドビュー、バックビュー、フロントワイドビュー、リヤワイドビュー)を切り替え選択できる。

②インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従機能付)
車速に応じた車間距離を保ちながら設定速度を上限に定速走行できる最新のクルーズコントロール。

③アクティブAFS
ハンドル操作に連動して、ヘッドライトの照射範囲をコントロールする。夜間の安全性が飛躍的に向上。

④小学校付近での安全運転ガイド
走行情報などをもとに、小学校周辺のスクールゾーンなどでナビ画面と音声を使って注意喚起するもの。

他にも、さまざまな安全装備が採用されているのがスカイラインクロスオーバーの美点でもあります。

日産スカイラインクロスオーバーの室内寸法

スカイラインクロスオーバー・寸法

上質な素材とデザイン、包み込まれる安心感とともに、ゆったり快適にドライブできる室内空間を確保しています。

▶日産スカイラインクロスオーバーの内装寸法
室内長:1,875mm
室内幅:1,480mm
室内高:1,215mm

日産スカイラインクロスオーバーの内装の評判・口コミは?

指をさす女性

スカイラインの共通した内装です。
グレードに相応しい質感。

出典:http://review.kakaku.com/

高級とまでは言えないものの上質で艶のある大人っぽいデザイン。
ブラウン内装は国産車とは思えないセンスでプレミア感もある。
スイッチ類も一体感があり、浮いた感じがしない。

出典:http://review.kakaku.com/

値段を考えても十分なクオリティだと思います。弟がレクサスLS460に乗っているのでさすがに比べると厳しいですが…

出典:http://review.kakaku.com/

安っぽさはありませんが、高級感がある!とも感じません。
でも「スカイライン」にはマッチしてると思います。
BOSEのスピーカーは、想像以上に良いです。

出典:http://review.kakaku.com/

1800mmに達する全幅は、国内向けにはこれが限界という感じ。大きめボディなので室内はまずまず広いが、広さを感じるのは前席だけ。後席は乗降性、居住性ともさほどではない。

出典:http://review.kakaku.com/

【日産スカイラインクロスオーバーの内装のポイント!】
日産スカイラインクロスオーバーの内装も外装と同様に総じて好評で、価格に見合ったレベルであるという評価が大半でした。広さは幅は十分であるものの、室内長に対しての評価はそれなりで、リアシートは際立って広いといえるものではないといえそうです。

次のページ

この記事の執筆者

よっしーこの執筆者の詳細プロフィール

13年間自動車ディーラーで営業していた経験を生かして自動車・バイクのライターをしています。ドライブ・ツーリングが大好きで、そのジャンルの記事も得意です。 現在はフォルクスワーゲンのダウンサイジングターボ車にハマっています。愛車はフォルクスワーゲン・パサートです。...