初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【匠塗】マシーングレープレミアムメタリックが格別な理由は?傷や汚れの評判も

マシーングレープレミアムメタリックは、2016年7月にアクセラに新採用された新開発カラーです。グレー系のカラーとしては異例の人気を誇る、マツダ車独自の塗装システム【匠塗】で仕上げられた非常に美しいカラーです。今回は、そんなマシーングレープレミアムメタリックについてまとめてみました。

マシーングレープレミアムメタリックってどんな色?

マシーングレープレミアムメタリック マツダ

マシーングレープレミアムメタリックは、今やマツダ車の専売特許といえるカラー技法「匠塗」シリーズの第2弾。

それまで、あくまでカラーリングのひとつ、無難な色の代表格であったグレー色に、特殊な塗装を施すことで「金属質感」を追求した色となっています。

マシーングレープレミアムメタリック開発エピソード

マシーングレープレミアムメタリックは「匠塗」シリーズ第1弾カラーであるソウルレッドプレミアムメタリックともに、通常カラーと比べると54,000円高い仕様となっています。

しかし、オプションカラーであるにも関わらず、販売比率は匠塗シリーズの塗装を施したものが全体の40%を超えています。

今後、マツダ車を検討されている方にとっては、重要な役割を担うカラーと言えるでしょう。

リアルな金属感を出すメカニズム

マシーングレープレミアムメタリック マツダ

マシーングレープレミアムメタリックは、その陰影のコントラストからなる美しさがユーザーから高く評価されています。

・ブラックカラー層
・漆黒顔料
・カラー&反射層
・高輝度アルミフレーク
・クリア層

熟練した職人が手塗りしたかのような質感を出すのに、ボディ表面にそれぞれこういった層を重ねて塗っています。

マシーングレープレミアムメタリック マツダ

通常のカラーリングと違い、別々の染料を2層に分けているため、光の当たり具合で白にも黒にも変化します。この絶妙で美しい光沢や艶が「メタリック」といわれる所以でもあります。

デザインの一環として、フォルムさえ決まれば後は良しとせず「カラーも造形の一部である」といったマツダならではのこだわりを感じる事が出来ますね。

マシーングレープレミアムメタリックの汚れや傷の評価は?


MGコーティングを含めガラスコーティング(撥水)は洗車後の吹き上げを怠るとカルキが残ってしまうので注意が必要ですよー
あと、季節によりきりですが雨のあとは洗車しないと汚れが残って取れなくなっちゃいますねー
ガラス系はツヤが出て良いんですがそれなりに気を使いますね(^^)

ちなみに色々な関係で実車でマシングレー見ましたが光が当たった時のコントラストがメチャクチャカッコイイですよー

出典:http://bbs.kakaku.com/

色としての人気はとても高いマシーングレープレミアムメタリックですが、口コミによれば、黒色に比べると汚れや傷は目立たないようです。
さらに、きちんと洗車をし続けなければその光沢は維持できないといった点がポイントとなっています。

マシーングレープレミアムメタリックに限らず、どんなコーティング、カラーであれしっかり洗車などメンテナンスをしなければ光沢や艶は維持できません。

マシーングレープレミアムメタリック マツダ

逆に言えば、簡単にメンテナンスさえ行い大事に乗っていれば、質感は長持ちしていきます。

あとは実際に実物を見てみて、マシーングレープレミアムメタリックというのがどんなカラーなのか確かめれば、よりその質感の魅力を知ることができるでしょう。

コーティングに関するおすすめ記事はこちら!

匠の技が味わえるマシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリック マツダ

マツダの匠塗シリーズ第2弾、マシーングレープレミアムメタリックについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

グレーが加わったことによって、それまではレッドしかなかった匠塗に幅が広がり、今では総販売数の半数を匠塗シリーズが占めているといいます。

今後、もしかしたら第3弾の匠塗シリーズも発表されるかもしれません。

MOBYはこれからも匠塗シリーズを追いかけていくので、楽しみにしていてくださいね!

マツダ車に関するおすすめの記事はこちら!

おすすめの中古車情報はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す