初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日本人初!3大レースインディ500を制覇した佐藤琢磨さんの愛車とは?【芸能人の愛車】

かつて、日本人レーサーとしてBARホンダからF1に参戦し、表彰台を獲得するなどの活躍を見せた佐藤琢磨さん。現在では、アメリカのインディシリーズで活躍しています。そんな佐藤琢磨さんの、こだわりの気になる愛車を紹介します。

【偉業】日本人で初めてインディ500を制覇!

インディ500優勝時に牛乳を飲む佐藤琢磨さん

佐藤琢磨さん インディ500優勝時

2017年5月28日に、アメリカ・インディアナポリス モータースピードウェイで第101回「インディ500」が開催されました。

今回ご紹介する佐藤琢磨さんは、日本人で初めて、「インディ500」で優勝を果たしました。
「インディ500」は、世界三大レースにも数えられるほどのレースで、テニスに例えれば「錦織圭 ウィンブルドン優勝!」、サッカーで例えるなら「浦和レッズ クラブワールドカップ優勝!」というくらいの偉業なのです。

ちなみに、インディ500は優勝時に「牛乳を浴びる」伝統があるとのこと。
嬉しそうに牛乳を飲んでいますね。

優勝の瞬間は以下の動画でチェック。

日本を代表するレーサー「佐藤琢磨」さんってどんな人?

佐藤琢磨

日本を代表するレーシングドライバー「佐藤琢磨」さん。
前述した2017年の「インディ500」優勝以外にも、2002年から2008年までF1に参戦し、日本中のファンを沸かせるような、素晴らしい活躍を見せてきました。

アメリカのインディカーシリーズに参戦し、数々のサーキットでその名を轟かせています。
2012年には、世界三大レースの一つ「インディ500」において、ファイナルラップまで2位を走行。トップを狙い、1位を走るダリオ・フランキッティに仕掛けるものの、マシンの体勢を崩しそのままスピン。
結局表彰台すら登ることができなかったものの、そのチャレンジする姿がアメリカだけに留まらず、世界中のレースファンを沸かせることになりました。

そんなチャレンジ精神溢れる魂のレーシングドライバー、佐藤琢磨さんは一体どんな車に乗っているのでしょうか。

佐藤琢磨さんの輝かしい活躍

「インディ500」を制覇した佐藤琢磨さんのこれまでの活躍も合わせて振り返ってみましょう。

2012年インディ500・ファイナルラップのチャレンジ

2012年の、「インディ500」ファイナルラップの佐藤琢磨さんのチャレンジです。
2位を走行しており、そのままゴールすれば表彰台獲得。
本来ならばリスクを冒さず、そのままゴールまで順位を維持してもよかった場面ですが、佐藤琢磨さんは違いました。

リスクを冒してでも1位を狙う姿勢を最後まで崩さず、ファイナルラップに仕掛けます。
結果、コーナーの内側のホワイトラインを踏んでしまい、スピンクラッシュ。
17位という結果に終わってしまいました。
しかし、このチャレンジする姿がサーキット中のファンを沸かせ、これがきっかけで翌シーズンのシートを獲得することになりました。

2004年F1USAグランプリ

2004年F1USAグランプリ、佐藤琢磨さんは予選で3位を獲得。
決勝レースでの表彰台が期待されました。

そして迎えた決勝レース。
スタート直後、ルノーのフェルナンド・アロンソに3位の座を奪われてしまうものの、セーフティカーが入ったり、エンジンブローしサーキットにオイルがこぼれてしまったりと荒れた状況の中、佐藤琢磨選手は巧みにマシンをゴールへと運び、3位表彰台を獲得しました。

日本人としては鈴木亜久里さん以来、14年ぶりのF1表彰台獲得。
日本中のレースファンを沸かせました。

佐藤琢磨さんの愛車①MINI

ローバー ミニ

最初に紹介する佐藤琢磨さんの愛車は「MINI」です。
コンパクトカーの代名詞、世界中に多くのファンを持つ「MINI」ですが、レーシングドライバーの佐藤琢磨さんの愛車としては、ちょっと意外なチョイスかもしれませんね。

「MINI」を愛車にしていたのは、佐藤琢磨さんがイギリスにいた頃なのだそうです。
スポーツカーだけでなく、車そのものを愛している佐藤琢磨選手の、車へのこだわりを感じることができます。

現在では全長4mを超える「ミニ クロスオーバー」が発売されていたりと、今後も世界中のファンを魅了してくれるであろうミニ。
日本人最強レーサーも認めるその不動の価値がそこにはあると言えますね。

MINIについて詳しく知りたい方は以下の記事もどうぞ。

佐藤琢磨さんの愛車②ホンダ・ビート

ホンダ ビート

続いて紹介する、佐藤琢磨さんの愛車は「ホンダ・ビート」です。
先ほど紹介した「MINI」に続いて、またしても小柄な軽自動車ですね。

ホンダを代表するスポーツカー「NSX」と同じく、ミッドシップレイアウトを採用しているビート。
軽自動車の軽い車重が可能にする高い運動性能と、ホンダのスポーツカー技術を組み合わせ、ハイレベルのスポーツ走行を楽しめる車として高い評価を得ています。

そんな車を愛車として選ぶ佐藤琢磨さん。
強い車へのこだわりを感じることができますね。

ホンダ・ビートについては以下の記事で詳しく説明されています。

また、ホンダ・NSXについては以下の記事をご覧ください。

佐藤琢磨さんの次の愛車が気になる

ミニ クーパー 2000年型

軽自動車のMINIとホンダビートを愛車として選んだ佐藤琢磨さん。
強い車へのこだわりを感じることができます。

サーキットでは時速300kmを超える速度で手に汗握るようなバトルを繰り広げている一方、街中では純粋に車を楽しんでいるようです。

今後も更なるレース場面での活躍が期待される佐藤琢磨さん、次は一体どんな車を愛車として選ぶのか、目が離せませんね。

F1レーサーに関するその他の記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す