初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ミニ クロスオーバーは一番大きいミニ!】価格や実燃費から試乗記やディーゼルの評価など

2017年3月、ミニ・クロスオーバー(MINI CROSSOVER)がモデルチェンジされデリバリーを開始しました。 パワートレインや足回りが一新され、日本にはディーゼルエンジン搭載車が先行で販売されています。 今回はフルモデルチェンジしたミニ・クロスオーバーの価格や燃費,、カズタムやディーゼルの評価の紹介と、筆者が試乗してきた体験記をお伝えします!

ミニらしくないミニ!ミニ・クロスオーバーとは?

2017年式 BM MINI 外観8

ミニ・クロスオーバー(MINI CROSSOVER)とはBMWから発売されているプレミアムコンパクトカー「ミニ(MINI)」ラインナップの中で、その名の通りクロスオーバータイプの車です。

BMWのFF車の中で最も小さい車で、ミニの中では唯一全長4mを超える、最も大きい車でもあります。

BMWとしてラインナップされていますが、ミニ専用のディーラーが設けられており、日本各地にミニディーラーが増えつつあります。

非常にイベント性の高い車種で、各地でオーナーズミーティングや走行会が行われる「所有の喜び」を全面に出した希有な車でもあります。
そんなミニのラインナップの中でも異質な光を放っているのがこのクロスオーバーで、ファンの間からは「ミニらしくないミニ」と評されています。
FF車の中では最小でも、コンパクトさが売りのミニの中では群を抜いてサイズが大きく、ゆったりとした車内を特徴としているためです。

今回は2017年3月にフルモデルチェンジされ更にサイズアップしたミニ・クロスオーバーに焦点を当て、デザインセンスや実車の実力を検証します。

ミニのことをもっと知りたい方はこちらもどうぞ

パワートレインから一新されたミニ・クロスオーバーのデザインは?

2017年式 BM MINI 外観3
2017年式 BM MINI 外観6
2017年式 BM MINI 外観4

第一印象を素直に述べるなら、ミニらしくないコンパクトSUVです。
オールドミニを見慣れてる筆者はこのクロスオーバーに違和感があったのですが、細かく観ていくとしっかりと「ミニイズム」が刻まれています。

ミラー位置、ヘッドライトの刻印、フロントからリアに流れるデザインはアレック・イグニスがデザインしたオールドミニの流れをしっかりと組んだ美しい曲線があります。

見れば見るほど魅了されるデザインセンスは流石車好きがデザインしてると感じさせます。
この車は写真ではなく実車を是非御覧ください。オールドミニが好きな人でも魅了されること間違いないですよ。

気になるスペックは以下の通りです。

全長:4,315mm
全幅:1,820mm
全高:1,595mm
ホイールベース:2,670mm
車両重量:1,540kg

内装は新しい試みの宝庫!ミニ・クロスオーバーのインテリアは?

2017年式ミニクロスオーバー内装ハンドル周り

ウィンカーとワイパーが日本車と逆なのでハンドル回りの操作の違いが少々迷うかもしれません。
これは左ハンドル仕様車によくあることで、筆者はここが不満です。
日本仕様車をなぜ作らないのか、疑問に思う点です。
慣れれば問題ないのですが、ウィンカーもワイパーも操作が複雑になっています。

2017年式 BM MINI 内装センターメーター
2017年式 BM MINI センターコンソールトグルスイッチ
2017年式ミニクロスオーバーセンターコンソール

エアコンやシフトの操作、エンジン始動のスイッチ類はセンターに集約しています。
とにかく操作ボタンやトグルスイッチが多い。もう少しシンプルにならなかったかと思うほどです。

ただし、インテリアデザインは秀逸で、車好きの男の子ならワクワクしながら乗れるインパネ周りになっています。
純正のナビはクロスオーバーからタッチパネル式に変更されています。市販品に交換はできませんが、スマホやデジタル・オーディオとリンクできる点は秀逸です。
モニターもセンターに「ドンッ」と目立つように配置してあるため視認性は抜群です。

2017年式 ミニクロスオーバー 内装1
2017年式 ミニクロスオーバー内装2

大人4人が乗り込んでも余裕のあるフロント、リアシートです。
筆者の身長が175cmなのですが、運転席に座るとシートに沈むように着座できるため、狭さを感じません。
リアも足元に余裕があるため、足を組んで乗れるほどのスペースが確保されています。

2017年式 BM MINI 内装シート2
2017年式 BM MINI 内装シート3.jpg.

ラゲッジスペースは流石欧州車、スキーやスノーボードのような長物を車内に積んでも人が4人乗れるようにリアシートが4:2:4で倒れるように設計されています。
またオプション装備ですが、トランクリッドにピクニックベンチがあり、アウトドアで活躍する前提で作られていることが判ります。

また、リアゲートはオートマチックで開閉できて、両手が塞がっていても開け閉めできる機能が秀逸。
背の低い女性でもオートでトランクを閉めれるので、便利な機能です。

気になるエンジンスペックは?ディーゼルエンジンは秀逸だ!

2017年式 BM MINI エンジン1

今のところ日本市場にはクリーンディーゼル車のみの展開です。
しかしガソリン車と全く遜色のないパワーとトルクで、ディーゼルエンジンと思えない静粛性は非常に魅力的です。

エンジンスペックは以下の通りです。

MINI Cooper D CrossoverとALL4
・最高出力150PS(110kw)・最大トルク330Nm
・直列4気筒2.0リッター+ツインターボディーゼルエンジン
・8速AT・トランスミッション(アイシン精機製)

MINI Cooper SD CrossoverとALL4
・最高出力190PS(110kw)・最大トルク400Nm
・直列4気筒2.0リッター+ツインターボディーゼルエンジン
・8速AT・トランスミッション(アイシン精機製)

ディーゼル車について知りたい方はこちらの記事もどうぞ

ミニ・クロスオーバーの実力と燃費

ミニクロスオーバー スピードメーター

新型クロスオーバーのクリーンディーゼル車のみの試乗でしたが、スピードメーターに実燃費が表示され、燃費性能を気にするユーザーにはうれしい装備がついています。
アップダウンの激しい試乗コースだったのですが、平均燃費は13.8km/Lを表示していました。
カタログ発表の燃費が21.3km/Lとなっていましたが、街乗りやアップダウン等、実際使用するとなるとカタログからの開きはあります。
しかし燃費以上にクリーンディーゼル車特有のモッタリ感はありません、むしろエンジンが冷えていても鋭く立ち上がるレスポンスは秀逸、パワーの有るエンジンだと言えます。

トランスミッションは日本製で、トヨタ自動車も採用しているアイシン精機製の8速オートマチック・トランスミッションです。
先代もアイシン製のトランスミッションを積んでいましたが、コレも設計から一新されたミニ専用のトランスミッションで、信頼性はかなり高いのです。

先代ミニクロスオーバーのカスタムを紹介

ミニクロスオーバーにはディーラーカスタム車が数多く存在します。

また、オールドミニが販売された当初、モンテカルロラリーでは無敵を誇っていたことから、ファンの間では「もう一度モンテカルロへ!」との声が上がっていました。
もちろん今のWRCラリーカーに比べるとミニ自体の戦闘力は知れていますが、このクロスオーバーの登場でにわかにモンテカルロ復帰への付箋が打たれたのです。

2011年、このクロスオーバーでモンテカルロ・ラリーに復帰を果たし、記念モデルが販売されました。

ミニクロスオーバーに実際に乗ってきました【試乗記】

2017年式 ミニ クロスオーバー

©Haro Create

筆者が直接販売直後のミニ・クロスオーバーに試乗に行ってきました。
率直に感想を述べると「かなり面白い車」です。

試乗したミニ・クロスオーバーのスペックはMINI Cooper SD Crossover ALL4で、クリーンディーゼル車の4駆モデルです。


ディーゼル車とは思えない静粛性は秀逸

車のドアを締め、センターコンソールのエンジン始動用スイッチに手をかけエンジンを始動させると、ディーゼル特有の始動音からアイドリングが始まりました。
エンジンがまだ冷えていることから、室内に広がる駆動音はうるさいものだと決めつけていましたが、ガソリン車に迫る静粛性です。
これは室内のパッケージングがしっかりしていて、エンジンルームの防音性が優れている証拠です。文句のない静粛性です。
走行中も隣に乗っていただいた営業様の説明がよく聞こえ、こちらから話している声も聞き取れていたので、走行ノイズも少なく、風切音も車内に入ってこないことから、ガソリン車のプレミアムセダンに乗っているような静粛性でした。

実際乗ってみてコーナリングやブレーキングは?

乗り心地は18インチの大口径タイヤのノイズは拾わないのですが、凹凸のダイレクト感は感じます。

コーナリングはクイックなのですが、日本車の同サイズの車と比べると多少重く感じます。
ただしハンドリングはクイックで、切り返しに対しての反応は秀逸です。

ブレーキはアウトドア仕様の4駆だけあって少し踏むだけで効きすぎるほど効きます。これは完全に当たりがついて慣れないと違和感を感じるレベルです。日本車のブレーキの性質とは少し違うので注意が必要です。

車内の広さや視界は?

ミニをよく「ゴーカート感覚」と形容される雑誌やサイトを見かけます。
乗ってみてわかったのですが、着座するとシートに深く沈むように座れて、視点が相当低くなるのです。
この点がゴーカート感覚と形容される点です。

低く乗り込むので、前方の視界は見渡せるような視点ではありません。
後方視界もちょっと後ろを観る程度では見にくくなっています。
フロントガラスも日本車に比べると狭く感じるので違和感を感じるかもしれません。
後方視界はバックモニターが標準装備されているため補助してくれるのですが、見にくいことには変わりないので注意が必要です。

あえて欠点を挙げるなら?

乗ってみてあえて欠点を挙げるなら以下の2点です。

・操作スイッチが多く、煩雑になる。
・前方、後方の視界が悪い

欠点という欠点ではないのですが、デメリットよりメリットが目立つ車なので、一度試乗されてから購入検討なさってください。

ミニクロスオーバー(MINI CROSSOVER)の中古車情報

ミニクロスオーバーピークライン

ミニの中古車は2017年3月現在4000台ほどあります。
クロスオーバーの中古車はそのうち700台程、元々の値段が高額な車種なので中古価格も開きがあり、99万円~500万円と特別仕様車は特に高額で取引されています。
中古でも活発に取引されている証拠ですね。


中古車情報
システムメンテナンス中


ミニの中古車について知りたい方はこちらの記事もご覧ください

ミニ・クロスオーバーはプレミアム・コンパクトSUVになり得るか?

2017年式 ミニ クロスオーバー

©Haro Create

ミニ・クロスオーバーを購入するにあたり抑えておきたい重要事項をまとめました、いかがだったでしょうか?

2017年3月現在、日本市場に投入されているミニクロスオーバーはディーゼル車ばかりです。
販売時期は2017年第2四半期以降になるとアナウンスのあったミニ初のプラグインハイブリット車に筆者は期待しています。
外国車、特にEU圏のハイブリット自動車と日本車では何がどう違うのか?ミニファンだけでなく、多くのカーユーザーが気になる車種ですよね。

実車に試乗できたらこちらで試乗記をレポートします!

MINI CROSSOVERに関連する記事一覧

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!