初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ダイハツクーはクールな軽】実燃費や中古車価格から乗り心地の評判まで紹介!

ダイハツ「クー」は、トヨタと共同で開発したコンパクトトールワゴンです。トヨタ2代目「bB」の姉妹車でもあります。bBと比べて非常に知名度が低いクーですが、その内装は女性に優しく、性能や装備もbBと同様の使い勝手です。本記事では、そんなダイハツ クーの実燃費や乗り心地の評判、中古車価格について解説しているので、是非ご覧になっていってください。

ダイハツ クーとは?

ダイハツ クー

クー(COO) は、ダイハツ工業が2006年から2013年まで製造・販売していたコンパクトトールワゴンです。
トヨタとの共同開発で誕生したクーのプラットフォームには、ダイハツ「ブーン」のものが使用されています。

また、トヨタ側では2代目「bB」として販売されており、車としての知名度ではbBの方が断然上です。bBが若者向けの車として企画されたのに対し、クーは20代後半から30代前半にかけての女性をターゲットとしているので、デザインや装備内容もクーとbBでは全く異なっています。

さらに、2008年にはスバル「デックス」としてOEM供給も行いました。

トヨタ bBについての記事はこちら!

ダイハツ クーのテレビCM

クーのテレビCMには、女優の篠原涼子さんが出演していました。
かなりクールな雰囲気のCMですね。

ちなみに、クーという車名は英語でかっこいいを意味する「クール」に由来しており、広さを連想させる「空間」、「天空」等にもつながる「COO」としたそうです。

ダイハツ クーのパワートレイン

クーのパワートレインには、1.3Lと1.5Lの直列4気筒自然吸気エンジンが搭載されます。
駆動方式はFFと4WD(1.3L車のみ)で、トランスミッションは全車で4速ATの設定です。

なお、クーの欧州仕様車である「マテリア」には5速MTの設定がありました。

ダイハツ クーの基本スペック

1.3Lエンジン
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1,297cc
最高出力:92PS(68kW)/6,000rpm
最大トルク:12.5kgf・m(123N・m)/4,400rpm

1.5Lエンジン
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1,495cc
最高出力:109PS(80kW)/6,000rpm
最大トルク:14.4kgf・m(141N・m)/4,400rpm

駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:4速AT

車体寸法・車両重量
全長:3,785-3,800mm
全幅:1,690mm
全高:1,635mm
ホイールベース:2,540mm
車両重量:1,040-1,120kg

ダイハツ クーの実燃費は?

ガソリンメーター

クーのJC08モードでのカタログ燃費は以下の通りです。

1.3L FF車:16.4km/L
1.3L 4WD車:15.2km/L
1.5L FF車:16.0km/L

クーの実燃費は以下の通りです。

平均実燃費:11~13km/L

クーは設計が古い車ということもあり、カタログ値の時点で燃費がいいとは言えません。
実燃費ではそれがさらに下がり、カタログ値の70%こそ達成してはいますが、現在のハイブリッドカーと比較してしまうと、非常に見劣りしてしまいます。

ダイハツ クーの乗り心地の評判は?

クーの内装

ダイハツ クー 内装
ダイハツ クー 内装

クーの内装は広くて女性にも優しく、質感も好評です。
乗り心地が硬いという意見もありますが、高い静粛性と充実した装備でそれを補っています。

室内寸法
室内長:1,970mm
室内幅:1,420mm
室内高:1,330mm

クーの内装と乗り心地の評判

かわいらしいデザイン。 見た目は狭く感じるのに室内空間が広い。 後部座席のスライド機能の使い勝手が良い。 乗り心地が良いので長距離運転も安心。

出典:http://www.carsensor.net/

室内も広いし、後部座席でまったりできる。現行bBよりもデザインは落ちるがその分実用性はありますね。ノーマルで乗るならそれで全然満足できると思いますし、意外と高速での安定性もいいですよ。

出典:http://www.carsensor.net/

個性的なデザイン ・ブルーに発行するイルミネーション(好きな人は) ・乗り降りのし易さ ・初代から格段に上がった内外装の質感 ・メーター類の見易さ ・1.5Lでパワー、乗り心地はそこそこ

出典:http://www.carsensor.net/

ダイハツ クーの中古車価格は?


中古車情報
システムメンテナンス中


クーは姉妹車であるbBと比較すると、非常に知名度が低く、街で見ることもほとんどない車種です。
そのため、中古車市場にもあまり数は出回っていません。

ただし、数が少ないからといって高値で取引されているわけでもないので、中古なら簡単に入手できます。
あまり見かけない珍しい車なので、他人と違う車で個性を表現したい人にはおすすめかもしれません。

ダイハツ クーは知る人ぞ知る希少な車!

ダイハツ クーの実燃費や評判、中古車価格の紹介はいかがでしたでしょうか?

クーの基本的な装備や性能はbBとほとんど同じなので、有名ではないからといって、クーに何らかの問題がある訳ではありません。
事実、クーの各所での評価例は少ないですが、その少ない評価をした人たちのほとんどが高評価を付けています。

この記事でクーを初めて知ったという人は、知る人ぞ知る希少な名車として、ダイハツ クーを覚えておいてください!

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ダイハツの新型車に関連する記事はこちら

ダイハツに関連する記事はこちら

コンパクトカーに関連する記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す