初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

コスパのいい車10選|コスパ最強は軽自動車とは限らない?【最新版】

自動車を選ぶ際、デザインや走行性能を見て決めることも大事ですが、コスパ(コストパフォーマンス)を重視することも忘れてはいけません。本記事では、コスパのいい車10選を紹介しているので、車選びで悩んでいる人は是非ご覧になっていってください。

コスパに優れた車をご紹介!

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock / create jobs 51

皆さんは自動車を選ぶ時、どのような点を重視していますか?
デザインや走行性能、実用性といった風に、重視するポイントは人によって違います。

中にはコストパフォーマンス(コスパ)を重視して、自動車を選ぶ人もいるでしょう。
自動車を所有して乗り続けるには、ガソリン代や自動車税といった年間の維持費(ランニングコスト)が必ず必要になるので、コスパを重視して自動車を選ぶのも当然だと言えます。

本稿ではコストパフォーマンスの基準として、軽自動車でなく、燃費性能が20km/L以上で新車価格が200万円以下の車を選びました。

本記事では、コスパに優れた自動車を紹介しているので、コスパ重視で自動車選びをするという人は、是非ご覧になっていってください。

コスパのいい車① トヨタ パッソ

3代目 パッソ

トヨタ パッソ 外装

パッソは、トヨタ自動車が2004年から販売しているハッチバック型コンパクトカーです。
初代と2代目はダイハツ工業と共同開発されており、企画とマーケティングをトヨタ、設計と生産はダイハツが担当しています。

そのため、ダイハツ「ブーン」とは姉妹車の関係にありますが、ブーンとは製造事業者や型式が異なっていたため、OEMの関係にはありませんでした。
しかし、2016年発売の3代目パッソにいたっては、開発から生産までをダイハツが担当しているため、完全にブーンのOEM車となっています。

3代目パッソのパワートレインは、1.0Lの直列3気筒エンジンを搭載しており、JC08モードでの燃費性能は2WD車で28.0km/L、4WD車で24.4km/Lと、低燃費を実現しました。
また、安全装備としダイハツの衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストII」をトヨタ車で初採用しており、非常に高い安全性能を誇ります。

コンパクトな車体に対して室内空間も広く、価格帯も200万円以下と安いので、コスパで選ぶのであればパッソがおすすめです。

▶パッソの燃費性能(JC08モード)
FF車:28.0km/L
4WD車:24.4km/L

▶パッソの新車価格(税込)
FF車:1,150,200~1,657,800円
4WD車:1,323,000~1,830,600円

パッソの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車② 三菱 ミラージュ

6代目 ミラージュ

三菱 ミラージュ 2016年

ミラージュは、三菱自動車工業が製造・販売しているコンパクトカーです。
2012年に発売された現行型は6代目であり、タイで生産されています。

新興国をターゲットに据えて開発されたミラージュは「低価格」で「低燃費」という、コスパのいい車が持つべき要素をしっかりとおさえており、新興国の狭い路地でも動きやすいコンパクトさも魅力です。

燃費性能も非常に高く、JC08モードで27.2km/Lを実現しました。
グレードも僅か2種類と選びやすく、価格も138万円と148万円でお買い得です。

▶ミラージュの燃費性能(JC08モード)
FF車:27.2km/L

▶ミラージュの新車価格(税込)
FF車:1,380,240~1,485,000円

ミラージュの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車③ トヨタ アクア

トヨタ アクア

アクアは、トヨタ自動車が製造・販売しているコンパクトハイブリッドカーです。
JC08モードで37.0km/Lという、他のコンパクトカーと一線を画する燃費性能を誇り、販売価格帯も170万円台という低価格であるため、幅広い層から絶大な支持を受けています。

また、ハイブリッドエンジンによる高い静粛性と加速性能もアクアの魅力です。
クロスオーバーSUVスタイルの「X-アーバン」もあり、軽いラフロードであれば走りを楽しむこともできます。
コスパで迷ったら、アクアを選んでおけば間違いはないでしょう。

▶アクアの燃費性能(JC08モード)
FF車:37.0km/L
FF車(X-アーバン):33.8km/L

▶アクアの新車価格(税込)
FF車:1,761,382~2,090,291円
FF車(X-アーバン):2,100,109円

アクアの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車④ ホンダ フィット ハイブリッド

2代目 フィット ハイブリッド

ホンダ フィット ハイブリッド 2016年

フィット ハイブリッドは、ホンダが2010年から製造・販売しているコンパクトハイブリッドカーです。
現行型は2代目で、2013年に発売されました。

フィットのハイブリッドモデルである本車は、トヨタ「アクア」のライバル車でもあり、JC08モードで36.4km/Lという非常に優れた燃費性能を持っています。
そのため、販売台数においては常にアクアと競り合っており、価格帯も同程度に設定されているのです。

また、フィットハイブリッドはアクアよりも室内空間が広く、荷室の実用性が高いというメリットもあります。
室内の広さに利点を感じるのであれば、フィット ハイブリッドは間違いなく買いです。

▶フィット ハイブリッドの燃費性能(JC08モード)
FF車:31.4~36.4km/L
4WD車:27.6~29.0km/L

▶フィット ハイブリッドの新車価格(税込)
FF車:1,690,000~2,059,000円
4WD車:1,884,400~2,221,000円

フィット ハイブリッドの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑤ ダイハツ トール

ダイハツ トール GターボSAII 新型

トールは、ダイハツ工業が2016年11月に発売したコンパクトトールワゴンです。
トヨタには「ルーミー」「タンク」として、スバルには「ジャスティ」としてOEM供給されています。

ファミリーカーとして開発されたトールは、家族5人がゆったり座れる広い室内空間を持ち、JC08モードでの燃費性能もノーマルエンジンで24.6km/L、ターボエンジンでも21.8km/Lと非常に優れています。
「スマートアシストII」の搭載によって安全性能も高く、価格帯は140万円台からの低価格なので、コスパでファミリーカーを選ぶなら断然トールがおすすめです。

▶トールの燃費性能(JC08モード)
FF車:21.8~36.4km/L
4WD車:22.0km/L

▶トールの新車価格(税込)
FF車:1,463,400~1,965,600円
4WD車:1,636,200~2,008,800円

トールの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑥ マツダ デミオ

4代目 デミオ

マツダ デミオ XD ツーリング L パッケージ 4代目

デミオは、マツダが1996年から製造・販売しているコンパクトカーです。
現行型は4代目であり、2014年に発売されました。

現行型デミオはマツダのデザインテーマ「魂動デザイン」の採用によって、野生動物のような躍動感のあるデザインを特徴としています。
新世代技術「スカイアクティブテクノロジー」を全面採用したパワートレインは燃費性能にも優れ、クリーンディーゼルエンジンの燃費はJC08モードで30.0km/Lを実現しました。

また、スカイアクティブテクノロジーによって開発コストや生産コストも低減されているので、販売価格も135万円からと非常に良心的です。

▶デミオの燃費性能(JC08モード)
FF車ガソリン:19.2~24.6km/L
4WD車ガソリン:20.6km/L
FF車ディーゼル:26.4~30.0km/L
4WD車ディーゼル:22.8km/L

▶デミオの新車価格(税込)
FF車ガソリン:1,350,000~1,738,800円
4WD車ガソリン:1,555,200~1,944,000円
FF車ディーゼル:1,782,000~2,019,600円
4WD車ディーゼル:1,987,200~2,224,800円

デミオの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑦ ホンダ グレイス ハイブリッド

ホンダ グレイス ハイブリッド 2015 外装

グレイス ハイブリッドは、ホンダが2014年から製造・販売しているハイブリッドセダンです。
「コンパクトセダンの刷新」をコンセプトに開発された本車は、コンパクトカーの燃費性能と、アッパーミドルクラスセダンの広い室内空間や質感、走行性能を併せ持っています。

フィット ハイブリッドと同じハイブリッドシステムを搭載することによって、JC08モードで34.4km/Lという低燃費を実現している他、パワーユニットを床下に配置することで、430Lという大容量のラゲッジスペースも実現しています。

▶グレイス ハイブリッドの燃費性能(JC08モード)
FF車:31.4~34.4km/L
4WD車:29.4km/L

▶グレイス ハイブリッドの新車価格(税込)
FF車:1,950,000~2,220,000円
4WD車:2,050,000~2,382,000円

グレイス ハイブリッドの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑧ ホンダ シャトル ハイブリッド

ホンダ シャトル ハイブリッド Z 2016年式

シャトル ハイブリッドは、ホンダが2015年から販売しているステーションワゴンです。
同社の「フィットシャトル」の後継車種として開発されましたが、フィットとは違う価値観を与えるため、フィットの名称は外されています。

パワートレインにはフィットハイブリッドと同様のシステムを搭載しており、JC08モードで34.0km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
また、ステーションワゴンであるため室内空間も広く、ラゲッジスペースの容量は5人乗車時でも570L、リアシートを倒した状態であれば1,141Lで、最大荷室長は1,840mmにも達します。

▶シャトル ハイブリッドの燃費性能(JC08モード)
FF車:29.6~34.0km/L
4WD車:25.8~27.6km/L

▶シャトル ハイブリッドの新車価格(税込)
FF車:1,995,000~2,395,000円
4WD車:2,189,400~2,557,000円

シャトル ハイブリッドの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑨ スズキ スイフト

スズキ スイフト ハイブリッド RS 新型 2017年

スイフトは、スズキが2000年から販売しているコンパクトハッチバックカーです。
現行型の4代目モデルからは、ハイブリッドパワートレインが追加されました。

1.2Lの「デュアルジェットエンジン」と電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様車では、JC08モードで27.4km/Lという燃費性能を実現しています。
また、スイフトの特長である走行性能の高さも健在であり、車両重量が先代モデルから120kgも軽量化されたということもあって、軽やかな走りを楽しむことができます。

▶スイフトの燃費性能(JC08モード)
FF車:20.0~27.4km/L
4WD車:22.8~25.4km/L

▶スイフトの新車価格(税込)
FF車:1,343,520~1,800,360円
4WD車:1,497,960~1,941,840円

スイフトの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


コスパのいい車⑩ スズキ ソリオ

スズキ ソリオ ハイブリッド 2015年型 ホワイト

ソリオは、スズキが製造・販売しているコンパクトトールワゴンです。
初代と2代目はワゴンRの派生車種であり、ソリオとして完全に独立したのは3代目からとなります。
現行型は4代目で、2015年に発売されました。

コンパクトなボディに広い室内空間を持つソリオのパワートレインには、2016年の11月に新たなハイブリッドシステムが追加されており、JC08モードでの燃費性能は32.0km/Lを誇ります。
モータのみのEV走行も可能であり、状況に応じてハイブリッド走行と使い分けることで、燃費性能の大幅な向上を可能としたのです。

ソリオの価格帯は、完全なハイブリッド車でも200万円前後と低価格ですので、トールワゴンとしての実用性の高さを考慮すると、非常にコスパが高い車だと言えるでしょう。


▶ソリオの燃費性能(JC08モード)
FF車:24.8~32.0km/L
4WD車:22.0~23.8km/L

▶ソリオの新車価格(税込)
FF車:1,454,760~2,122,200円
4WD車:1,581,120~2,027,160円

ソリオの中古車価格と詳細記事もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


軽自動車以外にもコスパのいい車はある!

価格 お金 費用 税金 維持費

コスパのいい車10選の紹介はいかがでしたでしょうか?

一般にコスパのいい車といえば、自動車税が安くて低燃費の軽自動車を思い浮かべますが、今回紹介した車種の中には、軽自動車は入っていませんでした。
確かに軽自動車は維持費が安いですが、軽自動車ではドライバーの要求を満たせないこともあります。

その点、今回紹介したようなコンパクトカーであれば、維持費を安く抑えつつも、積載量や走行性能、安全性能といった軽自動車が苦手としている要素もカバーすることができるのです。
車のコスパは、単なる維持費の安さだけでなく、その車の実用性も加味して考える必要があるということですね。

自動車の維持費に関連する記事はこちら

安い車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK