初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スクールゾーンとは?標識や時間帯と通行許可証や道路交通法などまとめて解説

スクールゾーンは学校などの近くの道路に設定される部分で、その地域や道路に応じて様々な規制がかけられます。その中でも気を付けなければならないのは時間帯によって歩行者専用となる場合ですが、場合によっては車両の通行が許可されることもあります。スクールゾーンについて覚えておきたいことを確認してみましょう。

スクールゾーンとは?

道路標示_スクールゾーン

スクールゾーンとはその名前のとおり、小学校などの学校の近くの生活道路に設置されている部分です。地域によっては幼稚園や保育園がその対象になる場合もあります。

子どもの登下校の際、通学路の安全を確保するためのもので、学校を中心に半径500mほどの道路がスクールゾーンを設定する対象となります。
「交通安全対策基本法」で、以下のように定められていることが根拠となっています。

指定行政機関の長は、交通安全基本計画に基づき、その所掌事務に関し、毎年度、交通安全業務計画を作成しなければならない。

出典:交通安全対策基本法第24条

これはその地域の自治体が交通安全業務計画を作り、その中でスクールゾーンの場所や規制の方法について道路管理者や警察署と協議して定めることになります。

規制を作る法的根拠は交通安全対策基本法で、主体はその地域ですが、規制は道路交通法上のものということになります。

スクールゾーンでの規制とは

一方通行

これは一律に決まっているものではありません。その道路の状況に応じて登下校の時間帯に合わせて車両通行禁止になる場合もありますし、通行は可能でも一方通行や速度に規制がかかる場合もあります。

歩行者専用となる場合には時間帯が決まっていて、通学の時間にあたる午前7時から9時30分までの間でその地域の事情に合わせて設定されることが多いようです。下校時間の15時前後にも設定されることもあります。

曜日に関しては学校が休みとなる土曜、 日曜、祝日は除かれることが多いですが、夏休みなどの期間が除外されることはありません。
スクールゾーンだからといって規制の内容は思い込みをせずに、その場所の道路標示や標識で確認することが必要です。

スクールゾーンの標識

通学路 標識

スクールゾーンはどのように示されるのでしょうか?
まず、道路自体に「スクールゾーン」という文字と規制となる時間帯が標示されます。さらに路面シートで通学路であることを表示したり、カラー舗装で目立つように道路に色が付けられることも多いです。合わせて車両用防護柵などが設置されることもあります。

道路標識は必要に応じて、「学校、幼稚園、保育所等あり」、「通学路」、「スクールゾーン」などが設置されます。
それらに加えて「歩行者専用」、「一歩通行」など道路交通法上の規制標識が設置されます。

このように、スクールゾーンとなった道路はかなり目立つように表示されます。

スクールゾーンが歩行者専用の場合どうすれば?

歩行者専用

車でスクールゾーンを通行する場合、一方通行や速度規制の場合にはその指示に従えば良いのですが、困るのは時間帯で歩行者専用の規制となる場合ではないでしょうか。

例えば、スクールゾーンの中にどうしても用事がある場合などです。時には仕事で行かなくてはならないかもしれません。自宅前の道路がスクールゾーンになってしまう人もいるかもしれません。

歩行者専用の場合には許可が必要

通行禁止道路通行許可申請書

スクールゾーンに限らず、車両の通行が禁止されている道路では「通行禁止道路通行許可証」が必要となります。これに関して、道路交通法第8条と道路交通法施行規則第5条で以下のように定められています。

許可書が交付されて、通行できるようになった場合には必ず携帯するよう決められているので、忘れないようにしましょう。

1 歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。
2 車両は、警察署長が政令で定めるやむを得ない理由があると認めて許可をしたときは、前項の規定にかかわらず、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行することができる。
3 警察署長は、前項の許可をしたときは、許可証を交付しなければならない。
4 前項の規定により許可証の交付を受けた車両の運転者は、当該許可に係る通行中、当該許可証を携帯していなければならない。

出典:道路交通法第8条・通行の禁止等

法第8条第2項の規定による許可を受けようとする者は、申請書2通を当該車両の通行を禁止されている道路又はその部分(以下「通行禁止道路」という。)の存する場所を管轄する警察署長に提出しなければならない。

出典:道路交通法施行規則第5条・ 通行禁止道路通行許可証の様式等

どのような場合に許可されるか

それではどのような場合に許可がされるのでしょうか?道路交通法第8条第2項の「政令で定めるやむを得ない理由」については道路交通法施行令第6条で定められています。

法第8条第2項 の政令で定めるやむを得ない理由は、次の各号に掲げるとおりとする。
一  車庫、空地その他の当該車両を通常保管するための場所に出入するため車両の通行を禁止されている道路又はその部分を通行しなければならないこと。
二  身体の障害のある者を車両の通行を禁止されている道路又はその部分を通行して輸送すべき相当の事情があること。
三  前二号に掲げるもののほか、貨物の集配その他の公安委員会が定める事情があるため車両の通行を禁止されている道路又はその部分を通行しなければならないこと。

出典:道路交通法施行令第6条・通行を禁止されている道路における通行の許可

これを見ると、その条件はかなり限定的なものとなっています。普通の人の場合は自宅や駐車場があることを除くと、「その他の公安委員会で定める事情」となっているので、実際は警察署の判断に委ねられます。

具体的には、日常生活に欠かすことのできない物品等の運搬、冠婚葬祭等の特別な事情、通勤やの送迎ということになるようです。

スクールゾーンの規制を違反した場合の罰則は?

罰則 罰金

スクールゾーンで定められている規制に違反した場合、その道路交通法に規制に違反したということになります。
例えば、歩行 者専用の時間帯に通行してしまった場合、道路交通法の罰則規定では3か月以下の懲役または5万円以下の罰金ですが、交通反則通告制度があり、反則金7,000円+違反点数2点となります(普通車の場合)。

スクールゾーンの通行には細心の注意を!

スクールゾーンでの規制について解説して来ましたがいかがでしたか?

とにかく、学校などの近くにある生活道路に朝や夕方車で侵入する時には要注意です。ただ、普通の規制よりも目立つようになっているので、見落とすことはないでしょう。

そして、どうしても通行しなければならないような事情が生じた時には必ず許可の申請をしましょう。
許可をもらったとしたら、安全に通行してくださいね!

道路交通法に関するおすすめ情報はこちらの記事

道路標識に関するおすすめ情報はこちらの記事

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す