初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フォルクスワーゲン新型アルテオン発売開始!注目のボディサイズや価格など総まとめ

フォルクスワーゲンが新車「アルテオン(ARTEON)」を公式発表しました。これはフォルクスワーゲンCCの後継車であるとされ、パサートよりもさらに上をいく5ドアグランツーリズモです。10月25日からの日本発売も決定した果たしてアルテオンはどのような車なのか、価格・燃費などを探ってみました。

東京モーターショー2017で新型VW アルテオンが日本初公開!

フォルクスワーゲン アルテオン 東京モーターショー2017_2

©MOBY

フォルクスワーゲン アルテオン 東京モーターショー2017_1

©MOBY

フォルクスワーゲン アルテオン 東京モーターショー2017_3

©MOBY

フォルクスワーゲン アルテオン 東京モーターショー2017_4

©MOBY

フォルクスワーゲンは東京モーターショー2017にて、新型セダン・Arteon(アルテオン)R-Line Advanceを、日本初公開しました。

フォルクスワーゲン パサートよりもさらに格上の5ドアグランツーリスモを目指して開発されたアルテオンは、4気筒直噴ターボエンジンを搭載しています。
注目のアルテオンの最新情報をご紹介していきます。

新型VW アルテオンが10月25日から日本で発売

フォルクスワーゲン アルテオン

フォルクスワーゲングループジャパンは、本国ドイツでデビュー済みの新型VW Arteon(アルテオン)を10月25日より日本でも発売すると発表しました。

グレードは「R-Line 4MOTION」「R-Line 4MOTION Advance」の2つで、価格は549~599万円です。
フォルクスワーゲンが高級車市場に参戦するきっかけとなるか、ライバルの高級車との競争にも注目したい新型5ドアグランツーリスモです。

ジュネーブショーで新型VW・アルテオンが発表!

フォルクスワーゲン アルテオンは、ジュネーブモーターショーの直前の前夜祭で公式発表されました。

メルセデス・ベンツ CLSクラスやBMW 4シリーズクーペなどの高級車をライバルに見据えて開発されており、フォルクスワーゲンブランドの新たなイメージ作りが期待されます。

【最新情報】新型アルテオン「ドイツフェスティバル 2017」に展示

フォルクスワーゲンは「ドイツフェスティバル2017」にて新型アルテオンを展示することを発表しました。
「ドイツフェスティバル2017」は都立青山公園にて、11月2日〜5日の4日間開催されます。

フォルクスワーゲンブースでは新型アルテオンの実車が展示されるほか、アンケートに回答した全員にフォルクスワーゲンのオリジナルグッズがプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

新型VW・アルテオンにクルーズコントロールが搭載!

新型VW・アルテオンのクルーズコントロール動画

フォルクスワーゲン新型アルテオンにクルーズコントロールが搭載されます。
新型アルテオンに搭載されたアダプティブクルーズコントロール(Adaptive Cruise Control)は、前方の車両と最低限の距離を保ちながら自動走行ができるシステムです。
さらに、一新されたプレディクティブスピードレギュレーター(Predictive Speed Regulator)が制御スピードを向上し、コーナリングアシストも担います。
新型アルテオンのクルーズコントロールは、ドライバーの運転負荷を軽減する先進運転支援システムです。

クルーズコントロールについての詳しい解説はこちら

新型VW・アルテオンは打倒高級車!

新型アルテオンのコンセプトは、ライバル車であるメルセデス・ベンツ CLSクラスやBMW 4シリーズクーペのような高級車をもっと低価格で購入してもらうことだと、フォルクスワーゲンブランドのCEO、ハーバード・ディエス氏は語っています。
同氏はまた「アルテオンで高級車市場に参戦するきっかけを作りたい」とも述べています。
高級車市場への参入を狙う背景には、ブランドイメージの回復や、排ガス問題によって出した損失を利益の高いモデルで取り返し、現在世界の主流になっている電気自動車への参入を急ぎたいという背景があります。

新型フォルクスワーゲン・アルテオンのデザイン

アルテオンの外装

アルテオンの外装はフォルクスワーゲン車から公開されていたスケッチ画像とかなり近くなっています。
ホイールベースは長く、ボンネットも広い、そしてリアに向けて流れるようなデザインが特徴的なスポーツグランツーリスモモデルとなっています。
外観的には同じグループの高級ブランド、アウディの「A5スポーツバック」に近いと言われています。

アルテオン R-Line 4MOTION Advance

フォルクスワーゲン アルテオン R-Line 4MOTION Advance
フォルクスワーゲン アルテオン R-Line 4MOTION Advance
フォルクスワーゲン アルテオン R-Line 4MOTION Advance

アルテオンのボディカラー

新色のチリレッドメタリック

フォルクスワーゲン アルテオン

アルテオンのボディカラーは新色のチリレッドメタリックを含む全6色となっています。
カラーラインナップは以下のとおりです。

・ターメリックイエローメタリック(有償オプションカラー)
・チリレッドメタリック(新色)
・ディープブラックパールエフェクト
・パイライトシルバーメタリック
・アトランティックブルーメタリック
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(有償オプションカラー)

【参考】過去に公開されたアルテオンのエクステリア(外装)

アルテオン エレガンス

フォルクスワーゲン アルテオン エレガンス 2017年
アルテオン

アルテオン Rライン

アルテオン
アルテオン

アルテオンの内装

フォルクスワーゲン アルテオン
フォルクスワーゲン アルテオン

ジェスチャーコントロール機能付きのフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム「“Discover Pro(ディスカバープロ)」や、デジタルメータークラスター「Active Info Display」などの最新デジタルインターフェイスを採用しています。

フォルクスワーゲン アルテオン
フォルクスワーゲン アルテオン

アルテオンの内装はブラックを基調とした、高級セダンにふさわしいラグジュアリーな仕様になっています。

ラゲッジルームの機能性も高く、実用的なセダンです。

【参考】過去に公開されたアルテオンのインテリア(内装)

アルテオン エレガンス

アルテオン 内装

アルテオン Rライン

アルテオン 内装

新型フォルクスワーゲン・アルテオンのボディサイズとスペック

全長全幅全高
4,8651,8751,435
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8351,700~1,7205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列4気筒 DOHC
排気量2.0
最高出力206[280]/ 5,600~6,500
最大トルク350[35.7]/ 1,700~5,600
トランスミッション7速 DSG
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型アルテオンは4気筒直噴ターボエンジンを搭載しています。
高出力エンジンに4WDの組み合わせでスポーティな走りを楽しむことができるモデルです。

新型フォルクスワーゲン・アルテオンの搭載機能

プロアクティブ・オキュパント・プロテクションなど先進安全装備を標準搭載

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション イメージイラスト

新型アルテオンに標準搭載される「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」は、前方及び後方の事故を予測し、乗員保護機能を作動させます。
また、日本ではフォルクスワーゲン初採用となる「デイタイムランニグライト」や「アクティブボンネット」など、フラッグシップモデルにふさわしい装備を備えています。

搭載される先進安全装備は以下のとおりです。

・デイタイムランニングライト
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
・エマージェンシーストップシグナル/アクティブボンネット

滞時追従支援&駐車支援システムも採用

アダプティブクルーズコントロール“ACC”イメージ画像

フォルクスワーゲン アルテオン

自動運転を見据えた渋滞時追従支援システム「Traffic Assist (トラフィックアシスト)」や、駐車支援システム「Park Assist(パークアシスト) 」により、ドライバーの負担を軽減させています。

標準搭載される装備は以下のとおりです。

・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
・レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”
・レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”

ボディタイプは5ドアグランツーリズモ!

アルテオンのボディータイプは5ドアグランツーリズモになるため、メルセデスベンツCLA、BMW4シリーズ、アウディA5 スポーツバック(Sportback)などがライバル車になるでしょう。

メルセデス・ベンツ CLA

メルセデスベンツ CLA

BMW 4シリーズ

BMW 4シリーズ

アウディ A5

Audi A5 スポーツバック

新型アルテオンの前行モデル フォルクスワーゲン・CCと中古車情報

フォルクスワーゲン・CC

フォルクスワーゲン CC

©everystockphoto.com/ NRMA New Cars

フォルクスワーゲン・CCのスペック

2016 フォルクスワーゲンCC
ボディタイプ4ドア
全長×全幅×全高(mm)
4,803 × 1,854 × 1,417
ホイールベース(mm)2,710
トレッド前/後(mm)1,551/1,559
車重(kg)1,528
エンジン種類2.0L 直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付ターボ
最高出力(HP/rpm)200/5,100
最大トルク(Nm/rpm])280/1,700
駆動方式FF
トランスミッション6速オートマ

フォルクスワーゲン・パサートより上のクラス

アルテオンはフォルクスワーゲンCCの後継車です。
日本ではフォルクスワーゲンCCが販売されていましたが、現在は新車で販売されておらず、海外ではまだ新車販売を継続されています。

フォルクスワーゲンCCがデビューした当初は、パサートの派生車「パサートCC」という車名でしたが、2012年のマイナーチェンジを受けて「パサート」が車名から外され「フォルクスワーゲンCC」となりました。

2016年モデルでは、2.0L直4ターボエンジンを搭載したDセグメントに属し、フォルクスワーゲン・パサートより上のクラスとされていました。

フォルクスワーゲン・CCとパサートをさらに知る

アルテオンはフォルクスワーゲンからすでに発売されているセダンのパサートと中国専用車であるフィデオンの中間モデル、という位置づけになります。

VW・パサートとCCの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


新型VW・アルテオンの燃費は?

燃費 ガソリンスタンド

©iStockphoto.com/CasarsaGuru

新型アルテオンのカタログ燃費は13.3km/Lです。
実燃費は8.0~10.6km/L程度でしょう。

まだガソリンモデルしかラインナップされていませんが、今後アルテオンがライバルの高級セダンに並ぶのであれば、プラグインハイブリッドモデルなどもリリースが期待されます。
その際に燃費がどこまで伸びるか注目です。

新型フォルクスワーゲン・アルテオンの価格

フォルクスワーゲン新型Arteon
R-Line 4MOTION549万
R-Line 4MOTION Advance599万
[単位]円(消費税込み)

フォルクスワーゲン新型アルテオンは10月25日から発売されます。
グレードは「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」の2つで、549~599万円です。

新型VW・アルテオンの日本展開に期待!

フォルクスワーゲン・アルテオンについて紹介していきましたがいかがでしたか。
すでに開発も終了し、海外では順次購入者も増えていくことでしょう。

日本での展開はどうなるでしょうか?
詳細情報が発表され次第更新いたしますので、どうぞご期待ください!

フォルクスワーゲンの最新ニュースについてはこちら!

セダンやクーペのおすすめランキング記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK