初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタビスタは不人気な名車】実燃費や内装などの評価について!アルデオは今でも人気?

トヨタビスタといえば、トヨタが1982年から2003年まで販売し、5代目まで続いた中級乗用車。今20代の若きドライバーはまず聞いたことのない車種ではないでしょうか。今回は、そんなトヨタビスタについてまとめてみました!さっそくご覧ください!

トヨタビスタってどんな車なの?

トヨタビスタは、1982年、今でも現役で街中を走り、2017年には10代目にフルモデルチェンジが発表となったトヨタカムリの姉妹車として登場しました。

初代トヨタビスタ

初代 トヨタ ビスタ

トヨタビスタはカムリ同様1800㏄4ドアセダン5MT仕様です。

最終的には後述するステーションワゴン「アルデオ」も追加されますが、4代目までは一貫して4ドアセダンのみで販売されていました。

TVCMまで打って大々的に売り出されたトヨタビスタでしたが、市場で人気を得る事は出来ませんでした。
その後、地道なモデルチェンジを繰り返し、徐々に人気と市民権を得ていくトヨタビスタ。
2代目では車格感の向上と車種構成の見直しを主眼に。3代目では内外装の品質・耐久性・装備の充実度が図られました。

トヨタビスタの4代目が発表された1994年はバブルがはじけた事で、実用とコストが最重要視され、内外装の質はやや低下するも、室内空間の広さを確保することで充填し、市場に生き残り続けました。

トヨタの新型カムリに関連する記事はこちら

5代目で登場したステーションワゴン「アルデオ」

1998年に最後のフルモデルチェンジを果たしたトヨタビスタは、従来から大きく仕様を変更します。
カムリとの姉妹車関係を解消し、ラインナップの中にビスタアルデオという名前のステーションワゴンを追加。
ビスタアルデオは、このビスタの歴史の中で最初で最後のステーションワゴンとなりました。

ビスタもビスタアルデオも全高を1,500mm台とし、コラムシフト(シフトノブがステアリングホイールに近いところにあるステアリングコラムシフトの略称)にするなど、ミニバン市場を意識した造りで販売されていました。

そして、数回のマイナーチェンジを経て2003年10月、20年5代に及ぶその歴史に幕を閉じたのです。

最終モデル 5代目のスペック

乗車定員:5-6人
ボディタイプ:
 4ドアセダン
 5ドアステーションワゴン
エンジン:
 3S-FSE型 2.0L 直4
 1ZZ-FE型 1.8L 直4
 3S-FE型 2.0L 直4
 1AZ-FSE型 2.0L 直4
駆動方式:FF/4WD
変速機:4速AT
サスペンション:
 前:マクファーソンストラット
 後:トーションビーム
全長:
 4,645mm(前期セダン)
 4,640mm(前期アルデオ)
全幅:1,695mm
全高:
 1,505mm(前期セダン)
 1,515mm(前期アルデオ)
ホイールベース:2,700mm
車両重量:1,220-1,380kg

燃費:13.0~15.4km/L
価格:1,690,000~2,605,000円

トヨタビスタの内装動画

トヨタビスタの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


もう10年以上のクルマという事で、中古車市場で値段を見ると相当安く購入することが出来ます。

トヨタビスタ/アルデオの評価は?

乗り心地が良いです。後部座席の足元が外見からはわからないですが、とても広くて満足しました。

出典:http://www.carsensor.net/

加速や居住性について問題となるような点は感じられません。強いていえばデザインがもう少しスポーティな方がよかったと思います。

出典:http://www.carsensor.net/

広い。特に後部座席。また、インテリアも落ち着いていてリビングでくつろいでいる感じ。逆に走り屋さん向きではありません。 エンジンが評判の悪い直噴でなく3Sエンジン(なんとLASERエンジン:30年近く前に石坂浩二が宣伝してたやつだ)なので燃費はいまいちだが、故障知らず。燃費は市内中心なら8-10km/L。高速遠乗りで12km/Lぐらい。

出典:http://www.carsensor.net/

フロントグリルに迫力や存在感があり、ボディデザインが格好良いです。標準装備でもハイレベルに仕上げてあるので、そのままでも十分な性能を楽しめる車です。

出典:http://www.carsensor.net/

トヨタビスタ/アルデオの口コミを観てみると、そこまで悪い評価はありません。

アルデオはシート高さの調整が利くため、背が高い人も低い人も良好な視界を得るためにシートを調整できます。

この他にも口コミでは荷室や座席の広さ、室内空間を中心に評価する声が高く、燃費もカタログ燃費以上というケースも多々ありました。

トヨタビスタアルデオ 紹介動画

トヨタビスタおよびアルデオは既に10年以上前のモデルである上に、販売当初から既に落ち着いたデザインと評されており、現代において中古車として見ても若者向きという車ではありません。

しかし、とにかく広い室内空間で、さまざまなシーンで活躍できるトヨタビスタ/アルデオは今でも中古車市場で人気であり、今でもユーザーに大切に乗られている車です。

トヨタビスタ/アルデオは今でも人気

トヨタビスタ/アルデオについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
とにかく、ビスタもアルデオも特筆すべきはその見晴らしの良さと室内空間をはじめとした快適性能にあります。
3~4人の家族が乗るには、申し分ない機能といえるでしょう。

若者向きのデザインではありませんが、落ち着いた外装と快適な室内は高評価です。
中古で買うには申し分ない車でしょう。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

トヨタのステーションワゴンに関連する記事はこちら

ステーションワゴンに関連する記事はこちら

新型ステーションワゴンに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す