初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

NAエンジンとは?ターボと自然吸気エンジンの比較や名機の音・チューニングも

車の心臓部であり、車を楽しむ上での醍醐味でもあるエンジンですが、いくつか仕組みに種類が存在します。 今回は、その中でもスタンダードなNAエンジン(自然吸気エンジン)について、メリット・デメリットやターボエンジンとの違いを交え、NAエンジンの良さについて紹介していきたいと思います。

NAエンジンとは?

エンジン 内燃機関

出典:©Shutterstock.com/ Dejan Lazarevic

NAエンジンとは、ターボチャージャースーパーチャージャーなどの過給器を使わず、大気圧をそのまま吸気するエンジンのことで、別名を「自然吸気エンジン」といいます。
NAは「Natural/Normal Aspiration(自然吸気)」の略語です。

過給器の登場以前、エンジンは自然吸気が当然だったので、NAエンジンという呼び名は、対立する過給器と区別するために付けられました。
NAエンジンは、昔からの吸気方法でありながら、低燃費性や低排ガス性に優れ、現在でも自動車エンジンの主流となっています。

NAエンジン(自然吸気エンジン)のメリットとデメリット

メリットデメリット

NAエンジンのメリット

NAエンジンのメリットには、低燃費・低排ガス・高回転が挙げられます。

特にNAエンジンで好評なのは、アクセルレスポンスの良さです。
アクセルレスポンスというのは、スロットル操作に対する出力(回転数)レスポンスのことで、NAエンジンはアクセルを開けた分だけストレートに回転が上がっていきます。

これによって、直感的なスロットルコントロールが可能になり、走行性能に大きなメリットをもたらすでしょう。

NAエンジンのデメリット

NAエンジンのデメリットといえば、過給器付きと比較した上だと低トルクであることくらいでしょう。
元々のエンジンとしての基本型であるため、過給器付きのエンジンと比較しなければ、デメリットが明確に浮かんでこないこともNAエンジンの特徴です。

次に紹介する、過給器付きと自然吸気の違いについて理解すれば、それぞれの向き不向きが見えてきます。

NAエンジン(自然吸気エンジン)と過給器付き(ターボ)は表裏一体!

過給器 ターボチャージャー

自然吸気エンジンと多くの対立項を持つターボエンジンですが、過給器の有無によって2つのエンジンは非常に大きな違いを見せます。

自然吸気エンジンの性能をより詳しく理解するために、ターボエンジンについても少し解説していきたいと思います。

ターボエンジンのメリット・デメリット

そもそもターボエンジンというのは、過給器によって自然吸気エンジンの吸気の力を向上させたものです。
自然吸気と比較して、およそ2〜3倍の空気を取り込み、使用する燃料もNAエンジンより多いため、エンジン燃焼のパワーが高まります。
このパワーこそがターボエンジン最大のメリットと言えます。

逆に、燃料を多く使用する分、燃費はNAに劣りますし、パワーの必要ない街乗りが多い場合は燃料を無駄に消費してしまうデメリットもあります。
また、ターボエンジンはアクセルを踏み込んでから出力するまで、過給器を回す工程を挟むため、少しのラグが発生します。
アクセルを踏んでから、遅れてドカンと来る感覚が好きだという人もいますが、アクセルレスポンスを重視する人にとってはデメリットになり得ます。

自然吸気エンジンは、以上のターボエンジンのメリットとデメリットの真逆の性能を持つということですね。

NAエンジン(自然吸気エンジン)のチューニングの注意点

車の改造

NAエンジンの良さとして、アクセルレスポンスが挙げられましたが、チューニングのポイントとしては、レスポンスの向上と、いかに高回転で吹かせられるかどうか、というところになるでしょう。

チューニングというのは、吸気・燃焼・排気を最もバランスの取れた状態にして、低回転ではトルクを、高回転では馬力を向上させることを目的とするものです。
そのため、高回転時の吹き上がりを良くしようと、ただマフラー径を太くするだけでは低回転時に小さい空気が太いパイプを抜ける状態になってしまい、トルクが細くなります。
エアクリーナーを交換して吸気効率を上げたり、コンピュータ(ECU)を変更してバルブの開閉タイミングを変え、シリンダー内の空燃比を調節する必要も出てきます。

注意点としては、吸気・燃焼・排気のどれか一箇所を変更しただけでは効果的なチューニングとはならないということとなります。

強化エンジンマウントでレスポンスアップ

エンジンというのは、ゴム製であるエンジンマウントで振動を抑えられています。
エンジンマウントは、同時にエンジンの動力がトランスミッションに伝わる際に、わずかなロスを生じさせています。

エンジンマウントはエンジン及びトランスミッションなどで発生する振動がボデーに直接伝わることを防止しています。ただ、ノーマルのエンジンマウントは非常に柔らかいゴムを使用しているため、クルマの動きとは別の方向にエンジンが動いてしまい、コーナリング性能、トラクション性能を犠牲にしています。

出典:http://www.trdparts.jp/

このロスを少なくすれば、アクセルを開けた分のレスポンスがアップし、NAの醍醐味であるフィーリングをより楽しむことができます。
そこで、メーカーの販売する強化エンジンマウントを取り付けることで、多少の振動が増えることを犠牲にすれば、上記のロスを軽減できます。

振動が増えることによって不快に感じる程になるかどうかは人によりますが、フィーリングを楽しみたい!という人には、是非検討をおすすめします。

NAエンジン(自然吸気エンジン)の高回転がもたらす音の魅力とは?

音楽を聴く

NAエンジンの音の魅力は、ズハリ高回転に移行する度に変化するエンジンサウンドです。
ターボエンジンにも、過給器が稼働する際の高周波の音や、迫力のある低音といった魅力があります。

さらに、過給器の有無だけでなく、エンジンの種類によってもサウンドは変わります。
文字では決して伝わることのない、奥深いファクターであるエンジンサウンドですが、実際に聞いてみましょう。

今回紹介するのは、エンジン屋の異名を持つホンダ製エンジンシステム「VTEC」のサウンドです。
動画の20秒あたりからのエンジン音の切り替わりに注目してみてください

大迫力のVTEC SOUND

エンジン音についてはこちらの記事もおすすめ

NAエンジン(自然吸気エンジン)の名機3選!

エンジン 工場

出典:cShutterstock.com/ Hamik

ホンダ F20C

S2000のために開発されたと言っても過言ではない、ホンダ製のエンジンです。
先述のVTECシステムも搭載されており、高回転・高出力を実現しながら、平成12年基準排ガス50%低減を達成しています。

●気筒配列:直列4気筒
●排気量:1,997cc
●内径×行程:87.0mm×84.0mm
●最高出力:184kW(250PS)/8,300rpm
●最大トルク:218N·m(22.2kgf·m)/7,500rpm

ホンダ・S2000に関する情報はこちらの記事

三菱自動車 4G63

三菱 4G63 エンジン

ランサーエボリューションシリーズが搭載車として有名な三菱製のエンジンです。
ラリー界においては、スバル製の水平対向エンジンをライバルとして進化を続けてきた名機です。

三菱のエンジン型式は、最初の数字が気筒数(4気筒なら4)、次のアルファベットがガソリン(G)またはディーゼル(D)、次の数字がエンジンシリーズ(何番目か)、最後に排気量コード(シリーズ数)という風になっています。
つまり、4G63は「4気筒ガソリンエンジン(G)で排気量が2,000cc(シリーズ6)、エンジンシリーズは3番目」と解読できますね。

●気筒配列:直列4気筒
●排気量:1,997cc
●内径×行程:85.0mm×88.0mm
●最高出力:135PS/5,800rpm
●最大トルク:18.7kgm/3,500rpm

三菱・ランサーエボリューションに関する情報はこちらの記事

スバル 水平対向エンジン EJ20

スバル EJ20 エンジン

実は、上の4G63のライバルとも言えるエンジンが、このEJ20です。

水平対向エンジンは、ボクサーエンジンとも言われるスバルならではの構造です。
クランクシャフトに対して、シンメトリーかつ水平にピストンが並んでいます。
シンメトリー構造のため、バランスも良く、エンジンが低く収まることで低重心を実現でき、走行性能に大きな意味をもたらします。

●気筒配列:水平対向4気筒
●排気量:1,994cc
●内径×行程:92.0mm×75.0mm
●最高出力:150PS/6,000rpm
●最大トルク:19.5kgm/3,200rpm

スバルに関する情報はこちらの記事

NAエンジンの楽しみは回転とアクセルレスポンスにあり!

スピードメーター

ここまで、NAエンジンとターボエンジンを比較しつつ、NAエンジンの良さや名機を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

NAエンジンはエンジンの基本ですが、過給器の登場で初めて、NAならではの強みや弱みが見えるようになりました。
決してターボより劣るエンジンという意味でNAエンジンがあるわけではないのです。

これまで意識せずにNAエンジン車を乗られていた方は、アクセルを踏んだ分だけ車が応えてくれる感覚や、ゾクゾクするような高回転など、フィーリングに訴えかけてくるポイントを意識して楽しんでみてはいかがでしょうか?

NAエンジンについてはこちらもどうぞ

エンジンに関するその他の記事

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す