初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ ベリーサの要点5選】実燃費や内装の評判から現在の中古車価格まで

コンパクトカーが全盛の昨今、以前マツダから販売されていた「ベリーサ」という車をご存知ですか?1500ccのコンパクトエンジンにまとまったインテリア、ハッチバックモデルながら上質な乗り心地と、今でこそ1000ccから1500ccのコンパクトカーがもてはやされているのですが、ほんのすこし前にこれだけ基本に忠実な車はないと評論家を唸らせた車がマツダ「ベリーサ」なのです。今回はこのマツダ・ベリーサを紹介します。

マツダ・ベリーサとは?

マツダ ベリーサ

筆者の考える上質な車とは、乗り心地や走行中に室内に入り込んでくるロードノイズ、何よりきちんと走って、曲がって、止まる。この当たり前ができて上質な車だと考えています。

マツダ「ベリーサ」はその点で秀逸な車でした。この手のコンパクトカーは乗り心地を犠牲にしていたり、ロードノイズが大きくなったりするものですが、エンジニアが作り込んだからこそ、ここまで品質がよい車に仕上がっています。

昨今の各メーカーのコンパクトカーにはブームの兆しが見えています。一度「作り込んだ車」を見てみるのもいいですよ!

シンプルにまとまった外装は飽きさせない

2004年式 マツダ ベリーサ

フロントからリアまでスッと張りのある面と滑らかな曲線が美しく、シンプルなその車体デザインは観るものを飽きさせません。

マツダ・ベリーサはその作り込まれたボディーラインが特徴的で、ドアの隙間一つ一つにこだわりが見える作りになっています。

マツダ ベリーサ

フロント周りも極力継ぎ目を抑えるデザインで、一見するとナローなデザインなのですが、バンパーからボンネットまで流れるような凹凸で飾られています。

2004年式 マツダ ベリーサ

リアビューはハッチバックにありがちの「ストン」と落とし込んだデザインではなく、フロント同様流れるようなデザインになっています。

「車に乗る居心地」を求めた内装

2004年式 マツダ ベリーサ メーター

イグニッションONでブラック・アウトされていたメーターにブルーとホワイトのパネルが浮かび上がります。赤の指針が見やすい視認性の高いメーターで、洗礼されたインパネデザインと調和しています。

2004年式 マツダ ベリーサ インテリア

乗り心地を求めて作り込まれたため、大人4人がゆったりと乗れるスペースを持たせる事ができています。
サイドウィンドウやAピラーを立たせ、室内空間をコンパクトカーと思えないくらい広く確保されています。

デミオと区別するため、本革シートがオプション設定されていました。このオプションが非常に好評で、ベリーサを購入するほぼすべてのユーザーは選んでいたと逸話が残っているくらいなのです。

小さな高級車の代名詞は伊達ではありません。

走りが目的ではないエンジンは秀逸だ

2004年式 マツダ ベリーサ エンジン

当時新開発の1,500ccエンジンを搭載しています。このエンジンはオールアルミ製で、中低速のトルクを重視してチューンされています。

トルクピークを4,000rpmに合わせ、もっとも使用域の高い2,000rpmあたりでは力強くも低燃費を実現しています。

ドライブを楽しむのには音楽だけでいい

2004年式 マツダ ベリーサ センター

センターコンソールにレイアウトされたカーオーディオはベリーサ専用の20GBのハードディスクを内装したカーオーディオで、CDアルバムなら実に300枚分の音楽をストックすることができます。

CDを持ち込まなくても良いことから、車内がスッキリとするばかりでなく、音飛びの心配もないため車内はサウンドスタジオさながらな音楽空間になります。

マツダベリーサの評判と実燃費は?

ベリーサは全車「グリーン税制」対象車です。平成17年ド基準排出ガスを75%低減レベルの高い環境性能があります。
メーカー発表の10・15モードの燃費は16.8km/L(FF)です。

では実際はどの程度の実燃費だったのでしょうか?口コミを集めてみました。

遠出すればリッター20にも届きますが、待ち乗りは軽く10を下回ります。のんびり走る用の車です。

出典:http://www.goo-net.com/

実燃費が街乗りで9から10キロ程でエコカー減税対象車でなく、他のコンパクトカーに比べランニングコストが高い。

出典:http://www.goo-net.com/

実質燃費は11~13km、高速のみだと17kmというカタログよりも良い結果が出ているオーナーさんも居るようです。
逆に今のコンパクトカーとくらべてしまうので燃費が少し悪いように思えるオーナーさんもいらっしゃいました。

気になるマツダ・ベリーサのスペックは?

マツダベリーサの気になるスペックは以下のとおりです。

【全長】3,975mm
【全幅】1,695mm
【全高】1,530mm
11年間販売された息の長いモデルで、一度もフルモデルチェンジしなかったことから、モデルチェンジの必要がなく完成された車だということが判りますね。

最大旋回半径は4.9mと軽自動車並の旋回半径で、これは2,490mmのショートホイールベースがなせる技です。

燃費や価格以上に愛着の湧くデザインで、コンパクトカーの名車と言えるでしょう。
多くの特別仕様車が販売されていたベリーサですが全てのモデルの基本スペックは同じです。

マツダ・ベリーサの中古価格は?

2013年に惜しまれつつも廃盤となったベリーサは未だに中古市場で活発に取引されています。
2017年2月現在、491台あり、最低価格は20万円程、高いと180万円ほどと、新車並みの価格の中古車も見受けられます。


中古車情報
システムメンテナンス中


その心意気はデミオに受け継がれる

2013年式 マツダ ベリーサ

マツダ・ベリーサの実燃費や内装の評判から現在の中古車価格までをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ベリーサは2015年、惜しまれつつも廃盤となり、後継車はなくフルモデルチェンジしたデミオに統合されました。
販売期間は11年、大きくモデルチェンジを行わず、マイナーチェンジや特別装備の車両を販売したりと息の長い車でした。

1500ccクラスはデミオに受け継がれ、コンパクトカーの代名詞として今売れに売れています。しかしまた、マツダから大人のコンパクトカーが出ることを筆者は期待しています。

あなたの愛車の査定金額が気になる方はこちら!

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

マツダに関するおすすめ情報はこちらの記事

コンパクトカーに関するおすすめランキングはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK