初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カーナビアプリ超絶おすすめ5つを厳選!オフライン・無料がおすすめ

スマホをカーナビ代わりに使える「カーナビアプリ」は、地図データも更新が不要で気軽に使える便利なサービス。カーナビアプリの超絶おすすめアプリ5つを紹介します。ネット接続が不要なオフライン利用ができるアプリから、無料の定番アプリ、有料の人気アプリまで、機能や価格比較しました。

カーナビアプリの選び方

カーナビ専用機器を購入しなくても、お手持ちのスマホやタブレットで気軽にカーナビの機能が使えるのが「カーナビアプリ」です。様々なものがリリースされていますが、無料か有料か、操作性、オフラインで使用できるかなど、細かな特徴は異なっています。

カーナビアプリを選ぶ際は、どんなドライブで使用したいかを考えましょう。例えば、街乗りが多い方なら渋滞情報や駐車場の満空情報がわかるアプリ、山間地を頻繁に走る方なら通信が不安な場所ではオフラインで使えるアプリがおすすめです。

この記事では数あるカーナビアプリの中から、厳選した5つの「超絶おすすめアプリ」を紹介。メリットやデメリットとともに、なぜ「超絶おすすめなのか」も解説します。

カーナビアプリの人気は「無料」「オフライン」

カーナビアプリでも人気があるのは「無料」や「オフライン」で使えるものです。

無料カーナビアプリの選び方についての注意点と、オフライン対応のカーナビアプリの必要性について解説します。

無料カーナビアプリの選び方

無料のカーナビアプリは、自由にいくつかインストールして試し、気に入ったアプリを選ぶのがいいでしょう。

ただし、無料なのは試用版のみだったり、便利な機能は有料版のみ使用可能またはアプリ内課金が必要だったりする場合があるため注意が必要です。

インストール時または使用時に必ず確認してください。

オフライン対応のカーナビアプリの必要性

オフライン対応のカーナビアプリは、指定した地図データを端末にダウンロードして使用するため、ダウンロード時以外のデータ通信が不要です。つまり、通信量を気にせず、さらに通信環境がよくない山間部やトンネル内でもルートを確認することができます。

山間部など、電波が不安定になりそうなルートを通ることが多いという方には、オフライン対応のカーナビアプリがおすすめです。さらに、海外で車を運転する際も、あらかじめお手持ちの端末に地図データをダウンロードしておけば、Wi-Fiを用意しなくてもナビ機能が利用できるため重宝します。

反対に電波不通の心配がないドライブの場合、オフライン対応機能は必須ではないといえます。自分のカーライフに合ったカーナビアプリを選びましょう。

カーナビアプリのデータ通信量・バッテリー消費量

カーナビアプリのデータ通信量や、バッテリー消費量はどれほどでしょうか。

使用アプリや通過したルート、機種にもよりますが、ネットの情報を集めて独自に試算してみたところ、カーナビアプリのデータ通信量は100kmのルートでは約3~7MB、バッテリー消費量は9~13%程度のようです。

100kmのルートを何時間で走るのかにもよって電池消費量も変わってくるかと思いますが、データ通信料は意外にも10MB以下であることがわかります。アプリのダウンロードをWi-Fiで済ませられれば、契約データ容量が少ない人でもストレスなく使えるのではないでしょうか。

ただし、カーナビアプリを使用した時のバッテリー消費量は、端末の機種ごとの差に大きく依存するようです。同じアプリを使っていても機種が異なるとバッテリーのもちに差が出ることは大いにあり得ます。

連続して使用する際は、端末の充電をしながらの使用や、モバイルバッテリーの用意をおすすめします。

【無料カーナビアプリ】Googleマップ

Googleマップ スクリーンショット

出典:Google Play Store

Googleマップは利用者数No.1のお馴染みの地図アプリです。車でのルート検索にも対応しているので、カーナビアプリとしても使えるという汎用性の高さが魅力です。

アンドロイドユーザーにおすすめ「Android Auto」

Googleが開発した「Android Auto」は、Android端末を車のナビやラジオなどと連動させるシステムです。Android Autoを利用すれば、スマホやタブレットで利用していた機能やデータを、車内の画面からも使用できます。

「Android Auto」の利用には、Android AutoアプリをインストールしたAndroid端末と、Android Autoに対応したカーナビが必要です。Android Autoに対応した市販のカーナビやメーカー純正ナビも増えてきているため、確認してみましょう。

Googleマップをスマホにダウンロードしていれば、出発前にスマホで目的地を検索しておきAndroid Autoで接続した際、車内の画面に目的地やルート案内が引き継がれます。また、接続を解除して降車し、スマホを見ながら目的地まで徒歩で移動することも可能です。

さらに、Googleマップはナビに使う地図デーそのものがスマホを介して常時アップデートされるため、Android Auto搭載車は、車載カーナビのように新規データの読み込みや更新作業が不要というメリットも。

Android Autoは、スマホ画面でGoogleマップを使用するよりもさらに便利な使い方ができる、アンドロイドユーザーにおすすめのインターフェイスです。

Android Autoについて詳しくはこちら

Googleマップはオフラインで使えるか?

Googleマップは手軽に使えるのですが、国内では現在オフラインには対応していません。どうしてもオフラインで使いたい場合は他のカーナビアプリを使いましょう。

ただし、利用地域の制限はありますが、海外ではオフライン機能は結構使い出があると好評です。

渋滞を計算して自動ルート変更

Googleマップには渋滞や通行止め、交通事故など、使いにくいルートを考慮した「自動ルート再探索」機能があります。ルート検索時には渋滞の程度も考慮して自動的にルート変更を行う仕様になっています。

Googleマップのメリット・デメリット

Googleマップのメリットは、何といっても無料で使える手軽さ、軽量さにあります。Androidユーザーなら『OK, Google』の音声コマンドでも動作するので、運転中でもハンドルから手を離さなくても簡単に操作できるという利点があります。

デメリットは、無料の地図アプリなので、国産のカーナビ専用品には機能面で劣ること、公共交通機関の運賃は教えてくれても高速料金までは表示してくれないという点が挙げられます。

Googleマップの口コミ評価

「キャリアのアプリより多く使っている。使い勝手が良い。」
「渋滞情報とかナビ機能はいいんだけどトンネルに入った時GPSが受信出来なくて案内が止まるからそれを何とかしてほしい。」
「無料でここまでできるナビアプリは皆無。」

Googleマップのダウンロードはこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す