初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【1000台限定車】トヨタオリジンの実燃費や試乗の評価から中古車価格についても

トヨタが約1,000台限定で生産したという「オリジン」は、同社の4ドアセダン「プログレ」をベースにした高級車です。ただし、ベースであるプログレとは外装デザインが大きく変わっており、観音開きのドアを採用するなど、ほとんどが独自の仕様となっています。本記事では、そんなトヨタ オリジンのスペックや実燃費、ユーザーの評価から中古車価格まで紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

トヨタ オリジンとは?

トヨタ オリジン

オリジン(Origin)とは、トヨタ自動車が製造・販売していた4ドアセダンです。
トヨタの自動車生産台数が累計1億台を達成したことを記念して、2000年の11月に1,000台限定で発売されました。

トヨタ「プログレ」をベースとし、外装を初代クラウン(RS型)がモチーフのレトロ調デザインにしたパイクカーであるオリジンは、基本性能こそベースであるプログレと変わりません。
しかし、その製造はトヨタ「センチュリー」の製造に携わる熟練の職人が担当しており、外装から内装にいたる多くの部分が手作業によって仕上げられています。

また、見た目こそレトロですが、その中身は当時の最新技術の塊であり、デュアル&サイド&カーテンシールドエアバッグやVSC(横滑り防止装置)、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、TRC(トラクションコントロール)、ブレーキアシストといった最先端の安全装備が標準で搭載されていました。

トヨタ プログレ

クラウンの歴史に関してはこちら!

トヨタ オリジンの特徴

クラシックなデザイン

オリジンの外装デザインは、モチーフとしている初代クラウンの特徴的なボンネットやグリル形状を再現しました。
ボディサイズはベース車であるプログレより一回り大きく、曲面を多用したスタイリングとなっているのが特徴です。

外装部品のほとんどが新造であり、特徴的なボディラインは手作業で形作られています。
ボディカラーは「ライトグレイッシュブルーマイカメタリックモリブデン」「ブラック」「ブルーマイカ」の3色が設定されていました。

▶オリジンの車体寸法・車両重量
全長:4,560mm
全幅:1,745mm
全高:1,455mm
ホイールベース:2,780mm
車両重量:1,560kg

観音開きのドア

オリジンは初代クラウン(RS型)と同様に、観音開きのドア(コーチドア)も再現しています。

丁寧に仕上げられた高級感のある内装

オリジンの内装部品は、基本的にベース車であるプログレと同じものです。
しかし、その素材の品質と工作精度はプログレの比ではなく、本革シートは縫い目のピッチにまでこだわり、本木目のウッドパネルといった最高級の素材がこれでもかと使用されています。

▶オリジンの室内寸法
室内長:1,950mm
室内幅:1,465mm
室内高:1,185mm

オリジンのパワートレイン

オリジンのパワートレインには、ベース車であるプログレと同様の3.0L 直列6気筒エンジンが搭載されていました。
駆動方式はFR(後輪駆動)で、トランスミッションは4速ATの設定です。

▶オリジンのエンジンスペック
エンジン型式:2JZ-GE
種類:水冷直列6気筒DOHC
総排気量:2,997cc
最高出力:215PS(158kW)/5,800rpm
最大トルク:30.0kgf・m(294N・m)/3,800rpm
燃料タンク容量:70L
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
駆動方式:FR
トランスミッション:4速AT

トヨタ オリジンの実燃費は?

ガソリンメーター

オリジンの燃費データは、10・15モード、JC08モード共に詳細なデータが存在しないので、同じエンジンを搭載していたプログレのデータを参照します。

プログレの場合、オリジンと同じ2JZ-GE型の3.0Lエンジンと4速ATを搭載した「NC300 ウォールナットパッケージ」の10・15モード燃費が10.0km/Lなので、オリジンの燃費性能もそれぐらいだと思われます。

以上のことを考慮すると、カタログ値の70%の値が実燃費だと言われているので、オリジンの実燃費は7.0km/L前後であると考えられるでしょう。
ハイオクでこの数値だと、あまり燃費がいい車だとは言えないようです。

トヨタ オリジンの試乗評価は?

評価

出典:©Shutterstock.com/ Sofi photo

オリジンは外装デザインから内装にいたるまで、多くの人から非常に高く評価されています。
ベース車であるプログレ自体が車として優れており、オリジンはそれをアップグレードさせた車であるため、評価が高いのも当然のことだと言えるでしょう。

ユーザーからの評判

古いデザイン車なので注目を集めるが、そこには独特な存在感がある。室内の装備も良好。運転すると、キビキビとした走りでは無く、静かに滑らかに走っていく。良く言えば、ゆったりと安全運転ができる。高速では、踏み込めばスム-ズに加速しするし、クル-ズコントロ-ルも有効。後席に座る人には、観音開きドアが喜ばれます。楽しんで、運転をします。

出典:http://bbs.kakaku.com/

実際に乗車してみてもその期待は決して裏切らず、プログレとは格段と違う、高度な板金技術、内装、乗り心地の評価は高い。

出典:http://bbs.kakaku.com/

なんか、こんな遊び心がある車を作って欲しいですね。

出典:http://bbs.kakaku.com/

トヨタ オリジンの中古車価格は?

お金

オリジンの新車価格は700万円

オリジンの当時の新車販売価格は、700万円に設定されていました。
これはプログレの2倍に近い価格設定であり、同時期に販売されていたトヨタの高級車であるセルシオよりも高かったのです。

オリジンは中古でも希少な車

オリジンは約1,000台(1,027台、1,071台という説もあり)の限定生産ということもあり、中古車市場に出回っている個体が非常に少ない希少な車です。

また、オリジンという車の性質上、多くのユーザーが大切に乗っており、中古でも状態の良い個体がほとんどという特徴があります。
そのため、中古車の価格も下がりにくく、現在も高値で取引されているのです。

トヨタ オリジンの中古車価格をチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ オリジン 独特の雰囲気を纏った高級車


トヨタ オリジンの実燃費やユーザーからの評価、中古車価格などを紹介してきましたがいかがでしたか?

レトロな見た目に上質な室内空間を備えたオリジンは、他の高級車には無い独特の雰囲気を纏っています。街中で乗っていれば、間違いなく注目の的になることでしょう。

最近の車が物足りないという人には、オリジンがおすすめです!

あなたの愛車の査定金額が気になる方はこちら!

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

レトロなパイクカーに関する情報はこちらの記事

トヨタの高級車・レクサスに関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...