初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スバルエクシーガ生産終了】実燃費やカスタムから内装や試乗の評価を紹介

スバルエクシーガはスバルブランドを展開する富士重工業が製造販売する7人乗り乗用車です。2015年まではミニバンとして、2015年以降はクロスオーバーSUVとして販売されています。今回はそんなスバルエクシーガシリーズについて詳しく紹介します。

スバルエクシーガってどんな車?

ミニバンから7人乗りSUVに

スバルエクシーガ

2008年から2015年まではミニバンとして製造され、2015年のモデルチェンジで、ミニバンからクロスオーバーSUVとしてボディタイプまでチェンジした異色の経歴を持つ車、スバルエクシーガ。

かつてスバルはサンバーの排気量拡大版であったドミンゴや、初代オペル・ザフィーラのOEMであったトラヴィックを7人乗りの車種として販売していました。
そして、オリジナルのコンセプトカーを出してみようという試みから、スバルの特徴を強く表した多人数乗り乗用車としてエクシーガは開発されました。

スバル エクシーガPV動画

スバルは2004年にトラヴィックを販売中止にして以来、およそ4年ぶりの2008年の6月に多人数乗りの乗用車の販売ということで気合も十分に販売されました。

当初はミニバンの姿をしていながらも「ミニバン」ではなく「多人数乗り車」という、あえてそのままなキャッチコピーで売り出されていました。
燃料高騰やリーマンショックなどが不運にも重なったため、売れ行きは伸び悩みましたが、エコカー減税の開始とスバルの地道な企業努力による技術改良の結果、マイナーチェンジをするたびに車としての完成度を上げていき、売り上げが回復しました。

今もエクシーガはスバルを代表する人気車として、現行モデルが走っています。

また、当初は日本のみで販売されていましたが2009年からはオーストラリアに販路を拡大。
レガシィの派生モデルとして「リバティエクシーガ」という戦隊特撮の必殺技のような名称で販売され、今ではインドネシアなどアジア諸国でも愛用者が増えています。

スバルのCMについてはこちら

初代エクシーガ ミニバンタイプ(2008年-2015年)

初代エクシーガ

スバルでエクシーガという名前自体は1995年から存在しており、東京モーターショーにその名前で何度も出展されていながらも商品化されることはありませんでした。

そこから13年もの間、エクシーガという名前だけが先行する形で、スバルでは違う車が発表され続けました。
そして突如2008年にティザーサイトが公開され、スバル社としては満を持してエクシーガの販売開始となります。

新しい車種を発表する際には何かしらのコンセプトを掲げるスバルは、エクシーガに「7シーターパノラマツーリング」という乗る人全てが走行や景色から会話や開放感を味わえることをコンセプトとしました。

全ての乗員がしっかり乗れる居住性を保ちながらも、走行性能もキープ。
それでいて高い操縦安定性と優れた静寂性をともなう上質な乗り心地を目指したエクシーガの車としての評価は販売当初からピカイチでした。

スバル社としては珍しくMT設定がなく、すべてATとしての販売。2Lのエンジンを搭載している車としては、約10年ぶりにFF駆動を採用しました。

多人数乗り=ファミリーカーということで、それまで売上に関係なく独自の路線を貫いてきたスバルとしてはある意味でその姿勢を崩す形となり、最廉価グレードは200万円を切りました。

それが功を奏し、エクシーガは日本カー・オブ・ザ・イヤー 2008-2009 特別賞「MOST FUN」を受賞しています。

エクシーガ

スバルエクシーガは販売からクロスオーバーSUVとして生まれ変わるまでに、幾度ものマイナーチェンジを繰り返しています。
人気低迷における起死回生のために改良をする車種が自動車業界では少なくない中、マイナーチェンジをすればするほど車として高い評価を獲得し、人気と売り上げも上がっていくという競合他社にしてみれば羨ましい進化をたどりました。

ミニバンに関連するおすすめ記事はこちら

2代目エクシーガ クロスオーバーSUVタイプ(2015年-)

2代目エクシーガ

冒頭でもお伝えしたように、フルモデルチェンジを行っても車のボディタイプまで変更する事例は多くありません。
2013年に東京モーターショーに出展されたコンセプトをベースにミニバンから大幅転換し、クロスオーバーSUVへと進化したエクシーガ。
ボディタイプが変更になったことで、当然それぞれの箇所も仕様が変更となりました。
「都市型SUV×多人数車」というコンセプトでミニバン時代の良い部分を継承しつつも、全く新しい車になったと言っても過言でないほどの様変わりを遂げました。

2代目エクシーガはファッション性と本格SUVの要素を取り入れた内外装の評価は高く、この記事が執筆されている時点で2年弱と短い歴史ですが、非常に人気の一台として走っています。

スバルエクシーガ クロスオーバー7に関する記事はこちら!

スバル エクシーガシリーズのスペック

スバルエクシーガシリーズ

スバルエクシーガは初代はミニバン、2代目はクロスオーバーSUVとボディタイプは違えど、変速機やサスペンションなど共通点は多いです。

また、中古車市場にはミニバンタイプも数多く出回っているため、本項目ではミニバンタイプもクロスオーバーSUVタイプも合わせてスペック紹介をしていきます。

ボディタイプ:
・5ドアミニバン(エクシーガ)
・5ドアクロスオーバーSUV(クロスオーバー7)

エンジン:
・EJ20型 2.0L 水平対向4気筒 DOHC AVCS
・EJ20型 2.0L 水平対向4気筒 DOHC AVCS インタークーラーターボ
・EJ25型 2.5L 水平対向4気筒 SOHC i-AVLS
・FB25型 2.5L 水平対向4気筒 DOHC デュアルAVCS

駆動方式:FF/4WD(フルタイムAWD
変速機:
・E-4AT
CVT(リニアトロニック)
・E-5AT(ターボ車のみ)
サスペンション:
・前:ストラット
・後:ダブルウィッシュボーン

エクシーガクロスオーバー7
全長4,7404,780
全幅1,7751,800
全高1,6601,670
ホイールベース2,7502,750
車両重量1,480-1,5901,620
乗車定員77
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

初代エクシーガミニバンタイプ

モデル名新車価格燃費性能
2.0GT-Sアイサイト302万11.2
2.5iアイサイト259万13.2
エアブレイク275万13.2
2.5iスペックBアイサイト286万13.2
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

2代目エクシーガクロスオーバーSUVタイプ

モデル名新車価格燃費性能
アクティブスタイル276万13.2
モダンスタイル275万13.2
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

スバルエクシーガの中古車価格はこちら

スバルのエクシーガは格安で手に入る場合もあります。
中古車に興味のある方はこちらを確認してみてください。


中古車情報
システムメンテナンス中


エクシーガは現行モデルがクロスオーバーSUVということで、ミニバンタイプを中心に中古車市場では比較的、安値で出ることもしばしばあります。

運が良ければ20~30万円台で手に入れることも出来るとあって、中古車市場でも大変人気の車です。

中古車に関連するおすすめ記事はこちら

スバルのエクシーガの実燃費の評価

元々性能ではそこまで燃費のよくないスバルエクシーガ。
気になる実燃費の評判を調べてみました。

燃費も、高速と街中半々で、所々加速を楽しんだのに10kmを割らなかったので、1.6tの4WDターボであることを考慮すると悪くないのではないでしょうか。高速はIモード+オートクルーズ、街中はSモードで走ると燃費が良いようです。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 11km/L
排気量と車重で、どうしても燃費は落ちます。。それでも一昔前と比べるとかなり良くなったとは思いますが、もう少し欲しいですね。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費性能はとても良いとは言えないようです。
ファンとしては、もう少し燃費性能をよくして欲しいところではないでしょうか。

スバルのエクシーガの内装

スバル エクシーガ 内装

スバルエクシーガの内装はミニバンとクロスオーバーで大きく違っています。それぞれの特徴を紹介いたします。

初代エクシーガ ミニバンタイプの内装

初代 エクシーガ 内装

初代のミニバンでは暗めで重厚感はあります。
しかし素材などは高級なものではないため、質感は他の車に比べると劣るところもあります。
大きく褒めるポイントはありませんが、特に問題になるような点もないので、こだわりのない人は概ね満足しているようです。

2代目エクシーガ クロスオーバーの内装

エクシーガ クロスオーバー 内装
エクシーガ クロスオーバー 内装

居住空間と静寂性を中心に、とにかく快適性能に特化したクロスオーバーSUVであるスバルエクシーガは走行性能よりもその上質な快適性に評価があります。

快適性に評価がありながらも、スバルが誇る技術によりもたらされる走行性能は高く、家族で乗れる多人数対応車であっても一人での走行を楽しめる造りにもなっています。

スバルのエクシーガの評価

スバルエクシーガ

多人数が乗れる現行クロスオ―バーSUVのスバルエクシーガですが、やはり既に乗っている人の評判は気になるところ。

本記事では、そんなスバルエクシーガの口コミなど、生の声を集めてみました!

初代エクシーガ ミニバンタイプの良い口コミ

【総合評価】オデッセイRB2から乗り換えたかったのですがフォレスターSG9を挟んで購入しました。オデッセイはデザインは良かったのですが走りがトロイいし燃費が悪いのでフォレスターSG9でうさを晴らしてからエクシーガにたどり着来ました。白のエクシーガは以前から惚れていたのでスタイルには満足しています。走りもオデッセイに比べるとストレスは感じないです。

出典:http://www.goo-net.com/

昨年の12月に中古で購入。走行距離も少なく、良い程度の欲しかったエクシーガが手に入り、最高です。


【総合評価】
家族が5人なので、時々6人~7人乗ることもあり、ミニバンしか選択肢がなかったのですが、さすがスバル、良く走ります。とても気に入ってます。

【良い点】
やはり、その走りでしょう。ハンドリング、サスペンション(ビルシュタインいいです)、エンジン、どれも走りを忘れたくないお父さんにはぴったりです!

出典:http://www.goo-net.com/

初代エクシーガ ミニバンタイプの悪い口コミ

レガシーが良い車だったとつくづく思いました。広いだけの車です。無駄に重いのでハンドリングは悪いしスバルの特徴がありません。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】ミニバンらしさには欠けるが、レガシィより多人数。


【良い点】レガシィ、インプレッサ、フォレスターのイイとこ取り。


【悪い点】CVTは後出しじゃんけん。4ATでは燃費悪い。最近になって、アイサイト搭載車を「ぶつからないミニバン?」とCMし始めた。

出典:http://www.goo-net.com/

2代目エクシーガ クロスオーバーの良い口コミ

【総合評価】
ドアミラーの点滅状態が室内から確認できる。ウインカー部位置に実測縦11mm、横3mmほどの貫通があり、ついているのかいないのかがミラーを見て確認。右・左折時は後方確認するから当然見る。スバルの他車種も同様についているものがある。他社にはみられない簡単なことだが下手にセンサーつけて警告、金かけるよりも「当たり前を当たり前に」シンプルアイデアがすばらしい。

【良い点】
発想がすばらしい。複雑にしないアナログ派は電装上安全確認できるから良い。

【悪い点】
高級式発想のデジタル式、メーターパネルに表示を希望される方は不向きでしょう。人それぞれです。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】 2列目と3列目のグラスエリア=窓越しの解放感に注目していた。2列目の窓に絶対ピラーがないこと。そして肝心なのは3列目。開発段階でリヤピラーやシールを貼り付けるか検討した様だが、エクシーガ・四代目までのレガシィ同様、グラスエリアがサイドからリヤへラウンドしていること。ピラーを設けると視界に圧迫があるのと同時に、外観も小さく見えてしまう。そんな中でピラー・シールを貼り付ける案は私は反対。視界を大きく、外観を大きく見せるエクシーガを継承することに賛成です。最近の国産車は、サイドからリヤへラウンドする際、ピラー(特にミニバン)もしくは、板金でカッコ良さ(はじめから5人乗車用設定)を求める傾向が強いと感じます。


【良い点】 0系や100系頃の新幹線グランドひかりの窓の解放感を味わいたい。特に高速道路はそうですね。また、リヤハッチドアの大きさ・形状にも注目したい。大きな家具を載せる際、室内は大きいが、ドアの形状の為入り口でぶつかり入れられない。このエクシーガとクロスオーバー7はリヤランプとの境をドア優先で設計されたのではなかろうか。


【悪い点】 SUVで、カッコ良さなのか実用性なのかを求めるのは、人それぞれだと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

2代目エクシーガ クロスオーバーの悪い口コミ

【総合評価】
 エクシーガで雪道を走ってきました。基本設計が古いといってもさすがはスバル。雪道でも安心できるトラクションを持ち、その気になれば積極的なアクセルコントロールで走りを楽しむことができるんですからね。その2面性を持った走りを実現しているミニバンは……ちょっと他には見当たりません。

【良い点】
 最低地上高が170mm(計測上の都合でその数値だが実質的にはもっと高い印象)と高く、雪道の轍や駐車場入り口になどにある吹き溜まりも楽々走破できること。雪道も重視するならデリカかこのエクシーガですね。

【悪い点】
 アイサイトが「バージョン2」で止まったままなこと。これはよくもあり残念でもある点です。バージョン2でも自動ブレーキとして世間相場と比べれば十分な性能を誇るので他社よりは優れているのですが、さすがに最新のバージョン3に比べると少し見劣りしますね。

出典:http://www.goo-net.com/

ベースとなったエクシーガのデビューは2008年と基本設計は古いですよね。それを承知の上で、それを上回る魅力を見出すことができればお買い得で賢いチョイスだと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

スバル エクシーガのカスタム例

最後に、スバルエクシーガのカスタム例の動画をご紹介します。

ドレスアップというよりは、マフラーなどの部分のカスタムがエクシーガの場合は多くされているようです。

スバル エクシーガ ヘッドライト カスタム

スバル エクシーガ マフラー カスタム

スバル エクシーガ マフラーとセンターパイプ カスタム

スバルエクシーガが生産終了で後継車は?

スバル アセント 外装

スバル エクシーガ クロスオーバー7が2018年春頃に生産を終了します。
来春の生産終了に伴って、販売も時を同じくして販売を終了すると思われます。
生産終了するエクシーガ クロスオーバー7と入れ替わりのように、新型3列シートSUV「アセント」が北米で投入されます。
スバルは、現状新型アセントを他国で販売する計画はない、とコメント。
新型アセントは、2018年より北米で販売が開始され、ファミリー層の獲得を注力する模様です。
新型アセントの日本上陸に期待しましょう。

スバル新型アセントに関連するおすすめ記事はこちら

SUVに関するおすすめランキングはこちら!

ミニバンに関するおすすめランキングはこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK