MOBY

【新旧CX-5徹底比較】新型と旧型CX-5の違いと進化したポイントは?

マツダの「CX-5」は、優れた走行性能と燃費性能を持つ、かっこいいデザインと手頃な価格が魅力の人気クロスオーバーSUVです。2017年の2月にはフルモデルチェンジを行い、新型となりました。本記事では、そんなCX-5の新型と旧型のデザインや性能、進化したポイントについて徹底比較しているので、新型CX-5の購入を迷っているという人は、ぜひご覧になっていってください。

マツダ CX-5の新型と旧型を徹底比較!

2代目 新型CX-5

CX-5の画像

CX-5とは?

マツダの「CX-5」は、2012年から販売されているクロスオーバーSUVです。
マツダが誇る次世代技術「スカイアクティブテクノロジー」を全面採用した初のモデルである初代CX-5は、優れた環境性能と動力性能を持ち、それでいて低価格で高品質という相反する要素も両立していました。

そのため、発売後瞬く間に人気の車種となり、日本国内における2012年のSUV販売台数では1位を獲得しています。
また、その人気の高さから「2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。
さらに、2013年も引き続いて年間販売台数1位を獲得しています。

そして、そんなCX-5は2017年の2月にフルモデルチェンジを行い2代目となりました。
本記事では、より洗練されて進化した新型CX-5が、旧型と比較してどう変わったのか、デザインやスペック、装備の違いについても解説しているので、ぜひご覧になっていってください。

マツダ新型CX-5の最新情報はこちら

マツダ CX-5 新型と旧型のデザインの違いは?

新型CX-5の外装デザイン

マツダ CX-5 SKYACTIV-D

旧型CX-5の外装デザイン

マツダ 初代 CX-5 2014

新型CX-5は、旧型と比較してわずかに車高が低くなり、前後のトレッドも10mmほど縮まっています。フロントマスクのデザインもより立体的になり、ヘッドライトの目付きもより鋭い印象になりました。

全体的なデザインとしては、マツダのデザインテーマである「魂動デザイン」を引き続き採用しつつ、より洗練されて「深化」した深みのあるデザインとなっています。

CX-5を象徴する「赤」のボディカラーも旧型の「ソウルレッドプレミアムメタリック」から、新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」に変更されており、マツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」によって、新型CX-5のボディラインをより美しく立体的に魅せています。

▶新型CX-5と旧型CX-5の車体寸法・車両重量比較表

新型CX-5旧型CX-5違い
全長(mm)4,5454,540+5
全幅(mm)1,8400
全高(mm)1,6901,705-15
ホイールベース(mm)7000
車両重量(kg)1,510-1,6901,440-1,620+70

魂動デザインとは?

クルマをただの鉄の塊ではなく、まるで生き物のように生命感を感じさせるものにしたい。まるで意志を持って動き出しそうな緊張感と、体温を持ち呼吸しているかのような温かみをもった、生きたクルマをつくる。それが「魂動」デザインです。

出典:http://www.mazda.com/

新型CX-5の内装デザイン

マツダ CX-5 新型 2016年 内装

旧型CX-5の内装デザイン

マツダ 初代 CX-5 内装

新型CX-5の内装は旧型と比較して、より洗練された上質でスポーティーな空間となりました。
ただし、広さはあまり変わっていません。

また、ドライバーを中心に据えた左右対称の配置となっている操作機器類と、ステアリングホイールの中央から横に広がる水平基調のコックピットデザインによって、ドライバーは目線をあちこちに動かす必要が無くなり、運転に集中できます。

ラゲッジスペースの容量も旧型の500Lから、新型では505Lに拡大されており、リヤゲートはスピンドルダンパー式のパワーリフトゲートとなっているので、開閉作業もワンタッチです。

▶新型CX-5と旧型CX-5の室内寸法比較表

新型CX-5旧型CX-5違い
室内長(mm)1,8901,910-20
室内幅(mm)1,5401,530-10
室内高(mm)1,2651,280-15

マツダ CX-5 新型と旧型のパワートレインの違いは?

新型CX-5のエンジン「SKYACTIV-G 2.5」

マツダ 新型 CX-5 2017 SKYACTIV-G 2.5 エンジン

パワートレインがわずかに進化!

新型CX-5のパワートレイン自体は、旧型のラインナップと変わっておらず、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと2.5Lの直列4気筒ガソリンエンジン、2.2Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンの3種類が搭載されます。

2.5Lのガソリンエンジンである「SKYACTIV-G 2.5」は、ピストンのオイルリングに上下非対称形状を採用して、ピストン周りの油膜の厚さを最適化し、機械抵抗を大幅に低減させることで、高い燃費性能を実現しています。

2.2Lのディーゼルエンジンである「SKYACTIV-D 2.2」は、アクセル操作に対する車の反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」と、ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」、ノック音の発生そのものを抑える「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を新たに採用することで、旧型よりも静粛性が向上し、よりスムーズな挙動を実現しています。

トランスミッションには新たな技術を採用!

新型CX-5のトランスミッションには、旧型と同じく6速ATの「SKYACTIV-DRIVE」が設定されますが、車速やアクセル開度、エンジン回転数などから操作の意図を読みとってシフトするという、新しい変速制御技術を採用することで、コーナリングにおける不要な変速を抑えて滑らかな挙動を実現しています。

最新の駆動制御システム「G-ベクタリングコントロール」を採用!

マツダ 新型 CX-5 G-ベクタリングコントロール

新型CX-5の駆動制御システムには、3代目アクセラで初採用された新世代車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール」が新たに採用されています。
「G-ベクタリングコントロール」とは、ドライバーのハンドル操作に応じてトルクを変化させ、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術です。

新型CX-5は「人馬一体」というマツダの設計思想により生まれた「G-ベクタリングコントロール」によって、旧型よりも滑らかな挙動を獲得し、ドライバーの思いどおりに動かせるようになっています。

新型CX-5の燃費性能の進化は?

新型CX-5の燃費性能に関しては、旧型からほとんど変化していません。

▶新型CX-5と旧型CX-5の燃費性能比較表

新型CX-5旧型CX-5違い
ガソリン車(km/L)14.6~16.014.6~16.4-4
ディーゼル車(km/L)17.2~18.018.0~18.4-4

※JC08モードでの測定値です。

新型CX-5と旧型CX-5のエンジンスペック

※新型と旧型でエンジンスペックは変わりません。

▶新型CX-5と旧型CX-5のエンジン比較表

2.0Lガソリン
「SKYACTIV-G」
2.5Lガソリン
「SKYACTIV-G」
2.2Lディーゼル
「SKYACTIV-D」
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16
バルブ直噴ターボ
総排気量(cc)1,9972,4882,188
最高出力(PS/rpm)155/6,000184-190/6,000175/4,500
最大トルク(kgm・m/rpm)20.0/4,00025.0-25.6/3,250-4,000rpm42.8/2,000
駆動方式FFFF/4WD
トランスミッション6速AT

マツダ CX-5 新型と旧型の安全性能の違いは?

新型CX-5 スカイアクティブボディ

マツダ 新型 CX-5 スカイアクティブボディ

新型CX-5のスカイアクティブボディは、最新のCAE解析(コンピューターによる支援設計)を駆使した効率的なボディの補強の他、Aピラーやサイドシルなどに強度の高い超高張力鋼板を採用することで、旧型よりもねじり剛性が15.5%高められています。
これにより、操作に対する車体の反応の遅れも低減されました。

新型CX-5の「i-ACTIVSENSE」はさらに進化!

マツダ 新型 CX-5 プロアクティブセーフティ

新型CX-5の安全装備には、マツダの安全思想である「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づいて開発された「i-ACTIVSENSE」が、旧型から引き続いて採用されました。
新型CX-5に搭載される「i-ACTIVSENSE」は、旧型よりも機能が進化しており、より安全性が向上しています。

具体的に進化したポイントは、以下の通りです。

▶マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)の機能向上
MRCCの追従可能な速度域の下限が、旧型では30km/hでしたが、新型CX-5では0km/hからに拡大されました。
これにより、発進直後からの追従走行が可能となっています。

▶アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)のユニット変更
ALHは、ヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールし、夜間における視認性を高めて危険認知をサポートする機能です。
新型CX-5では、旧型では4ブロックに分かれていたLEDユニットを12分割の単眼式ユニットに変更することで、より細かな照射範囲の制御ができるようになりました。

▶アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)の採用
新型CX-5では、車両や障害物、歩行者の検知もできる自動ブレーキのアドバンストSCBSを新たに採用することで、安全性を高めています。

▶交通標識認識システム(TSR)の採用
新型CX-5では、速度制限・進入禁止・一時停止の交通標識を認識してディスプレイに表示するTSRを新たに採用することで、標識の見落としを防ぎます。

マツダ CX-5 新型と旧型の販売価格の違いは?

マツダ CX-5

出典 :©iStockphoto.com/ kurmyshov

▶新型CX-5と旧型CX-5の新車販売価格比較表

新車販売価格(円)
新型CX-52,462,400~3,526,200円
旧型CX-52,446,200~3,488,400円
差額16,200-37,800円

新型CX-5の新車販売価格は、旧型よりもわずかに高くなっていますが、お手頃価格であるという点は変わりありません。
グレード設定は新型・旧型ともに、ガソリンエンジンを搭載するグレードが5つ、ディーゼルエンジンを搭載するグレードが3つで、計8グレードの設定となっています。

CX-5の中古車価格の現在の中古車価格はこちら


XD Lパッケー…
298.0万円
本日の在庫
1,224
平均価格
230.4 万円
本体価格
109 ~ 338 万円

買うならやっぱり新型CX-5がおすすめ!

マツダ CX-5 新型 2016年

マツダ・CX-5の新型と旧型の徹底比較はいかがでしたでしょうか?

新型CX-5は旧型と比較して、さまざまな面で素晴らしい進化を遂げました。
具体的には、以下の3つポイントにまとめられます。

①外装・内装のデザインがより進化。
②走行性能が進化、エンジンそのものに大きな変更は無し。
③安全性能が進化。

新型のCX-5を新車で買うなら、旧型を中古で安く買うという人もいるかもしれませんが、CX-5は中古でも人気が高く、新車と比較して劇的に安くなるというわけでもないので、どうせCX-5を買うのであれば、新型を新車で買うのがおすすめですよ!

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

マツダ新型CX-5に関連する記事はこちら

マツダ新型CX-5のライバルSUVの最新情報に関連する記事はこちら!

SUVに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す