初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

イグニッションコイルとは?構造や寿命から故障症状や交換方法・費用を総まとめ

全てのガソリンエンジン車に搭載されているイグニッションコイルの全てを解説します。ダイレクトイグニッション・機械式イグニッションの仕組み・構造から、寿命や故障時の症状、交換の費用まで、車のイグニッションコイルの全てを徹底的にご紹介します。

イグニッションコイルって何?どんな役割?

車のイグニッションコイルとは?

内燃機関 エンジン

出典:©Shutterstock.com/ Andrea Danti

イグニッションコイルとは、ガソリンエンジン車において、エンジンの燃焼室内の混合気(ガソリンと空気の混ざったもの)を燃焼させる為の火花を作る為の電気を供給する装置です。

さらに具体的に述べますと、混合気を燃焼させる為には自動車用バッテリーの12Vの電圧を、25000~35000V程度の高電圧に変換する必要があり、イグニッションコイルはこの電圧の変換を担っています。火花自体は、イグニッションコイルからケーブルを通じてスパークプラグから燃焼室に供給されます。

また、近年マツダ車等に多く見られる、ディーゼルエンジン搭載車では、火花を供給しなくとも燃焼が発生する為、イグニッションコイル及びスパークプラグは装備されていません。

イグニッションコイルの構造って?(機械式)

出典:©Shutterstock.com/ ZhdanHenn

古い車のイグニッションコイルの方式はこちらが採用されています。

イグニッションコイルの構成は、基本的に1次コイル、2次コイル、コアで構成され、これらの部品間の絶縁を確保するためのエポキシ樹脂がケースに充填されています。

1次コイルは、イグナイター(スイッチ)を介してバッテリーにつながっています。まずECU(エンジン制御ユニット)がイグナイタをON状態にし、イグニッション1次コイルに電流を流します。

すると1次コイルが巻かれているコアは電磁石となり、コア内部に磁束と呼ばれる磁力線の束が発生します。その後、ECUがエンジン点火タイミングと判断すると、イグナイターをOFF状態に切り替えます。

その結果、1次コイルの電流は停止します。1次コイルに流れていた電流が止まると、コアは電磁石ではなくなりコア内部の磁束もなくなります。

コア内部の磁束が急になくなると、同じコアに巻かれているイグニッション2次コイルには、電磁誘導(コイルがコイル内を通る磁束が変化した際に電圧を発生させる性質を持つこと)により高電圧が発生します。

発生した高電圧はセンターコードを通じ、ディストリビューターによって電圧をエンジンの各気筒に分配します。分配された電圧はプラグコードを通じ、各気筒のスパークプラグからエンジンの燃焼室内に点火します。

イグニッションの構造って?(ダイレクトイグニッション)


ダイレクトイグニッションは従来の機械式点火システムに代わって開発された電気式の点火システムです。

機械式のディストリビューターは、電気接点の磨耗や接触不良の発生、さらには接点間スパークの発生により電波ノイズの発生が避けられず、またエンジンの高回転化に対応できない等の問題を抱えていました。

そこで、その対応としてダイレクトイグニッション方式が生まれました。機械式と比較したメリットとデメリットを挙げていきます。

【メリット】
①部品点数が少ない
②燃焼効率が良い(燃費性能、出力及びトルクの向上)

【デメリット】
①部品が高価
②イグニッションコイルがエンジンの近くに存在する為、劣化しやすい。 

デメリットもありますが、現在のガソリン車では一般的にダイレクトイグニッション方式が採用されています。

イグニッションコイル故障の症状

イグニッションコイル故障の見分け方

マセラティ ギブリ 内装 メーター タコメーター

出典:©Shutterstock.com/ Teddy Leung

イグニッションコイルが不調の際は

①エンジンがかかりにくい
②アイドリングの回転が不安定
③加速してもエンジンが吹けない
エンジン警告灯が点灯する

といった症状が現れます。その際はイグニッションコイルを交換した方が良さそうです。しかし、可能であれば同時にスパークプラグの状態を確認してください。スパークプラグの方が部品代が安く、交換、メンテナンスが容易です。 

イグニッションコイルの寿命は?

出典:©Shutterstock.com/ Kannika Changsalak

一概には言うことはできませんが、おおよそ10万kmが目安と言われています。しかし、エンジンの熱量や、車の走らせ方によって短くなったり長くなったりします。

大切なドライブの時に故障してしまわないように車検や定期点検の際にチェックしてもらいましょう。

イグニッションコイルの交換方法と費用


交換する際は、基本的にはディーラー、もしくは整備工場にお願いするのが良いでしょう。プラグを含めたイグニッションコイルの周辺部品が不調の可能性もある為、精密に調べる必要が出てくるからです。

イグニッションコイルの交換をする必要がある場合、気筒ごとに分かれているものだと、全気筒のイグニッションコイル交換を薦められる場合があります。

その際、金額は大きくなってしまいますが、他の気筒も同様に劣化が進んでいることが考えられるので、同時に交換することをお勧めします。

修理金額は気筒数、車種によって変わりますが、一般的な4気筒の5ナンバーであるホンダフィットを例に推定すると、

イグニッションコイル×4の部品代+工賃

となりおよそ3〜4万程度と推測されます。

イグニッションコイルは重要なパーツ

自動車 点検 イメージ

最後に、イグニッションコイルは地味な形、色で目にする機会もほとんどありませんが、エンジンを回転させるための超重要な部品です。

定期的に気にしてあげて、大切な車の元気なエンジンを維持してあげましょう!

現在の人気の車検サービスはこちら

安心!確実!低価格!ホリデー車検

自動車用語に関連する記事!

車のメンテナンスに関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

T.TAKUMIこの執筆者の詳細プロフィール

車やアウトドア、ファッションなどメンズライフスタイルについて執筆しているフリーランスライター。幼い頃に、父親とトヨタのルシーダで愛知から秋田まで10時間以上かけて里帰りしたことが車を好きになったきっかけ。趣味は靴磨きと旅行。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す