トヨタ新型SUV「C-HR(CHR)」市販モデル全最新情報!発売日と価格、燃費予想も!

トヨタが、プリウス、86、RAV4の良い所を集めた新型の小型クロスオーバーSUV「C-HR」が2016年内にも発売されます。世界初公開された新型車C-HRの最新情報まとめ!世界が大注目のC-HRは大ヒット間違いなし?気になる価格や燃費、発売日の最新情報と「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に投入される「C-HR レーシング」の画像、情報をご紹介します!

トヨタ「C-HR」最新情報【目次】

■トヨタ新型SUV「C-HR」ジュネーブで世界初公開!
 ∟参考画像:C-HRコンセプト
 ∟C-HRデザイン詳細・動画
■パリモーターショーで全貌を公開!
■トヨタが「C-HR」日本仕様をついに初公開!
■トヨタ C-HRの基本情報
 ∟システムやボディサイズ
 ∟内装やインテリアデザインは?
 ∟3種類のエンジン
■トヨタ新型 C-HRの発売日は12月14日?
 ∟トヨタ新型 C-HR生産開始!
■トヨタC-HRとのライバル車種紹介!
 ∟競合車とスペック比較!
■トヨタ C-HRの価格と燃費は?
■C-HRの豊富なカラーバリエーション
CH-Rのプロトタイプに試乗した感想は?【更新】
■C-HR最新動画集!走行映像
■C-HRはハイパフォーマンス仕様も検討中
■今までにないSUV TOYOTA C-HR

トヨタの新型クロスオーバーSUV「C-HR」って?

ジュネーブモーターショー2016にて発表!

トヨタ C-HR

出典:http://toyota.jp/

2016年3月1日、スイスで開催されたジュネーブ・モーターショー2016の初日、トヨタから市販モデルとなる新型クロスオーバーSUV車、CHRが発表されました。
コンセプトモデルである「CHRコンセプト」ではなく市販モデルのC-HRはジュネーブ・モーターショー2016が世界初公開です。

➡トヨタ公式C-HR動画

パリモーターショーでトヨタCHRの全貌が明らかに!

市販モデルの内装も完全公開

出典:http://www.carscoops.com/

トヨタのヨーロッパ法人による先日の発表通り、9月29日のパリモーターショーでCHRの市販モデルが内装含め完全公開されました。

「センシュアル-テック」をコンセプトにデザインされた内装は、シンプルかつ広がりのある居住空間になっています。

グレードは4種類、ボディカラーは8色用意され、11月上旬からwebで先行受付が開始される、2016年末より販売開始される予定です。

公開されたCHRの内装

出典:http://www.carscoops.com/

パリモーターショーの注目車種はこちら

CHRコンセプトを引き継いだデザイン

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

出典:http://toyota.jp/

公開された市販モデルのC-HRのデザインは、2014年のパリ・モーターショーにて発表されたコンセプトモデルをしっかり受け継ぎつつも、トヨタの量産モデルらしい、良い意味での落ち着きとまとまりもあります。

コンセプトモデルは躍動感と奇抜さがあり、好き嫌いがはっきり分かれるデザインだったように感じられました。もちろんデザインの好き嫌いは必ずありますが、今回のデザイン変更であれば多くの方に受け入れられるかもしれません。もう少しカラーバリエーションが出そろった段階で、もう一度じっくり見たいところです。

今までのトヨタのデザインのには無かったような、丸みを帯びた愛嬌のあるフォルムに遊び心と、しかしながらずっしりとした力強さも共存する絶妙なバランスに仕上がっているのではないでしょうか。

フロントデザインは最近のトヨタのファミリーフェイスが部分的に採用されている印象を受けます。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

出典:http://toyota.jp/

トヨタ公式のデザインコンセプト

(以下、トヨタ自動車公式サイト&GAZOOより抜粋)

TOYOTA C-HRは、トヨタ独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。意のままの走りを実現する走行性能のほか、アイポイントの高さを生かした「見通しの良さ」や最適なドライビングポジション、優れた安全性など、クロスオーバーに求められる基本要素に加え、高い環境性能も追求。グローバル市場において、独特な存在感を持つコンパクトクロスオーバーの確立を目指す。

出典:https://gazoo.com/

デザインは、「センシュアル スピード‐クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、圧倒的なスタンスの良さを表現。「キーンルック*2」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ*3」などのトヨタ独自のデザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出している。

出典:https://gazoo.com/

注釈
キーンルック*2:知的で明晰な印象のトヨタ独自のフロントフェイスのデザインコンセプト。
アンダープライオリティ*3:空力性能と冷却性能、そして歩行者の保護向上までも配慮されたアンダーグリルを強調したトヨタ独自のフロントデザイン手法。

ツートンカラーにしないとこんな感じ!

トヨタC-HRデザイン

トヨタC-HRデザイン

トヨタC-HRデザイン

ついにトヨタがCH-Rを公式発表!

11月からwebにて受注開始!

C-HRの日本仕様がトヨタから初公開されたと話題です。11月からは本格的にwebサイトで受注生産をしていくとのこと。

公式公開前から明らかとなっていた情報と同じく、燃費はもちろんのこと、スポーティな走りと個性的なデザインが共存するモデルとされ、世界のSUV市場でトップを狙いにいく存在として位置付けられています。

ちなみに写真の車名ロゴが足元に浮かび上がるイルミネーションはトヨタ初採用となっており、夜に運転する際に遊び心が演出されています。

グレードは4展開

C-HRのグレードは、1.8リッターハイブリッドシステムを搭載の「G」「S」、1.2リッターターボエンジン搭載の「G-T」「S-T」の全部で4つのグレードを展開。

上記写真の12灯のLEDランプが内側から外側へ流れるシーケンシャルターンシグナルランプは「G」「G-T」グレードのオプションとして設定できるそうです。

公式サイトはこちら!

トヨタ C-HRの基本情報

C-HR

C-HR

C-HRはもちろん、トヨタが世界的に技術でリードするお得意のハイブリッド仕様車もラインナップされます。

また、新型プリウスで初めて使われた、トヨタの次世代プラットフォームTNGA(toyota new global architecture)に基づいて開発されており、安全性、動力性能、燃費性能など、従来のモデルに比べ飛躍的に向上してくるでしょう。

そういえば以前、C-HRは「プリウスSUV」と言われていた時期もありました。
TNGAのプラットフォームはもちろん、パワートレイン(エンジンやハイブリッドシステム等)などもプリウスをベースに製造されます。

自ら運転してみないとわからないことですが、昨年末モデルチェンジした新型プリウスと、旧型プリウスは驚くほど走行性能に差があります。
今回のCHRも、新型プリウスにプラスアルファでクロスオーバーSUVの足回りの強さも相まって、びっくりするほど快適なドライビングを実現すると思っています。

トヨタが掲げる新戦略「TNGA」。そもそも「TNGA」とは何なのか?何が変わって新しいのか?次世代のプラットフォームってなに?この記事では、そんな疑問に答えます。

その他C-HR基本情報

<ボディサイズ>
・全長:4,350mm
・全幅:1,795mm
・全高:1,555~1565mm

・ホイールベース:2,640 mm

新型C-HRの安全機能!

C-HRには、トヨタセーフティセンスPが標準で装備されています。トヨタ セーフティセンスPとは以下の安全装備を搭載する安全パッケージです。

《トヨタ セーフティセンスP》
・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

気になるC-HRの内装(インテリア)は?

C-HRの内装に関する公式動画

コンセプトはセンシュアル・テック

6月28日、イタリアミラノのイベントにて欧州仕様車の内装・インテリアを初公開しました。
これまでC-HRの内装は完全に非公開であったので、気になっていた方も多いと思います。

内装のコンセプトは「Sensual-Tech(センシュアル・テック)」、直訳すると「官能的でハイテクな」。

C-HRの「アナダイズドブルー」グレード

C-HR内装デザイン画像

C-HR内装デザイン画像

C-HR内装デザイン画像

C-HRの「リコリスブラウン」グレード

C-HR内装デザイン画像

C-HR内装デザイン画像

C-HR内装デザイン画像

CH-Rのインパネ・スピードメーター

C-HRインパネ・メーター画像

スポーティなSUVというイメージよりは高級で洗練された室内空間に仕上がっています。
オリジナリティ溢れるダッシュボード周りは統一感がありほぼブラウンとグレーで構成され、タッチパネルは左右非対称で絶妙なバランス感がお洒落さを演出しています。前方は全体的に低くまとめられ、見通しも非常に良さそうです。

C-HRはシートも高級さを演出

C-HR内装デザイン画像

C-HR内装デザイン画像

スポーティで動きのあるシートは張り方も特徴的です。
欧州仕様ではグレードを3タイプ用意しており、
■ブラウンとブラックを基調とした「リコリスブラウン」
■発光したブルーをイメージした「アナダイズドブルー」
■シンプルに上質を追求した「ブラック」
から選択可能となっております。

C-HR内装デザイン画像

C-HRのエンジンは3種類

ハイブリッドエンジン仕様

<エンジン>
・エンジンタイプ:1.8L直列4気筒
・排気量:1,797 cc
・最高出力:72kW[98PS] / 5,200rpm
・最大トルク:142N・m[14.5kgf.m] / 3,600rpm

<モーター>
・最高出力:53kW[72PS]
・最大トルク:163N・m[16.6kgf.m]

・トランスミッション:電気式無段変速機
・駆動方式:FF (フロントエンジン・フロントドライブ方式)
・CO2排出量目標値:90g/km以下

1200cc ガソリンターボエンジン仕様

<エンジン>
・エンジンタイプ:1.2L直列4気筒ターボ
・排気量:1,197 cc
・最高出力:85kW[116PS] / 5,200・5,600rpm
・最大トルク:185N・m[18.9kgf.m] / 1,500・4,000rpm

・トランスミッション:6速MT・CVT
・駆動方式:AWD(4WD)

2000cc ガソリンエンジン仕様

<エンジン>
・エンジンタイプ:2.0L直列4気筒
・排気量:1,986 cc
・最高出力:110kW[150PS] / 6,100rpm
・最大トルク:193N・m[19,7kgf.m] / 3,800rpm

・トランスミッション:CVT
・駆動方式:FF

➡次のページでは以下の内容をお届け!
■C-HRの日本発売日は?
■C-HRの価格・燃費は?
■ライバルのSUVモデルとの比較!
■C-HRカラーバリエーションイメージ!
■トルコの工場よりホワイト&レッドの新色C-HRスクープ画像!

関連記事)現在の日本で人気のコンパクトSUVは?販売台数ランキング!

関連記事)新型プリウスのPHVモデルはプリウスとデザインが異なる!?最新情報

次のページ