初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型RAV4フルモデルチェンジ最新情報】日本復活決定で発売日は?

トヨタRAV4とはどんな車?【歴代全モデルを振り返り】

トヨタRAV4(1994年)

トヨタ RAV4は、1989年の第28回 東京モーターショーに「RAV-FOUR」として初出展後、1993年の第30回 東京モーターショーに「トヨタRAV4」としてプロトタイプが登場し、1994年5月に正式発表されました。
RAV4とは「Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive」の頭文字から命名されています。

トヨタ RAV4は、モノコック構造の乗用車をベースにして開発された「クロスオーバーSUV」として、他社に大きな影響を与えた重要な車種です。
トヨタ RAV4のクロスオーバーSUVというマーケットの開拓によって、ホンダ CR-V、日産 エクストレイル、ホンダ CR-V、スバル フォレスターといった車種がデビューすることになり、日本のクロスオーバーSUV マーケットを牽引した立役者です。
現在、海外のみで販売されている現行モデルはRAV4の4代目にあたり、トヨタの世界戦略車として主要マーケットである欧州、北米を中心に販売されています。

【初代】トヨタ RAV4(1994〜2000年)

初代トヨタ RAV4

初代トヨタ RAV4

初代トヨタ RAV4は、同社のカローラやセリカのコンポーネントを流用し、日本の5ナンバー枠に収まるコンパクトなボディサイズながら、本格的な4WDシステムを搭載したクロスオーバーSUVです。
CMキャラクラーにキムタクこと木村拓哉さんを起用し、若者をターゲットとしたかっこいい車をアピールする販売戦略で初代RAV4の人気に貢献しました。

1994年5月に発売された3ドアのターゲットは若者だけではなく、オフロードの走破性もよく、キャンプやオフロードの走行会を楽しむユーザーにも人気がありました。
1年後の1995年4月には5ドアの「RAV4 V」が発売されたところ、シティユースをメインとしたファミリー層にも人気が出ることになり、3ドアの「RAV4」と5ドアの「RAV4 V」は異なるファン層を持つことになりました。

木村拓哉さんのRAV4 CM(1995年)

初代トヨタ RAV4のスペック

初代RAV4(オリジナルモデル 1994/5〜1996/8)
ボディサイズ(mm)全長:3,695(3ドア)/4,105(5ドア)
全幅:1,695
全高:1,655(3ドア)/1,660(5ドア)
車両重量(kg)1,130〜1,230
乗車定員(人)4(3ドア)/5(5ドア)
エンジン2.0L 直列4気筒DOHC(3S-FE)
最高出力(Kw [PS] / rpm)
99 [135] / 6,000
最高トルク(N・m [kgf・m] / rpm)
181.4 [18.5] / 4,400
トランスミッション
5MT/4AT
駆動方式
4WD
JC08燃費モード(km/L)
[10・15モード燃費]
[12.6](5MT)/ [11.0](4AT)
燃料レギュラー
新車車両価格(万円)172.6〜219
備考:

初代トヨタ RAV4の実燃費

初代RAV4の実燃費は、約7〜9km/Lです。
実燃費は、街乗りメイン、高速道路メインなど使用用途によて左右されます。
(実燃費は編集部調べによるものです。)

初代トヨタ RAV4の評価

[良い点]
・当時はCMの影響もあり、ファッションで乗っている人が多かった。
・ 町乗りメインでは本当余裕の走りでした。
・出だしがよく、ブレーキも良く効くので安心して乗ることができた。

[悪い点]
・速そうでパワーがありそうだったが実際はそうでもない。
・収納などきめ細かい小物入れはない。
・シートが地味でかっこよくない。

【2代目】トヨタ RAV4(2000〜2005年)

2代目トヨタRAV4

2代目トヨタ RAV4は、トヨタの海外販売戦略の1台として日本での発表に先行し、2000年3月のジュネーブモーターショーでデビューしました。

初代RAV4は3ドアをベースとして開発されましたが、2代目は5ドアをメインで開発され、同時に初代RAV4で不評だった質素なインテリア(内装)を改善されることもあり、一回り大きくなったボディは車幅も増すことになり、初代の5ナンバーから3ナンバーとなりました。
2代目RAV4からエンジンに排気量1.8Lのエンジンが加わり、さらにラインナップを拡大しましたが、日本ではSUVの人気に陰りが見え始め、欧米での人気は逆に向上し輸出用のRAV4には、ガソリンターボ/ディーゼルターボを搭載したモデルが生まれました。

国内の販売にて、2代目RAV4まではトヨタカローラ店系列は「RAV4L」、旧トヨタオート店系列では「RAV4J」という車名で販売していました。

2代目RAV4の日本国内での販売台数は約11万台でした。

2代目トヨタ RAV4のスペック

2代目RAV4(フルモデルチェンジ後 2000/5 - 2001/7)
ボディサイズ(mm)全長:3,750(3ドア)/4,145(5ドア)
全幅:1,735/1,785(ワイドスポーツ)
全高:1,670〜1,690
車両重量(kg)1,140〜1,350
乗車定員(人)4(3ドア)/5(5ドア)
エンジン1) 1.8L 直列4気筒DOHC(1ZZ-FE)
2) 2.0L 直列4気筒DOHC(1AZ-FSE)
最高出力(kW [PS] / rpm)
1) 92 [125] / 6,000
2) 111 [152] / 6,000
最高トルク(N・m [kgf・m] / rpm)
1) 161 [16.2] / 4,200
2) 200 [20.4] / 4,000
トランスミッション
5MT/4AT
駆動方式
FF/4WD
JC08燃費モード(km/L)
[10・15モード燃費]
[15.0〜15.6](5MT)/[14.0](4AT)
燃料レギュラー
新車車両価格(万円)172.6〜255.7
備考:

2代目トヨタ RAV4の実燃費

2代目トヨタ RAV4の実燃費は以下の通りです。

・1.8L FF(4AT) 5ドア:12.33km/L
・1.8L FF(4AT) 3ドア:11.37km/L

・2.0L 4WD(4AT) 5ドア:7.72km/L
・2.0L 4WD(5MT)5ドア:7.81km/L
・2.0L 4WD(4AT) 3ドア:6.88km/L
・2.0L 4WD(5MT)3ドア:8.51km/L

実燃費は、街乗りメイン、高速道路メインなど使用用途によて左右されます。
(実燃費は編集部調べによるものです。)

2代目トヨタ RAV4の評価

[良い点]
・後部座席が外せるので荷台がすごく広くなります。
・小さなワンボックスレベルに荷物が入るので凄くいいと思います。
・後ろのドアが横開きなので、上を気にしなくていいです。
・運転席からの視界が高くて広いので、安心感があって心なしか運転による疲労感が一般的な車よりも少ない気がします。
・悪路や悪天候でもどっしりしていて衝撃が比較的少ないので運転し易く、ハンドルを取られるようなことがあまり無いと思います。

[悪い点]
・上位クラスにヴァンガードが存在するため比較されがちであるが、やはり安っぽいです。
・燃費もさほど良くない為、そのあたりは割り切りが必要です。
・後ろに背面タイヤがあるため、バックカメラがないとぶつける可能性があります。

【3代目】トヨタ RAV4(2005〜2016年)

3代目トヨタ RAV4

3代目トヨタ RAV4

3代目RAV4は、2005年3月のジェネーブモーターショーでデビューし、日本国内では同年11月に登場しました。
翌年2006年1月から海外での販売が開始されましたが、国内での年間販売台数が24,000台に対して、海外の年間販売は30万台と明らかにRAV4はトヨタの海外戦略の重要な1台となったことは明らかです。
初代RAV4から設定されていた3ドアモデルは、3代目では廃止されRAV4は5ドアモデルのみとなり、RAV4のスタイルが固定され、販売店はネッツ店の専売モデルだけとなったことから、フロントのエンブレムがトヨタマークから、ネッツの「N」をかたどったエンブレムに順次変更されました。
国内では2016年にRAV4は、後継車であるC-HRにバトンタッチすることで、その姿を消すことになりました。

3代目RAV4の日本国内での販売台数は約7万5千台です。

3代目トヨタ RAV4のスペック

3代目RAV4(フルモデルチェンジ後 2005/11〜2006/8)
ボディサイズ(mm)全長:4,335(5ドア)全幅:1,815全高:1,685
車両重量(kg)1,460 - 1,530
乗車定員(人)5(5ドア)
エンジン2.4L 直列4気筒DOHC(2AZ-FE)
最高出力(kW [PS] / rpm)
125 [170] / 6,000
最高トルク(N・m [kgf・m] / rpm)
224 [22.8] / 4,000
トランスミッション
CTV
駆動方式
FF/4WD
JC08燃費モード(km/L)
[10・15モード燃費]
[13.4](FF)/[12.6](4WD)
燃料レギュラー
新車車両価格(万円)253〜254.9
備考:

3代目トヨタ RAV4の実燃費

3代目トヨタ RAV4の実燃費は以下の通りです。

・FF:6.88km/L
4WD:8.95km/L

実燃費は、街乗りメイン、高速道路メインなど使用用途によて左右されます。
(実燃費は編集部調べによるものです。)

3代目トヨタ RAV4の評価

[良い点]
・車高が高いので視界が広々と見渡せながら運転ができます。
・そんなに踏み込まなくてもスピードが出て安定した走りで疲れません。
・四駆なので雪道も怖くなく運転できます。
・装備も充実していて車内のインテリアもちょうど良い派手さだと思います。
・トランク・ルームが思ったより広く、荷物をたくさん乗せられる所が気に入ってます。
・街乗りにも遠出にも使えてとても便利です。

[悪い点]
・強いて言えばエアロ部分の洗車がしにくい点があります。
・シートは少し固めです。
・車高が高い分、高齢者の乗り降りは少し気を使います。
・ハイブリッドカーが人気な世の中からしてみれば燃費は少し悪い気がします。
・バックモニターは取り付け位置を考えないと、低いポールなどにぶつけてしまいます。

【4代目】トヨタ RAV4(2013年〜現在)

4代目トヨタ RAV4:北米仕様

4代目トヨタ RAV4:北米仕様インテリア

4代目RAV4は3代目とオーバーラップする形で、2012年11月のロサンゼルス・モーターショーにてワールドプレミアとなりました。
北米では2013年1月より、欧州では同年3月から順次販売が開始されましたが、日本国内では3代目RAV4が販売不振であったことから、4代目RAV4の販売は見送られることになりました。
4台目RAV4のエンジンは、ガソリン仕様、ディーゼル仕様など国仕様に複数の排気量のエンジンが用意されているのも海外仕様ならではのラインナップです。

2017年、トヨタ RAV4はトヨタ車の米国での販売台数が1位となり、米国新車販売台数でも4位の約40万台(日本車ではトップ)にランキングされるほどの人気のあるモデルとなりました。

4代目トヨタ RAV4のスペック

4代目RAV4(海外専用モデル 2013/1 - 現在)
ボディサイズ(mm)全長:4,570(5ドア)全幅:1,845全高:1,545〜1,565
車両重量(kg)1,567〜1,780
乗車定員(人)5 - 7(5ドア)
エンジン1) 2.5L 直列4気筒DOHC(2AR-FE)(+モーター)(米国向)
2) 2.0L 直列4気筒DOHC(3ZR-FAE)
3) 2.2L 直列4気筒DOHC(2悪い点-FTV):ディーゼル
4) 2.2L 直列4気筒DOHC(2悪い点-FHV):ディーゼル
最高出力(kW [PS] / rpm)
1) 133 [179] / 6,000
2) 112 [152] / 6,100
3) 130 [177] / 3,600
4) 130 [177] / 3,600
最高トルク(N・m [kgf・m] / rpm)
1) 233 [32.7] / 4,000
2) 193 [19.7] / 3,800
3) 400 [40.8] / 2,000〜2,600
4) 400 [40.8] / 2,000〜2,600
トランスミッション
CTV/6AT/6MT
駆動方式
FF/4WD
JC08燃費モード(km/L)
[10・15モード燃費]
10.2〜11.1(米国EPA燃費)
燃料レギュラー
新車車両価格(万円)258.1〜356.2万円($24,350〜33,610)
備考:

4代目トヨタ RAV4の実燃費

4代目トヨタ RAV4の実燃費は米国でのレビューとなります。

・都市部の一般道での実燃費が平均7.8km/L
・流れの良い一般道での実燃費が平均10.6km/L
・高速道路走行時での燃費が平均11.8km/L

実燃費は、街乗りメイン、高速道路メインなど使用用途によて左右されます。
(実燃費は編集部調べによるものです。)

4代目トヨタ RAV4の評価

[良い点]
・RAV4ハイブリッドは加速性能も良く、日常的に使える実用的で便利な車です。
・価格もリーズナブルで、なにより4WD車としてはかなり燃費が良い。
・足回りは落ち着いていて乗り心地は良い。

[悪い点]
・シートが硬いので腰が悪い人には辛いかもしれない。

4代目トヨタRAV4は海外からの逆輸入のみ

4代目トヨタ RAV4は、欧州・北米・南米・オセアニア・中国・東南アジア・南アフリカなどで販売されている海外専売モデルであるため、日本国内では正規販売されておらず、カタログにも記載されていません。
4代目トヨタRAV4を国内で乗るためには、海外から逆輸入するしかありません。
右ハンドルを考えるのであれば、英国かオーストラリア仕様ですが、右ハンドルでもウインカーレバーは左側にありますから操作には慣れが必要です。

トヨタ RAV4 EV

初代トヨタ RAV4 EV(1997〜2003)

トヨタRAV4 EV

トヨタ RAV4は、米国にてEVモデルが存在しました。
初代トヨタ RAV4 EVは、1997- 2000年にリリースされました。
1997年はフリート販売にて、2001年には企業や行政などにリースにて提供することが可能になり、2003年に328台のトヨタ RAV4 EVを一般販売もしくはリースにて提供しました。

最大出力:50kW [68PS]
最大トルク:190N⋅m [19.4 kgf・m]
最高速度:126km/h
航続距離:153km

2代目トヨタ RAV4 EV(2002〜2004年)

2代目トヨタRAV4 EV

2代目トヨタ RAV4 EVは、トヨタ自動車とテスラ・モーターズが共同で開発し、2012年9月に米国にて発売されました。
RAV4 EVはカリフォルニア地域のサンフランシスコベイエリア、ロスアンゼルス、オレンジカウンティ、サンディエゴで販売が開始され、生産台数は3年間で2,600台に制限されていました。
2代目トヨタ RAV4 EVもフリート販売の利用が可能でした。

最大出力:115kW [156PS]
最大トルク:296N⋅m [30.2kgf・m]
最高速度:137km/h(ノーマル)/ 160km/h(スポーツ)
航続距離:166km

2台目トヨタ RAV4 EVは、2012年には192台、2013年には1,096台が販売され、2015年4月までに合計2,489台が販売されました。

トヨタ RAV4の中古車価格

最新「RAV4」中古車情報!

本日の在庫数 200
平均価格 105.7万円
本体価格 45.8〜186万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ RAV4の中古車は、玉数もあり様々なボディカラーがありますが、初代、2代目のRAV4は中古市場にほとんど出回っていません。
おおよその相場は、3代目の2009年式までが100万円以下、2010年式以上は100万円以上といったところで、新しい年式は総額200万円になる個体もあります。

SUVとしてオフロード走行を楽しんだ個体は、ダンパーに負荷が掛かり、へたり気味の場合があります。
車から少し離れた位置から、全体の様子を確認し車体が傾いていないか、左右対象になっているかを確認することで全体のバランスを確認することをおすすめします。

トヨタ RAV4のカスタム

トヨタ RAV4のカスタムは、タイヤサイズ・ホイールの変更や、オフロード車のようなリフトアップがメインとなっています。
これらのカスタムは、見た目のファッション性を重視したもの、オフロード車としての性能を向上させるものですが、どちらも違和感なくRAV4にぴったりのカスタムです。

トヨタ RAV4をタイヤサイズ・ホイール変更でカスタム

動画は、18インチと20インチのホイールにインチアップしたRAV4を紹介していますが、違和感なくファッション性が向上し街乗りでは目立つ存在です。
この状態でリフトアップするとさらに迫力が増す姿になるでしょう。
インチアップの際にタイヤの外径を変えてしまうと、スピードメーター/オドメーターの値が狂ってしまい、ステアリングを切った時にタイヤがインナーフェンダーに当たってしまうこともありますので、対策が必要となります。

トヨタ RAV4をリフトアップでカスタム

トヨタRAV4のリフトアップのカスタムは、個人で作業する範囲を超えていますので、メンテナンスできる設備があるところで作業することが必要です。
リフトアップすることで最低地上高が上がり、オフロード走行がより楽しくなるとともに、街乗りでも迫力のあるRAV4を演出することができます。
オンロード/オフロード兼用のブロックタイヤを装着することでさらに迫力が増します。

トヨタ RAV4のミニカー

1/57 スケールモデル
初代 RAV4 (3ドア)
左右ドア開閉

参考価格: ¥ 2,400
(2018年06月20日現在)

1/58 スケールモデル
初代 RAV4 (3ドア)

参考価格: ¥ 2,980
(2018年06月20日現在)

トヨタ RAV4は、日本国内では販売終了となっていますが、当時人気があったという証でしょうか。
RAV4はいまだにミニカーとして入手することができます。

その他のSUV・新型SUVについて方はこちら

トヨタの名車についてはこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!