初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型RAV4フルモデルチェンジ最新情報】日本復活決定で発売日は?

トヨタ新型RAV4が2018年3月28日にニューヨークモーターショーにて世界初公開!かねてから噂されていた通り、2019年春に日本で復活することも明らかに!新型RAV4のデザイン、スペック、価格、発売日や新型RAV4の日本仕様などについて、編集部の予想も含めて最新情報をお届けします。 また、記事の最後ではRAV4の歴史を振り返り、歴代RAV4全車種やカスタムについて詳しく解説していきます。

トヨタ新型RAV4最新情報!

【4月3日】トヨタ新型RAV4 欧州仕様の詳細が判明

新型RAV4

新型RAV4 インパネ周り

トヨタは、新型RAV4を2019年1~3月に欧州市場へ投入すると発表しました。
発表にあたり、欧州仕様車の詳細が明らかになっています。

欧州向けRAV4の仕様は以下の通りです。

・2.5L+モーターのハイブリッドエンジンと新開発の2.0Lガソリンエンジンを採用
・ガソリンモデルのトランスミッションはATとMT
4WDのAT車には「ディスコネクト機構」を採用

【3月28日】トヨタ新型RAV4 日本発売決定!

2018年3月28日、トヨタは新型クロスオーバーSUV「RAV4」の日本復活を発表。今回のフルモデルチェンジで5代目となる新型RAV4が日本でも発売となることが明らかになりました。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売日となる予定です。

世界戦略車であるRAV4はフルモデルチェンジでどのように生まれ変わったのでしょうか。

【3月27日】新型RAV4のティザー動画が公開


2018年3月27日、米国トヨタが新型RAV4のティザー動画を公開しました。
動画からはフロントグリルやヘッドライトなど、迫力のあるフロントデザインの一部が確認できます。

(ちょっと振り返り)トヨタ新型RAV4のコンセプトカー「FT-AC」

トヨタ FT-AC コンセプト

上はロサンゼルスオートショー2017にて公開されたコンセプトカー「FT-AC」の画像です。「FT-AC」は「フューチャー・トヨタ・アドベンチャー・コンセプト」の頭文字を取ったものになっています。

「FT-AC」はRAV4のコンセプトカーであると噂されていましたが、新型RAV4が公開されたことで、噂が確実になりました。新型RAV4は「FT-AC」によく似たデザインとなっています。

「FT-AC コンセプト」については詳しくはこちら

トヨタ新型RAV4のエクステリア(外装)

ヘッドライト

フロント

フロント

フロント

サイド

リア

リア

新型RAV4の外装は押し出しの強い、迫力あるデザインとなっています。
先代のRAV4の特徴を継承しながらも、幾何学形状の「オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたデザインを随所に取り入れたり、ボディ下部を黒色に統一したりすることで、より若年層に向けた仕上がりになっていることがわかります。

また、タイヤの大型化や最低地上高を高くしたことにより、さらにSUVらしいスタイリングを手に入れました。

トヨタ新型RAV4のインテリア(内装)

インパネ周り

インパネ周り

運転席・助手席

シート

シート

新型RAV4の内装はシンプルにまとめられ、スタイリッシュなデザインに仕上がりました。
本格SUVを想起させる機能性と上質感が実現されていることがわかります。
外装と同様に内装にも随所に多角形をモチーフにした造形を取り入れることで、統一感と遊び心を表現しています。

また、サイドミラー搭載位置の最適化やリヤクオーターガラスの拡大、後方の可視範囲を広げるデジタルインナーミラーの初採用などにより、ドライバーの視認性が先代より向上されています。

新型RAV4のラゲッジスペース

上から見た画像

新型RAV4のラゲッジスペースはクラストップの広さを誇ります。6:4分割可倒式リヤシートの採用などにより、使い勝手の良い荷室空間となっています。
本格的なアウトドア向けの車であることが分かります。

トヨタ新型RAV4のスペック

新型RAV4のボディサイズ

全長全幅全高
4,5951,8551,700
ホイールベース車両重量乗車定員
2,690-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

フルモデルチェンジで5代目となる、新型RAV4のボディサイズは4代目と大きく違いはありません。
全長と全高は5mm小さくなり、全幅は10mmワイド、ホイールベースは30mm延長となりました。
新型RAV4は世界戦略車であるため、日本仕様もボディサイズに変更はないでしょう。

トヨタ新型RAV4のパワートレイン【ガソリンエンジン】

新型RAV4ガソリンモデルのパワートレインに採用されるのは2.5L直列4気筒直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン」です。
日本仕様のラインナップに関しては明らかになっていませんが、日本向けにより小型のエンジンが搭載される可能性もあるでしょう。

新開発のダイナミックフォースエンジン

トヨタが新開発した、2.5L直列4気筒直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン」は、高速燃焼技術、可変制御システムを採用、排気・冷却・機械作動時などのさまざまなエネルギーロスを減少させ、熱効率を向上させるとともに高出力を実現しています。
この2.5Lハイブリッドエンジンは、世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現しながら、世界各国の排気規制にも先行して対応している環境にも優れた性能を誇ります。

また、ガソリン車の上級グレードには新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」がトヨタで初めて採用されます。前後および後輪の左右駆動力を最適に制御する「トルクベクタリング機構」を搭載することでコーナリングや悪路走行時においても優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮します。

トヨタ ダイナミックフォースエンジンについてはこちら

欧州向けに2.0Lガソリンエンジンを新開発

欧州向けのトヨタ新型RAV4は、北米ガソリンモデルの2.5Lより排気量の小さい、2.0Lガソリンエンジンを採用します。
新開発ユニットとなる2.0Lガソリンエンジンには、ATとMTが設定されます。

また、4WDのAT車には「ディスコネクト機構」が採用されます。
これは2WD走行時に、後輪への駆動系をストップさせるもので、エネルギーをムダに使うことなく、燃費向上をはかるねらいがあります。

新型RAV4 ガソリンエンジンモデルの詳細動画

トヨタ新型RAV4のパワートレイン【ハイブリッドエンジン】

新型RAV4ハイブリッドモデルに採用されるのは、2.5Lハイブリッドエンジンです。
日本仕様でもハイブリッドエンジンが搭載となる可能性は高いでしょう。

初採用される「E-Four」

ハイブリッドには「新型E-Four」をトヨタ車として初めて採用します。「新型E-Four」は電気で駆動する後輪の全体トルクを従来型の1.3倍に増加させた上で、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採り入れ、高い走破性と優れた操縦安定性を実現します。

新型RAV4 ハイブリッドエンジンモデルの詳細動画

トヨタ新型RAV4の予防安全装備「トヨタセーフティセンス」

新型RAV4 ACC作動イメージ

新型RAV4には第2世代の予防安全装備「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が搭載されます。
「トヨタセーフティセンス」はセーフティセンスPの「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成を活かした上で、さらに機能を充実させたものです。
日本仕様でもトヨタセーフティセンスが採用されることは間違い無いでしょう。

トヨタセーフティセンスの主な改良点は以下です。

・プリクラッシュセーフティの機能向上
・オートマチックハイビーム
・道路標識をディスプレイに表示するロードサインアシスト
・歩行者検知(昼間・夜間)の採用
・自転車検知(昼間)の採用
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)の採用
・車線維持に必要な運転操作を支援する機能を採用
・ステアリング制御機能付き車線逸脱警報を採用

第2世代のトヨタセーフティセンスは、高度な運転支援システムを中心とした先進予防安全パッケージとなります。

トヨタセーフティセンスについてはこちら

トヨタ新型RAV4の新車車両価格

新型RAV4の価格については明らかになっていません。
現在発売されている北米仕様車の価格から予想すると、現行型RAV4の北米仕様車は24,410ドル(約275万円)から36,150ドル(約407万円)の価格で販売されているので、新型RAV4が現行型から値上がりした場合、日本では300~450万円台で販売されることになるでしょう。

RAV4の中古車情報はこちら

最新「RAV4」中古車情報!

本日の在庫数 233
平均価格 102.5万円
本体価格 39.2〜194.4万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ新型RAV4にEVの設定はあるのか

トヨタ RAV4 EV 2012

現在は生産終了となっていますが、トヨタ RAV4にはかつてEVモデルが存在していました。
1代目:1997~2003
2代目:2012~2014

新型RAV4のEVモデルに関する発表はありませんでしたが、ZEV規制が厳しくなりつつある現状を踏まえると、新型RAV4には今後EVモデルが追加される可能性も考えられます。

トヨタ新型RAV4の日本発売日は?

トヨタ新型RAV4について最新情報・予想などご紹介してきました。
新型RAV4は米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃に発売されることが明らかになっています。

トヨタはRAV4には今でも根強い国内需要があると見込んでおり、販売を復活することで近年一段と強まっているSUV人気に対応できるとしています。新型RAV4は日本のSUV市場においても人気車種となるのでしょうか。
MOBYでは今後も新型RAV4に関する最新情報を追っていきます。

トヨタの新型車についてはこちら

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!