MOBY

【トヨタイストはスタイリッシュ】実燃費やカスタムからサイズや内装の評判も

イスト(ist)は、トヨタ自動車が2002年から2016年まで製造・販売していたコンパクトハッチバックです。同社のヴィッツをベースに、大径タイヤを履かせたクロスオーバーSUV風のボディを特徴としています。本記事では、そんなイストの実燃費やカスタム、ユーザーからの評判や中古車価格まで紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

トヨタ イスト(ist)とは?

トヨタ 初代 イスト 前期型 外装

イスト(ist)とは、トヨタ自動車がかつて製造・販売していたハッチバック型乗用車です。
初代は2002年から2007年、最終モデルである2代目は2007年から2016年まで販売されていました。

初代イストは、同社のハッチバック「ヴィッツ」をベースとしています。
キャッチコピーである「for your 1st」は、日本語で「あなたの一番」と訳される通り、最上のコンパクトカーを目指して開発されたことを意味しています。

当時、日本国内のコンパクトカー市場で人気No.1であったホンダの「フィット」に対抗するために、フィットよりも低い価格帯に設定された初代イストは、発表から一ヶ月で約42,000台という受注台数を記録し、販売台数においても「コンパクトカー御三家」と呼ばれた日産「マーチ」を上回る人気がありました。

二代目イストも初代と同様にヴィッツをベースとしていましたが、初代よりも価格帯が高かった為、初代ほどの大きな人気を得るには至っていません。

イストの車名の由来は?

イスト(ist)という車名は、stylist(スタイリスト)やartist(アーティスト)といった風に、英語で「~をする人」「~主義者」を意味する接尾辞を由来としています。
また、イストのキャッチコピーである「for your 1st」は、「1st」と「ist」をかけたものでもあるそうです。

イストのテレビCM集

初代イストと2代目イストのテレビCM集です。
初代イストのCMには、松田龍平、安藤政信、村上淳、柏原崇、浅野忠信といった俳優が起用されており、独身男性をターゲットとしていました。

また、2代目イストのCMには、俳優のオダギリジョーが出演しており、CMというよりもミュージックビデオの様な演出となっています。

イストのベース車であるトヨタ ヴィッツの記事はこちら!

トヨタ 初代イスト 2002-2007年

トヨタ 初代 イスト 後期型 外装

出典:https://ja.wikipedia.org/

フルデジタル設計による開発

初代イストの開発は、試作車の製造や走行実験をしない「フルデジタル設計」で行われたことにより、大幅なコストダウンと開発期間の短縮を実現しています。

フロンマスクを中心にデザインもスタイリッシュにまとめられ、クロスオーバーSUV風のオーバーフェンダーによって、同じ車格であるヴィッツとの差別化が図られました。

初代イスト最大の魅力といってもいいのが、このスタイリッシュなデザインであり、販売終了から10年が経過した現在においても、初代イストの中古車は人気があります。

1.3Lと1.5Lのエンジン

初代イストのパワートレインには、1.3Lと1.5Lの直列4気筒エンジンが搭載されています。
トランスミッションは4速ATで、駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動)の設定です。

なお、1.3Lエンジンと4WDは日本国内仕様のみの設定である他、北米仕様のみ5速ATも用意されています。

大径のタイヤサイズ

イストの初代と2代目に共通した特徴として、タイヤサイズが大きいというものがあります。
また、タイヤが大きいだけでなく、フェンダー周りのデザインの都合上、チェーンが物理的に干渉してしまうため、装着できるタイヤチェーンが非常に少ないという車種でもあるのです。

タイヤチェーンを安く購入できればと(なにせ、頻繁に雪道は走らない。せいぜいひと冬2回位なんで)思いネットオークションで検索し、適合タイヤサイズでチェックしてますが、メーカーのH・Pを見たり、カタログをよーく見るとイストは不適合車種に結構多く記載されているんですね。

出典:http://bbs.kakaku.com/

初代イストのスペック

全長:3,855mm
全幅:1,695mm
全高:1,530-1,535mm
ホイールベース:2,370mm
車両重量:1,000-1,100kg

駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:5速AT

■1.3Lエンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,298cc
最高出力:64kW(87PS)/6,000rpm
最大トルク:121N・m(12.3kgf・m)/4,400rpm
燃費:18.0km/L(10・15モード)

■1.5Lエンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,496cc
最高出力:80kW(109PS)/6,000rpm
最大トルク:141N・m(14.4kgf・m)/4,200rpm
燃費:15.0~16.4km/L(10・15モード)

トヨタ 2代目イスト 2007-2016年

トヨタ 2代目 イスト 外装

出典:https://ja.wikipedia.org/

初代よりも一回り大きな車体

2代目イストは、2代目ヴィッツのプラットフォームをベースに開発されています。
初代イストよりも一回り車体が大きくなり、車幅も1,700mmを超えて1,725mmとなったので、車格は初代の5ナンバーから3ナンバーになりました。

そのデザインは、2BOXとSUVを組み合わせた独創的なものに仕上がっており、初代とは顔の印象が異なります。

■3ナンバーと5ナンバーの違いについてはこちら

9年に渡る販売期間

2代目イストの人気は初代イストに及びませんでしたが、販売期間に関しては初代よりも長く、2007年7月から2016年4月までの約9年間に渡って販売されていました。

1.5Lと1.8Lのエンジン

2代目イストのパワートレインは、初代から継続して設定される1.5Lエンジンと、新開発の1.8Lエンジンという2種類のラインナップとなっていました。
1.8Lエンジンは、直列4気筒で最高出力132PSを発揮することができ、動力性能的には十分でしたが、2010年8月のマイナーチェンジで廃止されています。

駆動方式は初代と同様にFFと4WD(1.5Lエンジンのみ)が設定される他、トランスミッションは1.5LエンジンがCVT、1.8Lエンジンが4速ATとなっており、北米仕様では初代と同様に5速ATが設定され、4WDは設定されません。

欧州限定仕様として、1.3Lのディーゼルエンジンと1.4Lのディーゼルターボエンジンも設定されており、欧州仕様車のトランスミッションは6速MTのみの設定です。

2代目イストのスペック

全長:3,930mm
全幅:1,725mm
全高:1,525-1,540mm
ホイールベース:2,460mm
車両重量:1,150-1,210kg

駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:5速AT

■1.5Lエンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,496cc
最高出力:80kW(109PS)/6,000rpm
最大トルク:138N・m(14.1kgf・m)/4,400rpm
燃費:15.0~17.2km/L(JC08モード)

■1.8Lエンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,797cc
最高出力:97kW(132PS)/6,000rpm
最大トルク:172N・m(17.5kgf・m)/4,400rpm
燃費:15.4km/L(10・15モード)

トヨタ イストの実燃費は?

給油

初代・2代目イストのカタログ燃費は以下の通りです。

■初代イストのカタログ燃費
▶1.3Lエンジン:18.0km/L(10・15モード)
▶1.5Lエンジン:15.0~16.4km/L(10・15モード)

■2代目イストのカタログ燃費
▶1.5Lエンジン:15.0~17.2km/L(JC08モード)
▶1.5Lエンジン:16.6~18.6km/L(10・15モード)
▶1.8Lエンジン:15.4km/L(10・15モード)

続いて、イストの実燃費の例を紹介していきます。

初代イストの実燃費

前の車がガソリンのクロカンだったのでとても燃費が良く感じる(町乗りで13km、高速で14km~16kmくらい)

出典:http://review.kakaku.com/

燃費は良いですリッター当り年平均14km。

出典:http://review.kakaku.com/

2代目イストの実燃費

都市部でチョイ乗り(常に渋滞)10~11km/L。高速道(大阪~名古屋、2回)往復400キロを18km/L。

出典:http://review.kakaku.com/

燃費も予想より良かった。平均15km/Lほど

出典:http://review.kakaku.com/

イストの燃費に関しては、そもそも設計が古い車であるため、現在のエコカーには及びません。
ですが、初代・二代目共に燃費性能は大体同じであり、実燃費に関してもカタログ値との差はあまり気にならないレベルですので、中古車選びの際、燃費性能の違いで古いモデルを選べないということはありません。

トヨタ イストのカスタム車

ピカチュウカー

トヨタ 初代 イスト ピカチュウカー

出典:https://ja.wikipedia.org/

イストの特筆すべきカスタム車として、初代イストをベースにFRP製のパーツを装着して、人気キャラクターの「ピカチュウ」に架装した「ピカチュウカー」があります。
このピカチュウカーは、愛知県内の各トヨペット店でプロモーションに使用された他、2005年の愛知万博においても展示され、世界各国の観光客から人気となりました。

トヨタ イストの内装の評判

評価

出典 :©Shutterstock.com/ Sofi photo

イストは、初代・2代目共にベースとなったヴィッツよりも車体が大きくなっているので、それに合わせて内装の居住性もヴィッツより向上しています。

また、初代イストではヴィッツと同様に計器を運転席の中央に配置した「センターメーター」を採用し、2代目イストではスピードメーターとタコメーターを同心円状に配置した「コンセントリックメーター」を採用するなど、内装に斬新な機能やデザインを盛り込むという点も、初代と2代目に共通した特徴だと言えるでしょう。

この内装に関しては、静粛性の高さや質感の高さでユーザーから高評価を受ける一方、独特のデザインをしているため、一部のユーザーからは使い勝手が悪いという声も上がっています。

ユーザーからの評判

内装も革調シートを使用してますが、コンパクトカーにしては高級感があっていいです。

出典:http://review.kakaku.com/

価格は他車のコンパクトカーに比べると高いですがその分内装に高級感があります。ちなみにそこが購入を決心したポイントです。

出典:http://review.kakaku.com/

インパネ周りがこの車最大のネックでしょうか
 センターメーターは慣れるとしても、その横の斜面はなんぞ使いようがなかったのかと...丸型のエアコン吹き出し口は見た目も使い勝手も好きじゃないです。

出典:http://review.kakaku.com/

斬新さを狙った部分もあったのかもしれませんが、やや機能性には欠けるデザインかと思います。
センターメーターはあまり良さを感じませんね。同時に、インパネに水平な面が少ないのは不便ともいえます。

出典:http://review.kakaku.com/

トヨタ イストの中古車価格


150G 純正D…
125.0万円
本日の在庫
482
平均価格
46.8 万円
本体価格
0 ~ 156 万円

イストの中古車は、比較的多く市場に流通しています。
初代は人気があり、2代目は9年間も販売されていたので、どのモデルも少し探せば見つかるでしょう。
古い車ですが状態の良い個体も多いので、デザインが気に入れば初代イストの購入をおすすめします。

トヨタ イストは個性的でスタイリッシュなコンパクトカー

トヨタ 2代目 イスト

トヨタ イストのスペックや実燃費、評判から中古車価格などの紹介はいかがでしたでしょうか?

初代・2代目共に古い設計の車ですが、そのデザインは現在の基準で見ても古臭さを感じさせず、独特のオーバーフェンダーや後ろに流れるようなボディラインは、とっても個性的な魅力です。

あまり走っている所を見ない車種でもあるので、車で個性を表現したい人にはイストがおすすめです!

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

トヨタの新型車の最新情報はこちら

おすすめコンパクトカーランキングはこちら

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す