MOBY

【ダイハツの真髄エッセ】実燃費やカスタム改造への意外な評価とは?

ダイハツエッセという車をご存知でしょうか?エッセはミラをベースにした軽乗用車で2005年から約6年間発売されていました。エッセの魅力と実燃費やカスタム改造への意外な評価などについて、「5つの誤解」を紐解きながらご紹介してまいります。

ダイハツ エッセとは

ダイハツ エッセ 外装

ダイハツ エッセは同社のミラをベースにした軽自動車で、2005年12月から2011年9月までの約6年間販売された車です。
エッセは残念ながら現在は絶版車となっています。

エッセとは、英語のESSENCE(エッセンス)に由来します。ESSENCEとは真髄や本質を意味し、ダイハツが軽自動車の真髄を追求するという思いを込めて命名そして販売した車です。

ダイハツ エッセは短命で絶版となったため、さまざまな誤解もあるようです。
ダイハツ エッセは人気が無かったから絶版になったわけではありません。
実際は発売1か月で目標販売台数の1.5倍である7500台を受注し、たいへん好評だったようです。

エッセは、同社のミラに比べ圧倒的に女性の支持が高く、20~30代の女性への販売が7割を占めていました。
今回はダイハツエッセの魅力と実燃費やカスタムなど意外な評価を紹介しながら、エッセへの誤解を解くべく人気の秘密に迫ってまいります。

ベースとなったダイハツ ミラ

ダイハツ ミラ 2002年 外装

ダイハツ エッセのベースモデルは、2002年に先行して発売されていましたミラです。
内外装のデザインはもとより、搭載されているエンジンも違い、まったく別のクルマとして開発されたということがよくわかります。

ダイハツ エッセの現在の中古車情報はこちら



51.0万円
本日の在庫
1,139
平均価格
31.5 万円
本体価格
0 ~ 88 万円

ダイハツ エッセはボディはキュートでもTAF(タフ)

ダイハツ エッセのボディデザイン

ダイハツ エッセの外装・エクステリアは、シンプルで飽きのこないデザインを狙って開発されました。
特に、台形で水平基調のサイドビューはシンプルかつプレーンな印象を与えています。
同様にフロントビュー、リアビューともシンプルなデザインでまとめています。

▶ダイハツ エッセ・フロントビュー

ダイハツ エッセ フロンビュー 外装

▶ダイハツ エッセ・サイドビュー

ダイハツ エッセ サイドビュー 外装

▶ダイハツ エッセ・リアビュー

ダイハツ エッセ リアビュー 外装

▶ボディスペック
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,390mm
車両重量 :700~780kg

ダイハツ エッセ 3面図 外装

ダイハツ エッセのカラーリング

ダイハツ エッセ 外装

ダイハツ エッセ 外装

ダイハツ エッセのカラーリングは、アコースティックカラー(ナチュラルなイメージの色を意味する)5色を含む、全8色を用意し、20~30代の女性ユーザーにから絶大な支持を得ました。

ダイハツ エッセはキュートだけど強靭で軽量

ダイハツ エッセの意外な一面ですが、とてもキュートなデザインでまとめていますが、その中身はとても強靭かつ軽量に設計されており、見た目と反して極めて安全な車に仕上げているのが特筆すべきポイントです。

ダイハツ エッセ ボディ 骨格

ダイハツTAF(タフ)採用

ダイハツ エッセは、衝突安全ボディTAF(タフ)を採用しています。この衝突安全ボディTAF(タフ)により、日本やヨーロッパの衝突安全基準を満たした車となっています。

TAF(タフ)とは、Total Advanced Functionボディを略したダイハツオリジナルの造語で、ありとあらゆるケースにおいて衝突安全機能を高めたことを表現しています。

▶衝突安全実験の様子

ダイハツ エッセ 衝突安全実験

ダイハツ エッセの外装・エクステリアの口コミ

ダイハツ エッセ エンブレム

ダイハツとは思えないおしゃれな外観がとてもかわいかっこいい。
特にリアゲートの台形が洋風ホットハッチを連想する。

出典:http://review.kakaku.com/

最近見かけなくなってきた2BOXスタイル。小さく見えて可愛いですね。

出典:http://review.kakaku.com/

台形フォルムでルノー、フィアット500のパクリに近いが、ネオクラシカルな感じで嫌みがなく今でも新鮮と思う。

出典:http://review.kakaku.com/

外装・エクステリアの評価は上々のようです。特に、台形のボディデザインに対する評価が高いようで、シンプルでありながらルノー5のようでお洒落だと好評のようです。

ダイハツ エッセは内装も外装に負けずお洒落で安全

ダイハツSOFI(ソフィ)採用

ダイハツ エッセの内装・インテリアは、安全インテリアSOFI(ソフィ)を採用しています。

SOFI(ソフィ)とは、Safety-Oriented Friendly Interiorを略したダイハツオリジナルの造語で、乗る人にやさしく安全なインテリアのことを表現しています。

▶デュアルエアバックを装備した安全な室内

ダイハツ エッセ デュアルエアバック

外装に負けないお洒落なインテリア

ダイハツ エッセ 内装

インテリアカラーとボディカラーを合わせたコーディネートのハーモニーインテリアを採用。シンプルながらお洒落なイメージでまとめています。

▶インテリアスペック
室内長:1,795mm
室内幅:1,300mm
室内高:1,225mm

▶エッセ・カラフルモダンコーディネイトインテリア

ダイハツ エッセ カラフル モダンコーディネイト 内装

ダイハツ エッセの内装・インテリアの口コミ

ダイハツ エッセ 内装

室内(全長x全幅x全高)1795×1300×1225(mm)
シートもとてもお洒落です。
調べてみるとボデーカラーごとにシート色が変わるんですね。
少し惚れました(笑)後席も広いし、何よりヘッドレストがあるのには少し驚きました。

出典:http://review.kakaku.com/

質素にして十分な装備。高級感を求めないのであれば十分実用的であり使い勝手は悪くない。センターメーターだけは最後まで慣れなかった。やはりハンドル越しにメーターはあって欲しい。

出典:http://review.kakaku.com/

ハーモニーインテリアなる、ドア内張り上部が鉄板剥き出しのシンプル極まりないのがまたイイ。ハイバックのフロントシートだけがいただけない。ホールド感ゼロ。

出典:http://review.kakaku.com/

ダイハツ エッセの内装・インテリアに関しての評価はまずまずといったところでしょうか。
ボディカラーに合わせた内装はお洒落と好評です。質感に関しては、価格相応といった評価と言えるでしょう。

ダイハツ エッセは走りが良い

ダイハツ エッセ エンジン

ダイハツ エッセはパワフルなエンジンを搭載

ダイハツ エッセは、ベースとなった当時のミラとは違うエンジンを搭載することでパワフルな走りを実現しました。
搭載したエンジンは、低速域から高速域まで力強いパワーを得るべく連続可変バルブタイミング機構(DVVT)をもった新開発の3気筒12バルブエンジンKF-VE型です。

このエンジンは、多くのパーツにアルミや樹脂を積極的に採用し、47㎏というエンジン単体重量を実現し、車体重量の軽量化に貢献しています。

▶エンジンスペック(KF-VE型 )
エンジン:直列3気筒DOHC (DVVT)658cc
最高出力:58ps/7,200rpm
最大トルク:6.6kg・m/4,000rpm
エンジン単体重量:47㎏

軽量ボディで走りが良い

ダイハツ エッセはエンジンや車体など軽量化を徹底した設計になっています。
エンジンもノンターボにもかかわらず、軽自動車上限の64PSに迫る58PSを発揮しています。
したがって、走りがとても軽快なものでした。

また、軽量化の恩恵で、燃費性能も上々で、10・15モード燃費で2WD車は21.0~26.0km/L、4WD車で20.0~21.0km/Lと優秀なものでした。

ダイハツ エッセ 外装

ダイハツ エッセのエンジン性能・走行性能の口コミ

口コミ 評判

エンジンはトルクが充分出ており、NAのエンジンとして必要充分。
主婦層の要求するであろう「乗り心地」を演出する、フニャフニャの足回り。
スタビライザーも省略され、極端にダルなステアリングで辻褄を合わせている。
かくして、ハンドルを切っても、乗り手の意思通りに鼻先の向きを変えてくれない。急ハンドルで危機回避するようなフェーズを想定していないのだろう。

出典:http://review.kakaku.com/

パワフルです。体感的にはカタログ数値以上です。MT車だとバルブタイミング機構が可変するのが体感でき楽しいです(AT車は乗ったことが無いので分かりません)。

車重が700kgしか無いので、これが走行性能に効いてきます。特に加速については、おにぎりの様な見た目から想像できない程です。ですが足回りはとても貧弱で、ロールがとても激しく俊敏に走れるという感じではありません。スタビライザー&バネ交換で見違えるようになります。

出典:http://review.kakaku.com/

走行性能もエンジンパワーは全く不満無しです。前車の初代デミオ(1300MT)よりパワー感は上です。
ただ、足回りは・・・。純正のままでは激しいロールで全く踏ん張る様子がありません。どんどん外へ膨らんでいってしまいます。まぁ車の見た目には合ってる感じはしますが。

出典:http://review.kakaku.com/

ダイハツエッセのエンジン性能は意外とパワフルだとおおむね好評です。
やはり58PSはダテではないようです。
ただ、エンジン音は大きめとの報告があるようです。

走行性能に関しては、スポーツ性を求めるとガッカリするようです。見た目のイメージ通りということなので、評価が難しいところですね。

ダイハツ エッセの実燃費

車 燃費

決して良いとは思わないが、高低差も信号も多い片道7kmの通勤に毎日使っていたが、ぶん回して走っている割に11km/lを下回ることは無かった。
きちんとエコ走りでき、平地に住んでる人なら15km/lは楽に出るのではなかろうか?

出典:http://review.kakaku.com/

郊外の通勤、週末の買い物主体で、春と秋(エアコン不使用時)22-23km/L位、夏場エアコン使用時で19km/L位、冬場で20-21km/L位というところ。最高では倉敷→横浜まで無給油で走り、25km/Lを記録。

出典:http://review.kakaku.com/

3ATの割には意外に燃費がいい。17~16キロ/ リッター。

出典:http://review.kakaku.com/

ダイハツ エッセの燃費に対する評価はかなりバラツキがあるようです。どの車でもいえることですが、エッセに関しても同じことが言えるようで、通勤に使うか、遠出で使うか、のんびり走るか、飛ばすかになど、走行条件に違いでずいぶんと差異が出てくるようです。

のんびり走れば20km/L前後の燃費が期待できそうですが、それをいいと感じるか、今一歩と感じるかが人によってバラバラのようです。
期待値が大きすぎるのかもしれません。

ダイハツ エッセはカスタム改造が似合う

TAROさん(@_taro____)が投稿した写真 -

ダイハツ エッセのカスタムに注目です。
ルノー5に似た台形デザインは、カスタムベースとしてもユーザーから注目を集めています。
SNSで紹介されているエッセのカスタムカーを集めてみました。

【カスタム エッセ】精悍なブラックボディ

車高調でギリギリまでローダウンさせたボディと、大径アルミがバッチリ決まったエッセです。
エアロパーツなど使っていないにも関わらず、非常にスタイリッシュなのは、やはり素材がいいという証でしょう。

【カスタム エッセ】キュートなテールスタイル

軽自動車の規格で作られているにも関わらず、存在感抜群なエッセのリアビュー。
大型のルーフスポイラーやカラーリング、バンパーのドット柄などでヨーロッパのスポーツハッチのような仕上がりになってカッコいいです。

【カスタム エッセ】ヨーロピアンムードいっぱい

このエッセも基本的にボディはノーマルのまま。
ローダウンと大径アルミで一気にヨーロピアン。
加えて、ワンポイントとしてハーガス製のドアミラーに換えてお洒落に決まっています。
色もなかなかいい感じです。

【カスタム エッセ】ポップなカラーリング

東京オートサロン2017で見つけたエッセのカスタム車両です。
絶版車を最新のショーで出展されていることからも注目の高さがうかがえます。

ダイハツ エッセへの誤解は解けましたか?

mtdnbyさん(@mtdnby)が投稿した写真 -

ダイハツ・エッセの実燃費からカスタム等を評価と一緒に紹介させていただきました。
ダイハツ・エッセに対する誤解が解けたでしょうか。
そのキュートなデザインとお洒落な内装、しっかりしたエンジンなどとてもいい車であることが伝わっていれば幸いです。

そのまま純正で乗っても楽しい車ですが、自分好みにカスタムして乗るとまた、一段と愛着がわくのではないでしょうか。

発売が終了して6年が経ちますが、程度のいい中古も探せそうです。
まだまだ人気の衰えがないダイハツエッセはいい車です。

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ダイハツに関連する記事はこちら

軽自動車ランキングに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

よっしーこの執筆者の詳細プロフィール

13年間自動車ディーラーで営業していた経験を生かして自動車・バイクのライターをしています。ドライブ・ツーリングが大好きで、そのジャンルの記事も得意です。 現在はフォルクスワーゲンのダウンサイジングターボ車にハマっています。愛車はフォルクスワーゲン・パサートです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す