初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタメガクルーザーは和製ハマー】中古車価格やカスタム・実燃費など

メガクルーザーといえば、かつてトヨタが販売していた多目的自動車であり、陸上自衛隊向けの後期同社の民生バージョンとされていました。今回は、「和製ハマー」と呼ばれた、メガクルーザーについて焦点をあててみたいと思います!

メガクルーザーってどんな車?

メガクルーザー(JAF災害対策指揮車)

トヨタ メガクルーザー JAF

トヨタ自動車が生産し、陸上自衛隊向けの後期同社の民生版として、1996年1月に登場した、メガクルーザー。

民生モデルこそ生産終了になってしまっているものの、政府からの注文次第で都度生産という形をとっており、今でも航空自衛隊と海上自衛隊は高機動車ではなく、こちらを採用しています。

登場時には、その大きさや外観から、「和製ハマー」と呼ばれていました。

メガクルーザーが「和製ハマー」と呼ばれた理由

そもそも「ハマー」とはどんな車?

▼ハマー H2

ハマー H2

出典 :©iStockphoto.com/ Anastasiia_Guseva

ハマーは、一言でいえば「戦争映画でよく出てくる頑丈そうな車」といえば、ピンとくる方もいるかもしれません。

湾岸戦争などで一躍有名となったアメリカ軍の軍用車で、通称「ハンヴィー」の民生用モデルで、特に米国ではアーノルド・シュワルツェネッガー氏をはじめ愛用者も多いです。

現に、初代ハマーは、アーノルド氏の要望で民生化され、芸能人をはじめ彼のファンの間でも一気に広まったといわれています。

市販モデルは、一般的なステーションワゴンの他、4ドアオープン、2ドアピックアップ、希少なスラントバックなど、多くのボディバリエーションが存在します。

走行中にも車内からタイヤ空気圧を自在に調整できるシステムを備え、圧倒的なまでにオフロードに強く、耐久性の高さと、そのインパクト大のルックスで、ミリタリーファンなどに愛されていました。

メガクルーザーとハマーの共通点① 軍隊に使われていた

米軍に使用されたハマーH1

出典 :©Shutterstock.com/ Philip Lange

強烈なオフロードでもすいすい進んでいくメガクルーザーは、日本では陸上自衛隊や海上自衛隊に主に採用されています。

そんなオフロードに強い構造上、軍隊に使われていたものが民生化した、という経緯が、メガクルーザーとハマーは同じです。

メガクルーザーとハマーの共通点② オフロード性能

ハマー H2

ハマー H2

出典 :©iStockphoto.com/ Spauln

ハブリダクションの採用で最低地上高420mmの高さを誇り、ハマー同様、やはりメガクルーザーにもタイヤ空気圧調整装置が装備されている為、専門家に「こいつがスタックするならキャタピラー社しかない」と言わしめる程の強靭な足腰を持った車です。

メガクルーザーとハマーの共通点③ デザイン

トヨタ メガクルーザー

トヨタ メガクルーザー

出典 :©Shutterstock.com/ Suvorov_Alex

上の画像は、ハマーではなくメガクルーザーです。

「ん?どこが違うの?」と思うくらい、とても似ているハマーとメガクルーザー。2車とも、とても大型で、存在感は抜群です。

市販化されたものの、公道で走らせるにはあまりにも大きすぎて、自衛隊など特殊な用途でしか使えず販売終了に至った経緯までもが皮肉にも同じです。

しかし、よく2台を見比べると、やはり若干の違いがあり、ハマーと比べると少しだけメガクルーザーは全体的に平たい印象があります。

また、内装に関しては必要最低限の装備しかなく、乗り心地は勿論環境性能は通常の自動車と比べると極めて悪くなってしまうといった点も、ハマー共々同じでした。

メガクルーザーとハマーの共通点③ 完全受注生産

トヨタ メガクルーザー

出典 :©Shutterstock.com/ Suvorov_Alex

冒頭でも少し触れましたが、メガクルーザーは現在は生産終了となり、一般では手に入る事はできませんが、今でも軍用として使われています。

政府からの受注のみトヨタが請け負っている形となっており、注文が入る度に納車ということで完全受注生産という形式です。

実は、ハマーも現在、一般用民生化モデルこそ生産終了しているものの、やはり軍用に完全受注生産として政府からの要望で生産自体は継続されています。

ハマーとメガクルーザーの決定的な違い

軍事パレードに使われるハマー

出典 :©iStockphoto.com/ Tramino

販売の経緯やルックスこそ似ている物の、実際は使用用途がハマーとメガクルーザーは全く異なります。

ハマー H1はあくまでも軍事用の多機能車を民生化したモデルです。しかしメガクルーザーは軍用車ベースではありますが、開発の主眼はあくまで災害時の救援や人命救助などの業務的な用途でした。

それゆえ、よく「大型SUV」と比喩されることがありますが、SUVはあくまで一般向けに特化されており、メガクルーザーはどちらかというと一般の方が持つにはあまりに大きくマニアックな存在で、やはりJAFや消防、自治体がメインとして使っています。

また、ハマーにない機能として、最大12度の逆位相4輪操舵を装備しており、ハマーの最小回転半径が8.1mなのに対し、メガクルーザーのそれは5.6mに押さえられていることも大きな特徴かつ決定的な違いといえるでしょう。

次のページ