初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型クラウン最新情報】フルモデルチェンジは2018年6月26日発表!価格やエンジンスペック予想

TNGA新開発10速ATトランスミッションは採用見送りか

トヨタ FR用 10速 オートマチックトランスミッション

新型クラウンのハイブリッドモデルには、新開発エンジン「Dynamic Force Engine(ダイナミックフォースエンジン)」と共に開発された、新型の10速オートマチックトランスミッションが搭載と予想されていましたが、今回はCVTのままになるようです。

トヨタはTNGAに基づいて新型FF車8速ATとFR用10速ATを開発しています。低中速域を中心に、各段の使用領域(段数)を最適化するクロスギヤを採用し、これによりFR高級車にふさわしいスムーズかつ世界最速レベルのクイックな変速が生み出すリズミカルで“気持ち良い走り”を追求しています。
ATで10速までギアを増やしたトランスミッションは、これが世界初です。

トヨタ新型クラウンマジェスタのV6ハイブリッドは存続

トヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン

新型の発表により排気量を抑える傾向にあると予想されるクラウンですが、最高グレードのマジェスタに関してもV6エンジンが廃止され、直4エンジンのみになるという噂もありました。
今回はV6エンジンはラインナップから消えないようですが、こういった類似モデルとの食い合いが考えられるため、いかにして生き延びていくかが注目されます。

クラウンの最高グレードであるクラウン マジェスタは、現行ではV6 3.5L(FR車)と直4 2.5L(4WD車)の2種類のハイブリッドエンジンがラインナップされています。いずれも直噴エンジンで、高いパワーと燃費性能を実現しています。

兄弟車のレクサスに関しても、V6+ツインターボの新型車やLSとの差別化が図りづらくなるため、GSがLSに統一されるという説もあれば、レクサスに新たなハイブリッド専用車種が登場するとも言われています。

トヨタが新型クラウンのコンセプト「CROWN Concept」を公開

トヨタ新型クラウン コンセプト

新型クラウン市販化の前段階であるコンセプトモデルとして、トヨタは東京モーターショー2017で「CROWN Concept(クラウン・コンセプト)」を公開しました。

トヨタはCROWN Conceptの発表に伴い、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでのテスト走行を行ったことを認めています。
世界一タフなサーキットであるニュルブルクリンクで鍛えられた新型クラウンは、見た目だけでなく走りも本格的に改良されているとみてよいでしょう。

CROWN Conceptをベースにし、フルモデルチェンジして発売されるトヨタ新型クラウンは、エクステリア(外装)はよりスポーティに、インテリア(内装)はより高級感を高めたプレミアムセダンへと進化すると見られています。

トヨタ新型クラウンコンセプトが東京モーターショーで初公開

トヨタが新型クラウンのコンセプトである「CROWN Concept(クラウン・コンセプト)」を公式発表し、東京モーターショー2017でお披露目しました。

新型クラウンのコンセプトについてトヨタは「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両立させたコンセプトモデルであるとコメント。
「Fun to Drive」という理念のもと運転の楽しさを追求したといい、TNGAを基に一新されたプラットフォーム、意のままに操れるハンドル、圧倒的な走行安定性を実現しています。

また、トヨタは車自体の技術の拡張だけでなく、人と車とのつながりを重視したと言います。
信号情報や車同士で繋がるITS connectの採用や、車載通信機を標準装備するなど、運転の楽しさだけでなくユーザーに安心と安全を提供できる車になっています。

トヨタ新型クラウンコンセプトのスペック

トヨタ新型クラウンコンセプトのスペックは、数値としては現行型クラウンに比べて、全長が15mm、ホイールベースが70mm拡大しています。
しかし国内での使用を重視し、全幅は1800mmをキープしていることから、限られたサイズ内での大幅なエクステリア(外装)変更が、どれだけ大変であるかがわかります。

全長全幅全高
4,9101,8001,455
ホイールベース車両重量乗車定員
2,920-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ新型クラウンコンセプトの紹介動画

トヨタ新型クラウンコンセプトのカスタムモデルが早くも登場

トヨタ新型クラウンコンセプトのカスタムカーが、早くも国内オートショーにて展示されました。

カスタムカーは、モデリスタによる「CROWN CONCEPT MODELLISTA」と、TRDによる「CROWN CONCEPT TRD」です。

「CROWN CONCEPT MODELLISTA」東京オートサロン・大阪オートメッセに登場!

トヨタ クラウン コンセプト モデリスタ

新型クラウンのコンセプトカー「CROWN Concept」をモデリスタがカスタムした「CROWN CONCEPT MODELLISTA」が、大阪オートメッセ2018にて展示されます。

「CROWN CONCEPT MODELLISTA」は、次世代のクラウンとしての魅力を表したクラウンコンセプトを、モデリスタらしく進化させたモデルです。
ノーマルとベースは共通ながら、大口径の4本出しマフラーといったスポーツ性を高めた装備が特徴です。
プレミアムセダンとしてのクラウンのイメージを保ちつつ、スポーティさを加えたバランスのよいカスタムカーと言えるでしょう。

オートサロンで展示された新型CROWN Concept

トヨタ 新型クラウン コンセプト

© MOBY

新型クラウン「CROWN CONCEPT MODELLISTA」は、東京オートサロン2018でも展示されました。

また、ノーマルの新型クラウンコンセプトもトヨタブースにて展示されました。

「CROWN CONCEPT TRD」東京オートサロンに登場!

新型クラウンのコンセプトカー「CROWN Concept」をTRDがカスタムした「CROWN CONCEPT TRD」が、東京モーターショーに出展されました。

「CROWN CONCEPT TRD」は、CROWN CONCEPT MODELLISTAとは対照的なエッジの効いたカスタムモデルに仕上がっています。
モデリスタと異なるエアロパーツや20インチホイール、マフラーなどでドレスアップ、さらにマットブラックにラッピングされたボデイは、個性が際立っていました。

トヨタ新型クラウンカスタムについて詳しくはこちら

トヨタ新型クラウンコンセプトのエクステリア(外装)

トヨタ新型クラウンのコンセプト「CROWN Concept」

トヨタ新型クラウンのコンセプト「CROWN Concept」

公開されたクラウンのコンセプトカー「クラウンコンセプト」は、エクステリア(外装)やフォルムが大きく変わっていることがわかります。
今までのクラシックなイメージではなく、よりモダンでスポーティーなフォルムを意識してデザインされています。

後述しますが、CROWN Conceptのシルエットが大きく変わっている要因はTNGAプラットフォーム採用による低床化です。
スクープされた時点でも言われていましたが、やはりクーペルックな形状であることわかります。
重心が下がりスポーティになったサイドビューが印象的ですね。

また、現行型の大きなフロントマスクを中心として基本的にはキープコンセプトとしつつも、現行クラウンの「マジェスタ」「アスリート」「ロイヤル」のどれとも異なる新型のグリルが採用されています。

Cピラーの採用で後席窓がさらに大きく!

新型クラウンコンセプトでは、Cピラーを採用することにより、従来のクラシックセダンの外観イメージを一新。
リアまで伸びる切れ長のウインドウが、スポーティかつラグジュアリーさを演出しています。

トヨタ公式ツイッターは新型クラウンと現行クラウンアスリートのサイドビュー比較画像を公開しています。
リアドア開口部よりも後ろに窓がある点が大きく異なっていますね。

ツイッターでクローズアップして紹介するあたり、トヨタとしても注目してほしいポイントであると言えるでしょう。

新型クラウンはもっともスポーティーなモデルになる?

クラウンでもスポーティー要素を持ち合わせるクラウンアスリートとクラウンコンセプトのサイド画像を並べてみると、クラウンコンセプトの方が全長やホイールベースが長いこと、地上高が低くなっていることがわかります。
新型クラウンのエクステリアは、クラウン史上もっともスポーティーになるかもしれません。

トヨタ新型クラウンコンセプトのインテリア(内装)

参考:現行型クラウンロイヤルの内装

新型クラウンのインテリア(内装)は、新TNGAプラットフォームの採用により底床化され、現行型同様の居住性を確保していると考えられます。
また、新プラットフォームによるホイールベース延長の恩恵を受け、足元空間についても快適さがアップしているとみてよいでしょう。
プレミアムセダンとして後席の居住性は特に重視されているでしょうから、現行型からさらに上質なインテリア(内装)となる可能性が高いです。

インフォテイメントシステムはT-Connectの進化版か

インフォテイメントシステムについても、プリウスPHVにも採用されている縦型の大型ディスプレイ、スマホ連動機能の採用など、従来の通信型ナビT-Connectをさらに進化させている可能性が高いです。
将来的には人工知能(AI)や自動運転機能の搭載を視野に入れている場合もあります。

スマホと同じ動作で使えるタッチパネルや認識力を向上させた音声入力、スイッチ類を手元に集約させる工夫など、ユーザー目線で使いやすさがアップされていることも期待しましょう。

トヨタ新型クラウン コンセプトのスペック

全長全幅全高
4,9101,8001,455
ホイールベース車両重量乗車定員
2,920-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

上表の通り、クラウンコンセプトのボディサイズは現行型クラウンに比べて、全長が15mm、ホイールベースが70mm拡大しつつも、全幅は1800mmをキープしています。
これは歴代クラウンが日本規格の道路や駐車スペースに合わせた、日本のプレミアムセダンであることを重視しているためです。

数字としては大きくなっているものの、クーペのように低くスポーティなボディラインが意識されているためか、サイズ拡大を強く感じることはありません。
また、フロントビューのワイドさやフロントマスクとバンパーの一体感などにより、保守的なセダンのイメージからの脱却が図られています。

キープコンセプトとは言いつつも、新型クラウンは現行型とは異なった印象を受けるモデルとなるのではないでしょうか。

【おさらい】トヨタ クラウンとはどんな車?

初代クラウン

14代目クラウンアスリート特別仕様車 アスリートG“ReBORN PINK”

クラウンはトヨタが1955年から半世紀以上から製造・販売している高級乗用車です。
7代目クラウンの宣伝で用いられたキャッチコピー「いつかはクラウン」は、当時は今よりも高級外車や国産高級セダンが少なく、「頑張って努力し、いつの日にかクラウンに乗れるような人間になりたい……」という人々が憧れる高級セダン車でした。

現在は、レクサスや他の国産自動車メーカー、ドイツ自動車メーカーなど多くの高級セダンが販売されるようになりました。
しかし、依然としてクラウンはトヨタが誇る高級車として世間の認知度が高く、中国でもトヨタの高級車として販売されるようにもなりました。

歴代クラウンについて詳しくはこちら

現行型は14代目クラウンシリーズ

14代目クラウンアスリート

現在販売されているクラウンは、1955年に初代が誕生してから14代目のモデルです。
「クラウンアスリート」「クラウンロイヤル」「クラウンマジェスタ」の3シリーズが存在します。
クラウンマジェスタは、アスリートとロイヤルのロングホイールベース車で、クラウンシリーズの中ではフラッグシップモデルの位置づけです。

クラウンアスリート/クラウンロイヤル/クラウンマジェスタの違いは?

14代目クラウンロイヤル

14代目クラウンマジェスタ

前述の通りフラッグシップモデルであるクラウンマジェスタは、ロングホイールベースのためボディサイズやスペックが異なっています。
また、クラウンアスリートとクラウンロイヤルはボディサイズが同じですが、コンセプトの異なるグレードです。

スポーティーな走りとモダンな外装が特徴のクラウンアスリートとは対象的に、クラウンロイヤルは比較的年齢層が高いユーザーに向けて開発されています。
クラウンロイヤルは快適な乗り心地を追求したセダンで、内装もクラウンアスリートよりも落ち着いた印象です。

エンジンラインナップでの違いは、アスリートとロイヤルがガソリンおよびハイブリッドを用意しているのに対し、マジェスタはハイブリッドのみである点です。
マジェスタのハイブリッドエンジンは燃費向上だけでなく、パワフルなエンジンをモーターでさらに補助し、走行性能を高めています。

アスリート/ロイヤル/マジェスタについて詳しくはこちら

【参考】現行型トヨタ クラウンシリーズ 主要グレードのスペック

アスリートGロイヤルサルーンGマジェスタ“Fバージョン”
全長4,8954,8954,970
全幅1,8001,8001,800
全高1,4501,4601,460
ホイールベース2,8502,8502,925
車両重量1,6801,6801,830
乗車定員555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
アスリートGロイヤルサルーンGマジェスタ“Fバージョン”
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCV型6気筒DOHC
排気量2.5L2.5L3.5L
最高出力131[178]/6,000131[178]/6,000215[292]/6,000
最大トルク221[22.5]/4,200~4,800221[22.5]/4,200~4,800354[36.1]/4,500
モーター最高出力105[143]105[143]147[200]
最大トルク300[30.6]300[30.6]275[28.0]
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FRFRFR
使用燃料レギュラーレギュラーハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
14代目クラウンシリーズ
ハイブリッド アスリートG585万
ハイブリッド ロイヤルサルーンG577万
マジェスタ“Fバージョン”699万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ クラウンはさらに日本人に愛される車に

トヨタ クラウン アスリート(現行モデル)

クラウンがここまでの大幅なモデルチェンジとなるのは、今まであまり例がありません。次世代プラットフォームやエンジンの採用、従来のシリーズ構成の見直しなど、時代に合った進化を遂げる一方で、V6エンジンや伝統的スタイルを継承し、日本のプレミアムセダンたる存在を見せつける車になるでしょう。

MOYBは期待が集まる新型クラウンの情報を随時追っていきたいと思います。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

2018年の新型車情報はこちら

トヨタのセダンに関連する記事はこちら

高級車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!