初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型クラウン最新情報】フルモデルチェンジは2018年6月26日発表!価格やエンジンスペック予想

トヨタ新型クラウンが2018年6月26日に発表決定!フルモデルチェンジされる新型クラウンの価格やスペックを予想します。最新情報によれば、アスリート/ロイヤル/マジェスタのシリーズ構成が一新される可能性大!デザインの変更点、燃費、先進安全装備についての解説や、自動運転技術の搭載やPHVとFCV登場の噂もご紹介します。新型クラウンの発売日はいつ?

この記事の目次

トヨタ新型クラウンの最新予想をチェック!

  • 発売日迫る!トヨタ クラウンがいよいよ6月26日にフルモデルチェンジ
  • 新型クラウンはマジェスタ・アスリートを廃止し統合
  • シリーズを統合した新型クラウンはエンジンで旧3シリーズを継承
  • FRモデルとして初めてTNGAを採用!ニュルを走り込んで気合十分
  • 先進安全装備トヨタセーフティセンスを採用か
  • トヨタ新型クラウンにGRスポーツモデルやFCVモデルが登場?
  • 新型クラウンの価格は450万円~,GRスポーツモデルは800万円程度か
  • 新型クラウンのトランスミッションやエンジンをさらに検証

  • TNGA新開発10速ATトランスミッションは採用見送りか
  • トヨタ新型クラウンマジェスタのV6ハイブリッドは存続
  • コンセプトモデル「CROWN Concept」とは?

  • トヨタが新型クラウンのコンセプト「CROWN Concept」を公開
  • トヨタ新型クラウンコンセプトのカスタムモデルが早くも登場
  • トヨタ新型クラウンコンセプトのエクステリア(外装)
  • トヨタ新型クラウンコンセプトのインテリア(内装)
  • トヨタ新型クラウン コンセプトのスペック
  • トヨタ クラウンについておさらい!

  • 【おさらい】トヨタ クラウンとはどんな車?
  • 【参考】現行型トヨタ クラウンシリーズ 主要グレードのスペック
  • トヨタ クラウンはさらに日本人に愛される車に
  • 発売日迫る!トヨタ クラウンがいよいよ6月26日にフルモデルチェンジ

    新型クラウン ニュルブルクリンク テスト走行の様子

    新型クラウン コンセプト

    トヨタは2018年6月26日に開催するイベント「THE CONNECTED DAY」にて、新型クラウンを発表します。発売日は不明ですが、間近に迫っていることは間違いないでしょう。発表と同時に発売となる可能性もあります。

    THE CONNECTED DAYはトヨタ初の本格コネクティッドカーとなる「新型クラウン」「新型カローラ」を紹介し、モビリティ社会への新たな取り組みを発信するイベント。全国7会場で同時開催予定で、当該サイトでは参加者を募集しています。

    新型クラウンのフルモデルチェンジに際し、注目ポイントは以下3点です。

    ・「アスリート/ロイヤル/マジェスタ」の構成が一新される可能性大
    ・エンジンはV6 3.5Lターボ、直4 2.5Lハイブリッド、直4 2.0Lターボか
    ・FRで初めてTNGAプラットフォームを採用


    特に「アスリート/ロイヤル/マジェスタ」という名前の廃止については注目を集めています。
    新型クラウンのフルモデルチェンジ内容について、MOBYが収集した最新情報や予想をまとめました。

    【6/26開催】THE CONNECTED DAYについてはこちら

    新型クラウンも登場する新動画「BEYOND編」が公開

    THE CONNECTED DAYでの発表に先立って、トヨタは「BEYOND編」と題した新動画を公開しました。

    動画には、「HELLO CONNECTED.」「START YOUR IMPOSSIBLE」というメッセージで登場が予告された新型クラウン、新型カローラハッチバックのほか、初代クラウンやランドクルーザー、ハチロクことスプリンター トレノなど、トヨタ史において重要な車が勢揃い。

    さらに、次世代EV「e-Palette」や「Concept-愛i」など、トヨタモビリティの未来を切り開くモデルも登場し、過去から未来へのつながりを感じさせるストーリーとなっています。

    新型クラウンはマジェスタ・アスリートを廃止し統合

    上からアスリート/ロイヤル/マジェスタ

    フルモデルチェンジ後の新型クラウンから、ロイヤル、アスリートというサブネームが消えてしまう可能性が大いに高まっています。

    現行のクラウンは、ベーシックな「ロイヤル」、スポーツ志向の「アスリート」、高級志向の「マジェスタ」の3タイプのシリーズ構成です。この3シリーズは外装、内装デザイン、パワートレインなどのほぼすべてに違いがあり、それぞれ異なるユーザーを獲得しています。

    今回、このシリーズを1つに統合し、3つのエンジンを用意。それぞれのエンジンを搭載するモデルが、ロイヤル、アスリート、マジェスタを実質的に継承するとみられます。ただし、「クラウンロイヤル」に関してはサブネームとして引き続き採用される、という見方もあります。

    ユーザーの使い勝手向上や日本の道路への最適化を行ってきたクラウン。「車の選び方」に関しても、日本のユーザーニーズに合わせ続けるため、新たな取り組みとしてサブネームを廃止するようです。

    現行クラウン アスリート/ロイヤル/マジェスタとは

    現行のトヨタ クラウンは「クラウンアスリート」「クラウンロイヤル」「クラウンマジェスタ」という3シリーズ構成となっています。

    スポーティさを強調したアスリート、内外装ともに上質さにこだわったロイヤル、パワフルなエンジンとロングホイールベースでゆとりのあるマジェスタと、それぞれが異なった特徴を持っています。

    スポーティーな走りとモダンな外装が特徴のクラウンアスリート。対象的に、クラウンロイヤルは比較的年齢層が高いユーザーに向けて開発されています。また、ロイヤルは快適な乗り心地を追求したセダンで、内装もクラウンアスリートよりも落ち着いた印象です。

    フラッグシップモデルであるクラウンマジェスタは、ロングホイールベースのためボディサイズやスペックが異なっています。さらに、アスリートとロイヤルがガソリンおよびハイブリッドを用意しているのに対し、マジェスタはハイブリッドのみ。マジェスタのハイブリッドエンジンは燃費向上だけでなく、パワフルなエンジンをモーターでさらに補助し、走行性能を高めています。

    シリーズを統合した新型クラウンはエンジンで旧3シリーズを継承

    これまでのクラウンのフルモデルチェンジ予想では、直列4気筒エンジン1本となる説が有力でした。しかしここにきてマジェスタ・アスリート・ロイヤルのシリーズが廃止、1つに統合される説が有力に。エンジンについても、それぞれのシリーズに該当するかのように3タイプがラインナップされる可能性が濃厚です。

    新型クラウンに採用される可能性が高いエンジンについて解説します。

    <参考>現行型クラウンシリーズのエンジンラインナップ

    クラウンアスリートクラウンロイヤルクラウンマジェスタ
    3.5L V6 ガソリン--
    2.5L V6 ガソリン-
    2.0L 直4 ガソリン ターボ--
    3.5L V6 ハイブリッド--
    2.5L 直4 ハイブリッド

    V6 3.5Lターボ

    新型クラウンのエンジンは、かねてから予想されていた新開発の直列4気筒2.0Lターボと2.5Lハイブリッドの他に、V6 3.5Lハイブリッドが追加されるもようです。

    このV6 3.5Lはレクサス LS500hに搭載されているエンジン。新型クラウン向けにブラッシュアップしたものとなるようです。

    このV6 3.5Lハイブリッドエンジンを搭載するグレードは現行のマジェスタの実質的後継にあたり、同車のユーザーの乗り換えや、プレミアムサルーンを求めるユーザーをターゲットとしているとみてよいでしょう。

    直4 2.5Lハイブリッド

    新開発エンジンである直列4気筒2.5Lターボ。新開発のダイナミックフォースエンジンを採用していると考えられます。今年4月の北京モーターショーで発表された新型「レクサスES」に搭載されるエンジンと同じものでしょう。

    ダイナミックフォースエンジンはA25A-FXSエンジンをFR用に再レイアウト。出力モーターを搭載するハイブリッドシステムTHS-IIと組み合わせ、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化などを実現しています。

    このエンジンは、今後のトヨタ、レクサスの両ブランドの高級セダンや高級SUVに順次搭載されるメインエンジンとなるもようです。

    直4 2.0Lターボ

    昨年にマイナーチェンジされたハリアーに採用された、新開発直4 2.0L直噴ターボエンジンの改良版エンジン。当初の予想ではダウンサイジングによりこのエンジンのみをラインナップするのではとも言われていました。

    コンパクトで排気量の少ないエンジンをターボパワーで補っている2.0L直噴ターボ。新型クラウンのエントリーモデルに搭載されるものとみられます。

    トヨタ新型クラウンの燃費は大幅向上か

    現行モデルのクラウン ハイブリッド車(2WD)のJC08モード燃費は23.2km/Lとなっています。25%の燃費向上が期待されるTNGAが投入されることを考慮すれば、単純に計算をすると新型クラウン ハイブリッドの燃費は29km/Lとなります。

    また、同じダイナミックフォースエンジンを搭載している新型カムリ ハイブリッドの最高燃費は33.4km/Lであることから考えると、新エンジンの性能やTNGAの採用次第では新型クラウン ハイブリッドの燃費が30km/Lを超える可能性もあるかもしれません。

    燃費についての公式な詳細はありませんが、発表が待ち遠しいですね。

    FRモデルとして初めてTNGAを採用!ニュルを走り込んで気合十分

    トヨタ TNGA プラットフォーム

    新型クラウンにはトヨタが送り出す最新「TNGA」の基づいて開発された新型プラットフォームが搭載されます。

    数々のトヨタ車に採用され始めたTNGAですが、今までFR車には未搭載。今回新型クラウンのコンセプトカーにトヨタのFR車として初のTNGAの採用されることがわかりました。

    新型クラウン コンセプトはTNGAを採用することで低重心となり、高速運転での安定性が向上したそうです。

    トヨタが次世代車に投入するTNGAとは

    TNGAとは「TOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字に由来しています。
    これはプラットフォームそのものの名称ではなく、トヨタが今後車づくりや仕事の進め方の方針を示すものです。

    トヨタ内にTNGA企画部が設立された際の掲げられた取り組みでは、エンジン、トランスミッション、シャーシの改良を重点とし、次の5つのポイントがあげられます。

    ・グルーピング開発による部品・ユニットの賢い共用化をすすめる(従来に比べ20%以上の開発リソーセスを削減見込)

    ・エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上

    ・新プラットフォームは、低重心化、軽量・コンパクト化、統一設計によるモジュール化し、クラストップレベルの低重心高を実現する

    ・骨格構造の見直しなどにより、ボディ剛性の向上(従来比30~65%向上)

    ・新プラットフォームを順次展開し2020年頃には全世界の販売台数の内、約半数に導入される

    これらのポイントから今後は、TNGAを前提としたトヨタ車に共有できるプラットフォーム・エンジン・トランスミッションを開発していき、性能向上とコスト削減、生産の効率化とグローバル化を目指しています。

    【動画あり】ニュルブルクリンクでテスト走行を実施!

    ニュルブルクリンク北コースにて行われた、トヨタの新型クラウンアスリートと思われる車のテスト走行の様子です。

    日本専用車でありながらドイツにて、右ハンドルでのテスト走行をしている点については、スープラとZ4を共同開発するBMWがクラウンの開発に携わっている可能性も感じさせます。

    先進安全装備トヨタセーフティセンスを採用か

    トヨタ セーフティセンス

    新型クラウンの安全装備には、最新型のトヨタ セーフティセンスが搭載されるでしょう。
    さらに自動運転技術が追加され、安全性能のさらなる向上も見込めるかもしれません。

    また、トヨタのプレスリリースでは、信号情報や車同士とつながる「ITS Connect」を普及させることで、社会全体で安全を守っていくとしています。

    トヨタ新型クラウンにGRスポーツモデルやFCVモデルが登場?

    新型クラウンからもGRスポーツモデルが登場か

    トヨタ GRスポーツシリーズ

    新型クラウンには、トヨタ86やマークXで話題となったやGRスポーツモデルやGRMNモデルが登場するのではないかといわれています。

    トヨタのミドルクラスFRセダンであるマークXは、通常トランスミッションがATしかないのですが、GRMNモデルでは6速MTを搭載しています。これは、スポーツカー好き、マニュアル好き、そしてドリフト好きには喉から手が出るほど欲しいハイパフォーマンスFRマニュアルセダン車でした。

    エンジン、足回り、エアロパーツなどは、トヨタ独自のチューニングがなされ、価格は540万円と通常のマークXより割高でしたが、その価格以上の採算度外視なコストがかかっていたものでした。マークXGRMNは限定100台のみで、もちろん即完売となりました。

    クラウンGRスポーツやGRMNが登場となれば、クラウンに初の6速MT車が登場する可能性は大いにあります。クラウンをクラッチ付きマニュアルで運転できるのであれば、クラウンファン、スポーツカーファンとしては目が離せません。また、専用のターボエンジンやV6エンジンの続投の可能性もあるかもしれませんね。

    MIRAIのシステムを流用したFCVクラウンにも期待

    トヨタ MIRAI

    新型クラウンには、燃料電池自動車を意味するFCVモデルが登場する可能性があります。現在トヨタのFCVは、トヨタ・MIRAIのみで、新型クラウンDCVモデルにはMIRAIのシステムがそのまま使われると予測できます。

    FCVは「Fuel Cell Vehicle(燃料電池自動車)」の頭文字をとったもの。

    FCVのモーターを駆動するための電池は、水素と酸素から水ができる化学反応によるエネルギーによって蓄電されます。車からは水だけを出し、温室効果ガスである二酸化炭素を出しません。

    また、充電式のEV車(電気自動車)のように長時間の充電を必要とせず、一度の水素充填は約3分で完了します。さらに、一度の水素充填で走行距離は約650kmであり、ガソリン車やEV車よりも格段に長距離を走ることができるため、究極のエコカーといわれています。

    FCVの問題点

    FCVが普及するには、いくつか問題をクリアしなければなりません。

    まず、FCVに水素を供給する水素ステーションの設置です。
    FCVを動かすためには、ガソリンではなく水素を充填するための水素ステーションが必要であり、現在、全国に約80か所ありますが、普及にはまだまだ足りていないのが現状です。
    経済産業省は、2020年までに 4万台程度、2025年までに 20万台程度、2030年までに 80万台程度の普及を目指していますが、それをクリアするためには、水素ステーションを増やすことが急務でしょう。

    次に、価格の問題があります。
    現在、トヨタ・MIRAIの税込車両価格は723万6,000円であり、相当高価です。
    しかも、これだけ高い価格設定でありながら売れば売るほど赤字になるといわれており、出来上がるまでコストが非常にコストがかかります。
    メーカーとしてはより性能を向上させ、さらに低価格にできるように開発しなければなりませんし、コストを抑えた生産体制を作らなければなりません。

    以上の問題から、クラウンのFCVがデビューするなら現状でかなり高額になることは間違いありません。

    新型クラウンの価格は450万円~,GRスポーツモデルは800万円程度か

    新型クラウンの価格は、TNGAを重点を置き、高品質かつコスト削減も考慮されているため、現在の価格より大幅に高くなるということはないでしょう。
    2リッターターボ、2.5Lエンジンハイブリッド車の価格は、ほぼ据え置きに近い価格であり、PHVも100万円アップ程度です。

    しかし、FCVモデルは、トヨタ・MIRAIが700万円以上しているため、クラウンであれば1,000万円を超えることが考えられます。

    新型クラウンの予想価格
    2.0L ターボガソリン車450万~550万
    ハイブリッド車500万~700万
    PHVモデル700万円
    FCV車1,000万
    GRMNモデル800万
    [単位]円(消費税込み)

    トヨタの新型車情報や人気ランキングはこちら

    次のページ

    下取りより平均16万円も高く売れる!
    複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

    おすすめポイント

    • たった1分で愛車の査定額がわかる
    • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
    • 下取りより平均16万円も高く売れる!