初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ボルボV50の上質な北欧デザイン】実燃費やカスタムから試乗時の評判についても

スウェーデンの自動車メーカー・ボルボがかつて製造・販売していたステーションワゴンである「V50」。ボルボ車の特長である高い安全性能と、北欧家具の様な上質な内装が魅力の車です。本記事では、そんなV50の実燃費やカスタム、評価や中古車価格について紹介しています。

ボルボ V50とは?

V50前期型

V50とは、スウェーデンの自動車メーカー・ボルボが2004年から2012年までの間、製造・販売していたステーションワゴンです。ステーションワゴンタイプであるV50の他に、セダンタイプのS40もありました。

2003年のボローニャモーターショーでプロトタイプが発表され、2004年から販売が開始されたV50のデザインは、ボルボ車の伝統を踏襲しており、格子状のフロントグリルに、Vシェイプボンネットを持ちます。

プラットフォームにマツダ・アクセラやフォード・フォーカスなどと共通の「フォード・C1プラットフォーム」を採用している他、衝突安全性能においては、ボルボ独自の特許安全技術を採用することで、コンパクトなボディでありながらも、ボルボの最上級セダンであるS80並みの安全性を実現しています。

▼V50前期型の車体寸法
全長:4,514mm
全幅:1,770mm
全高:1,452mm
ホイールベース:2,640mm

V50後期型

ボルボ V50 後期型 2008年

V50は2007年にモデルチェンジを行い、後期型となりました。

後期型のV50はボディサイズが若干大きくなり、ヘッドランプ、テールレンズなど外装のデザイン変更が行われた他、内装のデザインにも変更が加えられ、収納スペースも拡大しています。

2012年には、ハッチバックのV40が後継車種として発売され、V50は販売を終了しました。

▼V50後期型の車体寸法
全長:4,522mm
全幅:1,770mm
全高:1,457mm
ホイールベース:2,640mm

ボルボの歴史&後継車種であるV40の記事はこちら

ボルボ V50の実燃費

後期型V50日本仕様車のパワートレインには、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと、2.5Lの直列5気筒ガソリンターボエンジンの2種類が用意されていました。
そして、JC08モードでのカタログ燃費は以下の通りです。

■2.0Lエンジン:10.6km/L
■2.5Lエンジン:9.5km/L

続いて、V50の実燃費の例を紹介していきます。

燃費。高速に乗ると伸びますが、STOP&GOが多い乗り方はどんどん燃費計の数値が落ちます

出典:http://www.goo-net.com/

街乗りの燃費が7.4km/lと少し不経済です。ただ長距離になればなるほど伸びます。100km/hだと15km/lくらいはいくと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

悪い点・・燃費です。市街地では6㎞位でしょうか・・・高速道路であれば14㎞/lほどは行けると思いますが、ハイオク仕様で市街地での燃費の悪いのは、ちょっと辛いです。個人的には悪い点はこの点くらいです。

出典:http://www.goo-net.com/

V50の実燃費に関しては、大体8~10km/L程度というデータが出ています。
カタログ値との差はあまりありませんが、燃料にハイオクを使用する上で10km/L程度の燃費と考えると、流石に最近の車とは比較できないレベルで燃費が悪いようです。

ボルボV50のエンジンスぺック

▼2.0Lエンジン
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,998cc
最高出力:107kW(145PS)/6,000rpm
最大トルク:185N・m(18.9kgf・m)/4,500rpm

▼2.5Lエンジン
種類:直列5気筒DOHCターボ
総排気量:2,521cc
最高出力:169kW(230PS)/5,000rpm
最大トルク:320N・m(32.6kgf・m)/5,000rpm

ボルボ V50のカスタム

V50前期型のカスタム車両

マットオレンジとマットブラックのツートンカラーがかっこいいV50のカスタム車です。
フロントの形状から前期型だと思われます。

プロによるカスタマイズV50


こちらは、ボルボの地元であるスウェーデンのカスタムショップが手掛けたV50です。
ヘッドライトの形状も大きく変更され、ライムグリーンのボディが目を惹きます。

ボルボ V50の評価

V50の試乗評価

V50に乗った人の多くが、その乗り心地の良さと内装の質感を高く評価しています。
ボルボは北欧家具で有名なスウェーデンのメーカーなので、その点においては当然だと言えるでしょう。
また、ボルボ車の特徴である安全性を第一に考えたしっかりとした造りに、安心感を覚えるという人もいます。

ただし、燃費性能の面ではいまいちだと考える人も多いようです。
V50のパワートレインは、動力性能の面では十分な実力があると言えますが、燃費性能に関してだけは、お世辞にも優れているとは言えません。

長距離が全く疲れません。シートも長距離に適してます。
サイズ感も狭い道が多い都会向きです。

出典:http://www.goo-net.com/

子供2人は小さいのでお出かけには、結構使えます!○
高速はかなり、いい感じで走ります。
カーステのハンドル操作もパネル操作も○
長ーーーーく、付き合える車です。
しばらく、買い換える気にはならないので、85点です。
【良い点】
バランスがいい!

出典:http://www.goo-net.com/

すぐに乗ってその良さを体感できるような車ではないと思います。乗り続けてみて、その良さが解る・・・そんな車だと思います。車の個性を強調しすぎることなく、運転してわくわくすることもないと思います。でも、ハンドルを握った時に感じられる安心感、優しさ、がじわっと感じられる…そんな車だと思います。私にとってはまだまだ手放したくない車ですね。

出典:http://www.goo-net.com/

ブレーキがよく効くこととちょっとぶつかっても壊れないので安全面では優れている。あとは下り坂のエンジンブレーキの効きもよい。

出典:http://www.carsensor.net/

パッションレッドに乗っていました。外車の派手さがなく、乗り心地は非常に良いです。 快適に走行できます。 外観がかっこいい!!車内は北欧家具っぽくておしゃれ!

さすがボルボといった感じです。最高ですね。走行、乗り心地ともに、 パッションレッドに乗っていたのですが、ずっと見ていたいほどかっこいい。

出典:http://www.carsensor.net/

ボルボ V50の中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


V50は既に販売を終了しており、入手する方法は中古車を購入する以外にありません。
中古車市場には比較的在庫があり、状態の良い個体も多いので、入手にはそれほど困らないはずです。

ボルボ V50 確かな安全性能を持った北欧家具の様な車

ボルボのステーションワゴン、V50の実燃費やカスタム、評判について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

V50は既に販売を終了している古い車なので、最近の車と比較してしまうと、燃費性能などで見劣りする面もあるかもしれませんが、上質な内装や高い安全性といった面では、最近の車に勝るとも劣りません。

中古車も入手しやすいので、北欧車を安く入手したいという人には、おすすめの車だと言えるでしょう。

ボルボに関する記事!

ステーションワゴンに関する記事!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社