初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

タイヤのゴムバルブの交換方法&工賃について|キャップの種類や寿命なども

タイヤのゴムバルブはタイヤに空気を入れる時だけでなく、地面に接するタイヤの空気圧を保つための重要な部品です。タイヤのゴムバルブの寿命はどのくらいか、交換方法と交換工賃について解説します。ゴムバルブに付いているバルブキャップの種類についても紹介しています。

タイヤのゴムバルブとは

タイヤバルブ

日常的な車のメンテナンスの1つに、タイヤの空気圧調整がありますね。

ガソリンスタンドなどにあるコンプレッサーやエアタンクを使って、ご自分でタイヤのバルブから空気を入れた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

タイヤバルブは空気の出し入れをするだけでなくタイヤの空気漏れを防ぐ役割もあり、車を安全に走行させる上でとても大切なパーツになります。

タイヤバルブにはホイールに取付けられるチューブレスバルブと、タイヤチューブに取付けられるチューブバルブの2種類がありますが、一般的な車ではチューブレスバルブが多く使用されています。

このチューブレスバルブにも材質によって2つの種類があり、主としてゴムでできているものをゴムバルブ、金属製のものはスチールバルブと呼ばれています。

ゴムバルブとスチールバルブ、どちらのバルブにも中にバルブコアという芯が入っていて、空気を入れる時だけバルブコアが開き、それ以外の時は閉じて空気が漏れないようになっています。

タイヤの空気圧を低くしたりタイヤ交換で中の空気を抜きたい場合には、バルブコアにある突起部分を押すことで、タイヤの空気を抜くことができるようになっています。

タイヤのゴムバルブの寿命は?

定期的な点検を!

タイヤのゴムバルブが劣化してヒビが入ったり、走行中に傷がついたりすると空気漏れの原因となります。

寿命になったゴムバルブをそのままにしていると、最悪の場合バルブ自体が折れてしまうこともあります。

ゴムバルブにヒビや傷がついているのを見つけたらすぐに、見た目に問題がなくてもある程度の年数が経過したら交換しておくと安心です。

基本的にはタイヤの寿命と同様に、おおよそ2~3年に1回くらいのサイクルで交換しておくのが良いと言われています。

タイヤのゴムバルブの交換方法

こちらの動画で実際のゴムバルブの交換方法を見てみましょう。

タイヤのゴムバルブ自体の交換方法は、それほど難しいものではありません。

ホイールに付いている古いゴムバルブは、根元をカッターやニッパーなどで切断して引き抜きます。

交換する新しいゴムバルブには、タイヤビードワックスやシリコングリスなどゴムバルブの材質を傷めない潤滑剤を塗り、ホイールにある取り付け穴に装着します。

装着する際、動画にあるような専用工具を使うと、ホイールを傷めることなく簡単に取り付けることができます。

タイヤのゴムバルブの交換費用は?

タイヤのゴムバルブは比較的簡単に交換で、部品代も安価ですので、ホイールだけの状態でバルブ交換をする場合、タイヤ1本あたりの交換工賃はおおよそ数百円程度が相場となっています。

ただし、これはあくまで「ホイールだけになっている」場合の工賃です。

実際にゴムバルブを交換するためには、まず車からタイヤとホイールを外さなければなりませんので、タイヤの脱着工賃がかかります。

また、タイヤもホイールから外すことで組み換えと同様の作業になりますので、組み換え工賃も別途必要になる場合もあります。

タイヤサイズにもよりますが、ゴムバルブの交換工賃の総額はタイヤ1本あたり1,000~3,000円前後、作業時間は15~20分/本となる場合が多いようです。

このように、ゴムバルブだけを交換したい場合でもタイヤの脱着や組み換えなどが発生するため、バルブ交換はタイヤ交換と一緒に行う方が効率も良く経済的です。

タイヤのゴムバルブのキャップの種類

タイヤ ゴムバルブ

©Shutterstock.com/ Aleksandr N

タイヤのゴムバルブには、中にあるバルブコアを保護するためのバルブキャップが付いています。

バルブキャップがないからすぐにタイヤの空気が抜けてしまうということはありませんが、水分やゴミなどが直接バルブコアに触れるのは決して良いことではありません。

バルブキャップにも、プラスチップ樹脂でできているものやアルミなどの金属製のもの、中にゴムのパッキンが入っていてキャップでも空気が抜けにくい構造にしているもの、メッキやアルマイト加工でカラーリングされているものなど多くの種類があります。

初心者でも簡単にできるドレスアップとして量販店などでも購入できますので、好みのバルブキャップに交換してみるのも良いでしょう。

しかし、ここで1つ注意しなければいけないことがあります。ゴムバルブには、アルミなど真鍮以外の材質でできているバルブキャップは使わないようにしましょう。

ステムと呼ばれるゴムバルブのネジが切られている部分は真鍮でできていて、アルミなど異なる種類の金属のバルブキャップを使うと「電蝕」という金属が腐食する現象が起きてしまうからです。

電蝕が起きるとバルブキャップが固着して外れなくなったり、ステムが劣化して空気漏れの原因になりますので、ゴムバルブのバルブキャップを交換する際には樹脂か真鍮のものを選ぶようにしましょう。

ゴムバルブはタイヤと一緒に交換がオススメ

タイヤ ゴムバルブ

©Shutterstock.com/ showcake

タイヤのゴムバルブは小さな部品ですが、車で唯一地面に接しているタイヤの空気圧を保つ重要な部品です。

タイヤの空気が抜けてしまうとバーストや事故に結びつきますので、ゴムバルブにヒビや傷がないか定期的にチェックをするようにしましょう。

ゴムバルブ自体は高価なものではありませんが、交換するにはタイヤ脱着などの作業が必要になります。

タイヤ交換するときにゴムバルブも一緒に交換しておくと工賃も節約できてお得ですので、タイヤを履き替える際には検討されてみてはいかがでしょうか。

車のメンテナンスに関するおすすめ記事!

タイヤに関連する記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す