初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型ジェイド最新情報&今買うならおすすめグレードはRS!

新登場したジェイドRS、中国でリークされたフェイスリフトの情報についてご紹介します。2015年2月に発表したハイブリッド専用低床ミニバン「ジェイド」に、追加発表されたガソリンターボ搭載モデル「ジェイドRS」は魅力に溢れています。その動力性能や運動性能などミニバンを超越した走りやコストパフォーマンスなどベストバイを思わせる魅力についてまとめてみました。

ホンダ「ジェイド」とは?

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 2015年型

ホンダが2015年2月に、セダン並みの低全高フォルムにミニバン並みの居住性とユーティリティーを実現したハイブリッド専用車として発表したのが「ジェイド」です。

「ジェイド」はリアにスライドドアを持たずヒンジ式のドアが採用され、機械式駐車場も利用可能とした低床低重心ミニバンであることから、2013年のフルモデルチェンジでコンセプト変更となる以前の「オデッセイ」や2014年に生産中止となった「ストリーム」のDNAを継承しています。

ホンダ ジェイド パッケージ機能説明 2015年型

プロトタイプは東風ホンダの「Concept S」

2012年の北京モーターショーで中国の現地法人である東風ホンダが、グローバルコンセプトカーとして発表したのが「Concept S」です。

中国仕様は2013年に発表

翌年の北京モーターショーで「Concept S」をベースに中国市場をターゲットとした量産仕様の「ジェイド」を発表。

「ストリーム」から引き継ぐ直列4気筒SOHC16バルブ1.8Lガソリンエンジンと「オデッセイ」に迫る1,775mmのワイドボディにDNAを感じ取ることができます。

ジェイドに関してもっと知りたいという方はこちら

ジェイドが新型へ!マイナーチェンジ最新情報はこちら

2015年2月に登場した日本仕様はハイブリッド専用車として登場

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 2015年型

日本仕様の「ジェイド」は「ヴェゼル」と同じ直噴1.5Lのスポーツハイブリッド「i-DCD」をパワーユニットにしたハイブリッド専用車として登場しました。

ホンダ ジェイド リアサスペンション 2015年型

最近のホンダ車はリアサスにトーションバーを採用する傾向がありますが、「ジェイド」はダブルウィシュボーン式リアサスを採用した四輪独立懸架サスペンションでスポーツ走行もこなせてしまえるホンダらしい上質な足回りとなっています。

発売当初「ジェイド」は、標準仕様の「HYBRID」と上級仕様の「HYBRID X」の2グレードで税込価格は272万円と292万円。

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 2015年型

その差は装備の違いで、上質なシートを仕様するなどインテリアとエクステリアの加飾のほか安全運転支援システム「Honda SENSING」と17インチアルミホイールを装備しています。

新型ジェイドの最新情報!

新型ジェイドは2016年内にフェイスリフトで登場か

今回ご紹介しているホンダジェイドの新型情報が、中国メディアのリークした情報によって明らかになりました。
公式のものではありませんが、現行ジェイドのフロントデザインなどを変更するマイナーチェンジが行われると見られています。

フロンドグリル、ホイール、リアのデザインが変更になるフェイスリフトが行われる他に、1.5L 4気筒ターボエンジンのラインナップを追加するとのこと。
最高出力は156hpとなるようです。

ただ、今回のマイナーチェンジに関してはホンダが中国市場向けに行うものといわれており、日本でも同様のマイナーチェンジが行われるかは定かではありません。

マイナーチェンジした新型ジェイドの発売日は、2016年内と予想されています。

日本での発売日2017年8月?2列5人乗りも追加?

前述した通り、新型ジェイドのマイナーチェンジ・フェイスリフトの情報は、中国市場向けのものとなっています。

日本でも同じフェイスリフト・マイナーチェンジが行われるかについては、現在のところわかっていません。
ただ、ホンダ車の中でもジェイドは販売が好調とは言えず、何かしらの変更を試みているとは思われます。

日本には、日本仕様の変更を加えるとの予想もあります。
外観の変更に加え、ユーザーからの要望の多い、2列シート5人乗りモデルを追加するとの噂も。

何れにしても公式の情報ではないため、結果的にどのような変更かはわかりませんが、新型ジェイドの日本での発売日は2017年8月頃になると見られています。

ホンダの新型車についての記事はこちら

3ヶ月遅れでVTECターボを搭載したホットモデル「RS」登場!

「走りのミニバン」と呼ばれた、先代の「オデッセイ」と「ストリーム」にはそれぞれ「アブソリュート」と「RSZ」というホットモデルが存在しました。

そのDNAを継承すべく登場したのが「ジェイドRS」で、1.5L VTECターボエンジンを搭載し足回りはスプリングやダンパーを専用にセッティングした高剛性サスペンションで武装。

1.5L直噴VTECターボを搭載!

ホンダ ジェイド 1.5L DOHC i-VTECエンジン 2015年

直噴1.5L VTECエンジンとダウンサイジングターボを組み合わせは、2.4Lエンジン並みのトルクを常用域で発生させるので、秀逸な足回りとの組み合わせでパワフルで伸びやかな走りが楽しめることでしょう。

「S660」で話題の「アジャイル・ハンドリング・アシスト」を装備!

S660 アジャイルハンドリングアシスト 2015年

パドルシフトとともに専用装備される「アジャイル・ハンドリング・アシスト」は、VSAの進化型ともいえる挙動制御システムで、ステアリング操作に応じてブレーキが自動制御でアシストされて常用域から挙動を安定されるハイテクシステムです。

レーシングドライバーも走りを絶賛!

最高のコストパフォーマンス!

ホンダ ジェイド RS 2015年型 インパネ
ホンダ ジェイド RS 2015年型 内装

気になる価格は、税込253万円と「ジェイド」の最廉価グレードです。

装備は「Honda SENSING」を除いて「HYBRID X」とほぼ同等で「RS」には専用装備ついていて、その差は39万円。
メーカーオプションで「Honda SENSING」は装備可能なので、装着しても267万5800円。

パワーユニットのスペックは、ほぼ同等ですがより自然な出力特性をもつターボの方が常用域ではパワフルに感じるはずで、燃費はハイブリッドに比べて劣ってしまいますが車体価格の差を考えれば、コストパフォーマンスは高いでしょう。

ジェイドRSの燃費性能は?

ホンダ ジェイド RS 2015年型

気になるホンダジェイドrsの燃費性能と実燃費を比較していましょう!

燃費は乗り方や人数、運転環境によって大きく変わります。
運転の仕方で個人差もあるので、あくまでも参考としてみていきましょう!

ジェイドRSの燃費性能は?

ホンダHPによると、

【jc08モード燃費】
ジェイドRS ~18km/L
ハイブリッド ~25km/L

ジェイドはハイブリッド車もあります。
RSとハイブリッド車の燃費性能の差は7km/Lですが、実際のところはどうなのでしょうか?
もちろんハイブリッド車のほうが燃費性能は大きく上がります。

次はガソリン車であるジェイドRSの実燃費を見ていきます。
先ほども言いましたが、街乗りや高速道路を頻繁に使う方では燃費性能に差が出ますが、あくまでも参考として捉えましょう。

ジェイドRSの実燃費は?

エンジンオン/オフは普段より多くあり平日で1日かけての走行結果だ。
エンジンのオン/オフの多さは車を営業マンとして使用したとイメージしてもらえると分かりやすい。

結論から言うと高速道路で走行する場合や街乗りの買い物用途ではもっと低燃費になったと思う。平日の街乗りをするユーザーよりも車の使用条件は悪かったが、1つの目安にしてほしい。

平均燃費:11.9km/L

思うように伸びなかった。JC08モードの約34%減である。

測定は、荷物なし(カバン程度)運転手のみであった。

卸したてと言う事もありもう少しエンジンが馴染めば、燃費は向上する。
更にエンジンのオン/オフがここまで多くなければまたまだ燃費は伸びただろう。

出典:http://www.hondaall.com/

燃費性能については個人差が出ます。
走り方や気候、急発進・急加速・急停車をなるべく避ければ、燃費性能は上がります。

燃費性能によい走りをすることを心がけましょう!

ジェイドRSの評価・口コミ情報!

口コミ・吹き出し

ジェイドは低全高の4代目オデッセイの後継となる低全高ミニバン。ボディはストリームよりもひとまわり大きく、4代目オデッセイよりもやや小さめの中間的なサイズにまとめられている。見た目ではさらに小さく感じられるが、これはストリームよりも低い1530ミリの全高でデザインされているため。まるでワゴンのようなスタイリングだが、セカンドシートを前寄りにセットすれば大人でもサードシートに座ることができる。

出典:http://www.goo-net.com/

2列目足元の広さは、同クラスのステーションワゴンや背の低いミニバンとしてはトップ。2列目が斜めにスライドする仕掛けとしたことで、かなり後ろまで下げられるのです。ゆったりとくつろぎたい人には魅力が高いですね。

出典:http://www.goo-net.com/

【良い点】
静粛性と広い空間、そこそこ走りもしっかりしている。

【悪い点】
見た目が普通すぎる、他車と同じようで新鮮さがない。

出典:http://www.goo-net.com/

ジェイドrsは広い空間が評価されています。
3列シートが高く評価されていることがわかります。

また、ジェイド自体の走りの評価も高いことがわかります。

ジェイドのおすすめグレードはやはりRS!

ホンダ ジェイド RS 2015年型

四輪独立懸架の足回りを与えられた「ジェイド」にはVTECターボがお似合いです。

エコ重視のハイブリッドならば「シャトル」があるわけですし、コストパフォーマンスの面からも割高なハイブリッドよりダウンサイジングターボの「ジェイドRS」がベストチョイスでしょう。

ホンダ車に関するおすすめ記事はこちら

ジェイドに関する対決記事はこちら

ミニバンに関するランキングはこちら

新型ジェイドへマイナーチェンジ!最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す