初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型スバルレガシィB4最新情報】価格&スペックは?2018年にフルモデルチェンジ?

スバルのフラッグシップセダンである「レガシィ・B4」が、2018年にフルモデルチェンジをする予定です。2月9日よりアメリカで開催されるシカゴオートショーにおいて、2018年モデルの新型レガシィB4が世界初公開されることも決まっています。本記事では、そんな新型レガシィ・B4の価格やスペックといった、フルモデルチェンジに関する最新情報について紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

スバル 新型レガシィ・B4がフルモデルチェンジ!

現行型 レガシィ・B4

6代目 スバル レガシィ B4

スバルは2月9日からアメリカで開催されるシカゴオートショー2017において、フルモデルチェンジを行った2018年モデルの新型レガシィ・B4を世界初公開する予定です。

今回のフルモデルチェンジで新型レガシィ・B4は、外装デザインを刷新するとともに内装の質感も向上させ、乗り心地や走行性能、安全性能の面でも更なる進化を遂げています。

本記事では、そんなスバル新型レガシィ・B4のフルモデルチェンジに関する最新情報についてまとめているので、是非ご覧になっていってください。

スバル レガシィ・B4とは?

現行型 レガシィ・B4

6代目 スバル レガシィ B4

レガシィB4とは、富士重工業が展開するスバルブランドにおいて製造・販売されている4ドアセダンです。
初代から数えて6代目にあたる現行モデルは、2014年に発売されました。

5代目までのレガシィは「B4」「アウトバック」「ツーリングワゴン」という3種類のボディタイプを展開していましたが、6代目レガシィでは、ツーリングワゴンが同社の「レヴォーグ」に継承されたため、セダンタイプのB4とSUVタイプのアウトバックの2種類のみとなっています。

■現行型レガシィ・B4の車体寸法
全長:4,795mm
全幅:1,840mm
全高:1,500mm
ホイールベース:2,750mm

現行型レガシィ・B4のパワートレイン

レガシィ・B4のパワートレインには、スバル伝統の水平対向4気筒エンジンが搭載されます。
この水平対向4気筒エンジンのことをボクサー4 とも呼び、B4という車名もBoxer-4の略称に由来しているのです。

なお、海外仕様のレガシィB4には、3.6Lの水平対向6気筒エンジンのラインナップもありますが、日本国内では水平対向4気筒エンジンのみとなっています。

レガシィ・B4に搭載される2.5Lの水平対向4気筒エンジンは、先代に搭載されていたエンジンの約8割にあたる部品を新規設計して改良を加えたもので、静粛性が大幅に改善されています。
その最高出力は175PSを発揮することができ、セダンとしての動力性能は十分です。

トランスミッションにはスバル独自のCVT「リニアトロニック」が設定され、駆動方式にはスバル独自の4輪駆動システム「シンメトリカルAWD」が採用されています。

■FB25型エンジン
種類:水平対向4気筒DOHC16バルブ
総排気量:2,498cc
最高出力:175PS(129kW)/5,800rpm
最大トルク:24.0kgf・m(235N・m)/4,000rpm

現行型レガシィ・B4の燃費性能

現行型のレガシィ・B4では、エンジンやトランスミッション内部のフリクション(摩擦)を徹底的に低減させることで、燃費性能を向上させています。
また、アイドリングストップシステムの採用や、空力性能を高める「アクティブグリルシャッター」の採用も、現行型レガシィ・B4の燃費性能の向上に役立っています。

■現行型レガシィB4の燃費性能(JC08モード)
2.5L水平対向4気筒エンジン:14.8km/L

現行型レガシィ・B4の安全装備

現行型レガシィ・B4の安全装備としては、運転支援システム「アイサイトver.3」を搭載する他、車体後部のセンサーで後方車両の接近を検知して警告する「スバルリヤビークルディテクション」や、前方の光を検知してハイ/ロウビームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」が用意されています。

また、ボディの素材として高張力鋼板の採用範囲を拡大することにより、車体の軽量化を図りながらも衝突安全性を高め、トップクラスの安全性能も実現しています。

現行型レガシィ・B4の新車価格もチェック!

■現行型レガシィ・B4の新車価格

LEGACY B4:2,937,600円(税込)

LEGACY B4 Limited:3,153,600円(税込)

レガシィ・B4の気になる現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


現行型レガシィ・B4のさらなる詳細はこちらの記事でチェック!

スバル新型レガシィ・B4の最新画像が公開!

2018年モデルの新型レガシィ・B4の外装

スバル レガシィ B4

2018年モデルの新型レガシィ・B4の内装

2018 スバル レガシィ B4 内装

上の画像は、スバル公式が公開した2018年モデルの新型レガシィ・B4(米国仕様)の画像です。
今回のフルモデルチェンジにおいて新型レガシィ・B4は、走行性能と安全性能を高次元で融合させることで生まれる、レガシィ独自の価値を追求したといいます。

そして、新型レガシィ・B4の主な変更点は以下の通りです。

新型レガシィ・B4の外装の変更点

スバルらしさを更に強調した新造形のヘッドランプとフロントグリル、抑揚あるデザインのフロントバンパーの採用によってフロントマスクを刷新し、水平基調を際立たせた精悍な顔つきへと変更している他、リヤバンパーをツートンカラーにして、ディフューザーを表現することにより、スポーティさをイメージさせるデザインとなっています。

また、17インチタイヤとアルミホイールの造形を改め、スポーティな走りをイメージさせるデザインに変更し、ドアミラーには新デザインのLEDターンランプ付のものを採用することで、空力性能や静粛性、他車からの視認性も向上させています。

新型レガシィ・B4の内装の変更点

新型レガシィ・B4の内装は、センターベントグリルやエアコンユニットを一体的にデザインしたフラットな大型のセンターパネルを採用し、ディスプレイサイズを8インチに変更しました。

また、インストルメントパネルとドアトリムにリアルステッチを採用し、仕立てが良く上品なイメージを演出している他。ハイグロスブラックとシルバーフレームの部品を随所に採用することで、質感もより向上させています。

さらに、ステアリングホイールにも、立体的でスポーティな新デザインを採用しています。
フロントドアガラスにも遮音中間膜ガラスを採用することで、遮音性能も向上しました。

新型レガシィ・B4のメカニズムの変更点

新型レガシィ・B4では、サスペンション設定を最適化し、操縦安定性と乗り心地を向上している他、電動パワーステアリングの制御を最適化することで、より自然でスムーズな操舵感を実現しています。

また、ブレーキ特性を変更し、エンジンやCVTの特性にも変更を加えることで、剛性感の高いしっかりとしたブレーキ感と、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現しています。

新型レガシィB4の安全装備の変更点

新型レガシィ・B4の安全装備として、新たにステアリング操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用し、コーナーや交差点における夜間の視認性を向上しました。

また、後側方警戒支援システム(スバルリヤビークルディテクション)のインジケータランプを鏡面中からミラーサイドに移設し、更にランプを光量を大きくすることで、走行時の周囲の状況をより把握しやすくしました。

新型レガシィB4の燃費や価格、発売日は?

新型レガシィB4の燃費性能に関しては、まだ公式な情報が無いためほとんど分かりません。
しかしながら、エンジンに関しては現行型のエンジンと同じタイプ(FB25型)のものを搭載しているようなので、劇的に燃費性能が向上するということは無いでしょう。

価格に関しては、現行型からあまり変わらないという情報も出ており、それが事実であれば、大体300万円前後の販売価格となるのではないでしょうか。

発売日に関しては、シカゴオートショーでの公開を控えていることからも、2017年の末から2018年初頭にかけての発売が期待できます。

新型レガシィ・B4の主な仕様(米国仕様)

2.5i3.6R
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,802×1,840×1,500mm
ホイールベース2,650mm
エンジン2.5L 水平対向4気筒FB25エンジン3.6L 水平対向6気筒EZ36エンジン
排気量2,498cc3,630cc
トランスミッションリニアトロニック(フル電子制御自動無段変速)
最高出力175HP/5,800rpm256HP/6,000rpm
最大トルク174lb.-ft./4,000rpm247lb.-ft./4,400rpm
タイヤサイズ225/55 R17、225/50 R18
乗車定員5名

スバル新型レガシィ・B4に期待!

現行型レガシィ・B4

6代目 スバル レガシィ B4

スバルの新型レガシィ・B4の最新情報はいかがでしたでしょうか?

シカゴオート―ショーでの世界初公開を間近に控え、注目も集まる新型レガシィ・B4は「LEGACY(大いなる伝承・遺産)」の名に相応しいフルモデルチェンジとなるのか、ますます期待が高まりますね!

MOBYでは、今後も新型レガシィ・B4に関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

あなたの愛車の査定金額はこちら!

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

スバルの他の新型車についてはこちら

スバル車に関するおすすめランキングはこちらの記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社