MOBY

【勝ち組】フェラーリ458イタリアの歴代車種の現在価格や維持費からスペックまで

一度は乗ってみたいフェラーリのフラグシップモデルであった458イタリア。街で見かけたら必ず見入ってしまいます。現在は、製造されておらず中古車購入になりますが、それでも値段は2000万円以上となかなか購入できる車ではありません。そんなフェラーリ458イタリアの歴代車、新車価格、中古車価格、維持費、実燃費、口コミ・評価を見ていきたいと思います。

フェラーリ458イタリアとは

伝統のV型8気筒エンジンを搭載

フェラーリ458イタリア

出典 :©everystockphoto.com/ Motor74

フェラーリ458イタリアは、イタリアの自動車メーカー・フェラーリが販売していたミッドシップスポーツカーです。

車名「458」は搭載されているエンジンの排気量4.5Lと、シリンダー数8気筒に由来しています。V型8気筒(V8)エンジンはフェラーリの代名詞でもあり、V8エンジン搭載モデルはその時代のフェラーリを代表するものとなります。

最高速度は325km/h、0-100km/hまでの到達時間は3.35秒とハイスペックなスーパーカーは発売当時、フェラーリを代表するフラグシップカーでした。

2009年に9月15日に、ドイツで行われた自動車見本市の「フランクフルト・モーターショー」で発表され、2010年6月から2015年5月まで販売されました。

フェラーリ458イタリアに用いられた部品はシャーシ、ボディ、エンジンがアルミ製、サスペンションアームも鍛造アルミ製とスーパーカーらしい軽量化され、ブレーキにブレンボ製モノブロックキャリパーとセラミックカーボン製のブレーキローターが取り付けられています。

V8フェラーリの歴代モデルを紹介!

フェラーリ458について解説する前に、458の祖先といえる、V型8気筒エンジンを搭載した歴代フェラーリをご紹介します。

ルーツは1973年にまで遡ります。

フェラーリ・208/308GT4【ディーノ・208/308GT4】(1973~1980年)

フェラーリ 308 GT4 1980年

V型8気筒エンジン搭載フェラーリの起源はこのディーノ308GT4。新開発の3RV8ユニットを横置きで、4シーターモデルです。1976年5月以降は「フェラーリ208/308GT4」に改名されました。

ヘッドライトにはリトラクタブルヘッドライトを採用しています。

エンジン種類:V型8気筒エンジン
排気量::2,926cc
最大出力:205ps/6,600rpm
最大トルク:25.0mkg/5000rpm
最高速度:220km/h

フェラーリ・308GTB/GTS(1975~1985年)

フェラーリ308GTB/GTS

出典 :©everystockphoto.com/ Rex Gray

GTBのBはベルリネッタを意味し、車名の「308」は3.0L V型8気筒エンジンに由来しています。

エンジン種類:V型8気筒DOHC2バルブ
排気量:2,926cc
最大出力:205ps/6,600rpm
最大トルク:24.9mkg/ 5,000rpm
最高速度:252km/h

フェラーリ・328(1985~1989年)

フェラーリ 328 GTS

出典 :©everystockphoto.com/ Fan.Car.34

車名の「328」は排気量約3,200cc・8気筒のエンジンを搭載していることを意味しています。

エンジン種類:V型8気筒DOHC4バルブ
排気量:3,185cc
最大出力:260ps/7,000rpm
最大トルクク:29.5mkg/ 5,500rpm
最高速度:263km/h

フェラーリ348(1989~1994年)

フェラーリ 348

出典 :©everystockphoto.com/ beatboxbadhabit

ボディ構造はモノコックフレームを採用しています。 ベルリネッタ「348GTB」、デタッチヤブル・トップの「348GTS」のほかに、1993年にオープンモデルの348スパイダーも発売されました。

エンジン種類:V型8気筒DOHC4バルブ
排気量:3,405cc
最大出力:300ps/7,000rpm
最大トルク:31.6mkg/ 4,000rpm
最高速度:275km/h

フェラーリ・F355(1994年~1999年)

フェラーリ F355 GTB ベルリネッタ 1998年

出典 :©everystockphoto.com/ CarPictures dot com

セミATのF1マチックが初めて搭載されました。ATモデルが追加されたことで、より多くの人が気軽にフェラーリを運転することができるようになりました。

ソフトトップを採用したF355スパイダーも販売されています。

エンジン種類:V型8気筒DOHC5バルブ
排気量:3495cc
最大出力:380PS/8,200rpm
最大トルク:36.7kg・m/5,800rpm
最高速度:295km/h

フェラーリ・360モデナ(1999~2005年)

フェラーリ 360 モデナ

出典 :©everystockphoto.com/ Damian Morys Foto

3.6Lエンジンを搭載することから「360」にし、当時、F1チームの黄金期と重なり史上最多の販売台数を記録しました。そのおかげか、現在中古車市場では360が豊富に出回っており、価格も歴代フェラーリの中では安価なものとなっています。

エンジン種類:V型8気筒DOHC5バルブ
排気量:3.6L
最大出力:400PS/8,500rpm
最大トルク:33.0kg・m/4,200rpm
最高速度:295km/h

フェラーリ・F430(2004~2009年)

フェラーリ F430 スクーデリア

出典 :©everystockphoto.com/ joevanni_99

排気量は4,308ccまでアップされ、Launchcontrol(ローンチコントロール) 、E-Diff(エレクトリック・ディファレンシャル) といったF1からの電子デバイス技術を多く取り入れられました。

2009年には日本のツーリングカーレース、SUPER GTにも参戦しています。

エンジン種類:V型8気筒DOHC4バルブ
排気量:4.3L
最大出力:510ps(375.4kW)/8500rpm
最大トルク:48.0kg・m(470N・m)/5250rpm
最高速度:315km/h

フェラーリ458イタリアの外装

ここまでフェラーリ458の前身となる歴代モデルを紹介してまいりましたが、ここからはフェラーリ458についてご紹介します。

フェラーリ 458イタリア

出典 :©iStockphoto.com/ VanderWolf-Images

カタカナの「ノ」の字のような形のヘッドライトには特徴的なインテークがあり、ブレーキに冷却風を導き、反対側のベントから逃がすことで、フロントホイールアーチで発生するリフトを軽減させています。

フェラーリ 458 イタリア

出典 :©Shutterstock.com/ Roman.S-Photographer

ホイールはアルミ製で、サイズが20インチを標準装着します。ホイールのスポークから見える大型のブレンボ製キャリパーがカッコいいです!

フェラーリ458イタリアリアビュー

出典 :©everystockphoto.com/ motorblog

リアのトランク部分には4.5リッターV8エンジンが見え、機械的な美しさも観ることができる外観は、歴代に出てきたスーパーカーに共通したところです。

フェラーリ 458 イタリア

出典 :©Shutterstock.com/ Faiz Zaki

センター下にある3本出しのサイレンサーからは、フェラーリ独特のエンジンサウンドを奏でてくれます。ヘッドライトの斜め下にあるグリルはギアボックスとクラッチを冷却するラジエーター用のものです。

トランクルームの大きさは
・高さ:最長のところで580mm、最短のところが340mm。
・幅:最長のところで520mm、最短のところで520mm
・奥行:670mm

トランク内が直方体でないため、大きなスーツケースなどを入れるのは無理ですが、1泊2日の旅行で使うボストンバッグであれば入れることが可能です。

フェラーリ458イタリアの内装

フェラーリ 458 イタリア ステアリング

出典 :©Shutterstock.com/ Roman.S-Photographer

運転席はまさにレーシングカー。ステアリングはフェラーリのF1カーのように多数のスイッチ類が配置されています。

ステアリング中心付近は、マネッティーノ電子制御システムのモード切り替えダイヤルとエンジン始動ボタンのほか、ロービーム・ハイビーム切り替え、ワイパー、ウィンカーの操作スイッチが備わっています。

ステアリング上部にはレブカウンターのLED式ランプが配置され、クラクションボタンはステアリングホイールの親指位置に装備。

また、オーディオの音量や選曲、ソース源切替えやラジオ局選局は、ステアリングホイール裏側のボタンで操作することもでき、ステアリングコラムは電動式で上下・前後に調節可能もできます。

すべての操作をハンドルから手を放さずにできる操作感は、まさにF1カーそのものです。

メーターはセンターのタコメーター以外はすべてデジタル液晶画面になっており、左側には水温・電圧・など情報、右側にカーナビゲーション、リアビューカメラ画像が表示されます。

メーター画面一つにナビゲーション情報も出力されるため、非常に観やすく運転に集中できます。

フェラーリ 458 イタリア 内装 2013年

出典 :©everystockphoto.com/ Brett Levin Photography

センターコンソールには、リバースボタンの「R」、オートモードの「Auto」、ウィンドウ開閉の「LAUNCH」のボタンが配置されています。ステアリング周りとは逆にセンターコンソールはシンプルです。

オプションでシートをカーボンファイバー製レーシングシートに変更可能です。高い車なのでシートの革張りは標準であってほしいですが、これもオプションなのが少し残念に感じます。

フェラーリ458イタリアのスペック

以下がフェラーリ458イタリア(2014年式)の基本スペックです。

フェラーリ 458イタリアベースグレード2014年式
型式ABA-F142
ボディタイプクーペ・スポーツ・スペシャリティ
ドア数2
全長×全幅×全高(mm)4,527×1,937×1,213
ホイールベース(mm)2,650
トレッド前/後(mm)1,672/1,606
車両重量(kg)1,380
エンジン型式F136FB
エンジン種類90度V型8気筒DOHC
総排気量(cc)4,499
ボア×ストローク(mm)94×81
圧縮比12.5
燃料噴射機構ボッシュ製コモンレール式高圧直噴システム(GDI)
最高出力[ps(kW)/rpm]570(419)/9,000
最大トルク[kg・m(N・m)/rpm]55.1(540)/6,000
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
ステアリング形式パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)
ブレーキ形式ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ235/35 ZR20
295/35 ZR20
駆動方式ミッドシップ
トランスミッションゲトラグ製7速デュアルクラッチ式F1マチック (ATポジション装備パドルシフトMT)

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...