初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダモビリオを買う前に】実燃費や内装の評価から車中泊・モビリオスパイクについても

ヨーロピアンデザインを全面に出し、全長約4mというコンパクトな設計ながらショートノーズ化と低床のパッケージでコンパクトミニバンとして初めて3列シート7人乗りを実現、キャパの後継として初代フィットをベースとしたクローバルスモールプラットフォームを使用したコンパクトミニバンがモビリオです。 今回はモビリオの歴史と評判をまとめてみました。

なぜホンダはモビリオを作ったのか?

2001年式 ホンダ モビリオ

ホンダは2000年におきたITバブル崩壊の影響とミニバンブームの終焉により、経営戦略の見直しを迫られます。

当時開発中だった新世代VTECエンジンを改良したi-VTECエンジンが完成し、高出力、低燃費のエンジン開発に成功します。

経営陣はこの頃の自動車ユーザー心理の大半は「コンパクト、低燃費」を求めていると判断し、初代フィットをシビックに変わる世界戦略車として開発。

同社が2002年まで生産していた「キャパ」である程度成功を治めたコンパクトミニバンのジャンルを確立させるべく、フィットベースのコンパクトミニバンも同時に開発されていました。

2001年、ホンダはキャパの後継機としてモビリオを発表します。初代フィットのプラットフォームをベースに新開発の1.5L i-VTECを積みコンパクトミニバンの先駆けとして販売されていました。

顧客層のターゲットは車を生活道具として使いこなしたい若年層向けを狙い作られ、後席のドアは両側スライドドアとして小さな子供を抱っこしたままでも乗り降りし易い設計が若い世代のファミリー層に受け入れられました。

翌年、フィットが日本国内で販売台数1位を獲得し、フィットのプラットフォームを使い作られたモビリオも相乗効果でヒットしました。

不況という転換期でユーザー心理を掴み新製品を展開した当時のホンダはこの後フィットを主力にグローバル化を加速させます。

モビリオのようなコンパクトミニバンが発売された背景にはこのような時代の背景があったのです。

↓ホンダ キャパ L(1999年式)

ホンダ キャパ L 1999

↓ホンダ 初代フィット

ホンダ 初代 フィットA Fパッケージ

初代モビリオの外観は?

2001年式 ホンダ モビリオ W

特徴的なデザインは、ヨーロッパの超低床路面電車ユーロトラムをモチーフにしたユニークなデザインで、全長が約4mとコンパクトながらショートノーズ化と低床のパッケージで3列7人乗りを実現しました。

背の高い荷物や長物を積み込めるラゲッジスペースを可能にする、多彩なシートアレンジが可能なコンパクトミニバンでした。

リアは両側スライドドアを採用し、子供を抱っこしたまま乗り降りし易いと非常に好評を得ていました。また、大きなリアガラスは小さな子供でも外の景色を楽しめるように工夫されていて、スライドドアの窓はパワーウィンドウではなく手動のチルト式が採用されました。

初代モビリオの内装とスペックは?

モビリオ 内装 イメージ

モビリオの内装は燃料タンクを前席の下に設置したことにより広くフラットな室内を実現していました。内装写真を含めて細かく見てみましょう。

インパネ回りは足元まで広い!

モビリオ W インパネ 2001年

運転席、助手席回りはセンターに主要スイッチを寄せ、シフトレバーをインパネに埋め込み伸ばすことで足元を広く取れる設計になっています。

前席はベンチシートの利点もあり非常に開放的な空間が広がっています。

スピードメーターはすっきり見やすく

モビリオ 3眼 メーター スピードメーター タコメーター

モビリオのメーターは発行指針3眼メーターを採用しています。余分な計器を排除して見やすくなっています。

多彩なシートアレンジが可能な配置

モビリオ W インテリア 2001年

モビリオのシートアレンジは実に多彩に設定できます。前席は独立シートを採用して後部へウォークスルーできる配置で、セカンドシートは背もたれのみ独立式のベンチシートを採用、サードシートはセカンドシート下に収納できる設定でした。

ホンダ モビリオ シートアレンジ 2001年

セカンドシート下にサードシートをたたむことでトランクスとフラットになり、広大なラゲッジスペースを作ることができます。

自転車1台なら余裕で入るスペースは、全長4mほどのコンパクトミニバンとは思えません。

モビリオ ラゲッジルーム 2001年

ラゲッジルームは車高が最大に取れるように設計されているため写真のような背の高い荷物もそのまま積むことができます。モビリオの大きな利点と受け入れられた理由は本格ミニバン並の収容力でした。

初代モビリオの気になるスペックは?

フレームプラットフォームは初代フィットを採用しています。エンジンは当時新開発のi-VTEC採用で、1.5L SOHCのエンジンは小排気量、大出力の先駆けでもありました。

【初代モビリオ・スペック】
全長:4,065mm
全高:1,706mm(FF)/1,725mm(4WD
全幅:1,685mm
車両重量:1,270kg
エンジン型式:L15A型 1.5L 直4 SOHC i-DSI

派生車種 モビリオスパイクとは

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク フロント

初代モビリオの登場から一年後、派生車種としてモビリオスパイクが登場しました。モビリオスパイクは3列目シートを排除した5人乗りトールワゴンです。

モビリオと同様にフィットのプラットフォーム、L15型 1.5L 直列4気筒 SOHC VTECエンジンを採用しています。

前席にはベンチシートを採用したり、リヤゲート幅を広げるなどして、よりアウトドア向けの趣味の車となっています。

2004年に一度マイナーチェンジが行われ、その後2008年に生産を終了します。2010年には後継車のフリードスパイクが発売されました。

ホンダ モビリオスパイクの詳しい解説はこちら

ホンダ 2代目 モビリオ

2代目 モビリオのエクステリア

ホンダ モビリオ X 2005年

2005年、ホンダはモビリオをマイナーチェンジします。先進的なデザインとコンパクトながら広い室内をもったモビリオはこの時すでにコンパクトミニバンとして市民権を得ていました。

他のメーカーもコンパクトミニバンのジャンルに次々と車種を投入しましたが、コンセプトが明確だったモビリオほど売上を上げれず苦戦していました。

また従来の5タイプのモデルから使用目的をより明確にした3タイプに絞りエクステリアのカラーを追加、全10色のラインナップとなりました。

外装デザインで大きく変更になった点はヘッドライトのデザインと新たにパワースライドドアを標準で装備、エンジンをSOHC 16バルブVTECエンジンに一新し、手動で7段階の変速ができるCTVも搭載しました。

また、メーカーオプションとして両側パワースライドドア、HDDナビが設定されていました。

2代目モビリオの内装とスペックは?

2005年式 モビリオ X 内装

先代モデルと配置、パーツなどの変更点はほぼありませんでした。メーカーオプションとしてホンダ純正のHDDナビゲーションが設定され、インテリア色も購入時に選択できるよう2色設定されています。

2005年式 モビリオ X 内装

マイナーチェンジ後に新たにインテリアカラーが選択できるようになりました。こちらの写真は落ち着いた黒を基調としたインテリアで、シートアレンジは先代と変わらず、サードシートをセカンドシート下にたたむ事でラゲッジスペースを拡充できました。

2005年式 モビリオ X 内装

こちらはベージュを基調としたインテリアカラーです。仕様によってインテリアカラーが選択できて、当時はここまで設定ができるミニバンは少なく、貴重な車種だったのです。

後期型モビリオのスペックは?

フレームプラットフォームは初代と同じフィットのフレームを採用しています。変更点は全長が5mm伸びて、マイナーチェンジ後に当時好評だった1.5L VTECエンジンのモデルを追加しています。

【後期型モビリオ・スペック】
全長:4,070mm
全高:1,706mm(FF)/1,725mm(4WD
全幅:1,685mm
車両重量:1,270kg
エンジン型式:L15A型 1.5L 直4 SOHC VTEC

モビリオの実燃費と評判は?

2001年式 ホンダ モビリオ エンジンルーム

新開発iーVTECの評判はフィット販売当初から大評判のエンジンでした。燃費も当時にしては良いものでした。価格コムから口コミを集めてまとめてみたので、購入の際に参考にしてください。

街乗りでリッター14km程、アップダウンの激しいところを毎日同じように乗っています。

出典:http://review.kakaku.com/

燃費が非常にいい、15~17kmくらいです。

出典:http://review.kakaku.com/

14km位が平均です。通勤用なので市街地しか走ってませんが、良い燃費です。

出典:http://review.kakaku.com/

4WDユーザーです。街乗りでリッター10km位、郊外や高速だと14km伸びます。

出典:http://review.kakaku.com/

エンジンが良いのか口コミの評判は総じて「良い燃費」となっていました。1,500kgの車体を走らせるのに1,500ccはパワー不足では?と筆者は思っていましたが、口コミを読む限りではそんな心配はないようです。スモールエンジン、高出力の先駆けだけあって、モビリオに搭載されたパワーユニットには驚きを隠せません。

モビリオで出かけよう!車中泊のススメ

モビリオのラゲッジスペースを改良、改善して車中泊仕様にしているユーザーさんがたくさんいます。またシートアレンジだけでもほぼフラットになりラゲッジスペースを確保しつつ車中泊に適した仕様になります。

ユーザーさんのカスタム写真と合わせてシートアレンジ例を集めてみました。

車内にフラットスペースを組めるように櫓を組みます。前席からトランクまで抜けているモビリオだからこそできるカスタマイズです。

櫓を組んだ上にフトンを敷きます。これで車中泊の仕様になります。ヘッドレストを上手く収納すれば、トランクルームに収納スペースが保てます。

2001年式 ホンダ モビリオ イメージ4

前席からセカンドシートは前席のヘッドレストと取ればほぼフラットになります。このアレンジであれば寝袋で車中泊が可能で、トランクルームを犠牲にしないで有効に活用できます。

2001年式 ホンダ モビリオ イメージ

セカンドシートのヘッドレストを取ってサードシートとフラットにすることもできます。前出のアレンジよりも凹凸が少なく、フトン1枚敷けば車中泊は可能です。ただしラゲッジスペースが極小になってしまいます。

モビリオの中古車価格は?

2001年式 ホンダ モビリオ W

2017年1月現在、モビリオは中古市場でも活況です。

そのなかでもオススメは後期モデルの高年式でオプションが多数付いている車種が狙い目です。カスタムベースとしての取引もあるようで、安いもので10万円以下で取引されています。

ただし総じて走行距離が積んでいる車が多いので、気になる方は試乗をしてから購入検討なさるようにしてください。


中古車情報
システムメンテナンス中


モビリオが日本市場から消えた理由

2001年式 ホンダ モビリオ 内装

ホンダはモビリオの後継車として2008年にフリードを発売します。1年ほどモビリオも同時に販売されていましたが、フリード販売から翌年の6月に生産を終了しました。

2008年といえばリーマンショックが世界中を駆け抜け一気に不況の波にさらわれた年です。フリードはこのタイミングで販売となり、ホンダ関係者はその売れ行きに戦々恐々としていまいた。

しかしそのデザインと低排気、高出力のエンジン、ハイブリット設定の追加と環境技術をフリードに投入したことから市場に受け入れられ、ホンダはリーマンショックを乗り切ったのです。

販売中はコンパクトミニバンと言えばモビリオと代名詞的な車でしたが、同じコンセプトのフリードがその人気を引き継いだ形となり、モビリオの日本国内での販売は終了しました。

認知度が下がった訳ではないのですが、モビリオシリーズはここで一旦カタログから消えてしまいます。

モビリオ後継のフリードについてはこちら!

モビリオ復活!新興国で座巻中!

ホンダは2013年9月、インドネシア国際モーターショーでアジア新興国向けに新型モビリオのプロトタイプを出品しました。この車は翌年1月よりインドネシアで販売されています。

同国国内でマルチパーパスビークルとして直列4気筒1.5Li-VTECエンジンを搭載した7人乗りの車両で、同国の道路事情に配慮して最低地上高が189mmと高く設定されています。

日本国内での販売に幕を下ろしたモビリオシリーズは新興国戦略車として再び日の目を見ることになったのです。

実はこの車は日本で企画、開発された車ではなく、インドネシアとタイのホンダ研究所での開発で、2014年にはインドネシアで最も権威のある賞を受賞していて、同年7月からインドでも販売が開始されています。

インドネシアで生産している同車は年間生産数が10万台を超え、同国以外でも知名度を上げています。

筆者もこの車でインドネシアのホンダ工場を訪ねたことがあります。その工場に日本人はほぼ0人、車産業をインドネシアに根付かせたホンダの功績は車好きの枠を世界に広げて拡大して行くのでしょう。

なにより日本のホンダから消えてしまったモビリオが、新興国の足になり、グローバル戦略車として世界を座巻する日も遠い未来ではないでしょうね。

ミニバンに関するおすすめ記事!

ホンダに関するおすすめ記事

この記事の執筆者

haroこの執筆者の詳細プロフィール

某大手自動車部品メーカーの元エンジニアです。みなさんが楽しんでいただけるような記事を書いていきます。よろしくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す