初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ モビリオスパイクの歴史と燃費やカスタムの評価も【日本の名車】

2002年に発売されたモビリオスパイクは前年に発売されたモビリオの派生車です。モビリオがファミリー層に向けられて作られたのに対し、モビリオスパイクは若年層向けに車が趣味の道具(遊び道具)であることを明確に発信したメッセージ色の強いモデルでした。今回はモビリオスパイクの歴史を追いかけてみました。

どうしてホンダはモビリオスパイクを作ったのか?

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 外装

2002年の販売から2008年の販売終了まで1度のマイナーチェンジと1度のフルモデルチェンジがあったモビリオスパイクは、ミニバンブームに陰りが見え始めたホンダのメッセージ色の強い車として市場に送り出したモデルでした。
シャーシ、ボディーは初代フィットをベースにしたグローバルプラットフォームを使用していて、趣味を楽しむ車というコンセプトに沿ってモビリオにあった3列目を排除、5人乗り用のトールワゴンとして若年層向けに販売されました。

しかし思いの外デザインがモビリオよりも作り込まれていたため、若年層ファミリーにも受け入れられ、メーカーの想定したターゲット層よりも遥かに幅広い年齢層にニーズがあったのです。

前期型モビリオスパイクの外観とスペック

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク フロント

モビリオの派生車であったモビリオスパイクの外観は、元の車の外観の名残を全く見せないデザインでした。
モビリオにあったサードシート部の窓をクウォーターパネルで埋め、フロントマスクはモビリオと似つかない厳ついグリルと角ばったヘッドライトを装備し、まるで動く箱としたデザインが特徴的でした。

ベースモデルのモビリオから、リアのドアは両側スライドドアになり、これが若年層のファミリー層に受け入れられました。
また、ステップワゴンの設計思想だった低床設計を同車にも採用、この設計が年配のユーザーの共感を産み、思わねところで高い支持を得ていました。

この車と発売を同時期に、ホンダは自社のエアロメーカー・モデューロからモビリオスパイク用のカスタムパーツを発売、ホンダディーラーで取扱いと取り付けまで行い、カスタム指向の高い若年層の心をつかむことに成功します。

同車のスペックは新開発の1.5L VTECエンジンと当時珍しかった7速ATを採用、軽快な走りと平成22年燃費基準に適合した高い環境性能ももちあわせていました。

スペック詳細は下記の通り。
▶全長:4,125mm
▶全幅:1,695mm
▶全高:1,740mm/1,760mm
▶最高出力:110PS/5,800rpm
▶最大トルク:14.6kgf·m/4,800rpm
▶総排気量:1,496cc

前期モデルのモビリオスパイクは2004年に一部マイナーチェンジを行います。
大型のメッキグリルとリアバンパーガーニッシュを採用、リアカメラ付きのHonda純正ナビやイモビライザーなどのオプション装備を追加しました。

後期型モビリオスパイク スペック

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 外装

2005年にモビリオスパイクは大幅に外観と内装にマイナーチェンジを行いました。
フロントバンパー、ヘッドライト、リアのコンビランプのデザインを一新、前期モデルの厳ついイメージをマイルドに改良しました。

このマイナーチェンジで変更されたのは外観デザインと内装で、スペック上の性能は前期モデルと変更がありませんでした。

スペック詳細は下記の通り。
▶全長:4,125mm
▶全幅:1,695mm
▶全高:1,740mm/1,760mm
▶最高出力:110PS/5,800rpm
▶最大トルク:14.6kgf·m/4,800rpm
▶総排気量:1,496cc

ホンダ モビリオについての詳しい解説はこちら

ホンダ モビリオスパイクの内装や実燃費は?

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク リアゲート 積載量

モビリオスパイク最大の特徴はその積載能力です。
5人乗りを想定して作り込んだため荷室を広く取れるように設計されており、モビリオにあったサードシート部の窓をクウォーターパネルで埋めることによりフリースペースを作りました。
内装を写真を交えて見てみましょう。

モビリオスパイクの前期モデル気になる内装は?

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 内装

モビリオスパイクのハンドル周りはシンプルに揃えてあります。
オーディオ類はディーラーオプションの設定であったためメーカー出荷時には付いていませんでした。
ATのシフトはインパネに付いていて、今ミニバンに主流であるコラムシフトではなくシフトノブのしっかりとしたシフトレバー式でした。

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 内装

メーターはホワイトパネルを採用しています。
視認性が高いと当時評判だった色合いで、邪魔にならない大きさのメーターでした。

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 内装

フロントシートは独立式のベンチシートを採用し、シフトレバーをインパネから伸ばすことにより足元のスペースが広く使えました。
肘掛けを起こせば助手席側をフラットシートとしても使えるデザインを採用していました。

リアシートは7:3倒立のベンチタイプのシートで、背もたれが前に倒れるとトランクの床とフラットになり、スキーやスノーボード、自転車などの長物の積み込みが可能でした。

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 内装

モビリオスパイクで最も特徴的な収納スペースがここです。
6箇所ブラケットが付いているので、ルアーロッドを吊り掛けるロッドホルダーやカーステレオのウーハーを仕込んだりと自由なスペースとしてありました。
また、フリースペース直下にはグローブボックスが設けてあり、小物入れとして重宝されていました。

モビリオスパイクの後期モデル気になる内装は?

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 内装

2005年にマイナーチェンジされたモビリオスパイクは外装のデザインだけでなく内装のデザインも変更されました。メーターの配列等の変更は最小限ですが、インパネのカラーを選択できる様になり、ブラックとベージュの2色が設定されていました。

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 内装

前期モデルで採用されていたホワイトパネルが自発光のブラックメーターに変更されました。

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 内装

シートアレンジも変更がありました。
運転席、助手席はベンチシートをやめ、独立シートとなりました。
フロントシートのセンターにはカップホルダーとユーティリティーボックスを新設してあります。

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 内装

内装色も選択できるようになり、ベージュのシートは車内インテリアを明るくシックに彩りました。
リアシートは7:3分割のシートのままで、前期モデルと同様、長物を積むラゲッジスペースには定評がありました。

ホンダ 2005年式 モビリオスパイク 内装

モデルチェンジされたモビリオスパイクのグローブボックスにはカーゴライトが新設されました。これは前期モデルのユーザーから要望の多かった改良点を取り入れたひとつで、ユーザーとメーカーの垣根が低かった事が判る改良点でした。

ホンダ モビリオスパイクの気になる実燃費は?

モビリオスパイク前期モデルの実燃費はどうだったのでしょうか?
カタログスペックではリッター17.2km(10・15モード走行)とありますが、その実力はどうなのでしょうか?

市街地 10~12km 郊外16~18km 高速時 15~17km
いずれも車の燃費計表示 満タン法では燃費計より10%少ない
エアコン使用時の燃費低下は5%も無いようだ

出典:http://review.kakaku.com/

燃費計で13.5kmの時に満タン法で調べてみました。11kmでした(泣。ホンダの燃費計を信用してはいけませんw大体10km~12kmの間です。
 初期ステップワゴン→7~8km  5年落ちハイエース→7~9km  MTの初期ライフJA4→16~18km  7年落ちFIT→13~16km  10年落ちJB7ライフターボ→11~12km
 これらと比べると12年落ちで大きな車体にも関らずあれだけの燃費が出ていれば十分な気がします。

出典:http://review.kakaku.com/

悪天候の中計測したら15kmほどでした。

出典:http://review.kakaku.com/

実燃費はカタログに近く非常に良いと評判でした。ミニバンですが新開発のVTECエンジンが相当性能が良いのでしょう。平成17年度の基準排気ガスレベルで星4つ(75%低減レベル)の認定を受けているだけあって環境性能も特質すべき車です。

ホンダ モビリオスパイクのカスタム

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 外装

モビリオスパイクはカスタムベースとしても人気のある車種で、販売当初から無限やモデューロといったホンダ純正のエアロメーカーや社外品エアロが沢山ありました。
カスタマイズされたモビリオスパイクを集めてみました。

モビリオスパイクのカスタム(トランクルーム)

キャンプ用のテーブルをおいただけのシンプルな改造ですが、ラゲッジスペースを外から見えなくする利点はあります。
シンプルですが、簡単にトランクルームを仕分けることができます。

モビリオスパイクのカスタム(ローダウン&マフラー)

ローダウン+マフラー交換にウーファー付けてます。
カスタムの具合はそれぞれですが、レーシング仕様にするのではなく、ドレスアップやローダウンがカスタムのメインのようです。
ローダウンを行うことで重厚感が出ます。

モビリオスパイクのカスタム(オールペン&ローダウン)

前期モデルをオールペン+ローダウンのカスタムです。
オールペンとは板金塗装のことを指しています。
上記の写真は板金塗装をすることで、存在感が溢れる車になっています。

モビリオスパイクのカスタム(エアロ&ローダウン)

前期モデルに社外エアロ+ローダウンのカスタムです。
見た目が厳ついのでフロントスムージングでアメ車っぽく仕上がってます。

モビリオスパイクのカスタムにはラグジュアリーカーのようにカスタムされているのが多く見受けられます。
どれも同じ車種にも限らず、カスタムをすることでどれも個性が光っています。

ホンダ モビリオスパイクの中古相場は?

モビリオスパイクの中古車はまだまだ人気車種で、年式の高いモデルは少々高めの設定になっています。
オススメのモデルはやはり後期型モビリオスパイク、特に2007年移行のモデルはオプションが多数付いている車種や、ナビゲーションシステムが高年式のモデルが付いている車種が多く、狙い目です。

カスタム重視で購入するのであれば前期モデルがオススメです。
これもなるべく年式の高い2004年頃の特別仕様車があれば狙い目です。

ホンダ モビリオスパイクの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ モビリオスパイクが生産中止になった理由

ホンダ 2002年式 モビリオスパイク 外装

モビリオスパイクの後期モデルを販売中にホンダは後継機種のフリードを発売し、コンパクトミニバンの先駆けだったモビリオスパイクはその短い歴史を閉じることになります。
ホンダは翌年フリードスパイクを発売します。
事実上こちらがモビリオスパイクの後継車になり、若年層やファミリー層に受け入れられ、コンパクトミニバンの地位を盤石のものとしました。

モビリオスパイクがメーカーとユーザーの意識の距離を近づけた車であることは間違いありません。
ミニバンと言えば7人乗れて、ラゲッジスペースが十分広く、人も物も運べるクルマでなければならないというメーカー側の意図と、家族4人が狭いと感じること無く乗れて荷物もまぁまぁ積める使い勝手のいい車を求めていたユーザーの購買意識がいい意味で近づいたということです。

また、モビリオスパイクは車に興味のない(もしくは持たない)若年層に、車とは遊び道具であることを意識させたモデルでもありました。
ホンダは2000年、2008年と2度の不況に見舞われながら独創的なデザインと車づくりのアイディアで乗り切り、日本車の1つのジャンルとしてコンパクトミニバンを根付かせました。
その意味でモビリオスパイクは歴史の転換期で輝いた名車なのです。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ホンダに関連するおすすめ記事はこちら

ミニバンに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

haroこの執筆者の詳細プロフィール

某大手自動車部品メーカーの元エンジニアです。みなさんが楽しんでいただけるような記事を書いていきます。よろしくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す