初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ローンチコントロールとは?BMWやスバル車など搭載車もご紹介!

皆さんは「ローンチコントロール」をご存知でしょうか?ローンチコントロールとは、車を急発進させる際にエンジンの回転数を調節して、タイヤの空転を防ぐ自動制御技術のことで、走行性能を売りにした一部の自動車に搭載されています。本記事では、そんなローンチコントロールの解説と、BMWやスバルといった大手メーカのローンチコントロール搭載車種について紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

ローンチコントロールとは?

BMW 2シリーズのローンチコントロールを解説した動画

ローンチコントロール(Launch control)とは、停止状態の車を素早くスムーズに発進させる自動制御技術のことです。

発音の違いで「ラウンチコントロール」と表記している場合もあります。

車を完全な停止状態から急発進させる際、スムーズに加速させるにはエンジンの回転数とクラッチの繋ぎ加減を上手く調節する必要があるのですが、エンジンの回転数を上げ過ぎるとタイヤが空転してしまい、逆に回転数が低すぎるとエンストを起こしてしまう可能性もあります。

ローンチコントロールでは、本来はマニュアルで行う必要がある回転数の調節とクラッチの操作を、ECU(エンジンコントロールユニット)のプログラムを通して自動制御することによって、どんなドライバーでも最適な発進を行うことができるのです。

モータースポーツにおいてのローンチコントロール

ローンチコントロールは失敗の無い最適なスタートダッシュに役立つため、かつてはF1やWRCといったモータースポーツの分野においても研究・開発が進められていました。

しかしながら、マシンをいかにスムーズに発進させられるかは各ドライバーの技量による所も大きいので、発進操作を全て電子制御に任せてしまうローンチコントロールには、疑問の声も上がっていたのです。

さらに、ローンチコントロールの導入によって、マシンの開発コストの上昇を招くという批判もあり、現在ではモータースポーツにおけるほとんどのカテゴリにおいて、ローンチコントロールの使用は禁止されています。

市販のローンチコントロール搭載車

モータースポーツでの使用がほとんど禁止されているローンチコントロールですが、市販車においてはその限りではなく、走行性能を売りにした一部の車に搭載されることがあります。

ここからは、市販されているローンチコントロール搭載車を紹介していきますので、どうぞご覧ください。

ローンチコントロール搭載車① BMW M3セダン

BMW M3

M3セダンは、BMWが1985年から販売しているスポーツセダンです。
開発はBMWのモータースポーツ部門「BMW M」が行っています。
現行モデルは5代目であり、2014年に発売されました。

M3セダンがローンチコントロールを搭載したのは現行モデルからですが、2014年以降に発売されたBMW・2シリーズや4シリーズといった他の車種でもローンチコントロールを搭載しています。

BMWは走りを重視するメーカーでもあるので、自社の様々な車種にローンチコントロールを搭載しているのです。

BMW M3セダンの中古車価格をチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


ローンチコントロール搭載車② スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ S-style 2015年

レヴォーグは、スバルが2013年に発売したステーションワゴンです。
同社の4代目インプレッサをベースとして設計し、パワートレインにはスバル伝統の水平対向4気筒エンジンを搭載しています。
エンジンの排気量は1.6Lと2.0Lの2種類で、それぞれ直噴ターボ仕様となっているのが特長です。

レヴォーグの説明書にはローンチコントールに関する記述が無いのですが、2.0L車のみの裏技として、特定の動作をすることでローンチコントロールと同じことができるようになります。
それは、スバル独自のドライブアシストシステム「SI-DRIVE」を「S#」モードに入れて、アクセルとブレーキを同時に踏み込み、ブレーキだけを離すというものです。
こうすることで、最速のロケットスタートを決めることができるようになります。

スバル レヴォーグの中古車価格をチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


ローンチコントロール搭載車③ ポルシェ 718ケイマン

ポルシェ 718ケイマンS 2016年式

718ケイマンは、ポルシェが製造・販売しているスポーツクーペです。
ボクスターと並ぶポルシェのエントリーモデルとして知られるケイマンは、当然その走行性能もポルシェに相応しく、最高速度285km/h、0-100km/h加速は僅か4秒という性能になっています。

ポルシェのローンチコントロールは、ポルシェ車の多くにオプションとして設定されている「スポーツクロノパッケージ」を装着することによって、使用することができるようになります。

718ケイマンにおいてもそれは同様で、最高のスペックを発揮するには、スポーツクロノパッケージを装着するしかないでしょう。

ポルシェ 718ケイマンの中古車価格をチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


ローンチコントロール搭載車④ 日産 GT-R

日産 GT-R 2017年モデル

GT-Rは、日産自動車が2007年から製造・販売しているスポーツクーペです。

日産を代表するスポーツモデルであったスカイラインGT-Rの後継車種として誕生したGT-Rは、かつてのスカイラインGT-Rとは比較にならない動力性能を持ち、その走行性能はスーパーカーの領域に達しているとされています。

日産では、GT-RのローンチコントロールのことをRモード発進と呼びます。Rモード発進使用時における0-100km/h加速のタイムは、僅か2.7秒です。

日産 GT-Rの中古車価格もチェック!


中古車情報
システムメンテナンス中


ローンチコントロールはサーキットで活用しよう!

サーキットレース レーシングカー

©iStockphoto.com/lvcandy

ローンチコントロールの意味と、ローンチコントロール搭載車の紹介はいかがでしたか?

ローンチコントロールは市販車にも搭載されてはいますが、急激な加速は公道上で行う意味がほとんど無く、使用する際にも危険が伴うので、ローンチコントロールはあくまでもサーキット場でのスタートダッシュ時に使用するだけにとどめておきましょう。

公道上における無闇な急発進・急加速は、単なる危険運転になってしまいますからね。

おすすめの関連記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...