初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【驚愕の真実】フェンダーミラーが絶滅する理由とは?メリット&デメリットを解説

かつての乗用車のサイドミラーはすべてフェンダーミラーでした。ところが、海外で主流になったドアミラーに押され、現在ではタクシーなどのごく一部に採用されているだけです。フェンダーミラーのメリットとデメリットとともに、なぜフェンダーミラーが無くなってしまったのかその理由に迫ります。

フェンダーミラーとは

フェンダーミラーは車のボンネットのフェンダー(タイヤの上あたり)に付いているサイドミラーのことです。

現在はフェンダーミラーの車はほとんど見られなくなり、ドアミラーに取って変わられてしまいました。

まずはフェンダーミラーのメリットとデメリットを見てみましょう。

フェンダーミラーのメリット

・前方にあるために左右とも目線の移動が少なくて済む
・車体からほとんどはみ出さないので狭い道や駐車場などで便利
・ドアミラーと比べて死角が少ない
・車幅感覚をつかみやすい
・ドアミラーに比べ空気抵抗は少ない

フェンダーミラーのデメリット

・対人事故の時にミラーが危険に なる場合がある
・車のデザイン上制約を受ける
・ミラーが遠いために小さく見える
・ミラーの角度を変えるのに手間がかかる

トヨタ コンフォート タクシー

↑タクシーのフェンダーミラーはこれらの理由から来ています。

このように、メリットは意外と多いことが分かります。
特に長時間の運転となると視線や首を動かすことはかなり負担となります。死角が少ないということは安全性につながる大きな問題です。

フェンダーミラーが少なくなった理由

三菱 ミラージュバン

↑フェンダーミラーとドアミラーの両方を付けた車

フェンダーミラーにはこれだけのメリットがあり、決定的なデメリットも見られないのですが、どうして無くなってしまったのでしょうか。
実は、ドアミラーが登場する以前の日本では、フェンダーミラーしか法令上認められていませんでした。当時の日本では、ドアミラーはボンネットのない車などしかありませんでした。
一方海外では ドアミラーの車が主流となっていて、日本でも認めざるを得ない状況となり、1983年にドアミラーが解禁されました。きっかけは外圧ということですね。

直接的には輸入車のための規制緩和でしたが、すぐに折りたためるドアミラーが登場するなどの工夫もあり、デザインや安全性などを理由としてあっという間に国産車もドアミラーが主流となってしまいました。

主な理由はデザインによるものと、人を巻き込んだ事故時の万が一の安全性ということになりそうです。

フェンダーミラーを現在採用している車は?

トヨタ・センチュリーはフェンダーミラーを採用

トヨタ センチュリー

フェンダーミラーは完全に絶滅したわけではありません。現在でもわずかですが、フェンダーミラーを装着している車があります。

いずれもトヨタの車で、「クラウンコンフォート」、 「コンフォート」、「クラウンセダン」、「センチュリー」です。いずれもほとんどが、タクシーとして使われたり、要人を乗せるという目的の車です。

これらの車がフェンダーミラーとなっているのはメリットに挙げられる安全性によるものと、ドアミラーを見ると乗車している人の様子を窺うような印象を与えてしまうということが大きな理由だそうです。

また、自分で改造してフェンダーミラーを後付することも認められていますが、費用もかかるためにそういった例はほとんどないようです。

しかし、ついにトヨタからこのタクシー専用車の廃止やセンチュリーのモデルチェンジの話が出てきています。本当に絶滅してしまうのか注目されます。

フェンダーミラーに似ているサイドアンダーミラー

SUVやミニバンなどの一部の車種では、助手席側のフェンダー近くに付いているミラーがあるのはご存じでしょうか。これはサイドアンダーミラーと呼ばれるものです。助手席側の死角を解消するために、保安基準で付けることが定められています。これも一種のフェンダーミラーと考えることもできます。

サイドアンダーミラーは2005年の新車から義務付けられたもので、比較的最近登場したものです。やはりユーザーからはデザイン上あまり評判がよろしくなく、各社とも特殊なミラーやカメラなどによって死角を無くす工夫を凝らしているようです。もしかしたら近い将来、サイドアンダーミラーも無くなる日が来るかもしれませんね。

次世代ミラー登場でドアミラーもいずれ廃止か

フェンダーミラー採用のトヨタ・クランコンフォート

クラウンコンフォート

↑今後が気になるトヨタ・クラウンコンフォート

現在主流のドアミラーですが、カメラとモニターにより、ドアミラーを撤廃しても良いと保安基準が改正されたニュースが記憶に新しいところです。

万が一の故障やタイムラグなど、心配な面もありますが、光の反射などにも強く、見える範囲が広く安全性の向上に寄与するという本来の目的に適った大きなメリットがあります。

新しい技術によって変わっていくのは良い面もありますし、空気抵抗もなく、ドアミラーをぶつけてしまう心配も無くなります。認められた以上はこれからある程度普及してくるのではないでしょうか。

いつの時代か、MOBYでも「ドアミラーが絶滅した理由とは…」などという説明をすることになるかもしれませんね。

ミラーに関連するおすすめ記事!

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す