初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ ラクティスの重要事項8選】実燃費やカスタム例から内装や乗り心地の評価についても

2016年でトヨタ・ラクティスは製造・販売が終了となりました。 コンパクトカーでありながらも十分な室内空間をもったラクティスは、約11年間も販売され、その後、新たなトヨタ・タンク、ルーミーが後継車と続いています。そんなラクティスについて、歴代車、性能、燃費、内装や乗り心地の評価、さらにカスタム例までご紹介します。

トヨタ・ラクティスとは

ラクティスは、トヨタ自動車が2005年から2016までの間に製造・販売されたコンパクトトールワゴン車です。

車名の由来は、「Runner with activity and space(アクティブな走りと広い室内空間をあわせもつ車)」の意味をもつ英語の頭文字(R:Run、acti:activity、s:space)を組み合せ、ラクティス(Ractis)と名付けられました。

よって、Runが「走る」、Activityが「活動的、積極的」、Space「室内空間、荷室空間」というそれぞれの要素を組み合わせた性能を持つ車を目指したのがラクティスです。

ラクティスのベースとなったトヨタ・ファンカーゴ

ラクティスは、ファンカーゴという車の後継車として制作されました。
ファンカーゴは、初代トヨタ・ヴィッツから派生した2列シートのトールワゴン車であり、全高と室内容量を大幅に上げたものです。

スタイルは、初代ヴィッツと似ており、ラクティスもフロントマスクは2代目ヴィッツに似せた作りになっています。

ファンカーゴのエンジンは、排気量1.3リッターの1NE-FEエンジンと、1.5リッターの2NZ-FEエンジンで、ヴィッツやファンカーゴ以外で、シエンタ、カローラシリーズ、プレミオ、アリオン、プラッツ、オーリスにも搭載されていました。

初代ラクティス前期型(2005年10月~2007年12月)

2005 初代 トヨタ ラクティス 前期

2005年10月3日に初代ラクティスが発売されました。

先代のファンカードより40mm低くなりながらもラゲージルームの全長が715mmでスーツケースが3つも収納でき、さらに後部座席を倒したラゲージモードにすれば約984Lの容量を確保でき自転車を立てたまま乗せることもできるため、小型のファミリーカーとして十分な機能を確保しています。

エンジンは、ファンカーゴと同じエンジンを使いながらも、トランスミッションはACTIVE CVTシステムを採用しパドルシフト付7速スポーツシーケンシャルシフトマチックやCVT SPORTモードを装備することによってよりスポーティーで高燃費を実現しました。

また、福祉車両のウェルキャブシリーズも4種類の車種を用意していました。
・車いす仕様車スロープタイプ
・助手席リフトアップシート車
・助手席回転スライドシート車
・フレンドマチック取付用専用車

初代ラクティス後期型(2007年12月~2010年11月)

2010 初代 トヨタ ラクティス 後期

2007年12月にマイナーチェンジされたラクティスでは、ヘッドライトがプロジェクター式、リアコンビランプ・ホイールキャップのデザインを変更しました。

また、サイドエアバックとカーテンシールドエアバッグが標準装備され、安全面の向上もされています。

2代目ラクティス前期型(2010年11月~2014年5月)

2代目 ラクティス 後期

2010年9月30日に発売した2代目ラクティスは、ボデーサイズは全高を50mmほど低くし、室内幅を40mm拡大。
室内はラゲージルーム側面のレバー操作で簡単に格納できる6:4分割チルドダウン機構付リヤシート(FF車)の採用し、使い勝手を高め、多彩な使い方を可能とするラゲージスペースを実現させています。

エンジンは、新開発の1.3リッター 1NR-FE型 Dual VVT-iエンジンと、1.5リッター 1NZ-FE VVT-iエンジンを搭載し、さらに今まで4WDモデルには4速ATトランスミッションでしたが、これをSuper CVT-iにすることで、どのモデルも高燃費に貢献しています。

欧州仕様車には、1.4リッターディーゼルターボエンジンの設定も追加していました。

トヨタは、ラクティスをスバルへOEM供給をし、スバルではトレジアという車名で販売されていました。

2代目ラクティス後期型(2014年5月~2016年8月)

2代目 ラクティス 後期

2014年5月12日にマイナーチェンジされたラクティスはプロジェクター式ヘッドランプ、LEDクリアランスランプ、LED化したリアコンビネーションランプなどを変更しました。

1.3リッターエンジンにはVVT-iEを採用した1NR-FKE型エンジンに変更。これはハイブリッドカーに用いられるアトキンソンサイクルやクールドEGRが取り付けられ、燃費の向上が図られています。

2016年8月31日に販売を終了し、ラクティスの後継車はトヨタ・ルーミー、タンクへとなりました。

●トヨタ・ルーミー

トヨタ ルーミー

●トヨタ・タンク

トヨタ タンク

中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・ルーミー、タンクについての記事はこちら

歴代トヨタ・ラクティスのCM

ラクティスのテレビCMは多くのタレント、歌手が出演し、トヨタはコマーシャルにかなり力を入れていました。
ラクティスは、でどのようなテレビCMだったか観ていきましょう。

初代ラクティス前期モデル

タレントのベッキーと佐藤隆太が出演

初代ラクティス後期モデル

お笑い芸人のオードリー 若林正恭、春日俊彰と女優の吉高由里子が出演

歌手のゆずと女優の綾瀬はるかが出演

2代目ラクティス前期モデル

女優の新垣結衣が出演

2代目ラクティス後期モデル

バンドグループのSEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)が出演

歴代トヨタ・ラクティスのスペック

初代・トヨタ ラクティス 2005年10月(平成17年10月)発売

2005年10月(平成17年10月) 発売モデル
駆動方式FFFF4WD
トランスミッションCVT(無段変速車)CVT(無段変速車)4AT
全長×全幅×全高(mm)3,955×1,695×1,640
トレッド前/後(mm)1,485/1,475
ホイールベース(mm)2,550
ドア数5
室内長×室内幅×室内高(mm)1920×1380×1365
車両重量(kg)1,12011401200
エンジン型式2SZ-FE1NZ-FE
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
総排気量(cc)6591,496
最高出力[ps(kW)/rpm]87(64)/6,000105(77)/6,000
最大トルク[kg・m(N・m)/rpm]11.8(116)/400014.1(138)/4,200
燃料タンク容量(L)42
サスペンション形式(前)マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後)トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式(前)ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後)ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ前/後175/60R16 82H
最小回転半径(m)4.9
10モード/10・15モード燃費(km/L)18.414.814.8
価格(円)1,386,000~1,512,0001,512,000~1,575,0001,575,000~1,869,000

2代目・トヨタラクティス 2010年11月(平成22年11月) 発売モデル

2010年11月(平成22年11月)発売モデル
駆動方式FFFF4WD
トランスミッションCVT(無段変速車)CVT(無段変速車)CVT(無段変速車)
全長×全幅×全高(mm)3,995×1,695×1,585
トレッド前/後(mm)1,485/1,475
ホイールベース(mm)2,550
ドア数5
室内長×室内幅×室内高(mm)1,875×1,420×1,310
車両重量(kg)1,0901,1101,200
エンジン型式1NR-FE1NZ-FE1NZ-FE
エンジン種類直列4気筒DOHC
総排気量(cc)1,3291,496
最高出力[ps(kW)/rpm]95(70)/6,000109(80)/6,000103(76)/6,000
最大トルク[kg・m(N・m)/rpm]12.3(121)/4,00014.1(138)/4,40013.5(132)/4,400
燃料タンク容量(L)42
サスペンション形式(前)マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後)トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式(前)ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後)ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ前/後175/60R16 82H
最小回転半径(m)4.9
10モード/10・15モード燃費(km/L)20.020.018.4
JC08モード燃費(km/L)18.418.416.6
価格(円)1,445,000~1,777,0001,545,000~1,785,0001,650,000~1,848,000

歴代のトヨタ・ラクティス車両価格

初代ラクティス前期 2005年10月(平成17年10月) 発売

初代ラクティス前期 2005年10月(平成17年10月)発売
グレード排気量 駆動方式メーカー希望小売価格(税込)
X1.3 2WD1,386,000
1.5 4WD1,575,000
X"L Package"1.3 2WD1,512,000
1.5 4WD1,701,000
G1.5 2WD1,512,000
1.5 4WD1,659,000
G"L Package"1.5 2WD1,638,000
1.5 4WD1,785,000
G"パノラマ Package"1.5 2WD1,659,000
G"S Package"1.5 2WD1,722,000
1.5 4WD1,869,000
G"L パノラマ Package"1.5 2WD1,785,000

初代ラクティス後期モデル 2007年12月(平成19年12月) 発売

初代ラクティス後期モデル 2007年12月(平成19年12月)発売
グレード排気量 駆動方式メーカー希望小売価格(税込)
X1.3 2WD1,428,000
1.5 4WD1,617,000
X"L Package"1.3 2WD1,554,000
1.5 4WD1,743,000
G1.5 2WD1,554,000
1.5 4WD1,701,000
G"L Package"1.5 2WD1,680,000
1.5 4WD1,827,000
G"S Package"1.5 2WD1,785,000
1.5 4WD1,932,000
G"L Package"1.5 2WD1,827,000

2代目ラクティス前期 2010年11月(平成22年11月) 発売

ラクティス2010年11月(平成22年11月) 発売モデル
グレード排気量 駆動方式メーカー希望小売価格(税込)
X1.3 2WD1,445,000
1.5 2WD1,545,000
1.5 4WD1,713,000
G1.3 2WD1,580,000
1.5 2WD1,680,000
1.5 4WD1,848,000
L'epice1.3 2WD1,495,000
1.5 2WD1,595,000
1.5 4WD1,763,000
S1.5 2WD1,785,000
X "V Package"1.5 4WD1,650,000

2代目ラクティス後期モデル 2014年5月(平成26年5月) 発売

2代目ラクティス後期モデル 2014年5月(平成26年5月)発売
グレード排気量 駆動方式メーカー希望小売価格(税込)
X1.3 2WD1,615,091
1.5 2WD1,656,327
1.5 4WD1,813,418
G1.3 2WD1,756,473
1.5 2WD1,797,709
1.5 4WD1,954,800
G "プライムスタイル"1.5 2WD1,886,073
S1.502WD1,905,709

トヨタ・ラクティスの内装

ラクティスの内装は、どのような快適性と機能性があるのか初代と2代目の変更点を見ていきましょう。

初代ラクティスの内装

●運転席

トヨタ ラクティス 内装

メーターからセンターコンソールパネルにかけて、円形の中にメーター、シフトレバー、ナビゲーションモニターが収まっており独特なスタイルです。

シンプルで運転席からエアコンやナビゲーションの設定がしやすいようになっています。

●後部座席・ラゲージルーム

後部座席とラゲージルームはさまざまな形に変更でき、旅行やキャンプ、大きな買い物までこなせる収納性があるのがラクティスの大きな魅力でしょう。

ファミリーカーとして嬉しい機能でしょう。
さらに、前席のフルリクライニングで倒すと、後部座席と一体になってフラットにできるため、車中泊でも快適な車内空間にすることができます。

2代目ラクティスの内装

●メーター

スピードメーターが中央に配置され、速度が観やすく、3連メーターになったことでスポーティーな雰囲気になっています。

また、メーター内はエコドライブインジケーターランプもあり、ドライバーの運転から燃費を意識させることもできるようになりました。

●運転席

トヨタ ラクティス 内装

初代からインパネのデザインを一新。シフトレバーの角度が浅くなったため、シフトノブの操作性はしやすくなっていると思われます。
上画像からエアコンはマニュアルエアコンですが、オートエアコンと選択が可能です。

そしてバックモニターが装備され、駐車の際はナビゲーションモニターから後方を確認できるようになっています。

●6:4分割チルトダウン機構リアシート(遠隔可倒レバー付)

レバーを片手で引くだけでリアシートの背もたれがバタッと倒れ、フラットなラゲースペースへ簡単にすることができます。
このレバーは、ラゲージルームの側面にあります。

トヨタ・ラクティスの実燃費

ガソリンスタンド

トヨタ・ラクティスの実燃費はどれくらいなのか。ユーザーの声から探ってみたいと思います。

燃費は街乗りで11km/L
郊外14km程度
高速16~18km/L位

出典:http://www.goo-net.com/

街乗りで11~14km/L。
高速道路で16~17km/L。

カタログスペックから約6割程度というのはちょっと悪いほうでしょう。
しかし、このクラスでリッター辺り10キロ以上走るのであれば、同クラスで満足いく値という声が多いです。

ガソリン節約についての記事はこちら

トヨタ・ラクティスの口コミ・評価

トヨタ・ラクティスの評価どうなのか、口コミサイトから見ていきました。

ラクティスの良い点

見た目が小さくてかわいらしく、運転しやすいので初心者や女性には向いています。後ろの席を倒して荷室にすることができ、引越の際には重宝しました。

出典:http://www.goo-net.com/

リアシートを畳むと広大なスペースが、夫婦で車中泊も出来ました、前席回りの小物入れも十分有り使いやすい

出典:http://www.goo-net.com/

ラクティスの悪い点

スポーツカーじゃないので加速は良くないです。高速の追い越しはちょっと大変でした。

出典:http://www.goo-net.com/

足回りが固い、ロードノイズが大きい、Aピラー周りの視界が良くないので注意が必要
四角いボディなので、横風には注意

出典:http://www.goo-net.com/

車内スペースが広く、車中泊、買い物、家族での灯でに重宝している意見が多いです。
ラクティスの売りがしっかりとユーザーの要求に応えている結果と言えるでしょう。

ラクティスについての悪い点や不満なところは、多くのユーザーに共通している点は、「ロードノイズが気になる」、「車高が高いのでカーブの時に横転しそうで不安」、「加速性に乏しい」、「内装が安っぽい」です。

内装の質感や加速性はラクティスの価格帯と搭載されているエンジンから仕方のないところですが、ロードノイズはカーブでの安定性は、改善できたところでしょう。

ロードノイズの対策はタイヤの変更で改善できそうです。カーブでの高速走行は避け安心感のあるドライビングを心掛けたほうがよいでしょう。

トヨタ・ラクティスのカスタム車画像

ラクティスは、どのようなカスタムがされているか見ていくために、SNSからいくつかカスタム車の画像を集めてみました。

Збс.

A photo posted by Евгений Дружинин (@evgenii_fint4) on




カスタムについての記事はこちら

隠れた人気ファミリーカーであるトヨタ・ラクティス

トヨタ・ラクティスの実燃費やカスタム例から内装や乗り心地の評価などを紹介していきましたが、いかがでしたか?

150~200万円でここまで大容量なトールワゴンが購入できるのであれば、ラクティスはかなりお買い得な車でしょう。
大きなワンボックスカーを買うより、5人乗車で十分なラゲージスペースがあるラクティスであれば、今の日本の家族事情に合っているでしょう。

そういったところから、10年間も販売でき、後継車も登場したのでしょう。後継者のルーミー、タンクにも期待ですね!

コンパクトカー・ファミリーカーに関するおすすめ情報はこちらの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK