MOBY

車のエアコンの暖房をつける時にA/Cボタンを押すべき場合は?燃費とは関係ない?

車のエアコンは夏にA/Cボタンを押して冷房にすると燃費が悪くなるので、冬の暖房はどう使えば良いか気になっている方も多いでしょう。車のエアコンの暖房をつける時にA/Cボタンを押すべきなのはどのような場合なのか?暖房と燃費との関係などについて解説していきます!

車のエアコンのA/Cボタンは何をするもの?

エアコン 照明

暖房が車の燃費にどう関係するのか、気になったことはありませんか?
ガソリン代を節約するためになるべく暖房を使わないようにしたり、ガソリンが少なくなった時にガソリンスタンドまで暖房をつけずに我慢したという方もいらっしゃるかもしれません。

車のエアコンには「A/C」と書かれたボタンが付いていますが、このA/Cボタンはエンジンの動力でコンプレッサーという機械を動かすためのスイッチになっていて、コンプレッサーが動くことによって車内の空気を冷やす冷媒(エアコンガス)がエアコンの中を循環します。

車のエアコンで暖房をする時も家にあるエアコンと同じように空気を温めていると思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

一部の電気自動車などを除いて、車のエアコンはA/Cボタンをオンにしても冷房と除湿をする機能しかなく、家庭用エアコンのようにエアコン自体が空気を温めているわけではないのです。

車のエアコンが効かない場合の対処法はこちらの記事

車のエアコンはA/Cボタンを押さなくても暖房が使える

エアコン 吹き出し口

多くの車でエアコンのA/Cボタンを押しても冷房と除湿の機能しかないのは、車にはエンジンという非常に熱くなる部分があるからです。
エンジンから出る熱は通常捨ててしまうものなので、この熱を利用すればわざわざ暖房用にエネルギーを作る必要がなく効率が良いですよね。

このため、熱くなったエンジンの冷却水に送風ファンの風を当てることで車内の空気を温められるようになっています。
エアコンのコンプレッサーを動かさなくても車内を温められますので、暖房として使うときにはA/Cボタンを常に押しておく必要はありません。

オートエアコンでは一般的にエアコンをつけると自動でA/Cボタンも押された状態になりますが、オートエアコンでも意識的にA/Cボタンを切ってコンプレッサーを動かさずに暖房として使うことができます。

車で暖房をつける時にA/Cボタンを押すべき場合は?

出典 :©Shutterstock.com/ Jne Valokuvaus

エンジンの熱で車内を温められるようになっていて、A/Cボタンは冷房と除湿をするだけであれば、車のエアコンで暖房をつける時にA/Cボタンを押すべきなのはどのような場合でしょうか。

それは、結露によってできた窓の曇りを取りたい時です。

外気温と車内の温度差が激しいと、窓で冷やされた空気中の水分が結露します。
また1度に大人数で乗車した時など、人の出す息や汗で車内の湿度も高くなります。
このようなときエアコンのA/Cボタンを押さず送風だけの暖房にしていると窓ガラスが曇りやすくなるので、A/Cボタンを押して車内の除湿をする必要があります。

車のフロントガラスや運転席、助手席の窓ガラスが曇ったままにしていると視界も狭くなり大変危険です。
ガラスが曇らないように注意し、結露してきたら暖房でもA/Cボタンを押して曇りをとりましょう。

逆に、エアコンのA/Cボタンを押したままにしていると車内の空気が必要以上に乾燥してしまうことがあります。
目や喉を傷めていたり、乾燥に弱い人が乗車する場合など、除湿のしすぎにも注意したいですね。

エアコンのA/Cボタンだけでなく風向切り替えなども活用

エアコン 風量切り替え

出典 :©everystockphoto.com/ lampposted

暖房時に車のガラスが曇る大きな原因は、外気と車内の温度と湿度の差です。
風向切り替えをウインドー(デフロスター)にして温風を窓ガラスに向けたり、外気導入にして車内に外気を取り込むことでも、ある程度は窓ガラスを曇りにくくすることができます。

ただ、車外の気温、湿度が車内より低い場合は外気導入を使用するのが効果的ですが、外気温、湿度によってはあまり効果が得られない場合があります。

エアコンのA/Cボタンによる除湿と風向切り替えや外気導入などを組み合わせれば、効率よくガラスの曇りをとることができるでしょう。

車のエアコンのA/Cボタンは燃費と関係ない?

エアコン 風向切り替え

最初に述べた通り、車のエアコンはコンプレッサーを駆動するためにエンジンの動力を利用します。

夏場にA/Cボタンを押して冷房を使うと10~20%ほど燃費が悪化することがありますが、これは高い温度の空気を冷媒で冷やす時、コンプレッサーの圧力がより必要となり、エンジンにかかる負荷が大きくなることが原因です。

冬場は外気でエアコンの冷媒を効率よく冷やすことができるので、コンプレッサーの必要とする駆動動力も格段に小さくなります。
コンプレッサー自体の能力も向上していて、燃費の悪化も数%程度に抑えられると言われていますので、車のエアコンで暖房のA/Cボタンを押しても燃費への影響はほとんどないと考えてよいでしょう。

もちろんA/Cボタンを押さずに送風だけで暖房している場合は更に燃費への影響は小さくなりますので、もう暖房を使うのを我慢することもありません。

車の暖房で窓が曇ったらA/Cボタンを使おう!

エアコンパネル

車のエアコンで暖房を使うときのA/Cボタンの機能や押すべき場合、燃費への影響などについて解説してきましたが、いかがでしたか

ガラスの曇りをとるにはエアコンのA/Cボタンで除湿機能を使うのが効果的ですが、乾燥しすぎにならないように曇りをとる時だけ押せばよいでしょう。

車のエアコンの暖房は冷房と違って燃費への影響も小さいので、ガソリン代のために暖房を控えることもありません。

車内温度を快適に保ち、楽しくドライブをしましょう!

車のエアコンに関する情報はこちらの記事

車の豆知識・裏技に関する情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す