初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【車のブレーキから異音が聞こえたら】原因から鳴き止めの方法について!

ブレーキを踏み込んだときに、「キィィィィ」や「ゴォォォォ」といった音が聞こえた経験はありませんか?車の制動力に関わるブレーキから異音が聞こえるというのは、不安に感じるかもしれませんね。 今回は、そんなブレーキ鳴きの原因や鳴き止めの方法について解説していきたいと思います。

ブレーキが効くメカニズムについて

AT車 ブレーキペダル

出典 :©shutterstock / NorGal

ブレーキ鳴きについて説明する前に、ブレーキはどのようなメカニズムで働いているのか、という理解を簡単に済ませておきましょう。

ブレーキシステムには、ディスクブレーキとドラムブレーキの2つが存在しますが、双方とも、タイヤの回転を、摩擦材を使って押さえつけ、制動力を生じさせています。
それぞれの仕組みと特徴を簡単に説明していきます。

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ ブレーキパッド

ディスクブレーキは、タイヤを取り付けている「ハブ」という部品に、ディスクローターという金属部品が一緒に取り付けられ、そのディスクローターをブレーキパッドという摩擦材で押さえつけることで、連動するタイヤの回転力が落ちる仕組みになっています。
ブレーキパッドを支えるブレーキキャリパーという部品は、タイヤの外側から見えるため、ディスクブレーキか否かが判別し易いでしょう。
ディスクローターは外部に晒されるため、錆びやすい反面、摩擦による熱を放出しやすい構造となっています。

ディスクブレーキに関する情報はこちらの記事

ドラムブレーキ

ドラムブレーキ

出典 :©Shutterstock.com/ Etaphop photo

ディスクと同じように、ハブに取り付けられた、タイヤの回転と連動するブレーキドラムの内側から、ライニング(ブレーキシュー)という摩擦材を押し付けることで、タイヤの回転力が落ちる仕組みになっています。
ブレーキドラムは密閉されているため、錆の原因となる水が入りにくい反面、摩擦による熱が放出しにくい構造となっています。

ドラムブレーキに関する情報はこちらの記事

ブレーキから聞こえる異音の正体は?

疑問 ポイント

正常なブレーキであれば、「スー・・・」という、静かな摩擦音が聞こえる程度ですが、「ゴォー・・・」や「キィィィィ」といった、通常鳴らない異音が生じることがあります。
甲高い不快音であれば、ブレーキを踏む度に気になるでしょうし、通常鳴らない音が鳴るとなると、最悪ブレーキの効きに問題があるのではないかと不安になりますよね。

こうした異音が発生するということは、先述のブレーキ構造における、ブレーキパッドとディスクローター、もしくはライニングとブレーキドラムの接触に異常があることを意味します。
異常と言っても、ブレーキの効きに影響を及ぼす度合いは、原因によって様々です。

ブレーキ鳴きが発生する原因とは?

車 音

出典 :©Shutterstock.com/ grmarc

ブレーキパッドの摩耗

ブレーキパッドは、身を削って摩擦を生じさせるのですから、当然残量は減っていきます。
残量が減ると、パッドウェアインジケーターという部品がディスクローターに触れ、「キィィィィ」という甲高い音が生じます。
これは構造に問題があるのではなく、予め設定されたお知らせ機能のようなものです。

新品時は厚さ10mm程度で、交換時期は3mm以下1mm以上が適切ですが、これを下回ると、異音どころでなく、ブレーキの効きに問題が生じてくるので注意してください。

ドラムブレーキにおけるライニング(ブレーキシュー)には、パッドウェアインジケーターのようなお知らせ機能がないため、音が鳴ることはありません。
そのため、走行距離が5万kmを超えた辺りで、業者にチェックして貰うことをおすすめします。

ブレーキシューに関する情報はこちらの記事

パッドとローターの摩擦面の振動

ブレーキパッドの残量が十分な場合でも異音が生じるケースです。

回転しているローターと静止しているパッドが接触するため、そこには振動が発生します。
振動を吸収する特性を持つローターもしくはパッドの摩擦面に問題がある場合、振動は周辺にあるキャリパーやサスペンションに伝わり、共振を起こし、振動が音となって増幅するのです。

この振動の周波数によっては、不快に感じるような「キィィィィ」という音となります。

ローターの摩擦面の問題

ディスクローターは金属製であり、ブレーキドラムと違って外部に晒されているため、車を長時間放置すると錆びてしまいます。
ローターが錆びた状態でブレーキを踏むと、「コー」という擦れた感じの音が鳴ります。
また、古いパッドを使用していると、摩擦材がローターの表面に溶着するケースもあります。
このケースは、共振を起こす原因となります。

原因別のブレーキの鳴き止め方法

ブレーキ 修理

出典 :©Shutterstock.com/ Nejron Photo

ブレーキパッドの摩耗

ブレーキパッドは、残量が1mm以下になると、ブレーキの効きに影響を与える危険な状態なので、早期交換を心がけましょう。
ブレーキ鳴きを止めるというよりは、ウェアインジケーターからの緊急信号をしっかり察知し、ブレーキを安全な状態にするということですね。

ブレーキパッドに関する情報はこちらの記事

パッドとローターの摩擦面の振動

振動による鳴きを抑えるためには、パッドとローターの振動の周波数を少なくする必要があります。
ただし、このケースの場合は、パッドが摩耗したときと同じ要領で、パッド交換や手入れは自分で行わないようにしてください。
具体的な原因の特定は素人には困難であり、間違った対処をすると、かえってブレーキの制動力に悪影響を与える可能性も考えられます。

業者に不具合問診を行ってもらい、確実に原因の特定をして貰うことが適切な対応です。
DIYで可能な範囲としては、パッドの裏面に、鳴き止め専用のグリスを塗って、異音の原因となる振動を制御するだけに留めておきましょう。

キタコ(KITACO) ブレーキディスクパッドグリス

ブレーキ用 グリス

出典:https://www.amazon.co.jp/

ブレーキパッド用の鳴き防止剤として人気の高い商品です。
安価の使い捨てタイプで、1つ使用すれば1台分のブレーキパッドに使用できる量となっています。

この商品の購入はこちら!

ローターの摩擦面の問題

ローターの錆は、車を走らせた状態でブレーキパッドを効かせると、摩擦で落ちていきます。
ローターが錆びたら、車を走行させるだけで対策となります。

ローターの摩擦面の摩擦材の溶着などの表面の荒れは、表面研磨を行うことが対策となりますが、他の部品を傷つける恐れがあるため、不具合問診込みで業者に依頼した方が懸命です。
仮に問診の結果、ローターの交換で済むような場合には、DIYでローターを交換することは可能です。
以下にローター交換方法の動画を掲載します。

ブレーキローター交換方法

ブレーキ鳴きで訴訟沙汰に?

刑事処分 裁判

ちょっとした余談ですが、ブレーキ鳴きが訴訟に発展したことがあります。
京都市のバスの男性運転手が、ブレーキ鳴きが起こるバスを運転することに恐怖を感じるとして、異音の出る車両を運転させないことを、市に提訴したのです。
市の交通局の言い分は、「整備・点検の上でブレーキに不備がないなら、制動力に問題はない」というものでした。

実際の制動力はさておき、それだけ異音が気になる人もいるということです。

ブレーキから異音が聞こえたらすぐに点検を!

点検

ブレーキの種類や、様々な原因によって起こるブレーキ鳴きと対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ブレーキ鳴きには、単に音が不快なだけのものや、ブレーキの危険を知らせるものが存在しますが、原因について音だけで判断するのは不十分です。
仮に異音がブレーキからの救難信号だったのにも関わらず、「気になるけど、まぁいいか」で済ませば、最悪命に関わる事態に発展しかねません。

ブレーキから異音が聞こえた場合は、必ず点検を行うようにしましょう!

車のブレーキに関する情報はこちらの記事

車のメンテナンス・点検に関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す