初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

おすすめライトバン車種ランキングTOP5|最新の中古車価格も!【2017年版】

ライトバンといえば、トラックの荷台部分を貨物室とした「有蓋商用車」で、主に企業や商店などで、物品の運送や配送などに使われることが多い車です。今回は、そんな人気のライトバンの人気車種ランキングを、中古車価格も交えて紹介します!

ライトバンとは?

ライトバン 商用車

©Shutterstock.com/ Yuri Schmidt

ライトバンというのは、実は正式名称ではなく、あくまで自動車の分類上の故障であり、ある意味では日本で独自に進化し、商用車として使い続けられていくうちに"いつしかそう呼ばれるようになった車"というのが正しい解釈です。

バンの中では比較的小型で、積載量も少ないという意味も込めて「Light=軽い」という意味のライトバン、という訳です。

あくまで、ライトバンというのは"呼称"に過ぎず、また明確な枠組みがないため、基本的にカタログ上などでは「バン」と表記されることも多いです。

冒頭にも触れたように、家庭用自動車というよりは主に企業や商店などで、物品の運送や配送など、いわゆる商用車として使われることが多く、ジャンルとしては「貨物自動車」に分類されます。

どういう車をライトバンって呼ぶわけ?

©iStockphoto.com/ Vonkara1

ライトバンと呼ばれる車の種類はいくつか存在します。

個人で乗用するためにライトバンを購入する人というのは基本的に極めて少なく、所有したとしても個人で事業を営む、いわゆる個人事業主が利用していますが、キャンピングカー代わりに購入する人も最近は少数ですが居るようです。

ライトバンと呼ばれる車のボディ形状をいくつかご紹介します。

2BOXタイプ

↓トヨタ プロボックス

プロボックスGL1.3

基本的に、ライトバン=2BOXと世間的には認識されています。車高が低く、後部にラゲッジスペースを持つ形状で、街中で営業車としては知っている姿を今でもよく見掛けます。

しかし、自動車税や車検が高くつくことから、経費の面で徐々に企業からは敬遠されており、違う車に置き換えられているといいます。

フルゴネットタイプ

↓シトロエン AK400

欧州車に古くからあるタイプで、移動パン屋や移動カフェなどがこの車で登場する事もあります。

その形状上、運転姿勢が正され、操縦安定性も高い事で知られています。

モノスペースタイプ

↓日産 NV200バネット

日産 NV200バネット

モノスペースの商用車で、荷物が多く詰める事で知られているタイプのライトバンです。背が高く、全長に対してボンネットが短い為、1.5BOXとも呼ばれています。

ワンボックスタイプ

↓トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエースバン 2013年

こちらは、より多くの荷物を荷室に充てる事ができ、日本だけでなくアジア諸国で商用車として使われているライトバンです。

では、そんな中でもどんな車種が人気なのか、さっそくランキング形式でまとめてみましたので、是非ご覧ください!

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社