MOBY

カーリースは実は損?メリット&デメリットからおすすめ業者の料金比較まで

カーリースといえば、自動車を長期契約でもって一定の期間、不動産でいうところの定期借家のような形で借りて乗ることが出来るサービスとして知られています。マイカーのような感覚で使えるということで、最近人気が出てきています。今回は、そんなカーリースの実態と、おすすめ業者の料金比較などをまとめてみました!

カーリースとは?

車 契約

出典 :©Shutterstock.com/ tynyuk

個人が車を持つときの手段を考えた時、あなたはどんなイメージを持たれますか?

新車は勿論、新古車や中古車、レンタカーなど様々ですよね。

今回は、個人向けリース。すなわち「カーリース」についてをまとめてみました。

カーリースは、高級な車に低価格で手軽に乗れるという事で大変人気なサービスですが「借りる」という点で、不安を覚える人が多いのも確かです。

カーリースはレンタカーと何が違うの?

レンタカー

出典 :©Shutterstock.com/ Edler von Rabenstein

レンタカーは、基本的に短期契約で、不特定多数の方(要するに希望者)に貸し出すサービスです。

対してカーリースは、長期契約により一定の期間、ずっと借り続け、乗り続ける事が出来ます。

では、カーリースにはどういった特徴があるのでしょうか?

カーリースのメリットとデメリットは?

メリット デメリット

車を持つのであれば、きちんと購入し所有権を持つのが一番いいですが、「置く場所がない」「長い期間乗らない」など、様々な理由から所有しない方が良い場合も多々ありますよね。

カーリースの主なメリット

・所有権がないので税金、保険、車検などを払う必要がない
・リース代を経費計上でき、節税に使える
・グレードの高い車に安価で乗れる
・事故時やメンテナンス時も、リース会社に一任できる

特筆すべきは、2番目の「リース代を経費計上でき、節税に使える」事ではないでしょうか。ゆえに、法人や個人事業主での方におすすめといえます。

ビジネスを経営していれば、経費はなるべく抑えたいところ。そこで、車の維持費もろくにかからず、資金繰りがしやすいということでカーリースの需要が高まっているという背景がうかがえます。

カーリースの主なデメリット

・決して所有者ではないので、返却義務がある(いずれ乗れなくなる)
・リース料金には金利が付き、比較的高めに設定される
・大きな事故をおこせば、即解約もあり得る(当然ですね)
・基本的に改造ができない
 (厳密にいえば出来るが、原則は返却時に元に戻せるもの)
・リース期間で走行距離制限があり、長距離を走れない
・中途解約金が高い

このデメリットを読んで、恐らくあなたも感じたはずですが、すべての人にこのデメリットは適用されるわけではありません。

ただ単に普段乗るだけならまったくもって問題なく、むしろ便利なカーリースですが、使い方によっては「むしろ新車の方が安かったんじゃないか?」というくらい、高くついてしまいます。

カーリースに向いている人・不向きな人

便利なのはわかったけど、自分にとってカーリースが良い物かどうかわからないという意見もあります。

◆カーリースに向いている人

・個人事業主、法人
・特に改造などを必要とせず、乗れれば良い
・車で旅行に出掛けたり、長距離を乗ることがない
・とにかく、維持費など金銭面を安く抑えたい
・乗るたびにいちいちレンタカーを借りたくない

◆カーリースに向いていない人

・一度乗った車に愛着がわいてしまい、ずっと乗りたい
・運転が苦手
・どうせ持つなら自分色に改造したい
・乗る頻度が極めて少ない
・ドライブが大好きで、暇さえあれば運転したい

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す