初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セントラルサーキットとは?攻略情報や入場料&アクセスから走行会などのイベント情報も

セントラルサーキットを知っていますか?近畿圏の方はご存じの方も多いでしょう。この記事では、主にセントラルサーキットの走行料金・アクセス方法などの基本情報から、走行会などのイベント情報・入場料などの最新情報へのアクセス方法を掲載しています。ぜひ、週末はセントラルサーキットへ足を運んでみましょう。

セントラルサーキットとは?

セントラルサーキットは、「東の筑波」に対し「西のセントラル」と言われ、近畿圏のモータースポーツの拠点です。
セントラルサーキットは、兵庫県に位置していて、レーシングドライバーの井入宏之が代表を務める、株式会社セントラルサーキットが運営しています。

筑波サーキットについてはこちら

セントラルサーキットの走行料金

ライセンス種別 走行料金(30分)

一般ライセンス(4輪) 5,900円
一般ライセンス(2輪・カート) 3,500円
ゴールドライセンス(4輪) 2,500円 法人ゴールドライセンス取得時、もう1人の一般ライセンス所持者も走行料金は2,500円
ゴールドライセンス(2輪・カート) 2,500円 法人ゴールドライセンス取得時、もう1人の一般ライセンス所持者も走行料金は2,500円
VIPライセンス(全カテゴリー走行可) 無料 VIPライセンス併用で2人の一般ライセンス所持者も走行料金は2,500円

計測器料金 走行利用金(1本)
全ライセンス共通 2,200円 使用時間問わず一律料金

セントラルサーキットライセンス
会員特典
1.入場料原則無料
2.毎月タイムスケジュール・イベント案内・レースリザルトを発送
3.共済会適用によりコース上の器物破損料金免除(ライセンス会員枠走行時)
4.JAF.MFJ等、競技ライセンス取得時の申請・推薦への補助
5. 運転技術の向上 安全運転に役立ちます

4輪 2輪・カート
入会金 20,600円 10,300円
年会費 17,500円 17,500円
共済会費 12,000円 12,000円
合計 50,100円 39,800円

出典:https://racersnavi.com/

セントラルサーキットへのアクセス方法

車の場合

中国自動車道の滝野社インターを下って、国道427号を中町方面へ向かいます。
糀屋交差点を左折すると右側にセントラルサーキットがあります。
インターからは約16kmの距離にあり、中国自動車道の加西インターからも約14kmです。
この場合も中町方面へ向かいます。

鉄道の場合

JR加古川線、西脇市駅で下車してください。
サーキットまではタクシーを利用するのがベストで、約15分で着きます。

セントラルサーキットのイベント情報・入場料

イベント情報

セントラルサーキットのイベント情報は、以下のサイトに最新情報がアップされています。

入場料

入場料 大人:1,000円
高校生:700円
中学生以下:無料
※開催イベントにより変更の場合があります。

セントラルサーキットで走りたい方におすすめの攻略方法

セントラルサーキットには長いストレートが2本あります。
そのストレートエンドはいずれも、ほぼ直角の右ターンです。
スピードとマシン・コントロール、そして度胸が試されるコースとなっています。
またコース後半のアップダウンがある連続コーナーは観客にも迫力満点です。
メインストレートの下に立体交差があり、すぐに右ターンがあるので、かなり繊細なドライビングを試される場所です。
セントラルサーキットは、スリル満点で、あなたの腕が試されるサーキットです。

セントラルサーキット最新走行会情報

サーキットレース レーシングカー

出典:©iStockphoto.com/lvcandy

COME1DAYRACE

セントラルサーキットで2017年ゴールデンウィークに開催される走行会のお知らせです。
今からでも参加エントリーできますので、今年のゴールデンウイークはセントラルサーキットで走行会デビューしてみませんか?

COME1DAYRACE
フリー走行30分 予選 30分 決勝レース ●クラス分け(タイム計測機付22,000円) □ FF/NAクラス □ FR/NAクラス □ ターボクラス

エントリーや詳細は以下のURLをご参照ください。

そしてもうひとつ、セントラルサーキットで2017年に開催される、ストリートラジアルタイヤ装着車限定のサンデーレース走行会のご紹介です。

2017年開催 【暫定】スケジュール

Round.1 5月14日(日)
Round.2 7月23日(日)
Round.3 10月15日(日)
Round.4 12月24日(日)

公式HPについてはこちら

セントラルラジアルチャレンジ 2017

セントラルサーキットで腕試しを!

セントラルサーキットのアクセスや入場料、イベント情報はいかがでしたでしょうか?
セントラルサーキットは、「西のセントラル」と呼ばれるだけあって、コースの難易度、アクセスの良さなど、一度は訪れてみたくなるサーキットではないでしょうか。
会員になるとさまざまな特典も受けられますので、まずはあなたの腕試しに、2017年の休日はセントラルサーキットに通ってみるのもいいかもしれませんね。

サーキットに関連する記事はこちら

レーサーに関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す