初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セルスター工業の特徴とは?人気レーダー探知機&ドライブレコーダーの評判&価格をご紹介

セルスター工業は開発から生産まで、日本国内で一貫して行っている自動車関連部品を扱うメーカーです。今回は、多くのセルスター工業製品のなかから、大人気のレーダー探知機とドライブレコーダーにスポットを当て、その特徴から製品の評判、価格などについてご紹介してまいります。

セルスター工業って?

セルスター工業について

セルスター工業をご存知ですか?
大手カー用品店やディスカウントストアのカー用品コーナーで「CELLSTAR」のロゴを見てご存知の方やすでにセルスター工業の製品を愛用されているユーザーも方も多いのではないかと思います。

セルスター工業は、1978年創業で神奈川県に本社を置き、自動車用品やその関連エレクトロニクス製品などを製造販売をしているメーカーです。

セルスター工業のラインナップ

セルスター工業が生産・販売している製品は多岐にわたっています。
その製品群は多種多彩で、バッテリー充電器やDC/ACインバータ、ポータブル電源、ジャンプスターターをはじめ、今回スポットを当てますレーダー探知機、ドライブレコーダーなどを扱っています。

セルスター工業の特徴は?

セルスター工業は、「JAPAN QUALITY」をセールスポイントとして掲げ、日本国内で自社開発し、日本国内で自社生産をしているということです。(一部海外生産もあります)

自社工場を国内に持ち、自社開発・自社生産のメリットを生かし、常に高品質な製品を生み出し続けています。
結果、多くの製品で3年保証を打ち出し、そのことが製品に対する自信の裏付けともなっていますので、ユーザーは安心してセルスター工業の製品を手にできるというわけです。

セルスター工業が「JAPAN QUALITY」たるゆえん、セルスター工業の三重工場、柘植工場を紹介した動画です。

レーダー探知機について

レーダー探知機とは

レーダー探知機とは、レーダー式速度測定器やオービス(自動速度取り締まり装置)など警察が行っている速度取り締まりで用いられるレーダー波を検知し、音や光などを発し、ドライバーに知らせる装置のことです。

速度取り締まり方法の変化

近年では、レーダーを用いない速度取り締まりも増えてきています。
自動速度取り締まり装置では、ループコイル式やLHシステムなど道路下の地面に埋め込んで計測する方法が主流となりつつあり、警察による速度取り締まりでは光電管式といった2点間の通過速度を測る取り締まり装置が主流となりつつあります。

これらの速度取り締まり装置では、レーダー波を発しないためレーダー探知機での警告は不可能となっています。

非レーダー波取り締まりに対しての対策

非レーダー波の取り締まり装置では、警告が不可能ですので、各メーカーともそれに対する機能を搭載して、対策を図っています。

代表的な機能がGPSを使った警告です。
自動速度取り締まり装置は全国のいたる所に設置されています。
あらかじめその情報をレーダー探知機に登録し、GPS機能を用いて付近を走行するさい、警告を発するというものです。
また、GPSの機能を使って、自車の速度を測定し速度超過に対する警報を発する機能を持たせるなどさまざまな工夫がその対策として施されています。

GPS イラスト

セルスター工業の特徴・自社開発製造の人気レーダー探知機を紹介

セルスター工業の特徴である自社開発・自社生産した安心の製品の一つが、大人気のレーダー探知機です。高性能で多機能なセルスター工業の代表的なレーダー探知機を紹介してまいります。

セルスター工業のレーダー探知機は、主力製品であるGPS機能を内蔵したGPSレーダー探知機ARシリーズとVRシリーズ、挿すだけで簡単に使えるGPSレシーバー、リーズナブルなソーラーレーダー探知機があります。

ARシリーズには、ミラー型・一体型・セパレート型があり、VRシリーズにはミラー型・一体型があります。
セルスター工業のGPSレーダー探知機は、ニーズや好みに合わせてさまざまなタイプが選べるようになっています。

セルスター工業・ハイブリッドミラー型GPS探知機AR-W61GM

ハイブリッドミラー型GPS探知機AR-W61GMの概要

セルスター工業の最新のミラー型GPS探知機が「AR-W61GM」です。AR-W61GMはミラー内に3.2インチMVA液晶を内蔵したハイブリッド型です。
国内自社生産モデルで3年のワイド保証がポイントです。

【特徴】
〇搭載した無線LANにより、自動で最新データを更新
〇生活道路に設置された新型取り締まり設置ポイントを収録
〇ゾーン30エリアを表示
〇リアルCGを使った警告表示
〇ドライブレコーダーとの連携(相互通信)対応
〇多彩な表示機能(待ち受け画面)

【商品情報】
Amazon価格:30,750円(2016年2月現在)
モデル名称:AR-W61GM
商品重量:313 g
商品の寸法:272.6(W)X19.6(D)X79(H)mm

ハイブリッドミラー型GPS探知機AR-W61GMの一押しポイント

最新のGPS探知機だけあって、無線LANの搭載やゾーン30の表示など今考えられる機能は、全部盛りといっていいと思います。そんな中、一押しのポイントは「ドライブレコーダーとの連携・相互通信機能」です。

同社の相互通信対応のドライブレコーダーを接続すれば、GPSレーダーに設定画面やカメラ映像を映し出したり、ドライブレコーダーに電源供給したり、走行データ、GPSデータを共有したりとさまざまな連携が実現します。

この機能は、優れた機能・性能を有するレーダー探知機とドライブレコーダーを持つ「セルスター工業」だから実現できたといっても過言ではありません。

Amazonレビューでの評判や口コミは?

車の買い替えと同時にドライブレコーダーとセットで購入。
OBDⅡで接続することで思っていたよりも簡単に取り付けも完了。常時電源は接続していないのでドライブレコーダーはOFFと同時に切れますが、今は特に良いかと思っています。

出典:http://amzn.to/

そんなにスピードを出さないので、検問・取り締まりにビクビクしませんが、予備情報として耳に入りますので、運転にゆとりが出来ます。画面はOFFで使用しています。

出典:http://amzn.to/

画面は見やすくはないです。「そういうもの」だと思います。脇見運転になっちゃうので見えなくてもいいんですがw
ソリオに取り付けましたが、車の性質上、デュアルカメラブレーキサポートがあるので、ミラーがかなり後ろについてます。なので、GPSの感度が若干悪くなりました。

出典:http://amzn.to/

※注(AR-W61GMは最新商品のため口コミがありません。情報は前モデルのセルスターのミラー型GPS探知機AR-393GMのものとしています)

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業・一体型GPS探知機AR-W51GA

一体型GPS探知機AR-W51GAの概要

セルスター工業の一体型GPS探知機「AR-W51GA」も先にご紹介いたしましたミラー型GPS探知機AR-W61GM同様にセルスターの最新型GPS探知機になります。
3.2インチMVA液晶や無線LANを搭載した国内自社生産モデルで3年のワイド保証がポイントです。

【特徴】
〇搭載した無線LANにより、自動で最新データを更新
〇生活道路に設置された新型取り締まり設置ポイントを収録
〇ゾーン30エリアを表示
〇リアルCGを使った警告表示
〇ドライブレコーダーとの連携(相互通信)対応
〇多彩な表示機能(待ち受け画面)

【商品情報】
Amazon価格:28,508円(2016年2月現在)
モデル名称:AR-W51GA
商品重量:110g
商品の寸法:104(W)X21(D)X54(H)mm

一体型GPS探知機AR-W51GAの一押しポイント

一体型GPS探知機AR-W51GAも、先述しましたミラー型GPS探知機AR-W61GMと同様の機能が一押しポイントです。

ミラー型と違い、一体型GPS探知機AR-W51GAは取付の自由度が高いので、クルマにあわせて選ぶのをおすすめします。

Amazonレビューでの評判や口コミは?

数年前にユピテルのレーダー探知機を購入しましたが、ゾーン30とオービスに非対応の為、初めてセルスターのレーダー探知機を購入しました。無線LAN搭載で、スマホやモバイルWifiルーター等でデータが無料で更新出来るのが気に入っています。

出典:http://amzn.to/

待ち受け画面が気に入っていて、長年「〇ムテック」を使用していましたが、あまりに誤警報が多く、それも代を重ねる毎に多くなっていました。以前のメーカーでは警報が出なかった注意ポイントも教えてくれますので、信頼性は高いと感じます。

出典:http://amzn.to/

以前はユピテルのスーパーキャット(GWR73sd)を使用していました。データ更新無料(無線LAN対応)とドラレコ連動目的で購入しました。GPSの認識の速さとレーダー機能には満足していますが、OBDⅡデータの表示(スピード、エンジン回転数)が3~4秒遅れます。

出典:http://amzn.to/

※注(AR-W51GAは最新商品のため口コミがありません。情報は前モデルのセルスター一体型GPS探知機AR-383GAのものとしています)

セルスター工業・最新GPS探知機はココでチェック!

ご紹介しました最新型のGPS探知機ARシリーズのAR-W61GM、AR-W51GAなどが動画で詳しく紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業・安いGPS探知機・VAシリーズ

必要な機能のみを搭載し、リーズナブルな価格で提供されるGPS探知機がVAシリーズです。VAシリーズにも、ミラー型と一体型があり、ユーザーの好みと予算で選ぶことができるのが嬉しいポイントです。
上級機種同様に、国内自社生産モデルで3年のワイド保証となっています。

セルスター工業・一体型GPS探知機VA-810E

一体型GPS探知機VA-810Eの概要

一体型GPS探知機VA-810Eは、リーズナブルな価格に抑えながら、基本性能をバッチリ抑えています。
50種類88,000件以上、取締・検問データ34,000件以上を収録した高精度GPSデータで非レーダー取り締まりに対応。最新データへの更新も対応しています。

【特徴】
〇取締機までの警告表示をドライバーに感覚的に伝えるスマート警告
〇多彩な待ち受け画面とCGによる警告画面を用意
〇GPSデータは毎月無料配信

【商品情報】
Amazon価格:11,478円(2016年2月現在)
モデル名称:VA-810E
商品重量:125g
商品の寸法:101(W)X23.5(D)X61(H)mm

一体型GPS探知機VA-810Eの一押しポイント

一体型GPS探知機VA-810Eの一押しポイントは、コストパフォーマンスの高さです。
必要なGPS機能を搭載しつつ、買いやすい価格を実現しています。
少ない投資で大きな効果が期待できるモデルです。

Amazonレビューでの評判や口コミは?

コストパフォーマンスに優れた、大変良い商品です。シートベルトの着用警告、トンネル前のライト点灯指示やトンネル通過後のライト消し忘れ、ネズミ捕り実績のある場所の連絡、その他いろいろ教えてくれます。大変便利です。

出典:http://amzn.to/

Wi-Fiもソーラー充電も不要(車に乗せるので12ボルトあるので)更新無料が決め手です。microSDで簡単でした。

出典:http://amzn.to/

まだあまり使ってませんが、過去の取り締まりポイントでしっかりと警告が出ました。画面の表示が変更できれば良かったかなと。設置は簡単で本体も小さいので視界に入らず邪魔になりません。

出典:http://amzn.to/

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業・ソケットタイプGPSレシーバー・GR-81/B GR-82/W

クルマのシガーソケットに挿すだけでGPSレシーバーに!
この簡単取付と持ち運びやすさにより、複数のクルマで手軽に使えるのが嬉しいポイントです。

【特徴】
〇高精度GPSデータ 25種類16,000件以上
〇速度取締機や取締りポイントなどを「音声」と「光」でお知らせ!
〇3大衛星対応!56基の衛星を受信可能

【商品情報】
Amazon価格:5,474円(2016年2月現在)
モデル名称:GR-81/B GR-82/W
商品重量:63g
商品の寸法:45(W)X24.6(D)X55(H)mm
[突起部、シガープラグ部除く]

GPSレシーバー・GR-81/B GR-82/Wの一押しポイント

GPSレシーバー・GR-81/B GR-82/Wの一押しポイントは、なんといってもコンパクトで取付が簡単なとこです。
ぜひ、「GPSレシーバー GR81/B GR82/W プロモーション映像」でご確認下さい!

Amazonレビューでの評判や口コミは?

長距離運転のため、セルスターのソケットタイプGPSレシーバーと、ユピテルワンボディーソーラータイプを購入しました。結果として、レーダーのほうは、自動ドアには反応しますが、高速道路のオービスには全く反応しませんでしたが、GPSレシーバーはボリュームを目いっぱい上げ、マイクロSDにGPS情報入力すれば、かなり活躍します。大満足です。

出典:http://amzn.to/

あんなに小さいのに機能は充分です!
配線のわずらわしさがないのが一番。アナウンスの音量が小さいとのレビューもありましたが自分はそこまで感じませんでした。スマホでのデータ更新も無料で簡単だし、コストパフォーマンスに優れた一品だと思います!

出典:http://amzn.to/

他社の2万円程度するレーダーとの比較でも十分に使用できると思います。音声と光だけのシンプルさが逆にいいと思いました。ただシガーライターからそこそこ飛び出すので、前モデルのトヨタノアみたくツルンとしたインパネではウォークスルーで運転席から移動するのに少し邪魔かも。

出典:http://amzn.to/

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業の特徴・自社開発製造の人気ドライブレコーダーを紹介

セルスター工業の特徴である自社開発・自社生産した安心の製品のもう一つが、普及が急速に進んでいるドライブレコーダーです。高性能で多機能なセルスター工業の代表的なドライブレコーダーを紹介してまいります。

セルスター工業のドライブレコーダーは、CSDシリーズと法人向けのTRシリーズの2種類が用意されています。そのスタイルは多彩で、一体型、セパレート型、ミラータイプのセパレート型、ツインカメラ搭載タイプなどがあります。

セルスター工業の人気ドライブレコーダーをいくつか紹介してまいります。

セルスター工業・フルHDドライブレコーダーCSD-670FH

セルスター工業のドライブレコーダーCSD-670FHは、200万画素のフルハイビジョン撮影、2.4インチタッチパネル、GPSを搭載したセルスター工業最新のドライブレコーダーです。
より鮮明に映像を記録するためSONY製Exmor CMOSセンサーやナイトビジョン機能などを採用しています。

【特徴】
〇フルハイビジョン200万画素
〇micro SDカードメンテナンスフリー
〇夜間・トンネルなど少ない光量でも綺麗な映像を記録できるナイトビジョン搭載
〇安全運転支援機能(前車発車警告、車間距離保持警告、車線逸脱警告)
〇パーキングモード(当て逃げ対策に有効)
〇自車位置や速度を記録するGPS搭載
〇レーダー探知機と連携可能

【商品情報】
Amazon価格:25,800円(2016年2月現在)
モデル名称:CSD-670FH
商品重量:89g
商品の寸法:本体:87(W)×22.5(D)×51(H)mm(突起部含まず)

フルHDドライブレコーダーCSD-670FHの一押しポイント

フルHDドライブレコーダーCSD-670FHの一押しポイントは、エンジン停止から最大12時間録画可能なパーキングモードを搭載していることです。
パーキングモードは当て逃げや盗難に大変有効です。
運転中のみならず、クルマから離れているときも、第3の目で監視してくれているという機能は安心度が違います。

また、CSD-670FHはGPSも搭載していますので、画像の記録に合わせて位置情報や速度など様々な情報とリンクできるのも嬉しいポイントです。

車上荒らし 盗難 車両保険

©shutterstock / Gina Buliga

Amazonレビューでの評判や口コミは?

オマケ程度に考えていたパーキングモードが案外いい。
パーキングモード中は低画質になりますが、自車の前方を通ると顔まで認識できる程度。低画質と言えど必要十分な画質。

出典:http://amzn.to/

数あるドライブレコダーは購入するのに迷いましたが一番の決め手はレーダー探知機と接続できることです。そして安心して運転できることです。
平均的な画面の大きさですがタッチパネルで設定が出来る事です。中々いい感じで画面が切り替えが出来る事は満足です。画質もいいし購入して良かったです。

出典:http://amzn.to/

順光での画質は露出、発色も良く綺麗です。特に青空など原色系が良く、当初の目的であるドライブ旅行の記録用に好適です。GPSもロケーションが良ければたいへん正確で、地図を拡大すればちゃんと道路の左端を走っていることがわかります。

出典:http://amzn.to/

※注(CSD-670FHは最新商品のため口コミがありません。情報は前モデルのセルスターGPSアンテナ内蔵 CSD-570FHのものとしています)

セルスター工業・最新ドライブレコーダーはココでチェック!

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業・セパレート型ハーフミラータイプドライブレコーダー CSD-630FH

セルスター工業・セパレート型ハーフミラータイプドライブレコーダー CSD-630FHは、機能性に若干の違いがありますが、先にご紹介いたしましたフルHDドライブレコーダーCSD-670FHと同様にセルスターのドライブレコーダー最新モデルになります。

こちらのモデルはミラー型でカメラが別体のセパレートモデルになります。
超小型カメラですので、一体モデルに比べ、取り付け後の死角が少なくより安全です。
好みに応じた選択ができるのが嬉しいところです。

【特徴】
〇フルハイビジョン200万画素
〇HDR搭載
〇パーキングモード(当て逃げ対策に有効)
〇自車位置や速度を記録するGPS搭載
〇レーダー探知機と連携可能

【商品情報】
Amazon価格:23,110円(2016年2月現在)
モデル名称:CSD-630FH
商品重量:本体283g・カメラ21g
商品の寸法
本体:272(W)×17.9(D)×80(H)mm(突起部含まず)
カメラ:35(W)×18(D)×35(H)mm(突起部含まず)
*マウントベース取り付け時65(H)mm

セパレート型ハーフミラータイプドライブレコーダー CSD-630FHの一押しポイント

セパレート型ハーフミラータイプドライブレコーダー CSD-630FHは、小型のカメラとミラー本体がセパレートになっていますので、視界の邪魔にならない場所にカメラを取り付けることができること、取付ベースを用意すればほかのクルマや別の位置に取り付けられるなど自由度が高いのが一押しポイントです。

Amazonレビューでの評判や口コミは?

200万画素だが十分である。カメラのみ自由自在に動かせるので徐行しながら左側の紅葉を、更には上向きにし冬空のイルミネーションも撮れる。工夫次第で楽しみが広がる逸品だ。

出典:http://amzn.to/

路面の凹凸からくるショックに対しミラーが細かく振動し後方確認がしにくい。単純なワイドミラーでは起きない現象ですから、電子回路の重さが原因の一つかも。

出典:http://amzn.to/

ダッシュボードの上がすっきりとして、カメラもミラーの裏側ですから視界に入らず期待以上でした。

出典:http://amzn.to/

ご紹介しました最新型のフルHDドライブレコーダーCSD-670FHなどが動画で詳しく紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業・ツインカメラ 搭載ドライブレコーダーCSD-390HD

セルスター工業・ツインカメラ 搭載ドライブレコーダーCSD-390HDは、その名の通り2つのカメラが前後に付いていますので、双方向とも同時に記録できることが最大の特徴です。
前後の同時録画の実現により、前方向だけでなく、さまざまな角度から走行状況やイザというときの事故の記録などが可能になります

【特徴】
〇前後カメラで前方と車内を同時録画できる
〇録画状況や操作設定などを音声で案内するボイスアシスト機能搭載
〇安心の国内生産・3年保証モデル

【商品情報】
Amazon価格:18,206円(2016年2月現在)
モデル名称:CSD-390HD
商品重量:65g
商品の寸法:93(W)×23(D)×48(H)mm

ツインカメラ 搭載ドライブレコーダーCSD-390HDの一押しポイント

ツインカメラ 搭載ドライブレコーダーCSD-390HDの一押しポイントは、なんといってもツインカメラによる前後同時録画です。
事故時に記録はもとより、車内の様子も同時に記録できますので、素敵な景色とともに、家族や恋人との楽しいドライブ動画としても使えるのではないでしょうか。

Amazonレビューでの評判や口コミは?

ツインカメラを検索した中で一番良さげなこの商品を選びました。セキュリティ連動を考えての事です。撮影範囲が狭くなるかスペースを確保するか悩みましたがスペース優先しました。クオリティはこんなものかなという感じです。

出典:http://amzn.to/

悪いところ
★本体に液晶がないのでカーナビ等でしかみれない sdカードを抜いてウインドウズpcが必要 
良いところ
★広角レンズを搭載しており、フロント両サイドの端から端まで、赤外線LEDは夜間は前席の人間の認識まで出来ます。

出典:http://amzn.to/

レーダー探知機と一緒に通信相互にしたので簡単で取り付けもすぐにできて非常によかった。

出典:http://amzn.to/

メーカーの商品情報はこちらからどうぞ

セルスター工業ドライブレコーダーCSDシリーズの紹介動画

ドライブレコーダーCSDシリーズのプロモーション映像です。

セルスター工業ドライブレコーダーの昼間の記録動画のサンプルです。

セルスター工業ドライブレコーダーの夜間の記録動画のサンプルです。

セルスター工業の特徴が伝わりましたか?

セルスター工業の特徴、製品の良さなどを紹介しましたが、伝わりましたでしょうか?
今回ご紹介しましたレーダー探知機とドライブレコーダーは、国内開発と国内生産にこだわったとても優れた製品ばかりです。
その機能性もさることながら、何より安心・信頼して使えるということもセルスター工業は大切に考えてくれているということです。

ぜひ、あなたもセルスター工業の「JAPAN QUALITY」に触れてみてください。

レーダー探知機に関連する記事はこちら

ドライブレコーダーに関連する記事はこちら

カーグッズメーカーに関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す