初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スズキのコンパクトカー人気車種一覧比較】燃費や価格に対する評判は?

スズキの得意としている車は軽自動車だけはありません。特にインドをはじめ、海外ではコンパクトカーを中心に展開し、高い評価を得ています。そんなスズキのコンパクトカーの特徴を、価格や燃費の評判などと合わせて紹介していきます。

スズキはコンパクトカーも得意なメーカー

スズキ スイフト ハイブリッド RS 新型 2017年

スズキというと、まず軽自動車のメーカーとイメージする人も多いのではないでしょうか。
しかし、軽自動車よりも一回り大きなコンパクトカーも同じぐらいに力を入れていて、それもただの実用車に留まらない個性が光る車ばかりです。

インドをはじめとした海外でコンパクトカーを積極的に投入してきている結果ではないでしょうか。
ここでは現在日本で販売されているスズキのコンパクトカーを、燃費や価格を比較しながら、ユーザーの評判も合わせて紹介します。

スズキ・イグニス

スズキ イグニス

▶新車:1,380,000~1,910,000円
▶燃費:28.8km/L

スズキ・イグニス2016年に新たに誕生したクロスオーバーSUV型 のコンパクトカーです。スズキはエスクード、軽自動車のハスラー、ジムニーなど、このジャンルでも独自の路線を築いてきました。

ボディサイズも、SUVでありながら一般のコンパクトカーとしてもかなり小さくまとまっており、全幅1,660mm、全長3,700mmに収めています。軽自動車では小さすぎるけど、一般的なコンパクトSUVでもちょっと大きいという方にぴったりではないでしょうか。

普通のコンパクトカーとしても燃費は非常に良い方です。一般的なコンパクトカーよりは少し価格が高くなりますが、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとした安全装備も充実しているのでこの価格は納得ではないでしょうか。
なお、イグニスはすべてハイブリッド車です。

スズキ・イグニスのユーザー評価

【総合評価】
個性があり、他社にないかっこいいデザイン。
軽さのおかげで燃費もまずまずいい。
他社にはできないバランスのよさと発想。

【良い点】
軽くて安全装備も満載。
かっこいい、国産にはないオーラ。

【悪い点】
ないが、また他社がすぐ似たスタイルを出してくる。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
素晴らしい

【良い点】
・外見より中が広い
・走りも静か
・ハイブリッドで燃費も良い
・スマートなデザイン
・メーターのデザインもカッコイイ
・小回りが利く

【悪い点】
特にない。しいて言うならコンパクトなので4人以上乗ると多少狭さを感じるか

出典:http://www.goo-net.com/

スズキ・イグニスの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ・イグニスの詳しい性能からその口コミまではこちらで紹介

スズキ・ジムニーシエラ

ジムニーシエラ

▶新車:1,660,00~1,860,000円
▶燃費:13.6 km/L

軽自動車のオフロード四輪駆動車として独自の地位を築いているジムニーですが、ジムニーシエラは軽自動車の規格を超えてボディサイズを拡大し、排気量をパワーアップさせた兄弟車です。

ボディを拡大したといっても全幅は1,600mmと並みのコンパクトカーよりも小さく収まっているので細い林道などでも安心。
排気量は余裕の1,330ccで走行性能は格段に上がっていて、山岳の悪路などでも安心です。

ジムニーは長い間モデルチェンジをしていませんが、それだけ完成度が高いということです。
町乗り中心ならばイグニスでも良いかもしれませんが、山道やオフロードなどを走行する人にとって、ジムニーシエラは頼もしい相棒となってくれそうです。

スズキ・ジムニーシエラのユーザー評価

【総合評価】
現行も素晴らしいが、いよいよ新型デビューしそう。
楽しみで仕方ない方々多いと思うが、現行以上を越える?
現代版ラダーフレームや新エンジンで武装は文句なしでしょう。TMSでデビュー? かっこいいガワのスクープがでていたが新成という感じでグー。

【良い点】
人気は別格で万能な車。
運転楽しく、運転しやすいマイロードを突き進む最高な1台。ジムニーにSUVブームは無関係。別物、別格でSUVしているかっこいいジムニー。スズキの車作りは素晴らしい。

【悪い点】
軽自動車ジムニーとシェラの違いを大幅に代えてほしいが?
シェラはオーバーフェンやジープしていてかっこいいが維持費等で軽自動車に人気があるが、シェラもいい味がでていていい車だが。新型はかっこいいシェラに期待。
ジープ系はデザインが似たり寄ったりだから、個性をだしてほしい。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
新型の1000ターボがデビュー?
オーバーフェンでかっこいい。
軽自動車と自働車税があまり変わらず、今回はシェラか?
20年ぶりだから楽しみだが、、、、。

【良い点】
別格で万能。
スズキの傑作車。

【悪い点】
ジムニーは、日本の宝だがシェラは?
シェラのよさや個性が一部の方々にしか受け入れられない。

出典:http://www.goo-net.com/

スズキ・ジムニーシエラの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ・バレーノ

スズキ バレーノ 2016年型

▶新車:1,410,000~1,610,000円
▶燃費:24.6km/L

なんとインドからの逆輸入車、バレーノです。
ボディサイズは全幅は1,745mmと日本では3ナンバーサイズですが、全長は3,995mmと4mを切っており、スイフトより一回り大きいぐらいです。
BセグメントともCセグメントの中間ぐらいのイメージでしょうか。車体重量も1,000kgを切っていて、相当軽量化をしています。

エンジンは1.0Lの設定もあり、車格に比べるとパワー不足も心配されますが、新開発のブースタージェットエンジン(ターボ)でそれを感じさせないようになっています。
また、気を付けなければならないのは、燃料にハイオクガソリンを指 定し ているという点です。

インド産というだけではなく、他の車に見られないような一風変わったスペックを楽しみたい人にいかがでしょうか。

スズキ・バレーノのユーザー評価

【総合評価】
低燃費と大出力を両立させるが、走りのしなやかさや滑らかさにも期待したい。
ハードウェアとしては優れるが、感性の点は4気筒エンジンに及ばないと思う。
高速道路を通常は100キロ程度で走り、追い越し車線で速い車が迫っても加速して前に出られる。
高速道路で、100キロで静かで低燃費で余裕を持って走れる。
【良い点】
アダプティブオートクルーズは便利で安全。
ミリ波を使う自動ブレーキは的確に作動しそう。警報は何度も経験した。
三気筒1000ccターボは、経済性とハイパワーを両立させている。
6速ATは変速が速く、ロックアップにより滑りが少ない。
節度を感じにくいCVTと比べて、6ATは個人的に評価できる。
ファミリーカー的な足回りであるが、エンジンの出力やコーナリングを十分受け止められる。
走行時の99%を自然吸気の1Lエンジンで賄うことで、低燃費化する。
加給時と自然吸気時の出力の差を感じさせにくい、スロットルとAT制御を期待したい。
インジクターの数を減らすことで、直噴のコストアップをある程度吸収している。
小気筒化により熱損失を減らすことで、アイドリングストップ無しでも燃費を改善している。
【悪い点】
スイフトと比べて、走りにしなやかさが無い。路面への追従性が劣る。
かつて使われた後輪のストラットは、コストや重量の点で使えないのだろうか。
1速と2速が離れており、40キロ以上では1速に落とせない。
峠道の下りは2速のエンジンブレーキを多用することになる。
小排気量ターボで不利なエンジンブレーキを、6ATの変則比設定でカバーできると助かる。
エンジンブレーキの操作は、昔のマニュアルミッションと同じである。
近頃はCVTに慣れて、坂に合わせたエンジンブレーキの操作を忘れている。
登りはATでも、下りはパドルシフトをマニュアルミッション的に操作する矛盾した操作が必要。
CVTの場合、下り坂での加速を抑制する制御が普通になっている。
6ATでも電子制御スロットルでエンジンの回転数を合わせてシフトダウンし、加速を抑制してほしい。
加給時に非常に低く大きい排気音を感じる。不等長の排気マニホールドが原因と思う。
個性的な排気音の元と思うが、エンジンの性格の急変を感じさせる。
加速時以外はターボが効かないため、静かな排気音に変わる。
自然吸気時の排気音は、マフラーで良く抑えられている。
日本では使えないが、長時間140キロ程度で走行するなら回転バランスの点で4気筒ターボが望ましい。

出典:http://www.goo-net.com/

まず、低速域で市街地を走行していると気が付かないが、大体2000rpm・40kmからアクセルを踏み増すと、5000rpm付近でこの車は豹変する。XGは静かでジェントルな印象を受けたが、XTは猛烈な加速とトルクを発生する車に仕上がっている。その為、XGはCVTだが、XTは一応高出力・高トルクエンジンとなり、耐久性も考慮してATになったと思われる。

また、極低速で走行している際、ステアリングが路面の変化に過剰に反応してしまう所がある。
これはXGが15インチなのに対し、XTは16インチだからかもしれない。
諸元表を見てもXGとXTは同じサスペンションを使用しているのだが、アブソーバー類などの硬さを調整しているかは不明。

また、低速コーナーの立ち上がりで、ターボに少しタイムラグが発生してしまうので、中低速コーナーでどのような反応をするのか気になる。

ただ、ATとは言えシフトショックを気にする事はほとんど無く、パドルシフトで1・2速落としたぐらいでは、その変化は感じられない。

外気温28℃、エアコンの設定温度は22.5℃。エンジンがしっかり暖まっていても、少々エアコンの音が気になるかもしれない。

XGに比べ、XTはターボを効かせて走行すると、獰猛な獣に変貌する。
その為、エンジン音がある意味ではスポーツらしさを感じさせてくれるかもしれない。
220kmのメーターを気にせず走行してみたい。

出典:http://www.goo-net.com/

スズキ・バレーノの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ・バレーノの詳しい特徴から燃費と価格まではこちらをチェック!

スズキ・ソリオ/ソリオバンディット

スズキ・ソリオ

スズキ ソリオ HYBRID MZ 2015年

スズキ・ソリオバンディット

ソリオ バンディット 2015年型

【ソリオ】
▶新車:1,450,000~2,020,000円(ハイブリッド1,910,000~2,060,000円)
▶燃費:27.8km/L(ハイブリッド32.0km/L)
【ソリオバンディット】
▶新車:1,820,000~2,010,000円
▶燃費:32.0km/L

トールワゴンの兄弟車、ソリオとソリオバンディットです。
ボディサイズは全長3,710mm、全幅1,625mmとコンパクトカーの中でも一回り小さく、
車幅を狭く抑えているために狭い場所での取り回しも抜群。

軽自動車では小さいけど普通のコンパクトカーだとちょっと大きいという隙間を埋める存在です。しかし、「外は小さく、中は大きく」にこだわって開発されたため室内は広く快適です。
シートアレンジも多彩で、荷物を多く積むといったこもでき、実用面も追及されているためファミリーカーとしても良いのではないでしょうか。

ソリオとソリオバンディットの基本的な違いはデザインですが、ソリオバンディットはハイブリッド車のみの設定です 。

スズキ・ソリオ/ソリオバンディットのユーザー評価

【総合評価】
ソリオは素晴らしい、世間の評価やオーナーの方の高評価。
コストパフォーマンスは最高。実燃費もすごく良く他社のハイブリッドよりJC08モードの達成率はよすぎ。評論家の評価も高くコンパクトカーではずば抜けていて文句なし。敵はスズキ車くらいか? 200万円前後で買える車としては満足車。軽自動車で無駄でいらない装備つけて軽く250万円いく車がある現状は??? 軽自動車の意味が?
軽自動車も昔あった280馬力までや軽自動車の64馬力みたいに価格制限しないと
スズキやダイハツは買いやすく安全で子育てママにピッタシの車を努力して作ってるが、、、。

【良い点】
コンパクトカー以下ではずばねけていて素晴らしい車。
スズキの開発に大拍手送りたい。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
試乗したら安全面な走り、全てにいい車です。
SVでも安心感はある。
アクセルワークの慣れは? 価格がコストパフォーマンスしてませんが、軽いからまぁまぁ。


【良い点】
SVでもスズキしていて、安心感や安全面は素晴らしい。
このクラスでは全てに別格。



【悪い点】
これといったライバルがなく進化が独断状態で残念。
コンパクトミニバンでは、SVでもいい車してて
1トン切る車重など素晴らしい技術ですが、知名度が薄く非常に残念。試乗したらソリオ全体でコンパクトミニバンナンバー1がわかるが、、、、。

出典:http://www.goo-net.com/

スズキ・ソリオ/ソリオバンディットの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ・ソリオとソリオバンディットの燃費とそれぞれの違いについてはこちら

スイフト

スズキ スイフト ハイブリッド RS 新型 2017年

▶新車:1,340,000~1,840,000円
▶燃費:27.4km/L

スズキのコンパクトカーと言ってまず思い浮かべるのがスイフトではないでしょうか。
走行性能を高めたスイフトスポーツもあり、幅広い層から人気を集めています。
2017年1月にフル モデルチェンジをし、4代目が登場したばかりで、ノーマルタイプでも十分スポーティーな印象です。

ボディサイズはこのクラスのコンパクトカーとしては標準的ですが、重量は徹底した軽量化が図られていて、何と先代よりも100kgも軽く900kgを切っています。
デュアルセンサーブレーキサポートなど、最近の技術が詰め込まれて安全性能も大幅に向上して安心して乗ることができます。

価格もグレードによって幅広い展開で、ハイブリッド車も登場し、ますます選択の幅が広がりました。
どんな人にもおすすめできるコンパクトカーではないでしょうか。

スズキ・スイフトのユーザー評価

【総合評価】
ハイブリッドが載った。
スイフトには、ベストか?
ソリオには不向きでコケてしまったが、スイフトは大丈夫でしょ。1000ターボも魅力だが、、、、。

【良い点】
好みで選べる。
車重が超軽いからハイブリッドでも走る。


【悪い点】
ハイブリッドはやはり価格が高い。
マイルドハイブリッドとの価格差埋めるのに何年かかる?
5AGSにこだわらなくても? 5AGS使わないでCVTなら車重1トン切って燃費も期待できるが。
いい車なのに一部の人たち用。
EVのみの走行が少しできるが、それがどうした?
意味ないし、電化製品。戦略を上手くやらなきゃ?

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
軽い印象。マイルドハイブリッドだから軽くて走る。
コンパクトカーは軽くて運転しやすく楽しめる。ターボも軽くて面白い。スイフトスポーツでないからマイルドハイブリッドがベストか。スイフトは楽しめるし、燃費はそこそこだし一番はかっこいい。

【良い点】
軽さ。車重が900キロは素晴らしい。楽しめる。
車としての価値が充分伝わる。他社を寄せ付けないオーラ。


【悪い点】
スポーツはもっとかっこいい。
ヨーロッパ意識しすぎ?

出典:http://www.goo-net.com/

スズキ・スイフトの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキの新型スイフトの最新情報はこちら!

スズキのコンパクトカーは個性派ぞろい

日本では未発売のスズキ・セレリオ

セレリオ

スズキの個性派ぞろいのコンパクトカーのはいかがでしたか。
スズキのコンパクトカーは特に海外で高く評価されています。
海外専用の車種もあり、バレーノのように、他にはないような車を日本でも発売していってほしいですね。

全車がハイブリッドのイグニスに加え、ソリオ、スイフトにもハイブリッド車が投入されたことにより、ますます選択肢も広がりました。
今後もこのハイブリッド中心の流れは続くのではないでしょうか。

スズキの主力商品・軽自動車の人気車種ランキングはこちら

コンパクトカーの最新人気ランキングはこちら!

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社