初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW M2クーペで走りを楽しむ】実燃費や試乗時の評価など

BMWが手掛けるM2クーペ。ベースとなる2シリーズクーペも十分に乗って楽しい車ですが「もっと刺激的なモデルに乗ってみたい」そんな方におすすめなのがM2クーペです。コンパクトな車体に詰め込まれたエンジンはどんな走りを見せてくれるのでしょうか?今回は、デザイン、スペック、維持費、口コミの4つのポイントを中心にM2クーペをご紹介していきます。

BMW M2クーペとは?

BMW M2クーペ

M2クーペとはBMWが販売するクーペの中では最もコンパクトなモデルとなります。

ベースとなる2シリーズクーペが誕生したのは2013年と割と最近のことで、その前身となる1シリーズクーペの後継モデルとして位置付けられています。

昨年の「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」では「エモーショナル部門賞」を受賞した実力派モデルとしても知られています。

BMW M2クーペの「M」とは?

BMWの中にはハイエンドモデルだけを集めた「Mシリーズ」があります。このMシリーズはBMWの子会社である「BMW M GmbH(通称BMW M)」が手掛けたチューニングマシンであることからアルファベットの「M」がモデル名に加えられます。

つまり、M2クーペは元々ある2シリーズクーペのハイチューンモデルということになります。

BMW M2クーペのデザイン

エクステリアデザイン(外装)

BMW M2 クーペ 外観
BMW M2 クーペ 外観

フロントマスクに大きく開けられたエアダクト、4本のエキゾーストパイプ。低く抑えられた全高などスポーツカーを予感させる要素がいくつも散りばめられています。全体的なフォルムはノッチバック形式となっており、緩やかな曲線がつながった美しいデザインです。

欧州スポーツカーとしてはコンパクトで取り回しが良いので、日本でも運転しやすいサイズと言えます。

▶ボディサイズ
全長:4,475mm
全幅:1,855mm
全高:1,410mm
車体重量:1,580kg

インテリアデザイン(内装)

BMW M2 クーペ 内装

内装は上級車種と同じように、BMWと一目で分かるデザイン。カーボン調のインパネもスポーティさを際立たせています。

ナビ機能を搭載するモニターも見やすい位置にあります。ナビはタッチパネルではなく手元のコントローラで操作するので、慣れてしまえばタッチパネルよりも直感的な操作が可能です。

後部座席は2名掛けとなっており、先代の1シリーズクーペよりもわずかながらに広くなっていますが、頭上スペースはあまり余裕がありません。後ろに人を乗せてドライブという使い方にはあまり適していないようです。

その反面、パワーシートを採用しているので、後部座席へのアクセスは悪くありません。
後席用のエアコンも備えているので、あまり背が高い方でなければ快適に過ごせそうです。

コンパクトな車体ですが、トランク容量は390Lと必要にして十分なスペースを確保しています。
後部座席は6:4の可倒式なので長尺物も積載できます。

BMW M2クーペのエンジンスペックと価格

BMW M2 クーペ エンジン

BMW M社がチューニングした2シリーズクーペ。気になるのではその性能ですね。

▶【スペック】
エンジン:直列6気筒ツインターボ
排気量:2,979cc
トランスミッション:MT/DCT
最高出力:370ps/6500rpm
最大トルク:47.4kgm/1450rpm
※オーバーブースト時:51.0kgm
0-100km/h加速:MT/4.5秒・DCT/4.3秒
JC08モード燃費:MT/12.1 km/L・DCT/12.3 km/L

▶【車体価格】
MT:7,680,000円
AT:7,930,000円

コンパクトな車体に3.0Lのツインターボエンジンは余裕のパワーを通り越し、怒涛の加速を見せてくれます。
このクラスのスポーツカーといえば、2.0Lターボエンジンが近年の主流となっていますが、M2クーペはそれを遥かに上回る排気量でクラストップレベルの性能を誇ります。

また、急激にアクセルを踏み込むとオーバーブースト機能が働き最大トルクは51.0kgmまで高められます。

走行モードを"コンフォート"から"スポーツ"に変えるとアクセルレスポンスが変化し、ハンドリングもやや重くなり、より一層ドライビングを盛り上げてくれます。

価格はDCTがやや高いですが、加速、燃費ともにMTモデルよりも良い傾向にあります。
しかし、M2クーペのようなスポーツカーを購入するのであれば、MTの車との一体感も捨てがたいという人は多いはず。
ミッション選びは悩ましい選択のひとつとなりそうです。

また、これだけのスペックを持つエンジンでありながらカタログ燃費は12km/Lを超えているのも評価したい点です。

BMW M2 クーペの維持費はどれくらい?

BMW M2 クーペの燃費

BMW M2 クーペ 外装

実燃費は10km/Lを超えれば良い方でしょう。
ハイパフォーマンスモデルとしてはまだ悪くない数値です。
やはりコンパクトな車体は空力、取り回しと、燃費とあらゆる面でメリットがありますね。

普通に走行する分には非常に余裕があるエンジンなので、踏めば踏んだ分、エンジンはどこまでもそれに答えようとします。
ついつい面白がって回転を上げ気味で走ってしまうとあっという間に燃費は落ちてしまうので注意したいところです。当たり前ですが燃料はハイオクガソリンです。

BMW M2 クーペの税金は?

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock / Grzejnik

毎年かかる自動車税は、排気量が2,979ccなので51,000円やや高めです。減税なども受けられないのでランニングコストはそれなりにかかってきます。

BMW M2 クーペの口コミは?

BMW M2 クーペ 外観

車を購入上で参考となるのが、実際に乗ったことがある人の口コミです。
カタログや公式サイトだけでは分からない生きた声が検討する際の大事なな要素となります。
M2クーペの口コミはどのようになっているのかを見ていきましょう。

1日で371km走り、消費したハイオクガソリンは42.55L。単純計算すると、燃費は8.72km/Lとなる。

出典:http://www.jiji.com/

やはり、エンジンパワーには多くの人が刺激を受けているようですね。
このエンジンパワーがM2クーペの醍醐味とも言えます。
同時にスポーツカーなので、足回りもかなり引き締められています。

M2クーペは乗降性も考慮しているのでスポーツクーペとしては若干ですが、背高なスタイルです。
2ドアセダンのような上質な乗り味を想定していると、サスペンションの硬さに驚くかもしれません。
試乗は必ず行いましょう。

エンジンスペックも大事ですが、普段使いをするなら乗り心地も購入時の重要なチェックポイントとなります。

BMW M2 クーペはクラストップレベルの性能が売り

BMW M2 クーペ 外観

BMW M2クーペのデザイン、スペック、維持費、口コミの4つのポイントを中心にご紹介してきましたがいかがでしたか?

決して安い車ではありませんが、これほどの卓越した性能を持つ車が1000万円以下で購入できるという点も高く評価されています。他メーカーの同等の性能を持つ車は決して同価格帯ではなかなか買えません。そういった意味ではお買い得な車と言うこともできるのです。

M2クーペは週末のドライブが楽しみで仕方ない、そんなワクワクした気持ちにさせてくれるスポーツカーです。目的地に着いてからではなく、目的地に向かう途中も非常に有意義な時間をもたらしてくれることでしょう。

BMWの新型車の最新情報についてはこちら

BMWの新型Mシリーズの最新情報についてはこちら

BMWの中古車についての詳しい記事はこちら

BMW M2に関係する車種の記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す