初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型A1 2018年10月フルモデルチェンジか!発売日と価格やスペック予想

アウディ新型A1のスペックは?

現行アウディ A1

エンジンはマイルドハイブリッドを含む3種類

新型A1に搭載が予想されるパワートレインは、1.0L直列3気筒ターボ(125ps)、1.5L直列4気筒ターボ(150ps)、マイルドハイブリッドの3種類です。
現行モデルは1.0Lおよび1.4Lエンジンですので、全体的に排気量およびパワーが底上げされるとみてよいでしょう。

また、欧州では現行モデルに1.6L直列4気筒直噴ディーゼルターボがラインナップしていますが、新型A1にディーゼルモデルがラインナップするかは不明です。

高性能モデルである「S1」は2.0L直列4気筒ターボ(250ps以上)となることが予想されています。現行のアウディS1は2.0Lエンジン搭載で231馬力ですので、大幅なパワーアップとなる可能性があります。

プラグインハイブリッドについて、詳しくは後述します。

プラットフォームは新型ポロと共有の「MQB」

新型A1は、同グループのフォルクスワーゲン新型ポロと同じプラットフォーム「MQB」を採用すると見られています。
採用が見込まれているMQB A0はエンジン横置きかつホイールベースを長めにしたプラットフォームで、室内空間を広く取れることが魅力です。

駆動方式が追加されてクワトロ(4WD)がラインナップか

新型A1はのFFモデルに加え、アウディ独自の安定と速さを兼ね備えた4WD・クワトロがラインナップされるという噂があります。
クワトロモデルについての確定的な情報が入り次第、この記事でお伝えします。

アウディ新型A1 プラグインハイブリッドモデル登場の噂も

e-tronのエンジンイメージ

モデルチェンジ後の新型A1には、プラグインハイブリッド「e-tronバージョン」が導入される可能性があります。
2012年時点ですでに3気筒ターボに電動モーターを搭載したコンセプトモデルを開発していたアウディ。現在も「e-tron」シリーズの発売に向けて着々と準備を進めています。

新型A1 e-tronがもし登場するのであればBMW i3が最大のライバルでしょう 。

アウディ e-tronについてはこちら

アウディ新型A1の燃費性能は?

新型アウディA1の燃費は、エンジンが大きくなる、またはターボ化するのであれば性能は落ちると思われます。
新型A1の燃費(JC08モード)は、1.0L直列3気筒ターボで20.0km/Lほど、1.5L直列4気筒ターボで15.0km/Lほどと予想します。

マイルドハイブリッドモデルの燃費性能に期待しましょう。

アウディ新型A1「RS1」がデビューする可能性も

新型アウディA1の発売と同時に、ハイパフォーマンスモデル「RS1」も販売される可能性があります。上記は新型RS1の予想レンダリングCGです。

新型RS1は現在のアウディS3に搭載されるエンジン・2.0TFSを搭載し、さらにチューニングを施すことで310馬力以上のパワーになるのではないかと言われています。
A1の小さい車体で310馬力となると、相当なハイスペックコンパクトカーとなることが予想されます。

アウディ新型A1 コンバーチブルモデルも登場する?

流出したレンタリングCG画像には、新型A1コンバーチブルモデルとみられるものも散見されました。
もしアウディA1のオープンカーが発売されるとなれば、アウディTT ロードスターとどう差別化していくのかも気になります。

【おさらい】アウディA1とは

現行アウディ A1

アウディA1は、ドイツの自動車メーカーアウディ車が製造・販売する小型乗用車です。2010年5月12日のより販売が開始されました。

A1のプラットフォームはフォルクスワーゲン ポロと共有されており、車体のサイズ感やエンジンの大きさも同車と似ているため、2台はたびたび比較されています。

現行アウディA1のエンジン性能

現在、日本に導入されているA1のエンジンラインナップは以下2つです。

・1.0 TFSI
1.0L直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力95馬力
JC08モード燃費22.9km/L

・1.4 TFSI
1.4L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力150馬力
JC08モード燃費21.1km/L

いずれのモデルも7速ATトランスミッションが搭載されています。

現行アウディA1のモデルラインナップ

現在、A1は3ドアの「A1」および5ドアの「A1 スポーツバック」がラインナップしています。
スポーティモデルの「S1」「S1 スポーツバック」は2018年3月に新車の生産が終了しており、在庫販売のみとなります。

現行アウディA1の価格

アウディ A1
A1 1.0 TFSI249万
A1 1.0 TFSI スポーツ265万
A1 1.0 TFSI シリンダーオンデマンドスポーツ329万
A1 スポーツバック 1.0 TFSI269万
A1 スポーツバック 1.0 TFSI スポーツ285万
A1 スポーツバック 1.4 TFSI シリンダーオンデマンドスポーツ349万
[単位]円(消費税込み)

新型アウディA1の価格は280万~か

新型アウディA1は現行A1より価格は高くなると予想します。
BMW1シリーズやメルセデスベンツAクラスをライバル車とするなら尚更です。
しかしすでにA3スポーツバックというハッチバックモデルが存在するので、これより同等か少し安くなるような価格が考えられます。

現行のアウディA3スポーツバック(FFモデル)は296万~332万円のため、新型A1は280万~330万円ほどになると予想します。
ただし、マイルドハイブリッドモデルやクワトロモデルが登場する場合はさらに高額になるでしょう。

参考までに、BMW 1シリーズは317万円~、メルセデス・ベンツ Aクラスは298万円~。現行アウディA3スポーツバックのクワトロモデルは403万~433万円です。
新型A1のマイルドハイブリッドやクワトロは、350万円以上になる可能性も十分ありえます。

BMW 1シリーズの最新情報はこちら

メルセデス・ベンツ Aクラスの最新情報はこちら

新型アウディA1の日本発売日は2019年内か

新型アウディA1は、ワールドプレミアが2018年10月、発売日は早ければ2018年末になると予想します。
その場合、日本発売日は2019年になる可能性が高いです。

カモフラージュの取れた車両が公道で目撃されていることから、開発は最終段階に入っていると考えられます。
アウディ新型A1についての最新情報は、引き続きこの記事でお伝えします。

アウディの最新新型情報はこちら

アウディをもっと深掘りした歴史に関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!