初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型アウディA1最新情報】発売日は2018年?価格や燃費の変更点を予想

日本で大人気となったアウディA1が発売されてからすでに6年が経ち、そろそろモデルチェンジしてほしいところと思いながら、モデルチェンジされる新型アウディA1最新情報が舞い込んできました。レンダリングCGが流出したのです。これは近々モデルチェンジされた新型アウディA1の発売が期待できます。そこでモデルチェンジ後の新型アウディA1の価格、燃費、発売日などを探っていきましょう。

アウディにスクープ!新型アウディA1のレンタリングCG画像が流出

新型アウディA1レンダリング画像

新型アウディA1のプロトタイプ走行画像

レンダリング画像では、現行モデルのA1よりもヘッドライトが細くなり、フロントグリルが大きくなったように見えます。
フロントマスクは、凛々しくなった外観のように見えます。

アウディA1とは

2015 アウディA1 外観

アウディA1は、ドイツの自動車メーカーアウディ車が製造・販売する小型乗用車です。
世界初公開は、2008年の自動車見本市パリサロン(フランス)で出品された「A1スポーツバック・コンセプト」であり、2010年3月のジュネーヴモーターショー(スイス)で市販モデルが披露され、2010年5月12日のより販売が開始されました。

また、A1のプラットフォームはフォルクスワーゲン・ポロと共有されており、車体のサイズ感やエンジンの大きさもフォルクスワーゲン・ポロと似ているため、2台はたびたび比較されています。

アウディA1に関するおすすめ記事はこちら!

現行アウディA1の性能

アウディ A1 性能

現在、日本に導入されているA1に搭載されるエンジンは2種類あります。
排気量1リッターの直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン(1.0 TFSI)と、1.4リッターの直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(1.4 TFSI)です。
パワーは、1.0 TFSIが最高出力95馬力と1.4 TFSI150馬力で両方とも7速ATトランスミッションが搭載されており、燃費はそれぞれJC08モード22.9km/Lと21.1km/Lです。

現行アウディA1の種類

A1の車種は上記で紹介した通常の「A1」以外に、「A1 Sportback」、「S1」、「S1 Sportback」があります。
A1とA1 Sportbackの違いはA1が3ドアでA1 Sportbackが5ドアモデルです。
そしてS1、S1 Sportbackは2リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力231馬力のハイスペックモデルで、燃費は14.4km/Lです。

現行アウディA1の価格

A1、A1 Sportback、S1、S1 Sportbackの価格は以下のような金額になっています。
A1:2,490,000~3,290,000 円
A1 Sportback:2,690,000 ~3,490,000 円
S1:4,230,000 円
S1 Sportback:4,430,000 円

アウディA1の気になる中古車情報はこちら!


1.0TFSI …
212.0万円
本日の在庫
132
平均価格
157.6 万円
本体価格
79 ~ 302 万円

アウディS1についての記事はこちら

フルモデルチェンジされた新型アウディA1の性能はどうなるか

新型 アウディ A1 性能

エンジンは排気量アップ

フルモデルチェンジでは今までの3ドアはなくなり5ドアのみになることが濃厚です。
ということは、A1、A1 Sportback、S1、S1 Sportbackの4車種が2車種になるということでしょう。

これは、ライバル車としていたフォルクスワーゲン・ポロやシトロン・DS、フォード・フィエスタといったカテゴリーから脱却し、BMW1シリーズやメルセデスベンツAクラスに対抗しようとする見方がされています。

エンジンは大幅に見直され、1リッター直列3気筒エンジンから1.5リッター直列4気筒エンジンになり、このエンジンのパワーは150馬力ぐらいになる見込みで、1.4リッター直列4気筒エンジンは、現在アウディA3に搭載されている1.8リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン(1.8 TFSI)に置き換えられる予想です。
ただしエンジンに変更が無いかわりに燃費が改善されるという見方もあるようです。

また、欧州では1.6リッター直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジン搭載車もあり、こちらも継続して販売されるのは間違いないですが、排気量はそのままでエンジンの改良がされるとみられています。

アウディS1は排気量2リッター

アウディS1は、現行モデルが2.0リッターエンジン搭載でパワーが231馬力ですが、モデルチェンジでアウディS3に搭載されているエンジンと同じになり排気量は変わりないですがパワーが286馬力になると予想されています。

ボディサイズは全長90mmロング

モデルチェンジされた新型アウディA1では、現行のA1に比べて全長が90mm長くなり、全幅、全高も若干変わるでしょう。
これによりトランクルームが現在の270リットルから約300リットルまで拡大される見込みです。

駆動方式が追加される?

5ドアのみの展開となり、車種が減るかと思いきや、現行アウディA1のFFモデルに加え、クワトロがラインナップされるという噂があります。
クワトロとは、アウディ独自の安定と速さを兼ね備えた4WDのことです。

アウディが過去に販売してた車にも「クワトロ」がありますが、そちらは新型A5の祖となっているようです。

内装の装備が充実

●Apply CarPlay

Apple CarPlay

出典 :©shutterstock.com / Hadrian

●Android Auto

Google Android Auto

現在のA1のナビゲーションはインパネ上部に液晶モニターが装備されていますが、これがインパネに埋め込むスタイルになり、液晶モニターの大きさは12.3インチに大型化されます。
Apply CarPlayとAndroid Autoの両方を搭載し、WiFiホットスポットでネットにも対応されるとみられており、内装の装備がシンプルだった現行型から大きな進歩だといえます。

また、新型A1には安全性の高いマトリクスLEDヘッドライトに加え、オプションでバーチャルコクピット、運転支援機能が採用されると思われます。

新型アウディA1の燃費性能はどう変わるか

新型アウディA1の燃費はどう変わるのでしょうか。
エンジンが変更される場合、エンジンが大きくなることで燃費性能は落ちると思われます。
アウディA3などに搭載されるエンジンを参考に以下の燃費が予測されます。

A1(1.0 TFSI):22.9km/L→21.0km/L
A1(1.4 TFSI):21.1km/L→15.0km/L

アウディRS1が出る可能性あり

新型アウディA1が発売と同時に、今までなかったRS1も販売される可能性があります。
これはS1と同様、現在のアウディS3に搭載されるエンジン2.0TFSを搭載し、これをチューニングすることでなんと310馬力になるのではないかと言われています。
A1の小さい車体に310馬力となると相当なハイスペックコンパクトカーです。

プラグインハイブリッドモデル登場の噂あり

アウディ A1 プラグインハイブリッド

モデルチェンジ後の新型A1には、プラグインハイブリッドe-tronバージョンの導入する可能性があります。
すでに、2012年で3気筒ターボと電動モーターを搭載したコンセプトを開発しており、市販化されるのに今から大規模に開発プロセスをおかなくても良いからです。

しかし、この技術はまだまだ高価であり、もし導入されれば、おそらく25,000ポンド(日本円で約360万円)を上回る見込みです。
もし登場するのであればBMW i3が最大のライバルでしょう 。

コンバーチブルモデルも登場するか

今回流出したレンタリングCG画像の中に、コンバーチブルモデルも登場しています。アウディA1のオープンカーが出てくれば、唯一アウディのオープンカーであるアウディTT Roadsterとどう差別化していくのか見ものです。

新型アウディA1の正式発表日

新型 アウディ A1 発表

新型アウディA1は、2018年に発売される予想をどのメディアも共通してされていますが、2018年のいつごろかはよくわかってないのが現状です。
見方として、プロトタイプカーがすでに公道で目撃されていることから、早くて現在は車が走る段階まで開発されており、改良段階まで来ているのではないでしょうか。

よって2018年に発表であれば、一番早く開催されるモーターショーで、それは1月に行われる北米国際オートショーが有力です。

日本での発売は2018年11月

A1が発売される前は、お披露目が2010年3月で、A1の発売されたのが欧州で2010年5月12日であるため、発表から発売まで約2カ月。そして欧州で発売されてから、日本での販売開始が2011年1月11日ということは、欧州から約8カ月遅れで日本上陸が予測されます。
よってモーターショーでモデルチェンジされた新型A1が発表されるのが1月の北米国際オートショーであるとするなら、欧州で発売が3月で日本での販売は2018年11月というのが有力です。

価格は現行モデルより高くなる

排気量アップは、内装が高機能になるであれば価格は現在よりも高くなることは間違いありません。BMW1シリーズやメルセデスベンツAクラスをライバル車とするなら尚更です。
しかし、すでA3というハッチバックモデルが存在するので、これより同等価格、または少し安いぐらいでしょう。

アウディA3の1.4リッターエンジン搭載モデルが303万円から356万円、そして1.8リッターエンジン搭載モデルが429万円であり、BMW1シリーズが310万円から、メルセデスベンツが298万円からということは、
A1の1.5リッターエンジン搭載モデルが約300万円、1.8リッターエンジン搭載モデルが約350万円であると予想されます。

BMW 1シリーズの最新情報から徹底解剖まではこちら

メルセデスベンツAクラスの解説とBクラスとの比較はこちら

新型アウディA1の変更点まとめ

新型 アウディ A1 変更点

現行アウディA1新型アウディA1
エンジン排気量1.0リッター1.5リッター
1.4リッター1.8リッター
馬力1.0リッターエンジン:95馬力1.5リッターエンジン:150馬力
1.4リッターエンジン:150馬力1.8リッターエンジン:180馬力
ボディーサイズ全長3,985mm4,075mm
トランクルーム270リットル約300リットル
ドア数3ドアと5ドア5ドアのみ
S1エンジン馬力231 馬力286 馬力
装備12.3インチ大型ナビゲーションモニター
Apply CarPlay
Android Auto
WiFiホットスポット
価格269~349万円300~350万円

アウディ新型モデルの続報を期待

アウディA1のモデルチェンジでエンジンのパワーアップは間違いありません。
特にコンバーチブルモデルやRS1の登場は、アウディ好きで車好きにとってはかなり嬉しいところでしょう。
A1のモデルチェンジ正式発表が楽しみです。

アウディの最新新型情報はこちら

アウディをもっと深掘りした歴史に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...