初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車の反射板(リフレクター)の正しい位置や車検での注意点とは?面積が重要?

車の反射板(リフレクター)はランプやバンパーと一体になっていることも多く、ドレスアップパーツへ交換する場合など、車検に対応しているかも重要になります。車の反射板(リフレクター)について、正しい位置や適合するための面積、車検での注意点について解説します。

車の反射板(リフレクター)とは

テールランプ 反射板

車の反射板(リフレクター)とは、車の前部や側面、後部に取り付けられる反射器のことを指します。

車に装備されているランプ類のようにLEDや電球によって自ら発光するものではなく、他車のヘッドライトなどの光を反射することで、夜間に自車の幅や長さを知らせる目的で取り付けられています。

車の反射板(リフレクター)には前部反射器、側方反射器、後部反射器の3種類があり、それぞれ色や形、取付位置、取り付けなければならない車の種類や長さなどが定められています。

車の反射板(リフレクター)の保安基準

テールランプ 反射板

3種類ある車の反射板(リフレクター)ですが、普通自動車の場合、前部や側方の反射板は付いていないという車がほとんどではないでしょうか。

それは、前部や側方に反射板の取り付けが義務づけられているのは大型の車や牽引される車なので、一般的なサイズの普通自動車では後部反射器が取り付けられていれば良いためです。

実際に車の反射板(リフレクター)の保安基準がどのようになっているか、普通自動車に関係のあるものから見ていきましょう。

後部反射器

テールランプ 反射板

後部反射器は夜間に後方へ自車の幅を示すため、車の後面の両側に取り付ける反射板(リフレクター)です。

すべての自動車が備えなければならないと規定されているので、前部反射器や側方反射器のない車でも、後部反射器は必ず付いていることになります。

【道路運送車両の保安基準】
第38条 自動車の後面には、後部反射器を備えなければならない。
 (省略)

・色…赤色
・明るさ…夜間に後方150mの距離から走行用前照灯で照射した場合にその反射光を照射位置から確認できること
・形状…文字及び三角形以外の形であること
(O、I、U又は8といった単純な形の文字又は数字に類似した形状は、この基準に適合するものとする)
 被牽引自動車は正立正三角形又は帯状部の幅が一辺の5分の1以上の中空の正立正三角形であって、一辺が 150mm 以上 200mm 以下のものであること
・取付位置…上縁の高さが地上1.5m以下、下縁の高さが地上0.25m以上
      最外縁は自動車の最外側から400mm以内
      車両中心面に対して対称に取り付け
      自動車の前方に表示されないこと

最近では、後部反射器がリヤのコンビネーションランプの一部に埋め込まれている車も多いですね。

側方反射器

ハマー リムジン

側方反射器は、夜間に側方へ自車の長さを示すため車の両側面に取り付ける反射板(リフレクター)です。

一般的な普通自動車では、リムジンほどの長さにならない限り側方反射器を取り付ける必要はありません。

【道路運送車両の保安基準】
第35条の2 次の各号に掲げる自動車の両側面には、側方灯又は側方反射器を備えなければならない。
一 長さが6mを超える普通自動車
二 長さ6m以下の普通自動車である牽引自動車
三 長さ6m以下の普通自動車である被牽引自動車
四 ポール・トレーラ
 (省略)

・色…橙色
ただし、後部に備える側方反射器であって、尾灯、後部上側端灯、後部霧灯、制動灯、後部に備える側方灯又は後部反射器(被牽引自動車に備える後部反射器であってその形が三角形であるものを除く。)と構造上一体となっているものにあっては、赤色であってもよい。

・明るさ…夜間に側方150mの距離から走行用前照灯で照射した場合にその反射光を照射位置から確認できること

・形状…後部反射器と同じ

・取付位置…上縁の高さが地上1.5m以下、下縁の高さが地上0.25m以上
      赤色の側方反射器の反射光は、自動車の後方に照射されないこと

前部反射器

後部反射器と同様、夜間に前方へ自車の幅を示すために車の前面の両側に取り付ける反射板(リフレクター)で、牽引される自動車に取り付けられるものが前部反射器です。

普通自動車は被牽引自動車にあたらないため、前部反射器は不要です。

【道路運送車両の保安基準】
第35条 被けん引自動車の前面の両側には、前部反射器を備えなければならない。
 (省略)

・色…白色

・明るさ…夜間に前方150mの距離から走行用前照灯で照射した場合にその反射光を照射位置から確認できること

・形状…後部反射器と同じ

・取付位置…反射部の上縁の高さが地上1.5m以下、下縁の高さが地上0.25m以上、
      最外縁は自動車の最外側から400mm以内
      車両中心面に対して対称に取り付け
      自動車の後方に表示されないこと

車の反射板(リフレクター)は面積が重要?

テールランプ 反射板

それぞれの反射板(リフレクター)の規定では、夜間に150mの距離からあてられた車のヘッドライトの反射光を確認できることが基準となっていますが、同時に反射部の大きさが10cm2(平方cm)以上あるものはこの基準に適合すると認められています。

実際に暗い場所で150mの距離から反射光が見えるかを確認することは難しくても、反射板(リフレクター)の反射部の面積が10平方cm以上あるか測れば、車検に通るかどうかの判断ができるということですね。

車の反射板(リフレクター)の車検での注意点

テールランプ 反射板

保安基準の規定をまとめると、車の反射板(リフレクター)のサイズは10平方cm以上あればよく、色は前面が白、側面が橙色、後部が赤色ということになります。

光を反射しないものはダメ

車種によってはドレスアップパーツとしてLEDのものが販売されていることがありますが、色や大きさなどが規定を満たしていてもLEDに交換してしまうと車検に通りません。

これは反射板(リフレクター)はあくまで光を反射するものであって、LEDで発光するものは反射板(リフレクター)とは認められないからです。

夜の間、ずっと車のエンジンをかけてランプを点灯するのは現実的ではありませんね。
ランプを点けていない時でも、車の存在と大きさを知らせることができるよう、反射板(リフレクター)であることに意味があるのです。

必要な数やサイズにも注意

普通自動車でリヤのコンビネーションランプやバンパーを社外品などに交換すると、反射板(リフレクター)がなくなってしまったり、サイズが保安基準を満たさなくなってしまう場合があります。

そのような場合は、反射板(リフレクター)の数やサイズが規定を満たすように、汎用の反射板などを改めて取り付けるようにしましょう。

車の反射板(リフレクター)は光を反射して夜間の安全を確保!

レトロ テールランプ

車の反射板(リフレクター)について、保安基準の規定での正しい位置や車検での注意点などを解説してきましたがいかがでしたか?

普段は見過ごしがちな車の反射板(リフレクター)ですが、ライトを点灯していない状態でも周囲の光を反射することで車の存在や大きさを確認する大切な部品ですので、その面積が重要となります。

パーツを交換したりする場合も反射板(リフレクター)の保安基準を守って、車検に通らなくなることのないようにしましょう。

現在のお得な車検情報についてはこちら

安心!確実!低価格!ホリデー車検

車検の他の注意点に関する情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す