MOBY

BMW新型4シリーズ最新情報!420i&430i&440iがマイナーチェンジで変わった

BMW4シリーズがマイナーチェンジしました。BMWを代表するクーペ専用モデル6シリーズに加え、2013年に登場した4シリーズは、すでにBMWクーペモデルの中核を担うモデルになってきました。そして、今回のモデルチェンジでよりスポーティーに、より運転しやすくなりました。モデルチェンジでは、外観の見た目で変更点を見つけるのは難しいですが、サスペンションや運転席、ナビゲーションシステムなど中身はかなりの変更が施されています。今回はそのひとつひとつをじっくりと見ていきましょう。

BMW4シリーズとは

3シリーズから独立して誕生

BMW 4シリーズ クーペ 2015年

BMW4シリーズは、ドイツの高級車メーカーであるBMWが製造・販売している車です。

2012年12月5日に、4シリーズのコンセプトモデルの概要が発表され、それまで販売されていたBMW3シリーズクーペから独立して新たな4シリーズが登場しました。

日本でのデビューは2013年9月24日で、最初のモデルでは排気量2リッター直列4気筒エンジンを搭載した428i、3リッター直列6気筒DOHCターボエンジンを搭載した「435i」があり、それぞれのグレードに「クーペ」、「クーペスポーツ」、「クーペMスポーツ」、「クーペラグジュアリー」がありました。

カブリオレとグランクーペも

BMW 4シリーズ カブリオレ

BMW 4シリーズグランクーペ 2014

2014年1月に発売されたモデルからは、「420i」モデルを追加。このモデルでは、エンジン本体の高い環境性能に加え、高効率8速オートマチック・スポーツ・トランスミッション、無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能等の先進技術を数多く採用し、燃費性能が燃料消費率(JC08モード)において「428i」で15.2km/Lよりも優れた16.4km/Lです。

そして、同年4月に435iモデルにはカブリオレモデルに追加され、さらに、6月には420i、428i、435iすべてのモデルにグランクーペモデルも追加され、「420i xDriveグランクーペ」「420i xDriveグランクーペ Mスポーツ」「420i xDriveグランクーペ ラグジュアリー」の4WDも登場しました。

グランクーペモデルは一見するとセダン車のように見えますが、5ドアモデルでトランク部分と室内の一体型です。

現在は、一番燃費の良い直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載した「420i」、420と同じ2リッターエンジンでありながら比較的ハイパワーの「430i」、直列6気筒DOHCターボエンジンを搭載した「440i」の3車種があります。


420グランクー…
518.0万円
本日の在庫
178
平均価格
442.0 万円
本体価格
269 ~ 698 万円

マイナーチェンジした420iと430iと440iの変更点は?

新型BMW4シリーズのヘッドライト・テールランプ

2017新型BMW4シリーズ フロント外観

2017新型BMW4シリーズ リア外観

比較:現行型BMW4シリーズのヘッドライト・テールランプ

2016BMW4シリーズフロント外観

BMW4シリーズ リア外観

マイナーチェンジによって、ヘッドライト・リアライト内のランプ形状が変更されました。フロントヘッドライトのランプの形状が円形から角ばった形へなり、リアコンビネーションランプも同様に変更され、LEDライトを採用しています。またフロントフォグランプにもLEDが採用されています。

新型4シリーズのマイナーチェンジと同時に、ハイパフォーマンスモデルにあたるM4も同時に改良が施されています。BMW 新型M4に関する詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。

BMW 新型M4について詳しくはこちら

マイナーチェンジした420iと430iと440i:サスペンション

BMW 新型4シリーズ クーペ 2017年モデル

マイナーチェンジされた4シリーズクーペ/グランクーペはサスペンションシステムを改良し、スポーティーなハンドリングを実現。
向上した直進安定性やコミュニケーション性の高いステアリングとともに、走行性能が引き上げられました。

マイナーチェンジした420iと430iと440i:ボディーカラーの追加

新型 BMW 4シリーズ 2017年モデル

従来の4シリーズのボディーカラーは以下の11種類がありました。

・ブラック・サファリ
・グレイシャー・シルバー
・ミネラル・ホワイト
・ミッドナイト・ブルー
・スパークリング・ブラウン
・ブラックⅡ
・メルボルン・レッド
・インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト
・オリオン・シルバー
・ミネラル・グレー
・アルビン・ホワイトⅡ

いずれもBMWらしいシックなカラーばかりですが、明るいボディーカラーの選択肢は多くはありませんでした。

そこでマイナーチェンジでは、明るいカラーリングの「スナイパー・ロックス・ブルー」、「サンセットオレンジ」の2色が追加されています。

マイナーチェンジした420iと430iと440i:運転席の機能性向上

2017年 新型 BMW 4シリーズ 内装

マイナーチェンジされる新型4シリーズでは、新型のインフォティメントシステムにアップデートされます。また運転席前のスピードメーターやタコメーターがデジタルディスプレイで表示されるようになります。

ドライブモードを切り替えることによってメーターの表示は切り替わり、どのモードで走行しているのか、一目で判断できるようになりました。

プロフェッショナル・ナビゲーション・システムを装備

BMW5シリーズナビゲーションシステム 2016年

BMWオリジナルのナビゲーションシステムの「プロフェッショナル・ナビゲーション・システム」が搭載されます。ナビゲーションモニターは、大型の高解像度カラー・ワイド・ディスプレイを採用され、視認性と明るさが向上しています。

また、クイック・スタート機能により、システムは10秒以内に立ち上がって作動し、データ入力時にもタイム・ラグがなく、操作に対して迅速に稼働してくれます。

ナビゲーションの地図表示は3Dでドライバーが直感的に現在位置を把握できるでしょう。マルチメディア・ファイル用に大容量のメモリを備えているため、音楽や映像なども貯めておける使い勝手がいっそう増しています。

Wi-Fiホットスポット機能やApple CarPlayを装備


今回の新型4シリーズから、Wi-Fiホットスポット機能やApple CarPlayにも対応しています。Apple CarPlayはApple社が開発したシステムで、iPhoneと同期し車載ディスプレイで直接操作可能です。

iPhoneに貯めといた動画やネットに接続してYouTube動画が見れたり、iPhoneユーザーにはうれしい機能です。
BMWの車も最先端のIoT(様々なものがインターネット接続によって相互に通信可能になること)化されつつあることが実感できますね。

BMW 新型4シリーズ エクステリアデザイン

新型4シリーズクーペ

BMW 4シリーズ クーペ 2017年モデル

BMW 4シリーズ クーペ 2017年モデル

4シリーズ カブリオレ

BMW 4シリーズ カブリオレ 2017年モデル

BMW 4シリーズ カブリオレ 2017年モデル

BMW 4シリーズ カブリオレ 2017年モデル

新型4シリーズ グランクーペ

BMW 4シリーズ グランクーペ 2017年モデル

BMW 4シリーズ グランクーペ 2017年モデル

BMW 4シリーズ グランクーペ 2017年モデル

BMW 4シリーズ グランクーペ 2017年モデル

現行型4シリーズのデザインから大幅な変更はほとんどないものの、アルミホイールの変更や最新のLEDランプ、新色の採用などによってよりクーペとしての成熟度が増しているように思えます。

【最新情報】新型BMW4シリーズのエンジンラインナップ

BMW 4シリーズ 外装

BMW 4シリーズ 外装

新型BMW4シリーズがフェイスリフト(主にフロントフェイスなどのマイナーチェンジ)しましたが、その他にもエンジンラインナップの変更があります。

ガソリンエンジンのラインナップには、420iモデルに181馬力の2リッター4気筒エンジンが、430iモデルには248馬力の2リッター4気筒エンジンが採用されました。

ディーゼルエンジンのラインナップには、420dに187馬力の2リッター4気筒エンジンが、425dには221馬力の2リッター4気筒エンジン。
そして、430dと435dxDriveには4リッター6気筒エンジンがそれぞれ追加されました。
出力は430dが254馬力で435dが309馬力です。

4シリーズグランクーペ418dには148馬力の2リッター4気筒エンジンが採用されました。
さらに、トランスミッションには6速MTか8速ATを選択できます。

新型BMW4シリーズの価格は?

2017 新型 BMW 4シリーズ

新型BMW4シリーズの価格は、LEDライト、デジタルコクピット化が従来のものより高価な部品であり、新たなプロフェッショナル・ナビゲーション・システムやWi-Fi対応、Apple CarPlayの搭載で少々高くなるかもしれません。

現行価格から約20万円から30万円高くなる可能性があります。

現在の4シリーズの価格は420iが536万円から557万円、430iが667万円から688万円、440iが807万円から824万円です。
よって、予想される価格は以下のようになります。
・420i:5,600,000~5,900,000円
・430i:6,900,000~7,100,000円
・440i:8,300,000~8,600,000円

BMWの公式発表によると燃費性能は以下のようになっています。
・420i:16.0 km/L
・430i:15.4 km/L
・440i:13.5 km/L
※燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)

BMW新型4シリーズの発売日は?

新型BMW4シリーズについて紹介していきまいしたが、いかがでしたか。

進化した4シリーズが日本に上陸するのが楽しみです。

日本での発売日については、海外に2ヶ月ほど遅れ2017年3月になると予想されます。

クーペモデルである4シリーズのマイナーチェンジは、新たな走りの楽しみをユーザーに感じさせてくれることは間違いありません。
待ち遠しいですが、期待して待ちましょう。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

BMWの新型モデルについての記事はこちら

BMWについてのおすすめの記事

クーペを検討中の方はこちらも必見

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...